古道具ありきのカフェ風空間造り上げることが悦び創作を楽しむ家 | 100%LiFE
古道具ありきのカフェ風空間造り上げることが悦び創作を楽しむ家

古道具ありきのカフェ風空間造り上げることが悦び
創作を楽しむ家

古道具がなじむ空間に

木を活かした造りに、味のある古道具。カフェのような温かな空間は、夫婦ふたりで作り上げていったもの。

「古いものが好きなので、内装は古道具ありきで考えました。この家に越して来た時、まず最初に主人が古道具に合わせて白い棚を造ったんです。やってみたら自信がついて、それからリフォームしたり家具を手作りしたりして、手を加えていきました」

そう語るのは、アクセサリーやプリザーブドフラワーを使った雑貨を製作、販売する鈴木ともえさん。6年前の購入当時、築20年だった物件を、ほとんどふたりだけの力で改装。その創作力を活かし、アイデア満載のオリジナル空間を造っていった。


家具のイメージに合わせてキッチンをコーディネート。シンクの向こうの窓からの日差しを活かすため、仕切りにはアンティークのガラスを使って小窓を取り付けた。

家具のイメージに合わせてキッチンをコーディネート。シンクの向こうの窓からの日差しを活かすため、仕切りにはアンティークのガラスを使って小窓を取り付けた。

ソファーテーブルは、ダイニングテーブルのイメージに合わせて選択。グリーンのソファーはカリモク。

ソファーテーブルは、ダイニングテーブルのイメージに合わせて選択。グリーンのソファーはカリモク。

1階の床はパイン材で統一。すべて夫婦で敷き詰めた。天井や桟も白の塗料を塗った。

1階の床はパイン材で統一。すべて夫婦で敷き詰めた。天井や桟も白の塗料を塗った。


力を合わせてリフォーム

リビングの床は、パイン材の板を購入して、1枚1枚カットして張るところから着手。

「電動ノコギリで板を切って張るのが主人、仕上げオイルを塗布するのが私(笑)。当時2歳だった長男も手伝ってくれましたよ」

真っすぐにカットされ、隙間なく埋め尽くされた床はプロ並みの仕上がり。

「子供がまだ小さかったので、仕事をしていても目が届くようにしたいと、リビングの隣の和室を改装して、アトリエにしました」

壁はリビングと同じく漆喰に。襖は取り外し、板を張って白く塗装。灯り取りのため、小窓分のスペースを開け、古い窓枠を入れてアンティークのガラスをはめ込んだ。


もともとは和室だったアトリエ。リビング、ダイニングに併設。

もともとは和室だったアトリエ。リビング、ダイニングに併設。

アトリエにあるともえさんの作業机。古道具に合わせて、棚や小窓を夫が製作した。

アトリエにあるともえさんの作業机。古道具に合わせて、棚や小窓を夫が製作した。

仕事用の素材は、鴨居の上に設けた棚に収納。これにより空間を無駄なくすっきりさせている。

仕事用の素材は、鴨居の上に設けた棚に収納。これにより空間を無駄なくすっきりさせている。


「建具も古いものが好きなので、解体される友達の家からもらってきたりしました」

ゆずってもらったガラスの引き戸はサイズがあわなかったのだが、木を継ぎ足して調整し、ぴったりと収まるように作り替えた。押し入れだったところはトタンの板に張り替え。マグネットをつけて遊びつつ、実用的に活用もできるようにした。

「仕事用の材料や道具などがたくさんあって収納に困るので、主人に棚を作ってもらいました」

鴨居の上部に取り付けられた棚は、古材を使って作成。作業道具の収納棚は、壁に取り付けた枠に可動式の棚板をはめ込むだけのものだが、そのアイデアが楽しい。

「いつも考えるのは私で、作るのは主人なんです(笑)。時間はかかるのですが、リクエストしたものを必ず作ってくれるので、有り難いですね」


右側が友人の家からもらってきたガラスの引き戸。押し入れだったところはトタンに張り替えた。

右側が友人の家からもらってきたガラスの引き戸。押し入れだったところはトタンに張り替えた。

アンティークのショーケースに、繊細な作品をディスプレイ。骨董市で見つけた雑貨と調和する。

アンティークのショーケースに、繊細な作品をディスプレイ。骨董市で見つけた雑貨と調和する。

作業道具は壁に取り付けたオープンシェルフに収納。上段はディスプレイ用の飾り棚として使用。

作業道具は壁に取り付けたオープンシェルフに収納。上段はディスプレイ用の飾り棚として使用。


アイデアが楽しいインテリア

ともえさんのもの作りのアイデアは、あちこちに活かされている。カーテンレール代わりにワイヤーを張り、クリップで止めただけのカーテン、釘を壁に打ち付けて、木枠を引っ掛けて作った棚や額縁…。そこに古道具やアンティークの雑貨をアレンジした空間が、味を出している。

