アートを身近に感じる暮らし色や素材、形の合わせ方に自分流を詰め込んで

アートを身近に感じる暮らし色や素材、形の合わせ方に
自分流を詰め込んで

旗竿敷地を有効的に

都心の人気エリア。店舗の設計やプロダクトのデザインなどを手がける宮崎哲さんと、インテリアやアートの空間コーディネートを行う奥様の優子さんは3年程前にこの土地を購入。

「事務所を兼ねたかったので、小さくてもいいから利便性の高い土地を探しました。旗竿敷地なのですが、シンプルな四角い箱を積み上げていくイメージで設計すれば、いけるかなと考えました」。

車1台分強の間口の向こうに、ひっそりと建つ白い箱は、シンプルでいながらどこか人目をひく佇まい。「住宅のデザインも行ったことがあるので、図面は自分で起こして工務店に依頼したんです。色んな仕事に携わってきて、一度は自分の家を創りたい、と思ったのが一戸建てにした理由ですね」と哲さん。

完成したのは1年3カ月程前。土地購入から長い時間をかけて、プランニングしていった。


白を基調に、黒の窓枠などでメリハリを効かせたファサード。(PHOTO下村廉典)

白を基調に、黒の窓枠などでメリハリを効かせたファサード。(PHOTO下村廉典)

植栽は「SOLSO」に依頼。シルバー系のグリーンが白のタイルに映える。

植栽は「SOLSO」に依頼。シルバー系のグリーンが白のタイルに映える。


哲さんが代表を務める「Tender」(http://tender-inc.com/about/)の打ち合わせスペース。椅子、照明などは商品サンプルの役割も。

哲さんが代表を務める「Tender Inc.」の打ち合わせスペース。椅子、照明などは商品サンプルの役割も。

事務所の作業スペース。黒で統一感を持たせている。1段低くなっていて、落ち着ける雰囲気。

事務所の作業スペース。黒で統一感を持たせている。1段低くなっていて、落ち着ける雰囲気。


明るさを取り込んで

「22坪程の土地なので、地下を掘るか上に積み上げるか、をまず考えました」。1階の事務所はフロアの一部を一段下げて天井高を確保。

黒いスチールの本棚は、仕事で付き合いのある金物屋さんにオーダーして、壁面いっぱいに設置。「ファイル入れは事務用の既製品の箱なのですが、黒で統一することによってハードな感じが出せますね」。階段の手すりや、窓枠などもすべて黒で統一され、白い空間を引き締めている。

「できるだけ光を取り込んで、室内を明るくしたい、というのが第一の希望でした」というのは優子さん。2階のリビングにはいちばん大きな窓を取り付けた。「奥まった土地なので心配だったのですが、思ったよりも明るくなりましたね」。

「ファサードから見てもバルコニーは要らない」というデザイン上の計算もあり、バルコニーの代わりに屋上を設置することに。その分広くなった2階は、リビング、ダイニング、キッチンがワンフロアでつながって、明るく開放感がある。


広々とした2階のフロア。床暖房に対応するチーク材を敷き詰めた。

広々とした2階のフロア。床暖房に対応するチーク材を敷き詰めた。

大きな開口部に面したリビング。ソファーは空間にはまる大きさと形を考え、図面をひいてオーダーした。

大きな開口部に面したリビング。ソファーは空間にはまる大きさと形を考え、図面をひいてオーダーした。

リビングからキッチン方面を見る。構造上必要な壁はパーテーションの役割も果たしている。

リビングからキッチン方面を見る。構造上必要な壁はパーテーションの役割も果たしている。

ガラス張りでホテルライクなバスルーム。凹凸のある素材感が気に入り、セラミックタイルを採用した。

ガラス張りでホテルライクなバスルーム。凹凸のある素材感が気に入り、セラミックタイルを採用した。

洗面台は棚などを設けずシンプルに。ガラス張りなので、入浴中も子どもの様子が伺えるのがよいとか。

洗面台は棚などを設けずシンプルに。ガラス張りなので、入浴中も子どもの様子が伺えるのがよいとか。

レインシャワーで贅沢に。バスルームはゆっくりと時間が過ごせるよう、特にこだわった。

レインシャワーで贅沢に。バスルームはゆっくりと時間が過ごせるよう、特にこだわった。


異なるテイストをミックス

「お料理が好きなのでキッチンも色々とこだわりました」。シンクは壁側とアイランドに2カ所。コンロは“かまどさんでご飯を炊きたくて”、ガスとIHを2つずつ設置した。ドイツのGAGGENAUのバーベキューグリルも備え付けに。「お気に入りの調味料を使って、お料理している時が楽しいですね」。

