リバーサイドを満喫  庭も、住まいも、自分たちで手づくりを楽しむ暮らし

リバーサイドを満喫 庭も、住まいも、自分たちで
手づくりを楽しむ暮らし

自然豊かなロケーション

ゆったりと流れる川の岸辺にはヨシなどの植物が茂り、堤防には桜並木が続く。そんな緑豊かな川沿いに建つ南欧風の建物が、山本さん一家の住まいだ。「家から見える景色は、まさに田園風景。生き物もたくさんいて、青鷺や白鷺はもちろんカワセミも姿を見せるんですよ」と話すのは妻の洋子さん。

8年前にこの家を購入したときは、夫妻双方の実家に近いこのエリアで、何軒かの家を見てまわったという。夫の啓介さんは「二人ともこのエリアになじみがあるということに加えて、これだけ自然に恵まれた環境でありながら、最寄り駅まで歩いていける。そんなロケーションに魅かれました」と当時を振り返る。


川沿いに建つ山本さんの家。傾斜地に足場を組んだ川床のようなウッドデッキと、家を包み込むような白いバラが見える。

川沿いに建つ山本さんの家。傾斜地に足場を組んだ川床のようなウッドデッキと、家を包み込むような白いバラが見える。

バラが咲き乱れるデッキでくつろぐ夫妻とお子さん。

バラが咲き乱れるデッキでくつろぐ夫妻とお子さん。

ベンチで遊ぶ子どもたち。家のコーナー部分の平行に板が張ってあるところが、最初に手がけた第1期工事部分。数年後の第2期工事で、ぐっとスペースを広げた。「板は、腐らないようにウエスタンレッドシダーを使っています」(啓介さん)。

ベンチで遊ぶ子どもたち。家のコーナー部分の平行に板が張ってあるところが、最初に手がけた第1期工事部分。数年後の第2期工事で、ぐっとスペースを広げた。「板は、腐らないようにウエスタンレッドシダーを使っています」(啓介さん)。

レンガ敷きのアプローチの手前には、シンボルツリーであるサルスベリが。枝にかけられたバードハウスは、啓介さんのお兄さんのお手製。このバードハウスに、シジュウカラが住みついたことも。

レンガ敷きのアプローチの手前には、シンボルツリーであるサルスベリが。枝にかけられたバードハウスは、啓介さんのお兄さんのお手製。このバードハウスに、シジュウカラが住みついたことも。

玄関から庭に向かうアプローチ。もともとは砂利敷きだったところを、啓介さんがレンガ敷きに。「できるだけ基礎を水平にならしてからレンガを敷いていくのですが、かなり苦労しました(笑)」。奥の扉の向こう側が、斜面の庭へと続いている。

玄関から庭に向かうアプローチ。もともとは砂利敷きだったところを、啓介さんがレンガ敷きに。「できるだけ基礎を水平にならしてからレンガを敷いていくのですが、かなり苦労しました(笑)」。奥の扉の向こう側が、斜面の庭へと続いている。

白い「サマースノー」と同時期に満開を迎える「ピエール・ド・ロンサール」。「ツルバラは強くて育てやすいですね。どんどん伸びて、季節になるとたくさん花をつけてくれます。」

白い「サマースノー」と同じ時期に満開を迎える「ピエール・ド・ロンサール」。「ツルバラは強くて育てやすいですね。どんどん伸びて、季節になるとたくさん花をつけてくれます。」


バラに包まれる住まい

舞台美術の仕事に携わる啓介さんと、デザイナーの洋子さん。自分の手でモノづくりをすることが得意な二人は、住まいや庭に少しずつ手を入れてきた。

「入居してすぐに、『サマースノー』という白いツルバラを新苗で植えました。子どもがいるので、トゲのない品種を選んだんです」(洋子さん)。数十センチだった苗は、8年の間にぐんぐん成長し、2階のバルコニーを越えて屋根の庇に届くまでになった。今では、庭には20種類ほどのバラが植わっており、シーズンには咲き誇るバラで家が包まれるようになる。

そして、入居1年後には啓介さんによるウッドデッキづくりがスタート。「まずは家のコーナー部分に10平米ほどのデッキを自作しました」(啓介さん)。仕事柄DIYが得意ということもあり、デッキづくりやレンガ舗装などの外構に少しずつ手を入れてきた。


斜面の庭で、花を摘む洋子さん。苗は地元の園芸店で入手することが多いそう。「ていねいにアドバイスしてくれるので助かります。あとは、ご近所の方と苗を交換したり、夫の実家から苗を分けていただくこともあります」。

斜面の庭で、花を摘む洋子さん。苗は地元の園芸店で入手することが多いそう。「ていねいにアドバイスしてくれるので助かります。あとは、ご近所の方と苗を交換したり、夫の実家から苗を分けていただくこともあります」。

ブロック塀にはクレマチスなどツル性の植物をはわせている。最下部の本格的な土留めは最近完成したもの。デッキ下部には、子どもたちのためにブランコをとりつけた。今後はここにピザ窯をつくるのが目標だそう。

ブロック塀にはクレマチスなどツル性の植物をはわせている。最下部の本格的な土留めは最近完成したもの。デッキ下部には、子どもたちのためにブランコをとりつけた。今後はここにピザ窯をつくるのが目標だそう。


