明るくオープンに暮らすハッピーな家は、仕事の原動力

明るくオープンに暮らすハッピーな家は、
仕事の原動力

オープンな作りにひと目惚れ

アメリカ東海岸育ちのキャシーさんが日本に来たのは12年前。ワシントンDCで日本人の夫と知り合い、結婚。6年前、新横浜の高台の地に住居を構えた。

「窓が大きいことと、オープンな空間が気に入って、ひと目でここがいい! と。私の希望で決まりましたね」

玄関を開けると、キッチン、リビング、ダイニングが一体となった明るい空間が広がる。玄関の仕切りすらない開放的な造りは、アメリカの家を思わせる。

「門から家までのアプローチが広々としていたことも決め手でした。東向きなので朝日が差し込むし、クローズしていない感じがナイススペース。家が奥まったところに建っていないと、カーテンを閉めなければ中が見えてしまいますよね。ここは開けたままでも気にならないですから」


白をベースに、明るいカラーで彩り。床のタイルは油が染み込まず、掃除もしやすい。

白をベースに、明るいカラーで彩り。床のタイルは油が染み込まず、掃除もしやすい。

門から家まで続くアプローチ。クローズしていない入口が気に入った。

門から家まで続くアプローチ。クローズしていない入口が気に入った。

おしゃべりしながらクッキング。朝食も、手作りのパンを焼くことが多いとか。部屋中が幸せな香りで満たされる。

おしゃべりしながらクッキング。朝食も、手作りのパンを焼くことが多いとか。部屋中が幸せな香りで満たされる。

キャシーさんの憩いの場。裏手には、お寺の緑が茂り、清々しい雰囲気。

キャシーさんの憩いの場。裏手には、お寺の緑が茂り、清々しい雰囲気。

チョコレートとオレンジを混ぜ込んだスコーン。さくさくとして、バターの香りも豊か。

チョコレートとオレンジを混ぜ込んだスコーン。さくさくとして、バターの香りも豊か。

ネットで購入する湘南ゴールド。マーマレ-ドにするなど、お菓子作りに重宝するとか。

ネットで購入する湘南ゴールド。マーマレ-ドにするなど、お菓子作りに重宝するとか。



玄関の反対側の窓には、一面に木々の緑が。ここはお寺の裏山にあたり、林の向こうに街並みが見渡せる。住宅街にありながら、自然も感じられる贅沢なロケーションだ。

「いい家を見つけるのは難しいですよね。駅からの距離と景色もポイントでした」

駅からほど近い立地にあり、急な坂道を登りきったところに建つ家。3階の屋上からの眺めも視界が広がり、心地よさを味わえる。

「屋上はあまり使う機会はないのですが。緑が見渡せるのには、癒されますね」


いつもハッピーに過ごす家

この開放的なスペースで、キャシーさんは料理教室を営む。メニューはパンやケーキなど、ベーキングが中心。この日も、スコーンを焼いて招き入れてくれた。ドアを開けると香ばしい香りが漂う。

「お料理教室が開ける部屋かどうかというのも、大事でしたね。広さが充分にあり、オープンキッチンであることが条件でした。夫とふたりのときも、調理しながら会話をしたいと思います。ひとりでクッキングはさびしいですから」

造りつけの収納などは、明るいカラーを選んだ。床材は掃除がしやすいよう、フローリングではなく硬質なタイルで、清潔な白に。クッションなどのファブリックや、キャシーさんのエプロンのポップなカラーが、シンプルな空間を明るく彩る。会話の弾む、楽しい料理教室が想像できる。

「音楽もいつもポップで元気な曲を流しています。明るい気分で過ごしていたいと思っています」


手作りスコーンでおもてなし。テーブルクロスも明るくハッピー。

手作りスコーンでおもてなし。テーブルクロスも明るくハッピー。

テーブルの下はたっぷり入る収納。たくさん揃う調理器具などをすっきりと収められる。

テーブルの下はたっぷり入る収納。たくさん揃う調理器具などをすっきりと収められる。

キッチンの壁に貼ったステッカー。ポップなテイストが気に入ってる。

キッチンの壁に貼ったステッカー。ポップなテイストが気に入っている。

パン生地をこねるのに大切なまな板。人工大理石のものなど、何枚も揃える。

パン生地をこねるのに大切なまな板。人工大理石のものなど、何枚も揃える。


多忙な毎日を乗り切る

アメリカにいたときから、お菓子作りには興味があった。来日して日本でル・コルドン・ブルーに通ったが、平日は会社勤めもしているキャシーさん。

「出張先のマレーシアにも学校の制服であるエプロンを持っていって、帰ってきたら成田から直行できるようにしたりしていました」

現在も、平日の仕事に週末の料理教室と、多忙な毎日を過ごす。空き時間には、リビングのソファーに座り、レシピの研究。

「疲れたらソファーに横になっています。そのために2ピースセットになっている大きめのものを買いました。ブランケットもいつも用意してますね」


アメリカで買って運んできたミキサーも活躍。「日本のハーフプライス!」

アメリカで買って運んできたミキサーも活躍。「日本のハーフプライス!」

料理雑誌を見てレシピを研究。世界各国のベーキングを伝える。

料理雑誌を見てレシピを研究。世界各国のベーキングを伝える。http://www.nikikitchen.com/reservation/teacher.php?teacher_id=74 

道具は、ベーキング用の器具がセットで手に入る合羽橋で。生徒さんと合羽橋ツアーも敢行。

道具は、ベーキング用の器具がセットで手に入る合羽橋で。生徒さんと合羽橋ツアーも敢行。

ワインの資格認定WSETの証明書。中級レベルに合格。

ワインの資格認定WSETの証明書。中級レベルに合格。http://tokyodesserts.blogspot.jp/


仕事がはかどる家

1階はキャシーさんのワーキングスペースとも言えるが、2階は大学で言語学を教える、夫のワーキングスペース。広々とした閉塞感のない空間には、一面、曲線を描く大きな窓が付けられ、採光も充分だ。

「私はここで過ごすことはあまりないのですが、夫はほとんどここで仕事をしています。」

住居でありつつ、それぞれの仕事の場としても機能する。

「今は電子書籍の出版で忙しいんです。“自宅で楽しむベーキング”を出したばかりなのですが、次はワインに合うデザートの本を考えています」

満ち足りた住まいが、その活力を支えているのかもしれない。


2階にある夫の書斎。東西、天井の開口部から光が差し込む、明るい空間。

2階にある夫の書斎。東西、天井の開口部から光が差し込む、明るい空間。

書斎の一角にも、アメリカンなテイストをプラス。

書斎の一角にも、アメリカンなテイストをプラス。

屋上のテラスから見える風景。都会にあって緑も豊かな好立地。

屋上のテラスから見える風景。都会にあって緑も豊かな好立地。