趣味を堪能するガレージを併設何気ない日常が愛おしい型に嵌らないミックススタイル

趣味を堪能するガレージを併設何気ない日常が愛おしい
型に嵌らないミックススタイル

趣味を共有する幼なじみが設計

「子供の頃からいつも一緒で、聴いてきた音楽、観てきた映画、趣味も同じなんです」。と語るのは住宅や店舗の設計、オリジナル家具の販売を行う「HOUSETRAD」代表の水野了祐さん。4年前に完成した家は、幼なじみである同社デザイナーの細田邦彦さんが設計を担当した。

「テイストは分かっているので、細かいところは任せました。土間と、趣味のための部屋としてのガレージ、ルーフバルコニーを設けたいということと、リビングの床をヘリンボーンにすることだけを伝えました」。

ミッドセンチュリーやアイクラーホームズを好むふたりが完成させた空間は、洗い出しの土間に足を踏み入れた瞬間から、モダンなのにどこか古く懐かしく、あたたかな雰囲気が漂う。


2階の床はすべて、無垢のナラ材を使ったヘリンボーン。ミッドセンチュリーをベースにエスニックをミックスして外した感じに。

2階の床はすべて、無垢のナラ材を使ったヘリンボーン。ミッドセンチュリーをベースにエスニックをミックスして外した感じに。

迷彩柄とラタンを組み合わせたソファー、テレビボードは「HOUSETRAD」オリジナル。天井は立体感が出るようソーラトンを採用。

迷彩柄とラタンを組み合わせたソファー、テレビボードは「HOUSETRAD」オリジナル。天井は立体感が出るようソーラトンを採用。


趣味にふけるガレージ

「まず玄関を入ったところが狭いのは嫌なんです。各個室は小さくていいから、玄関や階段などの共有スペースを広くしたい、というのが僕らの共通の考えでした」。玄関の先には幅広で余裕のある階段、左手にはガラスとコンクリートブロックで仕切られたガレージが。「バイクのカスタマイズをしたり、ラジコンを作ったり、レコードを聴いたり。ガレージは自分だけの聖域ですね」。

水まわりは1階に。ひとつのスペースにバスルーム、トイレ、洗面、ランドリー、そしてクローゼットまでも集約。「その方がこもった感じがしないし動線がよいと思って。外出するときも帰宅したときも、ここを通ればすべてリセットできる。無駄がなくて快適です。これでベッドルームが併設できれば完璧ですね」。黒のタイルで統一した空間が、広がりと奥行きを感じさせている。


ラワンベニヤの木目を活かしたガレージ。60年代風に改造したハーレーをはじめ、レコードやラジコンなど、水野さんの趣味を凝縮。

ラワンベニヤの木目を活かしたガレージ。60年代風に改造したハーレーをはじめ、レコードやラジコンなど、水野さんの趣味を凝縮。

土間とガレージの仕切りは後から設置。ドア下にはアルミのキックプレートを水野さんが自分で取り付けた。

土間とガレージの仕切りは後から設置。ドア下にはアルミのキックプレートを水野さんが自分で取り付けた。

仕事場としても使うガレージの机と棚は、水野さんがDIYで。作ったラジコンが宝のように飾られている。

仕事場としても使うガレージの机と棚は、水野さんがDIYで。作ったラジコンが宝のように飾られている。


スリーインワンにクローゼットも併設した水まわり。玄関脇にあり、帰ってくるとまずここを通過する。

スリーインワンにクローゼットも併設した水まわり。玄関脇にあり、帰ってくるとまずここを通過する。

黒と白のコントラストが美しい。タイルを統一したことで視覚的な広さも確保。

黒と白のコントラストが美しい。タイルを統一したことで視覚的な広さも確保。

海外のオークションサイトで落としたアメリカのスチールロッカーを下駄箱に。靴のコレクションがすごい。

海外のオークションサイトで落としたアメリカのスチールロッカーを下駄箱に。靴のコレクションがすごい。


多様な文化をミックス

ガラスブロックから光が差し込む階段を上がり、2階のリビング、ダイニング、キッチンへ。ミッドセンチュリーにアジアやアフリカなどの民族調も加わった独創的な空間が広がる。「型にはまった感じが好きではなくて、どこか崩してみたくなるんです。色々なものをミックスしたスタイルが好きですね」。

ヘリンボーンの床は、一般的な細長の形状をあえて短くした。「昔からヘリンボーンが好きなのですが、それだと古いイギリスっぽい雰囲気になってしまう。少しカジュアル感を出したかったですね」。

表の通りに面した開口部は控えめに設置され、プライバシーが確保されている。「窓はあまり大きくする必要はないと思うんです」と設計の細田さん。「外の眺めがよければ大きくしてもよいけれど、そうでもないのなら壁を設けて、そこに好きな絵でも飾った方がいいと」。ソファーに座った位置から、目線の先に向いの家の緑が見える開口部は、外からの視線を遮りつつ、室内に圧迫感を生まない計算がされている。

