フレンチシックに大改装アンティークを活かす手作りアイデアに溢れた家

フレンチシックに大改装アンティークを活かす
手作りアイデアに溢れた家

古びた雰囲気にリメイク

布小物作家の田中佳子さんが、インテリアに手を加え始めたのは、家を購入して10年程が経過した頃。家族が増えて一時考えた引越しを取りやめ、それならば自分好みの空間にしたい、と思うようになったことがきっかけだという。

「購入時は茶系のシックな空間だったのですが、少し明るくしたいと思って、生成りのナチュラルな感じにしていました。でも年齢を重ねるにつれて何か物足りなくなってきて。家具をグレーに塗り替えたりして少しずつ変え、だんだんとフレンチっぽい雰囲気になってきました」

最初に手を加えたのが、“いちばん初めに人が通る”玄関。一か所アレンジしてみたら止まらなくなってしまった。

「昔はアンティークの雑貨を買って揃えればいいと思っていたんです。でも、どんなに素敵なインテリアでも、空間がつまらなかったら台無し。ものを飾るためのベースが何より大事だということに気づきました」

ひと針ひと針手作業で作り上げる、田中さんの作品のように、味わいのある手作りの空間が生み出されていった。


アンティークのドアや柵などをネットで購入。古びた家具やドライフラワーとともに、フレンチシックな雰囲気に。

アンティークのドアや柵などをネットで購入。古びた家具やドライフラワーとともに、フレンチシックな雰囲気に。


一軒家なら好きなように替えられる

雰囲気を出すために、壁はビニールクロスの上から珪藻土を塗装。たったひとりで天井まで塗り上げた。桟も一度塗った後に色を落とし、わざと剥げかけた雰囲気に仕上げて、壁と天井をつないだ。

「1日あればひと部屋分、塗ることはできました。でも、天井まで塗った後はさすがに首が痛くて、動かなくなりましたね(笑)」

キッチンの棚は上から板を貼り、生成りからグレーにリペイント。キッチンまわりの壁や冷蔵庫の側面には、タイル模様のシートを貼って、無機質な雰囲気をカバーした。

「もともとインテリアコーディネーターの資格を取りたかったのですが、その当時は年齢が低すぎて取れなかったんですね。それからずっと引っかかっていたところがあって。今は自分の家だから好きなように手が加えられるのが嬉しいですね」


レースのカーテンにもさり気なくドライフラワーをアレンジ。

レースのカーテンにもさり気なくドライフラワーをアレンジ。
 

骨董市で買った小物などを出窓に飾る。

骨董市で買った小物などを出窓に飾る。

エアープランツやシャンデリアのパーツを使い、ランプシェード替わりに。

エアープランツやシャンデリアのパーツを使い、ランプシェード替わりに。

朽ちた雰囲気の棚をDIYで作成。

朽ちた雰囲気の棚をDIYで作成。


手作りのアイデアが満載

自ら空間をリメイクするだけではなく、家具も手作りに挑戦。アンティークのような存在感を醸し出すキャビネットや棚、テレビ台も実は田中さんが作ったものだという。

「理想通りのものがなかなか見つからなかったので、それなら作ってしまおうと。自分で作ればサイズも調整できますし」

自作の棚にディスプレイされているのは、陶器の食器やガラスの小瓶など、骨董市やアンティークショップをめぐって買い集めた雑貨たち。ブロカント(蚤の市)をのぞく時のような楽しさが溢れている。

「古いものに愛おしさを感じるんです。特に好きなのがアンティークの小瓶。見つけるとつい買ってしまいます。大きい家ではないので、小さいものを飾った方が圧迫感もないと思うんです」

庭で育てた植物をドライにしたものも、インテリア小物として効果を発揮。シェード替わりにドライフラワーを裸電球に巻き付けるなど、オリジナルのアレンジが空間を彩っている。


