シンプルモダンをアレンジ雨の日も笑顔が絶えない公園のように楽しい家

シンプルモダンをアレンジ雨の日も笑顔が絶えない
公園のように楽しい家

みんなが集まる家に

駅から徒歩1分という好立地。インテリアショップ、アクタスに勤務する荻原由夏さんのマイホームは、結婚を機に建てられた。

「主人の実家である2階建ての鉄筋の家に、3階部分を木造で増築する形で建て増したんです。主人は育ったこの地に思い入れがあって、ここで暮らしたかったんですね」

3階にリビングとベッドルームを設け、2階の部屋は子供部屋とバスルームに改装。3階建ての2世帯住宅が完成した。増築にあたっては、

「リビングを広くしたい、と思っていました。その頃は確か、収納の多い家が流行っていたと思うのですが、収納がなくてもいいのでリビングが広いこと、梁が出てもいいので天井を高くすることが私の希望でした」

キッチンはオープンにして、リビングの様子を見ながら食事の支度ができるように考えた。

「家族の気配が感じられる家、人が来て落ち着く家、みんなが集まってくる家がテーマでしたね」


夫が子供の頃使っていた部屋を改装して子供部屋に。ナチュラルな木をベースに、子供らしい色彩がプラスされている。

夫が子供の頃使っていた部屋を改装して子供部屋に。ナチュラルな木をベースに、子供らしい色彩がプラスされている。

キッチンにいながら家族との会話も弾む。冷蔵庫のステッカーは、お気に入りのアウトドアブランドのもの。

キッチンにいながら家族との会話も弾む。冷蔵庫のステッカーは、お気に入りのアウトドアブランドのもの。

キッチンから眺めるリビング。DI CLASSEのフォレスティペンダントランプが存在感を持つ。奥はベッドルーム。

キッチンから眺めるリビング。DI CLASSEのフォレスティペンダントランプが存在感を持つ。奥はベッドルーム。


シンプルを基調に色をプラス

インテリアはアクタスの家具でシンプルモダンに。

「まだ入社する前だったのですが、キムタクの『ロングバケーション』にアクタスのソファーが出ていて、それを見て衝撃を受けたんです。縁あって働くことになり、家を手に入れてから少しずつ買い足していった感じですね」

エクステンションできるナチュラルな木のテーブルやチェスト、椅子。そこにカラフルなラグやクッションが華を添えている。

「あまりシンプル過ぎてもつまらないと思って。少し色を加えるのが好きなんです」

海君(9歳)、洋君(6歳)のふたりの息子には、それぞれのテーマカラーがあり、フリッツ・ハンセンの椅子なども、それぞれのイメージに近いものがセレクトされている。

「小さい頃から長男には青、次男には緑のものを選んで与えていたら、ふたりとも僕の色はこれ、と決めてしまっていて。だから、お下がりが回らないんですよね」


海君、洋君が生まれたときに1つずつ買った椅子は、宝物。

海君、洋君が生まれたときに1つずつ買った椅子は、宝物。
 

子供のデスクもアクタスのもの。シンメトリーに配置。

子供のデスクもアクタスのもの。シンメトリーに配置。

たくさん買い集めた椅子を壁掛けに。流行りのウォールステッカー、チスパムを使って飾り付け。

たくさん買い集めた椅子を壁掛けに。流行りのウォールステッカー、チスパムを使って飾り付け。

アクタスの小物がアクセントに。おもちゃもナチュラル志向。

アクタスの小物がアクセントに。おもちゃもナチュラル志向。


雨の日も楽しめる家

家の中が温かく、楽しいのは、カラフルな色彩をプラスしていることと、自由な発想にあるのかもしれない。リビング中央には、植物をモチーフにした大きなペンダントランプがユニーク。

「家の中に植物が欲しいと思って育てていたんですけど、うまく育てられないんですよね(笑)。家にいても自然っぽさを感じたり、外にいる感覚が欲しいので、それをカバーするものとして選びました」

子供が大好きなクライミングウォールも、家の中が公園のように楽しくなる工夫。

「壁が汚れてきたので、ベニヤ板を貼って色を塗ったんです。それに足をかける部分を買ってきて取りつけました。子供たちが、雨の日でも外にいる感覚で遊ぶことができるのは、やはり良かったですね」

キッチン前にも黒板が取り付けられていて、子供たちが自由にドローイング。

「もともとここはカウンターだったのですが、飛び出ているのが嫌だったし、カウンターの下が物置きになってしまうので、思い切って取ってしまったんです。それでどうしようかと考えて、ベニヤ板を貼って色を塗って黒板にしました。我が家ではベニヤ板が大活躍です(笑)」


クライミングウォールは子供たちの友達も大喜び。

クライミングウォールは子供たちの友達も大喜び。

キッチンの棚もいろんな色の布を使ってチェンジ。シルバーの取っ手も気になって、木に付け替えた。

キッチンの棚もいろんな色の布を使ってチェンジ。シルバーの取っ手も気になって、木に付け替えた。

キッチン下に取り付けた黒板。子供の絵がインテリアの一部に

キッチン下に取り付けた黒板。子供の絵がインテリアの一部に

2階の玄関にあがる階段。木を使ってナチュラルに。

2階の玄関にあがる階段。木を使ってナチュラルに。


手を加えながら暮らす

その取り付け作業の担当は、電気エンジニアである夫、伸晃さん。

「電気の配線を考えたり、ベニヤを取り付けたり、日曜大工っぽいことはやってくれますね。私が“こんなのどう?”と提案すると、“いいね”と言ってやってくれるので有難いです。いいバランスだと思いますね」

壁に穴をあけたり、造り付けのものを取り外したり、そんなことにもあまり抵抗はないという。

「カウンターを切ったときはちょっと迷いましたけど。でも思い切ってやらないと、変えていくことができないので」

その工夫とDIYで出来上がった楽しい空間に、子供の友達や、会社の友人なども、よく集まってくるとか。

「若い頃に造った家なので、今だったらこうしたいと思ったり、新しい家に憧れたりしたこともありますね。でも思い入れのある家なので、手を加えることで理想に近づけていきたいんです。子供たちの成長など、その時々のニーズに合わせて少しずつ変えていき、自分たちのお城にしていきたいと思っています」


家族の趣味はアウトドア。夫を中心にキャンプ、山登り、自転車、サーフィンなどを楽しんでいる。

家族の趣味はアウトドア。夫を中心にキャンプ、山登り、自転車、サーフィンなどを楽しんでいる。

子供たちはレゴにも夢中。スターウォーズが特にお気に入り。

子供たちはレゴにも夢中。スターウォーズが特にお気に入り。