葉山の暮らしを満喫フレンチシックに彩られたクリエイターの住空間

葉山の暮らしを満喫フレンチシックに彩られた
クリエイターの住空間

自然体で過ごせる環境

雑貨クリエイターとして活躍する溝江里映さんが、葉山に引っ越してきたのは3年前。「以前は横浜に住んでいたのですが、子供が生まれて幼稚園に入る前に生活環境を変えたい、と思ったのがきっかけでした」。

夫も自宅で仕事をする、フリーランスのグラフィックデザイナー。葉山という土地柄はクリエイター夫妻にとって最適だった。「近所にものづくりをしている人が多いせいか、私たちにとっては自然体でいられる場所でした。横のつながりもできたし、気持ちも以前よりオープンになりましたね」。

開け放たれた窓から、秋の心地よい風が家の中を通り抜ける。アンティークの家具や雑貨に囲まれたフレンチシックな空間で、溝江さんは日々、手仕事に取り組んでいる。


1階のリビングダイニング。好きな家具だけを置き、無駄なものを省いたすっきりとした空間。

1階のリビングダイニング。好きな家具だけを置き、無駄なものを省いたすっきりとした空間。

2階のベッドルーム。家具はアンティークのキャビネットのみ。窓にかけているのは、パリの蚤の市で買い愛用しているリネンの服。

2階のベッドルーム。家具はアンティークのキャビネットのみ。窓にかけているのは、パリの蚤の市で買い愛用しているリネンの服。

溝江さんの作品とアンティークの雑貨をアレンジして、ショーケースに。

溝江さんの作品とアンティークの雑貨をアレンジして、ショーケースに。

繊細なアクセサリーもオリジナル。華奢なもの、小さなものの制作が得意。

繊細なアクセサリーもオリジナル。華奢なもの、小さなものの制作が得意。


アンティークの宝箱

画家になりたかった母親の影響か、ものづくりは子供の頃から好きだったという溝江さん。「日当りがよくて、気持ちがいいですね」という2階の仕事部屋では作業も捗るという。

「アンティークが好きで、自分の作品と合わせてインテリアに取り入れています」。白い糸で編んだ小物やアクセサリー、洋裁メーカーとのコラボで作った錫の裁縫セット。それらの作品がアンティークの雑貨とともに飾られた棚は、美しいギャラリーを見ているよう。

「小学生の頃からアンティークが気になりはじめました。アメリカンカントリーが流行った頃、ちょっと惹かれるんだけど何か違うなと思っていたんです。そして初めてフランスに行った時、“あ、これだったんだ!”と」。

今も年1回は家族でパリを訪れ、蚤の市を回って掘り出しものを見つけてくる。大切な品で溢れた空間は、溝江さんが創り上げるシャビーシックな作品とマッチして、独特の雰囲気を生んでいる。