ひとりで作りあげたキャビネットと棚。グレーで塗り上げた。パーツにもこだわりが感じられる。

ひとりで作りあげたキャビネットと棚。グレーで塗り上げた。パーツにもこだわりが感じられる。

アンティークの器や小瓶など、大切なものを自作の棚にディスプレイ。壁面には板を貼った。

アンティークの器や小瓶など、大切なものを自作の棚にディスプレイ。壁面には板を貼った。

手作りのキャンドル、アンティークの紙面などが古びた雰囲気を出す。

手作りのキャンドル、アンティークの紙面などが古びた雰囲気を出す。

アンティークの小瓶は見つける度に購入。プレートも骨董市で見つけたもの。

アンティークの小瓶は見つける度に購入。プレートも骨董市で見つけたもの。

キャンドルのレッスンで使うドライフラワー。

キャンドルのレッスンで使うドライフラワー。

TVのサイズに合わせて作ったテレビ台。液晶は布でカバー。

TVのサイズに合わせて作ったテレビ台。液晶は布でカバー。
 

レースの見本帳を使ったフレーム。手作りのアイデアがあちこちに溢れている。

レースの見本帳を使ったフレーム。手作りのアイデアがあちこちに溢れている。

コーナーも“愛おしいものたち”でコーディネート。

コーナーも“愛おしいものたち”でコーディネート。
 

ダイニングテーブルも、さり気ないセンスで飾る。ここも小瓶が活躍。

ダイニングテーブルも、さり気ないセンスで飾る。ここも小瓶が活躍。

微妙な色合いがシックな空間になじむ。

微妙な色合いがシックな空間になじむ。


作品づくりを楽しむアトリエ

どこかノスタルジーを感じさせるインテリアは、田中さんの作品の感性とも共通する。2階のアトリエは、そんなもの作りへのこだわりが形になる場所。

「アンティークの布に、立体的なモノグラム刺繍を施す作品を主にしています。小さい時から手芸全般好きでしたが、特に刺繍が好きですね」

もともと和室だったアトリエは、襖の紙をはがして板を貼り、アンティーク風なホワイトにペイント。アンティークの棚や、ツーハンドルチェアなどとともに、シンガーの古い足踏みミシンが目を引く。

「母の代から使っているものですが、私も子供の頃からずっと愛用しています。鋳物って手入れをすれば長く使えるんですね。電動ミシンは自分の波長と関係なく進んでいくのが嫌なんです。足踏みのカタカタという音も好きで、楽しみながら踏んでいます」

夫や子供たちが出かけると、ひとり音楽を流しながら作品づくりに没頭するという田中さん。

「私の好きな空間にさせてもらっていますが、文句も言わないで受け入れてくれる家族には感謝していますね。家で仕事をする時間を楽しんでいます」

古いものに囲まれた空間に、穏やかな時間が流れていく。


古道具が味を出している2階のアトリエ。立体感のある刺繍をひと針ずつ縫い上げる。

古道具が味を出している 2階のアトリエ。立体感のある刺繍をひと針ずつ縫い上げる。

アンティークの収納棚の向こうは、愛用のシンガーミシン。

アンティークの収納棚の向こうは、愛用のシンガーミシン。

玄関用のツーハンドルチェアは、座り心地がいいのでアトリエで使用している。

玄関用のツーハンドルチェアは、座り心地がいいのでアトリエで使用している。

ツルバラなどが美しく咲く庭は、アンティーク風に作り替え手入れを楽しんでいる。古いミシン台を活用。

ツルバラなどが美しく咲く庭は、アンティーク風に作り替え手入れを楽しんでいる。古いミシン台を活用。

田中佳子さん。自宅で刺繍教室を開く。作品はイベントなどに出展。 http://ntana93.wix.com/fait-a-la-main-ecru-

田中佳子さん。自宅で刺繍教室を開く。作品はイベントなどに出展。
http://ntana93.wix.com/fait-a-la-main-ecru-

アンティークのレースやリネンは、作品の素材。

アンティークのレースやリネンは、作品の素材。
 

商品の梱包用にも使う古い本の紙面。

商品の梱包用にも使う古い本の紙面。

針山、ティーマット、ポシェットなど、田中さんの作品。

針山、ティーマット、ポシェットなど、田中さんの作品。
 

子供たちが小さい頃使っていた椅子を庭に。自然に風化していくのが魅力。

子供たちが小さい頃使っていた椅子を庭に。自然に風化していくのが魅力。

“蜜蝋の持つテイストが好き”で、キャンドル作りを行う。最近はキャンドルのワークショップも開催。

“蜜蝋の持つテイストが好き”で、キャンドル作りを行う。最近はキャンドルのワークショップも開催。