家族総出でDIY手作りの温もりが伝わる白壁の別荘風一軒家

家族総出でDIY手作りの温もりが伝わる
白壁の別荘風一軒家

ユニークな造りにひと目ぼれ

登山客で賑わう高尾山の近く。住宅地として開発された山の頂上に、酒向さんは築28年の一軒家を見つけた。

「この山の下で生まれて育ったんです。結婚後も実家で暮らしていたのですが、家を購入することになって探していたところここを見つけました。40~50年前の別荘のような造りが面白くて、ひと目で気に入ってしまいましたね」

天井の梁をむき出しにした三角屋根、ロフトのような2階、純和風の庭園。デザインにこだわって建てられたことが伺えるこの家を、DIYをして改築。

「主人とふたりで、時には子供たちも手伝ってくれて、2年くらいかけてリフォームしていきました」


天井の梁をそのまま活かしてリフォーム。黒だった木の壁面は、すべて白に塗り替えた。

天井の梁をそのまま活かしてリフォーム。黒だった木の壁面は、すべて白に塗り替えた。


夫とふたりで大改造

1階の、現在ダイニングのある場所はもと和室で、寝室はキッチンだったという。壁をぶち抜き、リビングダイニングにするところから始めたのだそう。

「初めてのことだったので、インターネットでDIYをしている人のブログなどを見て造っていきました。手探りで着手して、やりながら考えるという感じでしたね」

キッチンとリビングの境目など、仕切りが必要なスペースには、板と石膏ボードで壁を作成。ディスプレイのためニッチも設けて、珪藻土を塗装した。閉鎖的に感じられた階段の仕切りは取り払い、抜けのある手すりに。キッチンは目地を入れてタイルを貼り、ナチュラルなテイストに仕上げた。

