陶芸家の理想の家タバコの葉の乾燥小屋を住まいにリノベーション

陶芸家の理想の家タバコの葉の乾燥小屋を
住まいにリノベーション

益子の山あいの静かな環境の中に建つ築約200年の茅葺き屋根の家。そのすぐ隣に、元々はタバコの葉の乾燥小屋だった建物がある。同じ敷地内には陶芸窯と作陶の仕事場。陶芸家の鬼崎琢智さんは、そんな豊かな環境の中で制作に励んでいる。

「ここに越してきて3〜4年は茅葺き屋根の家に住んでいましたが、冬は寒いので、次男の鈴丸が生まれる時にタバコの乾燥小屋を改装して、今はそちらに住んでいます」

実はここには以前、鬼崎さんが師事した矢津田義則さんが住んでいた。茅葺き屋根の上のトタンは、矢津田さんがここから引っ越すことになった時にかけたものだそう。

「ここで2年間アシスタントをしていましたので、僕にとっても思い出深い場所です。矢津田さんが大切にされていた場所を譲り受けることができて、とてもうれしく思っています」


玄関がコンクリートの土間になっていて、そこに薪ストーブが置かれている。

玄関がコンクリートの土間になっていて、そこに薪ストーブが置かれている。

「益子の造形作家の横溝創さん(http://100life.jp/feature/12797/)の革のイスです。創作活動している方たちとつながることのできる益子は、魅力的な場所です」

「益子の造形作家の横溝創さんの革のイスです。創作活動している方たちとつながることのできる益子は、魅力的な場所です」

「床も自分たちで張りました。DIYが趣味の父が、泊まり込みで手伝ってくれます」

「床も自分たちで張りました。DIYが趣味の父が、泊まり込みで手伝ってくれます」

鬼崎さんの暖かなお人柄が作品からも感じられる。遊び心溢れる釉薬使いの作品も楽しい。

鬼崎さんの暖かなお人柄が作品からも感じられる。遊び心溢れる釉薬使いの作品も楽しい。

「梁を利用してロフトを作りました。お客さんにはここで寝てもらっています」

「梁を利用してロフトを作りました。お客さんにはここで寝てもらっています」


2階にはグルリとテラスを作った。眺めがとても気持ちいい。向かって左には、子どもたちが探検家気分で出入りできる小さな扉も。

2階にはグルリとテラスを作った。眺めがとても気持ちいい。向かって左には、子どもたちが探検家気分で出入りできる小さな扉も。


茅葺き屋根の家と、タバコの乾燥小屋と。

築60年ほどの元タバコの葉の乾燥小屋を、住まいへとリノベーション。暖かく、飾らないけれど、センスがよくて居心地がいい。そんな鬼崎さんの住まいができあがった。

「窓や壁は大工さんにお願いしましたが、DIYが得意な父が住み込みで手伝ってくれて、床や棚などは一緒に作りました。益子の陶器市や、展覧会の会期中には泊まり込みで子どもの面倒を見てくれたり、大工仕事もしてくれて、とても感謝しています」

茅葺き屋根の家のほうは、今は作品を置いておく場所になっていて、あまり活用できていないのが残念なのだとか。

「茅葺き屋根の家の前に矢津田さんが作ったデッキは、雨風にもビクともせず、とても丈夫です。広々としているので子どもたちの格好の遊び場になっています」

鬼崎さんが作陶に励むアトリエも広々としている。自然豊かな静かな環境、暖かな家、広い仕事場。陶芸家の理想的な環境がここにあった。


子どもたちが元気よく遊ぶ広いデッキは、師匠の矢津田さんがここに住んでいた時に作ったものだそうだ。

子どもたちが元気よく遊ぶ広いデッキは、師匠の矢津田さんがここに住んでいた時に作ったものだそうだ。

バリに旅行に行った時に買ったお土産。年季の入った茅葺き屋根の玄関に不思議とよく似合う。

バリに旅行に行った時に買ったお土産。年季の入った茅葺き屋根の玄関に不思議とよく似合う。

「茅葺き屋根の家のほうは、現在作品の保管場所になっています。もう少し整理したいのですが、なかなか時間がなくて」

「茅葺き屋根の家のほうは、現在作品の保管場所になっています。もう少し整理したいのですが、なかなか時間がなくて」


「佐賀で祖母が陶芸教室をやっていたので、子どもの頃から陶芸が身近でした。とはいえ美大で油絵を専攻していた時には、陶芸家になるとは思っていませんでしたが……。陶芸家になりたいと思ったのは矢津田さんの作品をギャラリーで拝見してからです。無国籍な作風にとても惹かれました。そして思い切ってアシスタントになりたいと声をかけたんです」

そしてその後の約2年、矢津田さんのアシスタントを務める。益子ともどんどん縁が深くなっていったそうだ。

「益子には陶芸家もたくさんいますが、陶器の他に創作活動をしている方も多くいらっしゃいます。そんな方々と親しくさせていただいて、刺激をもらったり助け合ったり。そんな益子の空気感が、とても好きなんです。創作活動をしている人に、街の方も優しいですし。

東京からも近いので気軽に見に来ていただけますし、こちらからも展覧会の開催などを東京でしやすい距離です。どうぞ益子にいらっしゃってください」


窯小屋には、2台の陶器窯が並ぶ。窯の上に並んでいるのは、釜の中の温度を確認するためのセーゲルコーン。

窯小屋には、2台の陶器窯が並ぶ。窯の上に並んでいるのは、釜の中の温度を確認するためのセーゲルコーン。

焼く前の器がズラリと並べられていた。「あまり乾燥しすぎるのもよくないんです。特に冬は気を使いますね」

焼く前の器がズラリと並べられていた。「あまり乾燥しすぎるのもよくないんです。特に冬は気を使いますね」

広々とした鬼崎さんの仕事場。他に湿度を調整するための室や、釉薬を保管してある場所もある。

広々とした鬼崎さんの仕事場。他に湿度を調整するための室や、釉薬を保管してある場所もある。

次男の5歳の鈴丸くんも、お父さんの見様見真似で作品づくり。将来は陶芸家かな?

次男の5歳の鈴丸くんも、お父さんの見様見真似で作品づくり。将来は陶芸家かな?