モールディングが施された壁、段差のある天井。重厚なインテリアに多国籍の雑貨が飾られたリビングは、書斎のような落ち着いた雰囲気。「構造的に必要だった梁の部分にラワンを貼って、立体感を出しました。モールディングは、光の反射で出る陰影がおもしろいので、よく取り入れます」(細田さん)。縦型のブラインドを通して差し込む光も、存在感のあるインテリアを照らし出す。


キッチンからダイニングまで同じタイルで統一。オリジナルのダイニングテーブルはグランドピアノの脚をキャスターに使用した。椅子はワイヤーチェアから、オークションで落とした進駐軍のものまで。

キッチンからダイニングまで同じタイルで統一。オリジナルのダイニングテーブルはグランドピアノの脚をキャスターに使用した。椅子はワイヤーチェアからオークションで落とした進駐軍のものまで。

キッチンは水や油に強い素材にこだわった。シンクとコンロはトップだけをステンレスで特注し、下に厨房機器を置いたスタイル。無骨なスタイルと使い勝手のよさが気に入っている。

キッチンは水や油に強い素材にこだわった。シンクとコンロはトップだけをステンレスで特注し、下に厨房機器を置いたスタイル。無骨なスタイルと使い勝手のよさが気に入っている。

オープンシェルフは水野さんがDIYで取り付けたもの。

オープンシェルフは水野さんがDIYで取り付けたもの。

キッチンツールはすべて奥さんがコーディネート。

キッチンツールはすべて奥さんがコーディネート。
 

ファイヤーキングのカップなどが、インテリアになじむ。

ファイヤーキングのカップなどが、インテリアになじむ。


ゆったりとした階段は、家の中でも存在感がある。サイザル麻が敷かれ、素足で歩いても気持ちよい。

ゆったりとした階段は、家の中でも存在感がある。サイザル麻が敷かれ、素足で歩いても気持ちよい。

“生々しいものを入れたくて”鹿のスカルプヘッドを。工業的なデザインのスタンドライトは、フランスのジェルデ社。

“生々しいものを入れたくて”鹿のスカルプヘッドを。工業的なデザインのスタンドライトは、フランスのジェルデ社。


縦型のブラインドから入る光が陰影を出す。ソファー上のクッションで赤をさし色に。

縦型のブラインドから入る光が陰影を出す。ソファー上のクッションで赤をさし色に。

お子さんに”植物が生きていることを感じさせたい”と購入した観葉植物。オブジェはアフリカの部族のマスク。


当たり前の日常を刻む家

「田舎育ちなのでアウトドアが楽しめるようにしたいというのがあり、3階にはルーフバルコニーが外せませんでした。バーベキューをしたり、ビニールプールを出したり、夏は子供がテントを張ってそこで寝たりしています」。水野邸は、奥様と園児、小学生のお子様ふたりの4人家族。家族みんなの暮らしも大切にされている。

「キッチンカウンターは、忙しい朝などにも家族でちょっとしたやり取りができるスペースです。妻も仕事をしているので、重宝しています」。郵便受けを設置していない玄関では、郵便物が届くと土間にポンと投げ落とされる。敢えてそうしているのは、デザイナー細田さんの頭の中にインプットされたイメージからなのだそう。

「昔、映画でそういうシーンを観たのでしょうね。そんなワンシーンを大事にしたいと思うんです。スイッチも、触れるだけで点灯する今のパネルではなく、昔の上げ下げするタイプのものを採用しています。何気ない動作に味があると思うんです」。

どこか古く懐かしい感じがするのは、空間や形だけではなく、昔、当たり前だった日常のシーンが大切にイメージされているからなのかもしれない。「意味のないものを作るのが嫌なんです。家なのだから使い勝手がよく、心地よく生活できる場であってほしい」。かっこいいだけではない、家族の暮らしに寄り添った空間が広がっていた。


リビング脇の子供部屋。プラモデル、スターウォーズ好きの長男君のコレクションが。

リビング脇の子供部屋。プラモデル、スターウォーズ好きの長男君のコレクションが。

ブルーグレーに塗られた3階のベッドルームの先には、ルーフバルコニーが広がる。

ブルーグレーに塗られた3階のベッドルームの先には、ルーフバルコニーが広がる。

「HOUSETRAD」代表の水野さん。キッチン脇の小さなカウンターテーブルは、同社のおすすめスタイル。

「HOUSETRAD」代表の水野さん。キッチン脇の小さなカウンターテーブルは、同社のおすすめスタイル。


グレーのジョリバット仕上げの外壁がクールな印象。

グレーのジョリバット仕上げの外壁がクールな印象。

水野邸
設計 HOUSETRAD
所在地 東京都目黒区
構造 木造
規模 地上3階
延床面積 99㎡