壁に取り付けた棚は、レンジフードの高さに揃え、収納する器の大きさを測って2枚取り付けた。棚板の下から光がこぼれる間接照明など、店舗のような細かい演出が効果的。

「キッチンは、白い空間に木を合わせるだけでは、ナチュラルになりすぎてしまうと思って。もうひとつ素材を足したいと、大理石調の白をポイントにしました」。キッチンの壁面にはマーブル模様のタイルを、アイランドのカウンターには白の一枚板を張って高級感をプラス。

「ダイニングテーブルもメタルの天板のものを選びました。シンプルになりすぎないよう、ちょっとハードな雰囲気も加えたいと思うんです」。異なる素材やテイストのミックスが、独特の空気感を生んでいる。


間接照明が美しいキッチン。シンクは2カ所に。広々として使いやすい。

間接照明が美しいキッチン。シンクは2カ所に。広々として使いやすい。

大理石調の壁面、白い石貼りのカウンター、メタルの天板のテーブル...。素材のミックス感がいい。

大理石調の壁面、白い石貼りのカウンター、メタルの天板のテーブル…。素材のミックス感がいい。

構造の壁を活かして棚を設け、パントリー代わりに。必要なものが集約されていて使いやすいとか。

構造の壁を活かして棚を設け、パントリー代わりに。必要なものが集約されていて使いやすいとか。


ガス、IH、魚グリルを全部取り入れたこだわりのコンロ。料理の腕もあがる。

ガス、IH、魚グリルを全部取り入れたこだわりのコンロ。料理の腕もあがる。

優子さんお気に入り、「LA PETITE EPICERIE」の調味料とカッティングボード。自宅で料理教室を開くことも。

優子さんお気に入り、「LA PETITE EPICERIE」の調味料とカッティングボード。自宅で料理教室を開くことも。


空気感を楽しむ家

現在、2歳と5歳のお子さんともに暮らす4人家族。10年程前には、哲さんと優子さんはデザインの勉強の為、NYで1年間暮らしている。「留学というよりは遊学ですね(笑)。1日中、美術館で過ごすなどしていました。多文化が混在していて、生活のまわりにいつもアートがある。そういう街の中で得たものは大きいと思います」。

廊下や階段、洗面など家のあちこちにリトグラフやポスターが飾られ、アートで彩られている。ギャラリーのように素敵なリビングの飾り棚も、優子さんが気分に合わせてコーディネートを変更するそう。「ポスターもよく入れ替えています。それに合わせて植物を華やかなものにしたり、シンプルな枝ものにしたり…。アレンジを楽しんでいますね」。

何かがちょっと足りない、と思えばご夫婦のどちらかが小物を足してみるなど、その連携がアーティスティックな空間を生み出している。

3階のベッドルームは、ウイリアム・モリスの壁紙を採用。「寝室はリラックスできる雰囲気にしつつ、何かアクセントを入れたくて。洋書で見つけてこの壁紙が気に入ったんです」。ハンモックの吊るされたベッドルームに穏やかな空気が流れる。

「何風というジャンルにとらわれず、色んなタイプのものを取り込んでまとめる。それが私たちのスタンダードなんです」と哲さん。“空間というより空気感をデザインしたい”。そんな思いが、家中に漂っていた。


ウイリアム・モリスの壁紙がやわらかさを添える3階のベッドルーム。アメリカ製のハンモックは子供たちもお気に入り。

ウイリアム・モリスの壁紙がやわらかさを添える3階のベッドルーム。アメリカ製のハンモックは子供たちもお気に入り。

ベッドルームの向こうはロフトのある子供部屋。勾配のある天井が秘密基地のような雰囲気。

ベッドルームの向こうはロフトのある子供部屋。勾配のある天井が秘密基地のような雰囲気。

長女の描いた絵を額に入れて。色彩の美しさが、立派なアート!

長女の描いた絵を額に入れて。色彩の美しさが、立派なアート!
 

おもちゃも美的感性を刺激するものばかりセレクトされている。

おもちゃも美的感性を刺激するものばかりセレクトされている。


グリーンとアートの組み合わせが、室内に潤いを与える。

グリーンとアートの組み合わせが、室内に潤いを与える。

マンハッタンのポスター。廊下もギャラリーのように楽しめる。

マンハッタンのポスター。廊下もギャラリーのように楽しめる。


「室内には植物を欠かしません」。アンティークキャビネットの上は、現在、杉本博司氏のポスターを中心にコーディネート。

「室内には植物を欠かしません」。アンティークキャビネットの上は、現在、杉本博司氏のポスターを中心にコーディネート。

松本のアーティスト、和田麻美子氏のアースカラーの陶器がお気に入り。

松本のアーティスト、和田麻美子氏のアースカラーの陶器がお気に入り。

グリーンと錆びたスチールに、黒系の小物をミックス。

グリーンと錆びたスチールに、黒系の小物をミックス。