アーバン・ガーデニング五感に働きかけるガーデンづくりの楽しみ

アーバン・ガーデニング五感に働きかける
ガーデンづくりの楽しみ

空間、人とマッチしてこそ植物が活きる

「高校生の頃、建築の本でフランク・ロイド・ライトの落水荘の写真を見て、建築やインテリアにも興味を持つようになったんです」

と話すのは、今話題のプランツショップを営む「SOLSO」の代表、齊藤太一氏。当時からすでにガーデニングの仕事にも携わっていたが、この出会いが庭づくりへの思いを変えた。

「庭って、絵や風景として楽しむものというのが定義だけれど、自分は平らなスペースに庭というものを考えたことがないですね。デッドスペースだから花壇を造る、というようなことでは成功しない。建築、人、植物、3つの関係性がイコールになって初めて良いものが生まれると思っています」


作家もののランプなど、細部までこだわりが感じられるオフィス。


この日訪れた「SOLSO」のオフィスも齊藤氏自らのデザインによるものだ。出荷される植物を育てるファームの一画に、グリーンに包まれたそのオフィスがある。

「ここは農場だから、温室と一体化したオフィス、温室の進化型としてのオフィスを考えました。壁面にはビニールハウスのイメージで透明なプラスチックの素材を使ったり、インテリアも自分でデザインして、作家さんに発注しました」

天井から吊るされたエアプランツ、壁にかけられた原種の蘭、室内のガラス窓をはうつる…。温室のような明るい室内に、グリーンが映える。空間と一体となった植栽へのこだわりは、もちろん仕事で発揮され、店舗でも個人宅でも、建築段階からかかわっていくという。1年近くかけて建築家や依頼主の意向を聞き、プランニングするのだそうだ。


代表の齊藤太一氏。肩書は“アーバンガーデナー”。

ガーデンの企画、施工の他、都内に5店舗のショップも展開。

オリジナルのウエアも、デザイン性にこだわる。

ファームの桜の木の下で。仕事の合間に歓談。


植物を五感で感じる庭づくり

「自分が大切にしているのは五感です。門を入ってドアを開けるまでの間に、草木が足に触れる感覚だとか、花の香りがどこからか漂ってくる感覚だとか、庭は人の五感を目覚めさせるものであってほしい。家であれば、庭が育っていく感覚も楽しんでほしいから、あえて2年後くらいに完成するようなものをプランニングしたりしますね。でも、それぞれのライフスタイルや環境があるので、ストレスにならず育てられることも大切です」

齊藤さんが提唱する“アーバン・ガーデニング”は、忙しい日常の中で、ちょっとしたアクションが起こせるグリーン空間造りだ。

「シンボルツリーが1本あれば、その下でバーベキューをしたり、オリーブの木があるなら、実をとって塩漬けにしたり。庭から何かアクションを起こすことができればいいと思うんです。自分は庭を“アウトドアリビング”と考えているんですが、建物とマッチしたベンチを置いたりして、外にあえて部屋を持つことで、中と外との境界線を取り払う。庭での出来事が、生活の中に何かアクションを起こすことにつながればいいなと思います」


室内でも楽しめるつる、“テトラスティグマ”が茂る。

エアプランツを使った、ミニインテリアが人気。

ビカクシダなどをハンギング。

日本全国、海外からも買い付けた植物が集められたファーム。

香りのよいレモンユーカリの木を剪定中。

鑑賞用のフェイジョア。実がおいしいのも魅力。


自由な発想で楽しみたい

では、そのような庭づくりは、個人ではどのように実現させていくのだろうか。

「ベースをプロに頼み、楽しむところは自分たちでやるのがいいと思います。まず、大きい木を植えてもらって、後は好きなように自分で下草を植えていく。もちろん環境があるので、アドバイスを受けながらですが」

9月にオープンしたばかりの「BIOTOP NURSERIES」には、インドアからアウトドアまで、DIYにふさわしいグッズや、植物を自由にアレンジして楽しめるアイデアも満載されている。


「BIOTOP NURSERIES」の庭のミニ温室。レアものが揃う。


「インドアなら、植物を吊るしてみたり、鉢を布でくるんでみたりしてもいい。素焼きの鉢も、そのまま使うだけでなくペインティングしたりスタンプを押したり。いろいろなアイデアを試してみてほしいですね」

おすすめはエアプランツ。根のない植物で葉から水分を吸収するため、水やりは霧吹きなどでOK。吊るすなら、ひもに麻や毛糸など好きな素材を使ったりして、インテリアに合わせてアレンジを楽しむのもいい。ドライフラワーやボタニカルアートを飾り、植物と組み合わせるというコーディネートも人気だ。

「ツールを揃えるところから始めるなど、ファッションから入っても全然OK。ファームでは、うちのスタッフも、デザイナーさんに発注したTシャツなどのユニフォームを着て仕事しています。自分が楽しめるやり方で、自由に発想してチャレンジするのが、僕らからのメッセージです」


東京都港区白金台4-6-44 アダム エ ロペ ビオトープ1F 03-3444-2894 11:00~20:00 不定休

熊谷隆志氏の植物をテーマとした写真、エデンワークスのドライフラワーなど。コーディネートの参考にもなる。


アンティークの空き缶を、多肉やサボテンの鉢として使用した人気商品。

素焼きの小鉢に店名をプリント。自分でペイントするのもOK。


サボテンの骨を鉢にしたエアプランツ。アイデアが面白い。

多肉植物も多種揃える。


イギリスのアンティークのボタニカルアート、輸入もののツールなど、おしゃれグッズを入手できる。

ミニ温室の中。マニアにうれしい品揃え。

垂れ下がりぶりがいい、ディスキディア“エメラルド”。


鉢との組み合わせもいろいろ楽しめる、エアプランツ。

レモンの木。実のなるのも楽しみのひとつ。