日本の手仕事-2-衣食住のクラフトストア駒沢「S-STORE」

日本の手仕事-2-衣食住のクラフトストア
駒沢「S-STORE」

ジャパンメイドにこだわった服作りを行う「SEA」のクリエイティブディレクターRIEさんが、衣食住にまつわるクラフトショップ「S-STORE」をオープン。住宅街に佇む小さな空間には心地いいアイテムが静かに並ぶ。

荏原台地の一角にあり、起伏の豊かな地形をなす世田谷区深沢。桜のトンネルをはじめ、イチョウやハナミズキなど並木が多く、緑豊かな住宅地の顔を持つこの街で、3月19日にオープンしたのがクラフトストア「S-STORE」だ。アパレルブランド「SEA」のクリエイティブディレクターRIEさんが考える、衣食住のかたちを投影したミニマルな空間で、暮らしに寄り添いながら長く愛用したいアイテムの提案を行う。

衣は「SEA」をはじめ、新たに立ち上げたハウスブランド「S」を中心に構成。いずれのブランドも生地、縫製をジャパンメイドにこだわって作っている。それは一緒にものづくりをする地方の工場とそこで脈々と受け継がれてきた技術を次の世代につないでいきたいからだという。その思いは加工や付属品など細部に至るまでも同様で、全てを通してストーリー性のあるものづくりを行う。数あるアイテムの中でも特に人気なのがデニム。「SEA」のデニムは岡山の井原にある老舗の旗屋で織り上げているもの。その作業は1日約50cmしか生産することができないという貴重な旧式の重力織機で行われている。それにより、柔らかなアタリとルーズな風合いが出やすく、デニムを育てていく愉しみを実感できるという。「S」では徳島藍で染められた糸を使ったセルヴィッチデニムを発表した。無駄をそぎ落としたミニマルなものをまとうことで着る人の内面まで引き出し、着る人にとって自分らしく、心地良い時間を提供したいという。


ストアのハウスブランド「S」はシンプル、ベーシックを極限まで追求し、素材や縫製、加工の全てにこだわりを込めたものづくりを行う。現在は主にカシミアニット、丸胴のTシャツ、セルヴィッチデニムなどを展開。

ストアのハウスブランド「S」はシンプル、ベーシックを極限まで追求し、素材や縫製、加工の全てにこだわりを込めたものづくりを行う。現在は主にカシミアニット、丸胴のTシャツ、セルヴィッチデニムなどを展開。

脇に縦の縫い目がない、丸胴と呼ばれるTシャツも日本の職人が手がけたもの。サイズごとに編み機が異なり、効率の悪さから現在ではほとんど作られなくなってしまった丸胴Tシャツは、体部分に縫い目がないため着心地がいい。クルーネックとVネックの2デザイン3サイズ展開。

脇に縦の縫い目がない、丸胴と呼ばれるTシャツも日本の職人が手がけたもの。サイズごとに編み機が異なり、効率の悪さから現在ではほとんど作られなくなってしまった丸胴Tシャツは、体部分に縫い目がないため着心地がいい。クルーネックとVネックの2デザイン3サイズ展開。

こちらが「SEA」のコレクション。シーズンごとにコンセプトや色があり、ベーシックという基軸は変えずに新たなスタイルを提案する。また、ブランド名でもある「海」の匂いがするような、肩肘張らず、着る人がありのままの自分でいられるようなアイテム作りを行う。

こちらが「SEA」のコレクション。シーズンごとにコンセプトや色があり、ベーシックという基軸は変えずに新たなスタイルを提案する。また、ブランド名でもある「海」の匂いがするような、肩肘張らず、着る人がありのままの自分でいられるようなアイテム作りを行う。

RIEさんが世界各国から集めたヴィンテージアイテムが並ぶコーナー。ヴィンテージはただ古いだけではなく、たくさんの職人たちの試行錯誤の末に生まれたという名品をセレクト。ディテールのひとつひとつにドラマがあり、現在に至るまでのストーリーがヴィンテージならではの魅力という。

RIEさんが世界各国から集めたヴィンテージアイテムが並ぶコーナー。ヴィンテージはただ古いだけではなく、たくさんの職人たちの試行錯誤の末に生まれたという名品をセレクト。ディテールのひとつひとつにドラマがあり、現在に至るまでのストーリーがヴィンテージならではの魅力という。


尊敬できる職人たちとの出会い

食を構成するのは、RIEさんが日本全国、海外を旅する中で出会った作家6人の作品。ものづくりに対する考えに非常に感銘を受けたというRIEさんは、ふだんの生活でも実際に愛用し、今回「S」をオープンするにあたって取り扱いを直々に依頼したという。6人の作品はいずれも独特の質感や色を持ちながら、どんな料理にもすんなりとなじむ汎用性の高さ、ものとしての強度を感じる。また、同じ作家でもシリーズによって驚くほど表情が違うのもおもしろい。人の手によって丁寧に作り上げられる器は、同じものが一つとしてない。ECショップではその微差までは伝わらないからこそ、実際に目で見て、触れて、自分だけのお気に入りを選びたいもの。

