Kitchen
和を活かした空間にリメイク仕事がはかどり、家族が安らぐ  和みカフェスタイルの家 和を活かした空間にリメイク仕事がはかどり、家族が安らぐ
和みカフェスタイルの家
パン教室を営むきたざわさん。昭和の家屋を購入しリフォーム。「お気に入りのカフェや映画のイメージに」と古びた雰囲気を活かし再生した。
自宅で料理教室を開く  アンティーク家具は家族の一員  国や時代をミックスして楽しむ 自宅で料理教室を開く アンティーク家具は家族の一員
国や時代をミックスして楽しむ
料理研究家の尾田衣子さんは、料理教室の相棒でもある特大テーブルをはじめ、末永く使えるアンティークや民芸家具のある暮らしを楽しんでいる。
葉山の海を一望お菓子も作れるカフェになる工夫を凝らしたキッチン 葉山の海を一望お菓子も作れるカフェになる
工夫を凝らしたキッチン
葉山の人気カフェ「cafe manimani」の土屋由美さん。その自宅には優しい空気感が漂い、海を一望できるダイニングはアジアのリゾートのよう。
 
料理家の住まい兼仕事場オープンかつ広々人が集まる楽しいキッチン 料理家の住まい兼仕事場オープンかつ広々
人が集まる楽しいキッチン
5年前に家を建てた瀬戸口しおりさん。著書の料理本の撮影も行うというキッチンは、使いこまれた鍋や道具、食器が並ぶ、居心地のいい空間だ。
陽光が似合う家ナチュラル空間に思い出を詰めて住まう 陽光が似合う家ナチュラル空間に
思い出を詰めて住まう
明るい南欧風の佇まい。陽だまりに建つ堀川邸では、5人家族+猫3匹、いつもみんな1階のリビング&ダイニングに集まってくる。
古いものを活かして家も食も生活も。素材の良さを味わう 古いものを活かして家も食も生活も。
素材の良さを味わう
鎌倉の築50年を過ぎた1軒家。料理研究家の赤城美知子さんが、2人のシェアメイトとともに暮らす家は、緑が目に映る居心地のいい空間だ。
 
明るくオープンに暮らすハッピーな家は、仕事の原動力 明るくオープンに暮らすハッピーな家は、
仕事の原動力
アメリカ東海岸育ちのキャシーさんが日本に来たのは12年前。ワシントンDCで日本人の夫と知り合い、結婚。6年前、新横浜の高台に住居を構えた。
光と風を感じる小さな家のゆたかな空間 光と風を感じる小さな家の
ゆたかな空間
都内の住宅街の1区画にさりげなく佇む家。外観も間取りもシンプルだが、コンパクトな空間にたくさんの魅力が詰まっている。
故郷の文化に心酔オープンな空間でつながる家族と故郷への思い 故郷の文化に心酔オープンな空間でつながる
家族と故郷への思い
テヘラン出身の聡美さんが、日本人の夫、ふたりの息子とともに暮らす家は、東京の郊外に建つ。家の設計には、イランの生活様式を取り入れた。
 
ホスピタリティに癒されるフレンチシックに彩るサロン風邸宅 ホスピタリティに癒されるフレンチシックに彩る
サロン風邸宅
南仏プロヴァンスを思わせる、サーモンピンクの外壁の一軒家。岩下亜希さんのサロン兼自宅は、洗練されていながらもホスピタリティに満ちている。
創造性豊かに住まう エスプリの効いた楽しさに温かくなれる家 創造性豊かに住まう エスプリの効いた楽しさに
温かくなれる家
フランス人のジャックさんの家は、緑の中庭が印象的な築30年の物件。ごく普通の日本家屋だったものをこだわりを活かしてリフォームした。
趣味を暮らしに活かす旅の思い出に包まれてアジアの文化に酔う 趣味を暮らしに活かす旅の思い出に包まれて
アジアの文化に酔う
大きな窓から日差しが降り注ぐ、吹き抜けの明るいダイニング。アジア各国の味を伝える外処佳絵さんの料理教室が、ここで日々繰り広げられている。
 
パティシエールこだわりの家造り広めのキッチンと“わくわくする”空間 パティシエールこだわりの家造り広めのキッチンと
“わくわくする”空間
パリのル・コルドン・ブルーで修行を積んだパティシエールの伊東さんが自宅をつくるにあたってまずこだわったのは、お菓子教室のスペースだった。
工夫を凝らして快適に料理のアイデアが膨らむ和めるキッチン 工夫を凝らして快適に料理のアイデアが膨らむ
和めるキッチン
料理研究家・小林まさみさんの家は、都内では考えられないほど、豊かなグリーンに包まれた環境にある。
森の中の暮らし - 1 - 家族でバーベキューを満喫する緑の中での暮らし 森の中の暮らし – 1 – 家族でバーベキューを満喫する
緑の中での暮らし
西武秩父線の駅から車で10分弱。国道を折れてから傾斜のきつい山道の登り下りがしばらく続く。