Hobby
趣味を堪能するガレージを併設何気ない日常が愛おしい型に嵌らないミックススタイル 趣味を堪能するガレージを併設何気ない日常が愛おしい
型に嵌らないミックススタイル
住宅や店舗の設計、オリジナル家具の販売を行う「HOUSE TRAD」代表の水野さんの家は、ミッドセンチュリーをベースに多国籍にアレンジ。
カリフォルニアの風が吹く愛する海と暮らすサーファーズハウス カリフォルニアの風が吹く愛する海と暮らす
サーファーズハウス
湘南の海をこよなく愛する山崎さん。七里ケ浜の高台に、海の近くにふさわしいカリフォルニアテイストの家を完成させた。
古きよき千駄木の家ゆったりと時間が流れるオール畳のレトロハウス 古きよき千駄木の家ゆったりと時間が流れる
オール畳のレトロハウス
千駄木にあるレトロでこぢんまりとした一軒家。一歩足を踏み入れると、そこだけ時間がゆっくり流れているような落ち着く空間だ。
 
吹き抜けをはさんで趣味の家が2つサーファーズハウスと音楽室ドールハウスのような家 吹き抜けをはさんで趣味の家が2つサーファーズハウスと音楽室
ドールハウスのような家
海までクルマで10分ほど。出勤前にサーフィンを楽しみ、家に戻ってシャワーを浴びてから仕事に出かけるのが家主のライフスタイルだ。
湘南のサーファーズハウス海を気持ちよく楽しめるカリフォルニアスタイルの家 湘南のサーファーズハウス海を気持ちよく楽しめる
カリフォルニアスタイルの家
ハワイで挙式した時に借りたバケーションレンタルが理想の家。海岸まで歩いて5分。サーフィン好きの真崎さんにとってこの上ない家が誕生した。
休日が待ち遠しい家公園の緑を従える抜群の環境カリフォルニアスタイルの家 休日が待ち遠しい家公園の緑を従える抜群の環境
カリフォルニアスタイルの家
広大な砧公園の緑地を背にした土地に、クルマやバイクを思う存分いじることのできる広いガレージつきの家が完成した。
 
こだわりを散りばめて戸建てで実現させたアトリエ併設の住まい こだわりを散りばめて戸建てで実現させた
アトリエ併設の住まい
自然豊かな郊外の住宅地に建つ、北村さん夫妻の住まい。一歩足を踏み入れると、輸入壁紙やアンティークの家具が配されたこだわりの空間が広がる。
フィギュアたちと暮らす家明るい部屋で自然に、気持ちは前向きに フィギュアたちと暮らす家明るい部屋で
自然に、気持ちは前向きに
「このリビングスペースは大好きですね。日を浴びながら犬とこうやって過ごしているとすごい幸せだなぁ~って感じます」と語るのは丸山公世さん。
モダンかつ温か斬新な造りに宿る豊かな生活 モダンかつ温か斬新な造りに宿る
豊かな生活
キッチンを真ん中に、リビング、ダイニング、玄関、廊下が仕切りなしで、ぐるりとつながった2階の空間を、愛犬が走り回る。
 
緑の中の、オトコの秘密基地プライベートジムとツリーハウスのある夢の空間 緑の中の、オトコの秘密基地プライベートジムと
ツリーハウスのある夢の空間
誰もが憧れるようなライフスタイルを、ここ湘南、稲村ケ崎で楽しんでいるのがプロパーソナルトレーナーの藤井タダシさんだ。
マニア垂涎のオーディオ&空間こだわり尽くして手に入れた“理想の部屋” マニア垂涎のオーディオ&空間こだわり尽くして手に入れた
“理想の部屋”
1階のオーディオ機器は、マニア垂涎のものばかりだが、大泉さんは、機器だけでなくその空間にも同等にこだわった。
窓一面の水平線海とアートと暮らすギャラリーのような家 窓一面の水平線海とアートと暮らす
ギャラリーのような家
窓一面に水平線の広がる家。海の見える家で暮らしたいと、5年かけて逗子周辺の土地を探し、さらに2年半の月日をかけてようやくできあがった。
 