「使い勝手も考えて、お皿を縦に収納できる棚を取り付けたり、動きやすいよう作業台の幅に変化をつけたり、キッチンも色々と工夫しました」

トイレは床にパイン材を敷き、洗面台にはタイルを貼った。これだけをほぼ自力で行ったというから驚く。

「電気とガスの撤去と立ち上げ、あとはユニットバスを入れてもらったくらいで、業者にはほとんど頼んでいません」


天井高のある開放的なリビング。白い空間にシーリングファンが、どこかコロニアルの雰囲気。

天井高のある開放的なリビング。白い空間にシーリングファンが、どこかコロニアルの雰囲気。

バスルーム、寝室につながる廊下。天井をアーチ状にするなど、細かいところまでこだわったことがわかる。

バスルーム、寝室につながる廊下。天井をアーチ状にするなど、細かいところまでこだわったことがわかる。

玄関ドアはアンティーク調のものを取りつけた。素朴な味わいの靴箱は和ものの骨董屋で購入。

玄関ドアはアンティーク調のものを取りつけた。素朴な味わいの靴箱は和ものの骨董屋で購入。

階段の手すりは抜け感のあるものに付け替え、新しく収納スペースも確保した。ドアも壁と同じく白く塗装。

階段の手すりは抜け感のあるものに付け替え、新しく収納スペースも確保した。ドアも壁と同じく白く塗装。


ダイニングはテーブルに合わせてサイズを考えた。コンロ横の窓も自力で作成。ナチュラルで清潔なキッチン。

ダイニングはテーブルに合わせてサイズを考えた。コンロ横の窓も自力で作成。ナチュラルで清潔なキッチン。

子供のおやつはアンティークの缶に。空きスペースをセンスよく有効に活用。

子供のおやつはアンティークの缶に。空きスペースをセンスよく有効に活用。

皿が取り出しやすいよう、縦に収納できる棚を設置。食器類は必要なものだけを揃える。

皿が取り出しやすいよう、縦に収納できる棚を設置。食器類は必要なものだけを揃える。

トイレ、洗面もフレンチシックな空間に大改造。

トイレ、洗面もフレンチシックな空間に大改造。

タオルハンガー、スイッチパネルも古びた感じを演出。

タオルハンガー、スイッチパネルも古びた感じを演出。

動きやすさを考えて、ガスコンロ以外の部分を広く取った。DIYでここまでできるのはすごい。

動きやすさを考えて、ガスコンロ以外の部分を広く取った。DIYでここまでできるのはすごい。

家族の一員、手のり文鳥のネージュ。なぜかホームベーカリーの上が定位置。

家族の一員、手のり文鳥のネージュ。なぜかホームベーカリーの上が定位置。

シンクまわりは白いタイルを敷き詰めた。

シンクまわりは白いタイルを敷き詰めた。

トイレもフォトフレームなどを使ってディスプレイ。

トイレもフォトフレームなどを使ってディスプレイ。


念願のアトリエもDIYで

家の中だけでなく、玄関や裏の自転車置き場、庭なども次々に着手。そして布小物作家である志保さんのアトリエも約1年半をかけて完成した。

「ブロックを積んで4隅に柱を立て木を載せて、石膏ボードを貼り、珪藻土を塗って・・・。日々少しずつ造っていきました」

庭に建つ家の離れのようなそのアトリエは、漆喰の壁にアンティーク調のドアが南欧風。このドアも、無垢の扉を買ってきてグリーンに塗装したもの。

「いつか庭にアトリエが欲しいと思っていたんです。静かなので集中できますね。子供たちが帰ってくるまで、1日中ここで過ごすことが多いです」

アトリエの中は、アンティークの家具や雑貨などで溢れている。古びた白いキャビネットには、作品のための素材の布が並ぶ。夫はアンティーク雑貨店の経営者であり、ビーズランプなどの制作にもあたる。アトリエ内にはその夫の創ったビーズランプが揺れ、どこかノスタルジックな雰囲気だ。

「ふたりともものづくりに関わる仕事なんです。主人とはイメージが一緒で、私のイメージを伝えると理解してくれるのも早いですね。だから家のDIYもスムーズに進めることができました」

家からアトリエの入り口までは、ふたりでタイルや板を敷きつめた。1枚1枚、手作業で仕上げた温もりが伝わってくる。


DIYで建ててしまったアトリエ。ガラスブロックから光が差し込むよう、採光にも工夫した。

DIYで建ててしまったアトリエ。ガラスブロックから光が差し込むよう、採光にも工夫した。

家からアトリエの入り口につながるスペースには、デッキやタイルを敷いた。

家からアトリエの入り口につながるスペースには、デッキやタイルを敷いた。

福生の米軍基地近くの店で購入したアンティークキャビネット。

福生の米軍基地近くの店で購入したアンティークキャビネット。
 

酒向志保さん。子育て中、手作りの楽しさに目覚めて現在に至る。作業に没頭できる時間が大切なのだとか。

酒向志保さん。子育て中、手作りの楽しさに目覚めて現在に至る。作業に没頭できる時間が大切なのだとか。

ここで布小物を作成。作品はネットでも販売している。http://cava-merci.chu.jp/

ここで布小物を作成。作品はネットでも販売している。http://cava-merci.chu.jp/

夫が制作した、繊細で美しいビーズランプ。「La trois」の実店舗でも販売。http://lamplamp.chu.jp

夫が制作した、繊細で美しいビーズランプ。「La trois」の実店舗でも販売。http://lamplamp.chu.jp

古い試験管を1輪差しに。近所で採集する自然の素材が、インテリアの一部に。

古い試験管を1輪差しに。近所で採集する自然の素材が、インテリアの一部に。

バスケットにドライフラワーなどを入れて。収納スペースとしても活用している。

バスケットにドライフラワーなどを入れて。収納スペースとしても活用している。


子供たちの創造性を活かす

中1の長女と小5の長男の部屋はロフト風の2階にあり、リビングからもその気配が感じられる。長女の部屋は、女の子らしく壁をピンクに塗装。長男の部屋は、男の子らしくガンダムのプラモデルなどがあふれている。

「私たちの影響か、子供たちも絵を描いたり、何かを作ったりすることが好きみたいですね」

図工の授業で創った作品や、父親と一緒に創ったビーズランプなど、子供たちの手作りの作品が、手作りの空間を飾る。

「この辺りは本当に自然に恵まれているので、子供たちものびのびと育っています。息子は、近所でいろいろなものを拾ってくるんです。鳥の羽とか木の実とか、大事そうに持ち帰ってくるので、小物として飾ったりしています」

