鎌倉山の緑をひとり占め自然を背景に繰り広げる洗練のヴィラライフ

鎌倉山の緑をひとり占め自然を背景に繰り広げる
洗練のヴィラライフ

正面に鎌倉山が現れた!

「子供が生まれてから、自然のあるところで暮らしたいと思うようになったんです。小学校に上がるタイミングで、西鎌倉に引っ越してきました」。
と、緑と光がこぼれるような明るいLDKで語る柚木恵子さん。
「雑誌で見たKONARAHOUSEの家にひと目惚れして、主人と“一軒家もいいね”と。そしてKONARAHOUSEさんに土地探しからお願いすることにしたんです」。
住宅街の坂を登ったところに建つレッドシダーの家は、約1年前に完成。ホテルのような、ヨーロッパのヴィラのようなエントランスから中に通されると、LDKの窓の向こうには、鎌倉山の緑が一面に広がっていた。
「当初は大きなスギの木が2本立っていたのですが、設計時に2階に枝がかぶさるということで切ってみたら、いきなり視界が開けたんです。正面に見える鎌倉山は、今は美しい新緑の季節ですが、春はサクラやフジ、秋には紅葉が眺められて、四季を楽しむことができますよ」。
緑に恵まれた立地を活かし、恵子さんと夫が描いたのは、別荘のようなホテルのような、非現実的な空間づくり。素材やディテールにこだわり抜いた新居が誕生した。


リゾートのような借景が広がる。固い岩盤にウッドデッキを設けた。

リゾートのような借景が広がる。固い岩盤にウッドデッキを設けた。

2階のベランダもこれから手をつけていく予定。レッドシダーは、1枚1枚カットしたものを手作業で貼るシングル貼り。

2階のベランダもこれから手をつけていく予定。レッドシダーは、1枚1枚カットしたものを手作業で貼るシングル貼り。

広々とした玄関に足を踏み入れると別世界。1階の床は玄関からLDKまで全面床暖房で、冬でも暖かい。照明はどこか懐かしさを感じさせるレストレーション ハードウエア。

広々とした玄関に足を踏み入れると別世界。1階の床は玄関からLDKまで全面床暖房で、冬でも暖かい。照明はどこか懐かしさを感じさせるレストレーション ハードウエア。

玄関脇にバッグ、アクセサリー、コートなどを収められるウォークインクローゼットと、シューズクローゼットを設けた。外出時も帰宅時にも重宝。

玄関脇にバッグ、アクセサリー、コートなどを収められるウォークインクローゼットと、シューズクローゼットを設けた。外出時も帰宅時にも重宝。


キッチンも非日常的に

自宅で料理教室、リボンワーク教室も営んでいる恵子さん。そのため1階はパブリックにも対応できるようプランニング。
「キッチンは広いことと、デモンストレーションをするのでできるだけ大きなカウンターがほしいとリクエストしました。天然石の天板がぎりぎり使える大きさのアイランドを作ってもらいました」。
白とグレーの空間を黒い天然石の天板が引き締めるキッチン。デザイン性のある印象的なタイルは、ご自身で見つけたものを取り付けてもらったのだそうだ。
「お部屋のようなキッチン、キッチンのようなお部屋にしたかったんです。ふつうはキッチンには使わない素材も取り入れるようにしました」。
ダイニングにはアンティークのキャビネットやマントルピースが貴族の邸宅のような雰囲気。
「煖炉がほしかったのですが、床暖房で十分暖かいのでいらないと言われ、マントルピースだけ作って頂きました。憧れだったんです(笑)」。
照明は夫・一記さんが気に入っているレストレーション ハードウエアを中心に。古き良き時代の重厚感を感じさせながら、インダストリアルにも合うような軽妙さが、遊び心を感じさせる。


モールディングを施した収納、装飾性のあるアイランドカウンターなど、KONARAHOUSE(http://www.konarahouse.jp)の世界観が感じられるキッチン。

