曲線が優しい建築家の自邸テラスの楽しみを広げる瑞々しい緑のカーテン

曲線が優しい建築家の自邸テラスの楽しみを広げる
瑞々しい緑のカーテン

グリーンカーテンの下で朝食を

イギリスのノーマン・フォスター、フューチャーシステムズといった錚々たる未来派モダン建築事務所で仕事をした経験を持つ、建築家の熊木英雄さんの自邸に伺った。

ゆったりとした敷地に、美しい曲線を描きながら対角線状に建つ平屋建築は、英雄さんのお母様が所有していた土地に5年前に竣工。

「母が丹精込めて育てている薔薇や桜の木を大切に残したいと思いましたし、母もそれを望んでいました。曲線の家は、どの部屋からも美しい庭が見えます。壁に添って風がスムーズに流れるので、風通しを好む植物のためにも好都合でした。窓を開ければ、家の中も気持ちのよい風が通り抜けます」

曲線の家にしたのには、さらに理由があったそうだ。
「自分の家で思う存分実験がしたかったのです。曲線の家は建築費が2割程度割高になりますし、ヨーロッパは曲線にポジティブですが日本では躊躇する傾向があるのでなかなか浸透しないのです。ならば自分で作ってみよう!と」 
抑えられる部分ではお金をかけずに、曲線による価値を存分に盛り込んだ家が完成したそうだ。


やわらかな曲線を描きながら湾曲する平屋の”緑のカーテンの家。”南側をつる性植物が覆う。

つる性植物が作る緑のカーテンは、室内に入る日差しを遮り、テラスの照り返しも防いでくれるそうだ。

つる性植物が作る緑のカーテンは、室内に入る日差しを遮り、テラスの照り返しも防いでくれるそうだ。

「日陰がなければとても外にいられないような日差しの強い日にも、ここで朝食を食べたり、バーベキューを楽しむことができます」

「日陰がなければとても外にいられないような日差しの強い日にも、ここで朝食を食べたり、バーベキューを楽しむことができます」

英雄さん、倫子さん、志得くん、そらちゃんの4人家族。子どもたちは、食事の後すぐにビニールプール遊びにGO。

英雄さん、倫子さん、志得くん、そらちゃんの4人家族。子どもたちは、食事の後すぐにビニールプール遊びにGO。

緑のカーテンを作っているのは、スネイルフラワー(つる性スイトピー)。真夏にも涼しげな青紫の花を咲かせる。

緑のカーテンを作っているのは、スネイルフラワー(つる性スイトピー)。真夏にも涼しげな青紫の花を咲かせる。


今年新たに庭に登場したのが、バックミンスター・フラーのジオデシックドーム。4㎡サイズを3人がかりで組み立てたそうだ。

今年新たに庭に登場したのが、バックミンスター・フラーのジオデシックドーム。4㎡サイズを3人がかりで組み立てたそうだ。

ドームも緑に覆われている。「ただ薄暗いのもつまらないので、あえて天井部分の緑を少しカットして、陰影を楽しんでいます」

ドームも緑に覆われている。「ただ薄暗いのもつまらないので、あえて天井部分の緑を少しカットして、陰影を楽しんでいます」

建物全体がやわらかな曲線を描く。地面に接する部分にも曲線の美しさが配慮されている。

建物全体がやわらかな曲線を描く。地面に接する部分にも曲線の美しさが配慮されている。


初夏から夏にかけて、南側のテラスに緑のカーテンが出現する。
「最初の2年間はゴーヤを育てていたのですが、たくさんゴーヤができすぎて、ご近所に分けても余ってしまうんです。それがもったいなくて、3年目からはスネイルフラワーに変えました。繁殖力が旺盛で、伸びすぎた蔓を定期的にカットするのが大変ですが、葉が密に茂りますし、カタツムリのような形の花がとても可愛いらしいです」

この緑のカーテンがあるおかげで、夏にもテラスで食事を楽しむことができるのだそう。

「今日は撮影のためにビニールプールを外に出していますが、普段は緑のカーテンの内側に入れています。直射日光を避けた場所でプール遊びができるのも、緑のカーテンのおかげです」