「以前、花屋に勤めていたのですが、当時からただ花を鉢に植えるというのは好きじゃなかったですね。空き缶を錆びさせて鉢替わりにするなど、色々とアレンジするのが好きでした」

古いものを再利用するアイデアと、手作りの温かさがこの家の魅力となっている。


ともえさんが年に2回開催する東日本大震災チャリティーマーケット「みんなの市」に出展している、作家さん達の器。

ともえさんが年に2回開催する東日本大震災チャリティーマーケット「みんなの市」に出展している、作家さん達の器。

アンティークのガラスの小さな小瓶をアレンジ。

アンティークのガラスの小さな小瓶をアレンジ。

鉄のような質感の陶の花器に、多肉植物を挿して。

鉄のような質感の陶の花器に、多肉植物を挿して。

空き缶を錆びさせて鉢植えに。

空き缶を錆びさせて鉢植えに。

夫が手作りした棚の上は、古道具を使ったディスプレイスペース。多肉植物なども取り入れる。

夫が手作りした棚の上は、古道具を使ったディスプレイスペース。多肉植物なども取り入れる。

鉄をフレームに見立ててディスプレイ。

鉄をフレームに見立ててディスプレイ。

140901_suz_015

トタンの板にはマグネット付きの1輪差しなどを活用。

長男・颯良(そら)君の夏の工作。

長男・颯良(そら)君の夏の工作。


暮らしとともに変わる楽しみ

キッチンは、船で使われていた古木を天板にし、鉄の脚を組み合わせたダイニングテーブルに合わせて、黒板塗料で背面塗装したカウンター兼食器棚を手作りした。お気に入りのダイニングで、鉄瓶で入れたお茶を飲んだり、家で浸けた梅酒やレモン酒を楽しんだり。仕事以外の時間も、ともえさんは大切にしている。

「アトリエの廊下側に窓をつけたいなとか、庭をどうしようかとか、気になるところがどんどん出てくるので、いつも次のプランを考えています。とりあえず今は、子供の大きくなった靴を入れる下駄箱が欲しくてリクエスト中。主人の製作待ちです。完成までに3年くらいかかるかもしれませんが」

少しずつ出来上がっていく時間を、ゆっくりと待ちながら楽しんでいる。

「子供も成長していくし、暮らしも趣味も変わっていきます。それに合わせて自分たちで作り変えていくことが楽しいし、ずっとそんな風に暮らしていきたいですね」


古材と鉄の組み合わせが気に入って購入したダイニングテーブル。椅子はACME FURNITURE。

古材と鉄の組み合わせが気に入って購入したダイニングテーブル。椅子はACME FURNITURE。

お茶を楽しむ鉄瓶。カウンターの黒板にフレームを取り付け、季節毎にチョークで描き替える。これは旧暦の七夕に合わせたもの。

お茶を楽しむ鉄瓶。カウンターの黒板にフレームを取り付け、季節毎にチョークで描き替える。これは旧暦の七夕に合わせたもの。

「atelier bloom」鈴木ともえさん。都内近郊の取扱い店で作品を販売。 http://www.atelierbloom.com「みんなの市」は、http://minnanoich.exblog.jp/

「atelier bloom」鈴木ともえさん。都内近郊の取扱い店で作品を販売。 http://www.atelierbloom.com
「みんなの市」は、http://minnanoich.exblog.jp/

カウンターの天板は、水をはじくようコーティングされていた以前のテーブルをリメイク使用したもの。

カウンターの天板は、水をはじくようコーティングされていた以前のテーブルをリメイク使用したもの。

レモン酒、ウメ酒、黒酢ウメ酒をつけ込む。ドリンクメニューもカフェ並みの本格派。

レモン酒、ウメ酒、黒酢ウメ酒をつけ込む。ドリンクメニューもカフェ並みの本格派。

パールを用いた繊細なアクセサリーが人気。花あしらいをテーマにしたワークショップも開催。

パールを用いた繊細なアクセサリーが人気。花あしらいをテーマにしたワークショップも開催。