明治の建築に暮らす海とカラクリを楽しむ築134年、床面積147.87㎡の家

明治の建築に暮らす海とカラクリを楽しむ
築134年、床面積147.87㎡の家

明治12年に建てられた母屋

かながわの景勝50選に選ばれる秋谷の立石から程近い場所に、明治12年に建てられた戸建てがある。暮らすのは庭師であり木工作家の白倉祥充さん、そして陶芸家で妻の白倉えみさんご夫婦。この古民家はお二人の生活の場でもあり、作品を展示販売するギャラリーでもある。

「ここで暮らすようになって3年になるんです。それこそ、はじめて(この家を)見た時に一目惚れしたんです(笑)」

まず、この家を見て感じるのは、丸ごとアンティークというのはもちろんだが、構造がとてつもなくユニークという点だろう。特に母屋に入ると天井は高く、中2階には謎の空間があるなど、探訪し甲斐がありまったく飽きさせないつくりになっている。

「住んでいても飽きませんよ。もともとは大工の棟梁だった方が自宅として建てたものらしく、建て増しをした箇所がいくつかあります。ただ、古い建物だけに隙間がけっこうあるんです。でも、それを見つけては埋める作業も楽しいんですけどね」


ご主人自作の棚には、妻えみさんのつくる陶器がバランスよくレイアウトされている。

ご主人自作の棚には、妻えみさんのつくる陶器がバランスよくレイアウトされている。

水切りの下に後から追加したとおぼしき空間。奥には癒しのハンモックも見える。

水切りの下に後から追加したとおぼしき空間。奥には癒しのハンモックも見える。

フラワーポットもえみさんの作品。亀の置物は呼び鈴にもなっている不思議アイテムその1。

フラワーポットもえみさんの作品。亀の置物は呼び鈴にもなっている不思議アイテムその1。

築年数134年!の母屋。総床面積は147.87㎡もあり見た目以上に広々としている。

築年数134年!の母屋。総床面積は147.87㎡もあり見た目以上に広々としている。


陶器や椅子など、二人の作品が展示されるギャラリー。毎月第2金~月曜日にOPEN。

陶器や椅子など、二人の作品が展示されるギャラリー。毎月第2金~月曜日にOPEN。http://kurakurastore.jugem.jp/


仕事が活かせる味のある住居

二人にはそれぞれの仕事がある。夫は木工作品を手がける庭師、妻は陶器をここで創っている。二人の創作活動に、囲炉裏の煙で燻された跡が色濃く残るこの場所は、住まう・暮らす以上の特別ななにかをもたらしているような気がする。

「そうですね・・・・・・たしかにこの家で暮らすようになって、特別なものをもらっているかもしれませんね。照明の傘や普段使う食器も、自然とここに置くことを考えてつくっているかも」

古民家で暮らすのは面白そうだ。少なくとも傍から見ればそう映る。しかし、不便な点や使い勝手の面で不都合な部分はないのだろうか。

「寒さというのはありますが、物の陳列ですね。妻が創った作品を飾ろうと思っても、なかなか納得いくような陳列はできていないと思います。壁面が少ない古民家は本当に難しい。だからといって陳列用の壁をつくったりしたら、それこそ雰囲気を崩してしまうだろうし、それだけは絶対に避けたい。なので、今は試行錯誤なんです」


前職イデー時代の経験が活かされるARP ROUNGE(チェア)は祥充さんの代表作。4/14まで横須賀美術館でも展示中。

前職イデー時代の経験が活かされるARP ROUNGE(チェア)は祥充さんの代表作。4/14まで横須賀美術館でも展示中。

実際の暮らしの中で作品を展示するスタイルは参考になる点も多く、訪ねる価値アリ。

実際の暮らしの中で作品を展示するスタイルは参考になる点も多く、訪ねる価値アリ。

祥充さんの作品(椅子)はモダンだが、違和感なく古民家と調和している。

祥充さんの作品(椅子)はモダンだが、違和感なく古民家と調和している。

食器や日用品のほかに、えみさんがつくる作品には人形もありこの家に華を添えている。

食器や日用品のほかに、えみさんがつくる作品には人形もありこの家に華を添えている。


二人が一日のうちでもっとも多くの時間をここで過ごすというキッチンは1階にある。奥にはえみさんの作品をつくる窯があり、工房も併設されている。

二人が1日のうちでもっとも多くの時間をここで過ごすというキッチンは1階にある。奥にはえみさんの作品をつくる窯があり、工房も併設されている。


憩いの空間の秘訣は屋根の低さ

古今東西、多種多様な暮らしがあっても、皆が自然と集う空間は共通。ここ白倉邸でも“お母さん”のエリアであるキッチンは、二人が1日でもっとも多くの時間を過ごしている。