長男が赤ちゃんのときに使っていたベビーベッドもアンティーク。壁にかけた服は、お気に入りの服飾作家さんへオーダーしたもの。

長男が赤ちゃんのときに使っていたベビーベッドもアンティーク。壁にかけた服は、お気に入りの服飾作家さんへオーダーしたもの。

学校で使われていたアンティークの机をミシン台に。

学校で使われていたアンティークの机をミシン台に。
 

蚤の市で見つけた楽譜や、金継ぎした器などでディスプレイ。

蚤の市で見つけた楽譜や、金継ぎした器などでディスプレイ。
 

ベッドルームのキャビネットの中は、テディベアや長男が履いていた靴など、思い出の品でいっぱい。夫の手作りのベアも。

ベッドルームのキャビネットの中は、テディベアや長男が履いていた靴など、思い出の品でいっぱい。夫の手作りのベアも。

“いつの間にかたくさん集めていた”椅子のコレクションのひとつ、チャーチチェア。IKEAの鏡は縁をアンティーク調に塗装した。

“いつの間にかたくさん集めていた”椅子のコレクションのひとつ、チャーチチェア。IKEAの鏡は縁をアンティーク調に塗装した。

作業机の前の棚はモノトーン調。ひとつひとつへの愛着が感じられる。

作業机の前の棚はモノトーン調。ひとつひとつへの愛着が感じられる。

糸で編み上げるアクセサリーパーツや、指くらいの大きさのベアなど。細かな技に驚く。

糸で編み上げるアクセサリーパーツや、指くらいの大きさのベアなど。細かな技に驚く。

1点ずつ眺めるだけでも楽しい。左側にあるのが、錫で作ったソーイングキット。

1点ずつ眺めるだけでも楽しい。左側にあるのが、錫で作ったソーイングキット。


古いものを愛でる精神

開口部から庭のグリーンが望める1階のリビングも、アンティークで彩られている。ダイニングには、イギリスの作業用テーブル。「きゃしゃな感じが好きで以前から使っています。椅子はアーコールのもので、引っ越した時に購入しました」。

アンティークの白いキャビネットには、アスティエ・ド・ヴィラットのお皿や作家ものの食器が並ぶ。その中に金の細工が施された器を発見。「金継ぎした器なんです。近所で金継ぎのワークショップギャラリーを見つけて、習いに行くようになって」。

器の欠けた部分に漆を塗り重ね、最後に金粉を使い磨いて仕上げる金継ぎ。「壊れたものを再利用できて、かつ味が出るのが魅力です。傷さえも隠さずに見せて、愛してしまう、その精神がいいなと思って」。古いものを大切にして暮らしに取り入れる、そのスタイルがあちこちに活かされている。


明るい日が差し込むリビングダイニング。オープンキッチンで調理しながら子供の様子も伺える。

明るい日が差し込むリビングダイニング。オープンキッチンで調理しながら子供の様子も伺える。

アンティークのキャビネットには、アスティエ・ド・ヴィラットのお皿などが。十字架の鍋敷きは金継ぎの先生の作品。

アンティークのキャビネットには、アスティエ・ド・ヴィラットのお皿などが。十字架の鍋敷きは金継ぎの先生の作品。

リビングに設けたディスプレイスペース。気分に合わせて時々チェンジする。

リビングに設けたディスプレイスペース。気分に合わせて時々チェンジする。

溝江さんの金継ぎ作品。大切な器が割れてしまっても、また違う作品として蘇るところが魅力。

溝江さんの金継ぎ作品。大切な器が割れてしまっても、また違う作品として蘇るところが魅力。

キッチンの実用的なコーナーにも古い棚を活用。何気ないコーヒーペーパーホルダーも作家もの。

キッチンの実用的なコーナーにも古い棚を活用。何気ないコーヒーペーパーホルダーも作家もの。


伸びやかな暮らしを満喫

現在小学校1年生の長男は、庭で遊ぶのが大好きだとか。「友達が集まって来ては、みんなで遊んでいます。横浜のマンションにいたときは必ず鍵をかける生活でしたが、ここでは開放的に伸び伸びと暮らすことができますね」。

引っ越してからウッドデッキも増設し、リビングと庭との一体感を感じさせている。外に出ると、葉山の清々しい空気が流れている。「夫はアウトドア好きで、休日はキャンプに行ったりしますし、普段も自転車で近所を散策するのが好きですね。まわりにいいお店がたくさんあるので、ひとりでランチに出かけることもあるし、普段のちょっとした楽しみがいっぱい見つけられます」。

仕事も生活も充実させてくれる、伸びやかな環境がここにある。


Ananöとして活動する溝江里映さん。出身地の加須市観光大使も務めている。

Ananöとして活動する溝江里映さん。出身地の加須市観光大使も務めている。

広々とした庭があるのも魅力。子供の遊び場に。

広々とした庭があるのも魅力。子供の遊び場に。

コーヒーにも凝り、豆から挽いて楽しんでいる。豆は葉山のお気に入りのお店で。

コーヒーにも凝り、豆から挽いて楽しんでいる。豆は葉山のお気に入りのお店で。

グラスのホルダーもアンティーク。味わいのある小物ばかり。

グラスのホルダーもアンティーク。味わいのある小物ばかり。
 

葉山に来てから自転車が大活躍。茶色のサドルとタイヤにこだわった。

葉山に来てから自転車が大活躍。茶色のサドルとタイヤにこだわった。