傾斜地を活かした第二の庭

さらに3年ほど前からは、川に面した法面に花やハーブを植え、斜面の庭を楽しんでいる。「階段状のステップを設けてラクに行き来できるようにした上で、しっかりと土留めをして安全性にも気を配っています」と啓介さん。

その斜面に足場を組むことで、ウッドデッキも大幅に拡張。今では、まるで京都の川床のように、川面をすぐそばに感じられるくつろぎのスペースに。「休日にはデッキで食事をしたり、バーベキューをしたり。子どもたちの遊び場としても大活躍です」(洋子さん)。

今年に入ってからは、さらに傾斜地に鉄筋を配筋してブロック塀を積んだ基礎を造成し、地盤をより強固に整えた。「平らなスペースを確保したので、今後はここにピザ窯を作りたいなと思っているんです」(啓介さん)。


リビングの窓からは庭や対岸の緑が見える。壁の絵は、子どもたちが描いたものを額装している。「ソファに座ると、春は桜、初夏にはバラが見えます。デッキもいいですが、リビングも落ち着きます」(啓介さん)。

リビングの窓からは庭や対岸の緑が見える。壁の絵は、子どもたちが描いたものを額装している。「ソファに座ると、春は桜、初夏にはバラが見えます。デッキもいいですが、リビングも落ち着きます」(啓介さん)。

キッチンはセミクローズドタイプ。開口部の上には鳥のモチーフの小物を集めてディスプレイしている。いちばん左のオレンジ色のステンドグラスの鳥は、啓介さんの作品。

キッチンはセミクローズドタイプ。開口部の上には鳥のモチーフの小物を集めてディスプレイしている。いちばん左のオレンジ色のステンドグラスの鳥は、啓介さんの作品。

キッチンの奥には、手づくりの保存食を収納するコーナーが。お手製の梅酒や梅干し、果実酒などが並ぶ。上に吊るしているのは、庭の月桂樹の枝。

キッチンの奥には、手づくりの保存食を収納するコーナーが。お手製の梅酒や梅干し、果実酒などが並ぶ。上に吊るしているのは、庭の月桂樹の枝。

椅子のミニチュアと小箱は、洋子さんのお母様の作品。

椅子のミニチュアと小箱は、洋子さんのお母様の作品。

ディスプレイされている小物の中には、林二郎氏の作品も。女の子の絵は、長女をモデルに知人が描いてくれたものだそう。

ディスプレイされている小物の中には、林二郎氏の作品も。女の子の絵は、長女をモデルに知人が描いてくれたものだそう。
 

林二郎氏作の椅子。持つと意外に軽く、座り心地もいい。

林二郎氏作の椅子。持つと意外に軽く、座り心地もいい。


愛着あるモノが暮らしを彩る

家族が集まるリビングダイニングにも、あたたかみを感じさせる手づくりのモノが並ぶ。リビングの主役・大きなグレーのソファには、洋子さんが生地を取り寄せてつくったクッションが。「季節に合わせてクッションカバーを替えています。今の時期は、ウィリアム・モリスの『いちご泥棒』と『トレリス』のカバーにしています」。

重厚感あふれるダイニングテーブルは、マルニ木工のもので、啓介さんの実家から譲り受けたものだそう。手彫りの椅子は、昭和期に活躍した木工家・林二郎氏の作品で、こちらは洋子さんのお母様からいただいたものだとのこと。「母は林二郎さんに木工を習っていたんです。4脚の椅子のうち2脚は母がつくったものなんですよ」。


デッキでのランチ。洋子さんと姉妹が着ているブラウスは、洋子さんが縫ったもの。写真では見えないが、啓介さんと息子さんのハーフパンツも洋子さんのお手製。

デッキでのランチ。洋子さんと姉妹が着ているブラウスは、洋子さんが縫ったもの。写真では見えないが、啓介さんと息子さんのハーフパンツも洋子さんのお手製。

庭のイチゴなどフルーツを漬けたサングリア。大人は白ワインで、子どもは炭酸水で割っていただく。

庭のイチゴなどフルーツを漬けたサングリア。大人は白ワインで、子どもは炭酸水で割っていただく。

梅酒にする梅のほか、みかんや柚子などの果樹が毎年実る。

梅酒にする梅のほか、みかんや柚子などの果樹が毎年実る。

庭のイチゴ。ブルーベリーやラズベリーなども植えている。

庭のイチゴ。ブルーベリーやラズベリーなども植えている。
 

生地から手づくりしたピザに、庭のバジルを散らして。ローズマリー、ミント、パセリなど、庭にはハーブもたくさん。

生地から手づくりしたピザに、庭のバジルを散らして。ローズマリー、ミント、パセリなど、庭にはハーブもたくさん。


庭の実りを食卓に

「この家に暮らすようになって、もともと好きだったお料理が一層楽しくなりました」と話す洋子さん。「庭で採れるイチゴや梅で果実酒を漬けたり、ハーブを料理にあしらったり。子どもたちもハーブ摘みや野菜の収穫を楽しみにしていて、積極的にお手伝いしてくれるのも嬉しいです」。

取材に訪れた日は、ウッドデッキでランチを楽しんでいた山本さん一家。これからも、周囲の恵まれた自然を満喫しながら、家族の暮らしが紡がれていくのだろう。


玄関では、ツルバラのシーズンが終わりに近づき、クレマチスが満開に。

玄関では、ツルバラのシーズンが終わりに近づき、クレマチスが満開に。