「自然とここに居ますね(笑)。冬場はここに居る時間が長いと思います。妻が陶器を焼く窯に火をいれている時間は特に暖かいんですよ。日当たりの良い2階も居心地は悪くないです。でも、食べ物があるからかもしれませんがここが二人の定位置です」

たしかに不思議と落ち着く安心感がここにはある。暖かく食べ物があるからだけではない、癒しの空気が漂うキッチン。この効能は古民家が醸しだす懐かしさからなのだろうか。

「それもあるかもしれませんが、単純にこの部屋は屋根が低いので、それ故なのかも。物が一番多いのもここなので、体積が少ない分、暖かい」

なるほど!キッチンは頭上空間を少なくし、余分なスペースを極力削ることで暖かくなる=居心地が良くなる。これは近代建築でも有効かもしれない。


どんな高級品よりも保温効果に優れているという中央のポット(背の高い茶色のもの)が、一番安く丈夫だとか。

どんな高級品よりも保温効果に優れているという中央のポット(背の高い茶色のもの)が一番安く丈夫だとか。

ヴィンテージな和風然としたキッチンも、なぜか今風に見えてしまうから不思議。

ヴィンテージな和風然としたキッチンも、なぜか今風に見えてしまうから不思議。

えみさんの作品の多くは実生活でも使われている。このR&Dが作品づくりにも活かされている。

えみさんの作品の多くは実生活でも使われている。このR&Dが作品づくりにも活かされている。

小さな菓子受けやカップもえみさんの作品。菓子受けは見た目も可愛らしくダイエット効果もあるとか。

小さな菓子受けやカップもえみさんの作品。菓子受けは見た目も可愛らしくダイエット効果もあるとか。


不思議な空間が点在する白倉邸。部屋を結ぶ通路に設置された洗面台もその一つ。どことなく風情があり、窓からは庭が望める。

不思議な空間が点在する白倉邸。部屋を結ぶ通路に設置された洗面台もその一つ。どことなく風情があり、窓からは庭が望める。


カラクリという+αが楽しい

どこを切り取っても絵になる白倉邸。築134年の時を経た渋みもあれば、ユニークな間取りはカラクリ屋敷を連想させる。住む人だけでなく訪れるすべての人に驚きと喜びを与えてくれる不思議な家。

「僕らも驚くことがあるんです。何だこれ!? 的な古い金庫があったり、中2階のスペースや洗面台の配置も面白いです。普通だったらこうはしない。というものが実に多いです。効率性も重要ですが、非効率な遊びがあるが故に息苦しさがないのかも」

息苦しさがない家。それは総床面積が147.87㎡という広さ以上に、非効率性という“ゆるさ”にあるような気がする。

「そうですね、この面白さは遊びというか“ゆるさ”からくるのかもしれませんね」

海までは徒歩1分、海岸を散歩しつつこの家に戻る。この間、癒しはシームレスに続いていく。戸建ての良さはこの連続性にあると思う。集合住宅にはない戸建ての楽しさと面白さを再発見させてくれた白倉邸。離れるのが少しだけ辛くなった。


アラジンのストーブがこれだけ似合うというのも白倉邸ならではかもしれない。

アラジンのストーブがこれだけ似合うというのも白倉邸ならではかもしれない。

祥充さんの資材置き場兼作業場。奥には100年以上この場所に鎮座するという謎の金庫! 存在感が凄い。

祥充さんの資材置き場兼作業場。奥には100年以上この場所に鎮座するという謎の金庫! 存在感が凄い。

年代もののガラスから透過する光が優しい洗面台。掛け時計をはじめ、陶器の人形まですべてが手作り。

年代もののガラスから透過する光が優しい洗面台。掛け時計をはじめ、陶器の人形まですべてが手作り。

朝の歯磨きはこの縁側で。庭を眺めつつのブラッシングはさぞ気持ちいいんだろうな・・・・・・。

朝の歯磨きはこの縁側で。庭を眺めつつのブラッシングはさぞ気持ちいいんだろうな・・・・・・。



暖かい日の光が注ぐ2階は、二人の仕事場になっている。寝室にも使えるが、あえて仕事をする空間としている。

暖かい日の光が注ぐ2階は、二人の仕事場になっている。寝室にも使えるが、あえて仕事をする空間としている。


椅子や棚などの図面をひく祥充さんのスペース。ランプは某メーカーのコピー品なんだとか。

椅子や棚などの図面をひく祥充さんのスペース。ランプは某メーカーのコピー品なんだとか。

白倉邸のハイライト! 中2階の謎のスペースだったところは、書斎として使用中。

白倉邸のハイライト! 中2階の謎のスペースだったところは書斎として使用中。

サンプル用に作成したミニチュアチェアと、えみさんの陶器が仲良く陳列されています。

サンプル用に作成したミニチュアチェアと、えみさんの陶器が仲良く陳列されています。