「S-STORE」は店づくりのコンセプトに「余白」を掲げており、訪れる人が「もの」との対話をじっくり楽しめるような空間作りを行っている。


自由に手に取り、触れて「もの」との対話を愉しんでほしいとの思いから、「余白」を大切に作られた店はギャラリーのような空間。余白の時間や空間から感じることを大事にしてほしいという。

自由に手に取り、触れて「もの」との対話を愉しんでほしいとの思いから、「余白」を大切に作られた店はギャラリーのような空間。余白の時間や空間から感じることを大事にしてほしいという。

山中漆器の漆器。高い技術を活かした実用性、和の美意識に基づいた高い芸術性を追求したものづくりを行う。美しく仕上げた木地は優美で繊細、手に持った時にハッとするほど軽い。

山中漆器の漆器。高い技術を活かした実用性、和の美意識に基づいた高い芸術性を追求したものづくりを行う。美しく仕上げた木地は優美で繊細、手に持った時にハッとするほど軽い。

写真中央に並ぶのは福岡県久留米市で作陶を行う馬場勝文さんの作品。チークのハンドルが印象的な刷毛目急須。握りやすいハンドルは丈夫、熱湯を注いでも熱くなりにくい。手前に並べられているのは岐阜県の彫刻家、小西光裕さんの真鍮とステンレスを組み合わせたカトラリー。

写真中央に並ぶのは福岡県久留米市で作陶を行う馬場勝文さんの作品。チークのハンドルが印象的な刷毛目急須。握りやすいハンドルは丈夫、熱湯を注いでも熱くなりにくい。手前に並べられているのは岐阜県の彫刻家、小西光裕さんの真鍮とステンレスを組み合わせたカトラリー。

奈良県宇陀市で作陶を行う尾形アツシさんの器。東京生まれの尾形さんは雑誌編集者を経て、薪窯を築く地を求めて奈良に移住した人物。同じ土、同じ釉薬をまとった器でも窯詰めされる場所によって、さまざまな表情の違いを見せてくれる。

奈良県宇陀市で作陶を行う尾形アツシさんの器。東京生まれの尾形さんは雑誌編集者を経て、薪窯を築く地を求めて奈良に移住した人物。同じ土、同じ釉薬をまとった器でも窯詰めされる場所によって、さまざまな表情の違いを見せてくれる。

舞台美術やオートクチュールの帽子のデザインの仕事を経て、2010年より陶器製作をはじめたDelphine Lippensによるブランド「HUMBLE CERAMICS」。余分な装飾を取り除き、謙虚でありながら存在感がある。

舞台美術やオートクチュールの帽子のデザインの仕事を経て、2010年より陶器製作をはじめたDelphine Lippensによるブランド「HUMBLE CERAMICS」。余分な装飾を取り除き、謙虚でありながら存在感がある。


心地いい時間を提供

住にまつわるアイテムは、天然由来で作られたヘアケア、ボディケアアイテムなどのオリジナルプロダクト「S organics」のほか、日本初上陸の「YOKE」のアイテムを展開。「YOKE」はヨガとアーユルヴェーダの基礎に根ざしたものづくりを行うカリフォルニア発のホリスティックボディケアブランド。古代から受け継がれた知恵をベースに、天然由来で作られたアイテムは奥行きのある豊かな香りが特徴だ。

店から歩いて10分ほどの場所にはドッグランを有する駒沢オリンピック公園があるように、このエリアは愛犬家たちが集う街としても知られている。「S-STORE」店内は犬の同伴も可能なので、散歩の途中にふらりと立ち寄る人もいるそうだ。訪れる人が自然体で落ち着いて「もの」と向き合える、そんな時間をこれからも大切にしていきたいという。


カリフォルニア発のオーガニックブランド「YOKE」。現在、日本では「S」のみで取り扱っている。約20種類のキャンドルをはじめ、バス&ボディオイルやパフュームオイルなど幅広いアイテムを展開する。

カリフォルニア発のオーガニックブランド「YOKE」。現在、日本では「S」のみで取り扱っている。約20種類のキャンドルをはじめ、バス&ボディオイルやパフュームオイルなど幅広いアイテムを展開する。

オーガニック由来の素材で作られた「S organics」。シャンプー、コンディショナー、ボディウォッシュ、ハンドウォッシュのほか、持ち歩きもできるボディクリームやソリッドパフュームも。

オーガニック由来の素材で作られた「S organics」。シャンプー、コンディショナー、ボディウォッシュ、ハンドウォッシュのほか、持ち歩きもできるボディクリームやソリッドパフュームも。

ネイティブアメリカンのバングル。シンプルでありながらプリミティブなたたずまいは、コーディネートの中できらりと光る存在感。ポイントとなるターコイズは品質が高く、ブルーの美しい色合いが魅力。

ネイティブアメリカンのバングル。シンプルでありながらプリミティブなたたずまいは、コーディネートの中できらりと光る存在感。ポイントとなるターコイズは品質が高く、ブルーの美しい色合いが魅力。


shop info

S-STORE
東京都世田谷区深沢5-5-11 1F
03-6432-2358
12:00〜20:00
月曜休(月曜日が祝日の場合は翌日休。)