郊外の暮らしを楽しむ暮らしの中心は薪ストーブのあるLDK 郊外の暮らしを楽しむ暮らしの中心は
薪ストーブのあるLDK
アパレル会社に勤める夫妻が選んだのは、緑豊かな土地での暮らし。バーベキューや薪ストーブなど、郊外ならではの楽しみを満喫している。
次の世代に残したい家作品性の高い建築を丁寧にレストアして住む 次の世代に残したい家作品性の高い建築を
丁寧にレストアして住む
海から近い高台に気になる家を見つけたのが4年前。入川秀人さんは、設計者の意図とかかわった職人の心意気を伝えたいと、1年をかけて修復した。
天然素材にこだわるヒーリングに包まれる自然志向の家 天然素材にこだわるヒーリングに包まれる
自然志向の家
自宅でエステサロンを営むセラピストの山本若世さん。夫と両親の4人で暮らす、サロン兼2世帯住宅を、今年完成させたばかりだ。
 
セオリーよりも、美学を貫く潔さが生み出す心地の良い緊張感。 セオリーよりも、美学を貫く潔さが生み出す
心地の良い緊張感。
Kさん夫妻が自邸を建てようと思い立ったのは、10台近くあった愛車を屋内で一緒に置ける空間が欲しいと思ったのがきっかけだったという。
明治の建築に暮らす海とカラクリを楽しむ築134年、床面積147.87㎡の家 明治の建築に暮らす海とカラクリを楽しむ
築134年、床面積147.87㎡の家
明治12年に建てられた古民家。暮らすのは庭師であり木工作家の白倉祥充さん、陶芸家のえみさん夫妻。ここは生活の場であり、ギャラリーでもある。
好きな本を眺めて暮らすさりげのないたたずまいにこだわりをこめて。 好きな本を眺めて暮らすさりげのないたたずまいに
こだわりをこめて。
明るくて家から緑が見える家がいいなと。あとは、本が大量にあったのでそれをうまく収納しつつ、仕事に集中できるような空間がほしいなと。
 
これからの変化が楽しみな家素材感にこだわった心休まる住まい これからの変化が楽しみな家素材感にこだわった
心休まる住まい
大阪の家具店、『TRUCK』のソファを気に入っていて、このソファのイメージを柱にして家の設計を考えていきました。
人がたくさん集まる場所に自宅につくり込んだ“カフェっぽい”空間 人がたくさん集まる場所に自宅につくり込んだ
“カフェっぽい”空間
「1階をカフェっぽくしたかったので、カフェはけっこういろいろと巡りましたね」。こう語るのは鹿島家のご主人。
テーマはリラックス心身をチューニングする“パワースポット” のような空間 テーマはリラックス心身をチューニングする
“パワースポット” のような空間
玄関を入ってすぐ目の先の床にコンクリートのお風呂。これは「自分たちのイメージにあった家に住みたい」という夫妻の思いが実現されたものだ。
 
ボルダリング壁のある空間“アウトドア仕様”で家でもキャンプ気分 ボルダリング壁のある空間“アウトドア仕様”で
家でもキャンプ気分
「沢登りがアウトドアデビューだったんですよ」。こう語るのは小森邸のご主人。沢登りの次に始めたのがバイクツーリングだ。
クルマと暮らす 四方八方どこからでも。家は愛車のショールーム クルマと暮らす 四方八方どこからでも。
家は愛車のショールーム
「愛車を家の中に入れたい」。それが一戸建てを建てた理由だった。家の中でクルマを眺めて過ごすという理想はこの家の完成とともに叶えられた。
“創造と発見”のある暮らし - 2 - リビングがコンサートホールになった! “創造と発見”のある暮らし – 2 – リビングが
コンサートホールになった!
神宮家のメインのスペースは、天井高が 3.6m あるリビング。家の前まで延びてきた道を裏の森へとつなぐ筒のようなスペースだ。
 
趣味と子育て- 1 - 好きなドラムを思いっきり叩ける家を作りたい! 趣味と子育て- 1 – 好きなドラムを思いっきり
叩ける家を作りたい!
大好きなドラムを思いっきり叩きたい! 家を建てるときに、まず考えたのは、防音室を作ることだったそうだ。
“創造と発見”のある暮らし - 1 - 自作家具でさらに豊かで、楽しい空間 “創造と発見”のある暮らし – 1 – 自作家具で
さらに豊かで、楽しい空間
この家は、神奈川県厚木市の閑静な住宅地の一画に立つ。暮らすのは、クルマのデザイナー。