アメリカで話題のセレクトショップ-1-日常の1歩先をキリトル Need Supply Co.

アメリカで話題のセレクトショップ-1-日常の1歩先をキリトル
Need Supply Co.

アメリカ・ヴァージニア州リッチモンド生まれのセレクトショップ「Need Supply Co.」が10月10日、渋谷区・松濤に日本1号店をオープンした。

リッチモンド発セレクト
ショップが日本初上陸

1996年アメリカ・ヴァージニア州にオープンしたセレクトショップ「Need Supply 」。リッチモンドのローカルたちの間で広まった評判は全米へ広がり、2008年にはオンラインストアをオープン。そのクリエイティビティあふれるサイトは世界中からアクセスを集め、高い人気を誇っている。2012年に発行した雑誌「HUMAN BEING JOURNAL」は、“日常の1歩先をキリトル”をテーマとし、ファション、旅、フード、建築、アートを主な題材で、日常にある創造性と遊び心のある幅広いカルチャーにフォーカスしている。2014年には日本版「HUMAN BEING JOURNAL JAPAN EDITION1」を出版。ここ日本でもNeed Supply の存在がより広く知られることとなった。そして今年10月、満を持して日本1号店「Need Supply Co」がオープン。場所は渋谷の喧騒を離れた松濤。都心でありながら落ち着いた雰囲気で買い物が楽しめる空間だ。


「Hello: I’M HERE」と書かれたドアが目印。ECサイトで購入した商品にも同じメッセージが書かれた包装紙に包まれて届けられる。

「Hello: I’M HERE」と書かれたドアが目印。ECサイトで購入した商品にも同じメッセージが書かれた包装紙に包まれて届けられる。

左が昨年に発売された『HUMAN BEING JOURNAL JAPAN EDITION1』。右が日本版2号目。特集テーマは“さりげなさ”について。

左が昨年に発売された『HUMAN BEING JOURNAL JAPAN EDITION1』。右が日本版2号目。特集テーマは“さりげなさ”について。

アメリカ発の「オールデン」や「Gitman Bros」のほか、「A.P.C」「JOHN LAWRENCE SULLIVAN」「NEIGHBORHOOD」など日本オリジナルのセレクトも展開。

アメリカ発の「オールデン」や「Gitman Bros」のほか、「A.P.C」「JOHN LAWRENCE SULLIVAN」「NEIGHBORHOOD」など日本オリジナルのセレクトも展開。

LAブランド「APOLIS」とタッグを組んでつくられたマーケットバッグ。2009年から始まったバングラデシュの女性支援プロジェクトで、高い技術を持った女性の職人の雇用と継続可能な生産、正当な報酬を受け取る機会を与えている。

LAブランド「APOLIS」とタッグを組んでつくられたマーケットバッグ。2009年から始まったバングラデシュの女性支援プロジェクトで、高い技術を持った女性の職人の雇用と継続可能な生産、正当な報酬を受け取る機会を与えている。


ショップディレクションを務めるのは、これまで数々のショップを立ち上げてきた南貴之氏。Need Supply Co.では、本国セレクトのブランドとともに、日本のマーケットに適したブランドや商品をセレクトしている。また、オリジナルブランド「NSCO」も立ち上げ、ユニセックスにアプローチした商品を展開。またファッションだけでなく、徳島県大谷焼のSUEKI CERAMICS、オーストラリア発のオーガニックコスメブランドGROWN ALCHEMISTなど暮らしにまつわるアイテムも並ぶ。ショップだけではなく、雑誌、ネットショッピングなどショップにとどまらない、革新的なセレクトショップとして本国アメリカでも注目を集める人気のセレクトショップ。日本でもウェブサイトが立ち上がる予定で、その充実したセレクトの内容を購入することができる。また、今月末には熊本に2号店がオープンする。


オリジナルブランド「NSCO」。現在購入できるのはここだけ。今後は海外への展開も予定している。

オリジナルブランド「NSCO」。現在購入できるのはここだけ。今後は海外への展開も予定している。

LAを拠点にキンバリー&ナンシー姉妹によるデザインプロジェクト「Building Block」。ブランドコンセプトはシンプルでプレイフルなバランス。

LAを拠点にキンバリー&ナンシー姉妹によるデザインプロジェクト「Building Block」。ブランドコンセプトはシンプルでプレイフルなバランス。


徳島・大谷焼「SUEKI CERAMICS」。シーンを問わずさまざまな料理に合う実用的デザインと2万種類以上のテストを重ねて開発された独特の釉薬の色合いが魅力。

徳島・大谷焼「SUEKI CERAMICS」。シーンを問わずさまざまな料理に合う実用的デザインと2万種類以上のテストを重ねて開発された独特の釉薬の色合いが魅力。

TOM DIXONのアクセサリーシリーズ・エクレクティック バイ  トム ディクソンのアロマキャンドルセット。これからのギフトシーズンにもおすすめ。

TOM DIXONのアクセサリーシリーズ・エクレクティック バイ  トム ディクソンのアロマキャンドルセット。これからのギフトシーズンにもおすすめ。


相場正一郎氏が手がける
イタリアンレストランも

建物の1階には、相場正一郎シェフがプロデュースする「トラットリア・バッボ」もオープン。代々木八幡の「LIFE」や「LIFE Son」、湘南Tサイト内「LIFE Sea」を手がけてきた相場氏が、自身のルーツであるイタリアに立ち返って作り上げた本格レストランだ。イタリア語で「オヤジ」という意味をもつ「Babbo」には、かつての“イタ飯ブーム”を体験した、年齢を重ねた大人たちが落ち着いて集える場所でありたいという願いがこめられているという。メニューはトラディショナルなイタリア料理。素材の良さが引き立つ、イタリアンが楽しめる。


大人の雰囲気漂う松濤の街に相応しい、温もりと居心地の良さにあふれた空間。

大人の雰囲気漂う松濤の街に相応しい、温もりと居心地の良さにあふれた空間。

ディナーメニューのBabbo特選炭火焼き

ディナーメニューより、Babbo特選炭火焼き。

日替わりパスタ&サラダのランチ1,180円や、野菜中心の前菜盛り合わせのオードブルランチ1,650円、Babbo特選炭火焼ランチ2,500円などランチの幅も広い。

日替わりパスタ&サラダのランチ1,180円や、野菜中心の前菜盛り合わせのオードブルランチ1,650円、Babbo特選炭火焼ランチ2,500円などランチの幅も広い。


Need Suplly Co.
住所:東京都渋谷区松濤1-26-21-2F
電話:03-5738-2136
営業時間:12:00〜20:00
休:水曜

TRATTORIA Babbo
住所:東京都渋谷区松濤1-26-21-1F
電話:03-5738-2135
営業時間:11:30〜15:00、18:00〜23:00LO
休:水曜