モールディングを施した収納、装飾性のあるアイランドカウンターなど、KONARAHOUSEの世界観が感じられるキッチン。

ダイニングも教室用に広々と。無垢のオーク材のテーブルがどっしりと構える。

ダイニングも教室用に広々と。無垢のオーク材のテーブルがどっしりと構える。

マントルピースを取り付けて煖炉風(?)に。鏡を置くことで、窓からの光を反射させて明るさを確保。

マントルピースを取り付けて煖炉風(?)に。鏡を置くことで、窓からの光を反射させて明るさを確保。

引越し前から大事にしているアンティークのキャビネット。横の照明はレストレーション ハードウエア。

引越し前から大事にしているアンティークのキャビネット。横の照明はレストレーション ハードウエア。


キッチン脇にあるパントリー&ワークスペース。作業場っぽくならないよう、床はLDKと統一し、シャンデリアも取り付けた。

キッチン脇にあるパントリー&ワークスペース。作業場っぽくならないよう、床はLDKと統一し、シャンデリアも取り付けた。

景色を眺めながら洗い物ができるよう、シンクは窓側に。KOHLERの水栓は、シャワー、浄水器なども設置。

景色を眺めながら洗い物ができるよう、シンクは窓側に。KOHLERの水栓は、シャワー、浄水器なども設置。


ダイニングの脇にある、出窓のスペースを利用したソファーコーナー。景色を見ながらお昼寝もできる。

ダイニングの脇にある、出窓のスペースを利用したソファーコーナー。景色を見ながらお昼寝もできる。


2階は遊び心も取り入れて

「2階は完全にプライベートなので、色で遊んでみようと思いました」。
グレーをメインカラーにした1階に対して、2階はベージュとブラックをメインに、部屋毎に壁の色をチェンジ。
「子供部屋は娘が選んだ水色を、ゲストルームは深めのカーキ色をペンキで塗って、ベッドルームのみラメ入りのクロスを貼りました。光が当たると反射してキラキラと光るんですよ」。
以前はインテリアの仕事に携わっていたという恵子さん。モダンで洗練されたインテリアが、無垢の床や天井など、素材にこだわった空間に映える。
「2階にもリビングを設けて家族で寛げるようにしました。あと、バスルームから景色が見えることが第一条件だったんです。家を建てる前はマンションに住んでいて、お風呂に窓のない生活だったので。週末は明るいうちに入って、夕日が沈むときの鎌倉山を眺めるのが最高です」。
バスルームからは洗面を通ってベッドルームに。一体化することで動線も確保。ホテルのようなゴージャスな設えに、利便性も考え尽くされている。


2階のリビングには小さな冷蔵庫も備えられ、快適に過ごせる。照明は目黒の家具屋さんを回り見つけたもの。恵子さんが作ったチェーンカバーをかけてやわらかさを出した。

2階のリビングには小さな冷蔵庫も備えられ、快適に過ごせる。照明は目黒の家具屋さんを回り見つけたもの。恵子さんが作ったチェーンカバーをかけてやわらかさを出した。

紫がかったベージュのクロスに合わせたコーディネートで、落ち着く雰囲気のベッドルーム。窓には風の向きを調整できるNORMANのウッドシャッターを設置。

紫がかったベージュのクロスに合わせたコーディネートで、落ち着く雰囲気のベッドルーム。窓には風の向きを調整できるNORMANのウッドシャッターを設置。

7歳の長女・紅春(こはる)ちゃんの部屋。ロフトもあり友達が遊びにくるとみんな大はしゃぎ。

7歳の長女・紅春(こはる)ちゃんの部屋。ロフトもあり友達が遊びにくるとみんな大はしゃぎ。

ゲストルームはシックで落ち着ける雰囲気に。シャンデリアがゴージャス感を加える。

ゲストルームはシックで落ち着ける雰囲気に。シャンデリアがゴージャス感を加える。


窓の向こうに絶景が広がるバスルーム。シャワーはKOHLER。レインシャワーも併設して贅沢に。

窓の向こうに絶景が広がるバスルーム。シャワーはKOHLER。レインシャワーも併設して贅沢に。

ホテルのような非日常的な空間を実現した洗面所。バスルームからベッドルームまで一直線につながる。

ホテルのような非日常的な空間を実現した洗面所。バスルームからベッドルームまで一直線につながる。

黒をベースに大理石の天板、ゴールドの水栓を合わせてゴージャスに。

黒をベースに大理石の天板、ゴールドの水栓を合わせてゴージャスに。

1枚1枚タオルを取り出せるよう棚を設置。ホテルライクな設え。

1枚1枚タオルを取り出せるよう棚を設置。ホテルライクな設え。


緑のテラスで過ごす贅沢な時間

「朝は鳥やリスの鳴き声で起きるんですよ」。
住宅街にあって、そんな自然いっぱいの生活を楽しむ柚木邸。その楽しみをさらに広げているのが、テラスの存在だ。鎌倉山に向かってせり出すように設けられたウッドデッキのテラスと、その手前にあるスクリーンポーチは、家族のもうひとつのリビングといえる。
「テラスに出ると空気が清々しくて気持ちがいいですし、スクリーンポーチは虫を気にしなくていいので、朝食を食べたり、バーベキューをしたりして楽しんでいます。こちらに来てから、週末も外出しなくなりましたね。買物などに行くよりも、家でゆっくり過ごすことが何より心地いいんです」。

庭で育てたミントを摘み取って、冷たいジュースに添えて出してくれた恵子さん。今は、庭にジャグジーを設けることを検討中だとか。
「山を見ながらジャグジーに浸かれたら気持ちいいだろうなと。夏には子供のプールにもなりますし。娘もここでの暮らしがとても気に入っているようです」。


傾斜地に設けられたウッドデッキ。夜はキャンドルを灯して、リゾートホテルのような楽しみ方も。その奥が蚊帳の張られたスクリーンポーチ。ハンモックもかけられていてお昼寝にも最高。

傾斜地に設けられたウッドデッキ。夜はキャンドルを灯して、リゾートホテルのような楽しみ方も。その奥が蚊帳の張られたスクリーンポーチ。ハンモックもかけられていてお昼寝にも最高。

朝日〜夕日まで、1日の山の色合いの変化が楽しめる。湘南の海までも近く、休日は自転車で出かけるそう。

朝日〜夕日まで、1日の山の色合いの変化が楽しめる。湘南の海までも近く、休日は自転車で出かけるそう。

クッキング&リボンワーク教室「Grege」http://ameblo.jp/grege-salonを開く柚木恵子さん。普段の食事をおもてなし風にアレンジする料理と、プロも養成するリボンワークを、自然の中のサロンで学べるとあって人気。

クッキング&リボンワーク教室「Grege」を開く柚木恵子さん。普段の食事をおもてなし風にアレンジする料理と、プロも養成するリボンワークを、自然の中のサロンで学べるとあって人気。