長男が拾ってきたヒヤシンスの花、すずかけの実、2年前家族で訪れたパリで買ったアンティークの雑貨…。家族の思い出も大切な家のインテリアとなっている。


長女の部屋はピンクと白で統一。お気に入りの「JOJOの奇妙な冒険」をテーマに飾り付け。

長女の部屋はピンクと白で統一。お気に入りの「JOJOの奇妙な冒険」をテーマに飾り付け。

長男の部屋。父親とプラモデル造りをするのが今の楽しみ。

長男の部屋。父親とプラモデル造りをするのが今の楽しみ。

自前の壁にもニッチを取りつけた。自然をモチーフにデコレーションして楽しむ。

自前の壁にもニッチを取りつけた。自然をモチーフにデコレーションして楽しむ。

アンティークのステンドグラスをはめ込んだ扉。これもDIY。

アンティークのステンドグラスをはめ込んだ扉。これもDIY。

気球のオブジェも志保さんの手作り。子供が幼稚園時代、作ってきたものをヒントに制作。

気球のオブジェも志保さんの手作り。子供が幼稚園時代、作ってきたものをヒントに制作。

2階から1階のリビングを望む。風が通り抜ける、オープンな造り。家族の気配も感じられる。

2階から1階のリビングを望む。風が通り抜ける、オープンな造り。家族の気配も感じられる。

長女の部屋のビーズランプは、父親と一緒に創ったもの。

長女の部屋のビーズランプは、父親と一緒に創ったもの。

コーナーを有効に活用し、家族で訪れたパリで買ってきたお土産を飾る。アンティーク買い付けの旅にも出る。

コーナーを有効に活用し、家族で訪れたパリで買ってきたお土産を飾る。アンティーク買い付けの旅にも出る。

繊細な揺れ具合と、光の陰影が美しいビーズランプ。

繊細な揺れ具合と、光の陰影が美しいビーズランプ。

ランプを初め、部屋の至るところにアンティークが用いられ、ヨーロッパ調の雰囲気を出している。

ランプを初め、部屋の至るところにアンティークが用いられ、ヨーロッパ調の雰囲気を出している。


自然の中で暮らす贅沢

2面に大きな窓が広がるリビングからは、庭のグリーンが眺められる。庭は、まず購入当初あった大きな岩を移動させ、現在アトリエのある場所に穴を掘って埋めた。そして一部分にテラコッタを敷き、木や花などを植えて造園。

「お庭ではバーベキューもよくやりますし、気候のいい時は外で食事したりもしますね。小さい畑も造って家庭菜園を楽しんでいます。イチゴやブルーベリーもその場で摘んで食べられるくらいたくさん実がなるんですよ。自分の庭から食材が採れるのはうれしいですね」

玄関や隣の家との仕切りの、ルーバー状フェンスもDIYで。風通しのいいリビングから庭を眺めていると、自然の中に建つ別荘にいるかのような心地よさ。家族との日常の暮らしを楽しむ、贅沢な時間が白亜の一軒家に流れていく。


テラコッタを敷いた庭ではバーベキューも楽しむ。タヌキ、イノシシも現れる自然豊かな環境。

テラコッタを敷いた庭ではバーベキューも楽しむ。タヌキ、イノシシも現れる自然豊かな環境。

ムスカリなど色とりどりの花が咲き乱れる。

ムスカリなど色とりどりの花が咲き乱れる。

ユーカリ、オリーブの木などが茂る。家庭菜園ではトマト、ナス、キュウリ、サヤインゲンなどを栽培。

ユーカリ、オリーブの木などが茂る。家庭菜園ではトマト、ナス、キュウリ、サヤインゲンなどを栽培。

球根ものは「いろんな所から咲き始めた」。あまり手をかけないのが信条。

球根ものは「いろんな所から咲き始めた」。あまり手をかけないのが信条。