リビング、ダイニング、ベッドルームがひと続きの空間。どこにいても、家族の気配が感じられる。

リビング、ダイニング、ベッドルームがひと続きの空間。どこにいても、家族の気配が感じられる。

ダイニングチェアは熊木さんオリジナル。「正座ができるくらい座面が広いのが特徴です。くっつけて並べれば昼寝もできます(笑)」

ダイニングチェアは熊木さんオリジナル。「正座ができるくらい座面が広いのが特徴です。くっつけて並べれば昼寝もできます(笑)」

ブルーのタイルと黄色の冷蔵庫の配色がカワイイ。「冷蔵庫の黄色は、職人さんに貼ってもらったカッティングシートです」

ブルーのタイルと黄色の冷蔵庫の配色がカワイイ。「冷蔵庫の黄色は、職人さんに貼ってもらったカッティングシートです」


玄関ホールとリビングの間の扉。“PULL”のカッティングシートの色づかいが、インテリアのトーンにもマッチしている。

玄関ホールとリビングの間の扉。“PULL”のカッティングシートの色づかいが、インテリアのトーンにもマッチしている。 

キッチンの戸棚もゆるやかなカーブに。キュートなブルーのタイルは、昔から使われているリーズナブルなものなのだとか。

キッチンの戸棚もゆるやかなカーブに。キュートなブルーのタイルは、昔から使われているリーズナブルなものなのだとか。

「週末にやったバーベキューの残りです」と言いながら、手際よく肉やソーセージを焼いていく英雄さん。

「週末にやったバーベキューの残りです」と言いながら、手際よく肉やソーセージを焼いていく英雄さん。


曲線が空間をゆるやかに分ける

カーブした躯体は端から端まで見通すことができない。視線の先がつねに変化するので、この先はどうなっているのだろうというワクワク感が生まれる。死角ができるので、間仕切りをしなくても、ゆるやかに空間を分けることができる。

「家族の気配をいつも感じることのできる家を作りたかったんです」

ブルー、イエロー、ピンクと、ビタミンカラーが白の空間の中で生かされている。緑のカーテンごしの光のグラデーションも美しさも、曲線の躯体のなせる技。
今後は、子どもの成長に合わせて、増築の計画もあるそうだ。


カーブした躯体の南側の端は、ピンク色のインテリアの個室になっている。

カーブした躯体の南側の端は、ピンク色のインテリアの個室になっている。

傾斜のついた曲線の壁にもたれながらリラックスできる。この部屋に家族が集まって遊んだり、TVを見たりしているそう。

傾斜のついた曲線の壁にもたれながらリラックスできる。この部屋に家族が集まって遊んだり、TVを見たりしているそう。


ピンクの部屋の反対側も同様に曲線を描いている。棚の木目のラインが美しい。

ピンクの部屋の反対側も同様に曲線を描いている。棚の木目のラインが美しい。

子どもたちの背くらべができる、高さがわかるカッティングシート。家の完成後2年目くらいに貼ったものだそう。

子どもたちの背くらべができる、高さがわかるカッティングシート。家の完成後2年目くらいに貼ったものだそう。


扉の向こうが玄関ホール。熊木邸にはいろいろな場所にフックが取り付けてある。「家に帰ってきてすぐにバッグをかけたり、便利に使ってます。子どもが使いやすい高さにも取り付けています」

扉の向こうが玄関ホール。熊木邸にはいろいろな場所にフックが取り付けてある。「家に帰ってきてすぐにバッグをかけたり、便利に使ってます。子どもが使いやすい高さにも取り付けています」

床は塩ビのシート。扉の下には黄色の丸をつけて床のアクセントに。

床は塩ビのシート。扉の下には黄色の丸をつけて床のアクセントに。

熊木さんがデザインしたチェア。座面が広くしっかりとしたクッション、軽く移動もさせやすい。販売もしているとのこと。

熊木さんがデザインしたチェア。座面が広くしっかりとしたクッション、軽く移動もさせやすい。販売もしているとのこと。


広い敷地に、ゆったりとした曲線を描いて建つ熊木さん宅。気持ちのよい風が通り抜ける。

広い敷地に、ゆったりとした曲線を描いて建つ熊木さん宅。気持ちのよい風が通り抜ける。

熊木邸
熊木英雄(Organic Design Inc
所在地 埼玉県戸田市
構造 鉄骨造
規模 地上1階
延床面積 125㎡