海と山に囲まれて家族が思い思いに暮らせる夢が広がる一軒家

海と山に囲まれて家族が思い思いに暮らせる
夢が広がる一軒家

一目惚れして購入

逗子の山の中腹に建つ、別荘風の白い家。築40年の物件をリフォームして、Bonkikiさん家族は暮らしている。「マリンスポーツをやるわけではないのですが、いずれ海の近くに住みたいね、と主人と話していたんです。長男が生まれる前だったので、広々としたところを探しました」。

たまたま入った駅前の不動産屋で紹介されたのは、1階がもとアンティークショップだったという物件。「外観しか見ていないのですが、一目惚れしました。130坪の広い敷地にお庭があって、建物の古さも気に入ったんです」。

家の前は桜並木で裏側は雑木林が広がる。自然に恵まれた静かな環境の中で、喧噪を離れた穏やかな生活がスタート。5歳の長男、3歳の次男もすくすくと育っている。



広々としたリビングダイニングには、大きな開口から明るい光が入る。

広々としたリビングダイニングには、大きな開口から明るい光が入る。

ものへの愛着が深い、というBonkiki家。重厚なチェストは昔から実家にあったものを運んできた。

ものへの愛着が深い、というBonkiki家。重厚なチェストは昔から実家にあったものを運んできた。

白い壁に覆われた別荘のような一軒家。ソテツの木が南国風。

白い壁に覆われた別荘のような一軒家。ソテツの木が南国風。

サンルームのような入り口。玄関は別にある。

サンルームのような入り口。玄関は別にある。


温かな雰囲気にリフォーム

店舗だった1階は壁を抜き、リビング、ダイニング、キッチンをワンフロアに設置。床の段差のあった部分も取り払ってフラットにした。「壁の色は当初から白だったのですが新たに塗り直し、茶色だった階段も主人とふたりで白に塗り替えました。予算の中でできるところをできるだけやる、という感じでしたね」。

気になったのは水回り。「使い古されているところを最低限きれいにしたいというのはありました」。キッチンは古いシステムキッチンをすべて外して作り直した。レンガ色のタイルが部屋のアクセントになっている。「以前イギリスに暮らしていたことがあり、その影響でしょうか。古いものを永く大切にすることもそこから学んだように思います」。

初めに買ったGEのコンロに合わせて、シンクは業務用を作っている業者にオーダー。棚やラックはIKEAで購入し、できるだけコストダウン。どこか手作り感を感じさせるキッチンが、部屋の中で温かい雰囲気を出している。

2階のバスルームも、白いタイルを張り、テラコッタを敷いた。「トイレにドアがあったのですが、ここも仕切りを取ってつなげました。本当はお風呂にガラスのドアを付けたいと思っているのですが」。


白い壁に、床は無垢の杉材で統一。以前は陳列棚だったところを本棚に。

白い壁に、床は無垢の杉材で統一。以前は陳列棚だったところを本棚に。

レンガ風のタイルが温かいキッチン。年代物の家具が似合う。

レンガ風のタイルが温かいキッチン。年代物の家具が似合う。

GEのオーブンつきの4つ口ガスコンロに合わせて、シンクを設計してもらった。

GEのオーブンつきの4つ口ガスコンロに合わせて、シンクを設計してもらった。

テラコッタの床を敷いたバスルームは、清潔感にあふれる。

テラコッタの床を敷いたバスルームは、清潔感にあふれる。

調理道具も長く使い込んだ愛用品ばかり。

調理道具も長く使い込んだ愛用品ばかり。
 

シンクの隣は小物を並べてディスプレイスペースに。

シンクの隣は小物を並べてディスプレイスペースに。
 

廊下もすべて白で統一。窓から雑木林の緑がこぼれる。

廊下もすべて白で統一。窓から雑木林の緑がこぼれる。


古いものを愛おしむ

「古いものを大事にしています」というBonkiki家。無垢の杉材の床に、壁を取り壊して現れた古い柱。素朴な趣きがあるリビングには、アンティークの家具がよく似合う。「キッチンのキャビネットは目黒通りで買ったイギリスのアンティークです。前の家主のアンティーク屋さんが残していってくれたブルーの照明も気に入っています」。

古いものが粗大ゴミなどに出されていると、つい気になってしまうのだとか。「窓辺にあるイスは、鎌倉で捨てられようとしていたものを、声をおかけして譲って頂きました。ダイニングの照明も、お隣さんのお下がりなんですよ」と笑う奥さま。どんなものも長く大切に使いたいという思いが、家全体を温かく包んでいるのかもしれない。


壁を抜いて残った柱がリビングに趣きを与える。

壁を抜いて残った柱がリビングに趣きを与える。
 

スウェーデン製のイスは、粗大ゴミとして出されていたもの! サンルームのような空間によく似合う。

スウェーデン製のイスは、粗大ゴミとして出されていたもの! サンルームのような空間によく似合う。

アンティークショップから譲り受けた照明。

アンティークショップから譲り受けた照明。

イギリスのアンティーク。イギリスの友人宅にあり、憧れていたキャビネットと似ているものを見つけて購入。

イギリスのアンティーク。イギリスの友人宅にあり、憧れていたキャビネットと似ているものを見つけて購入。

家族の写真をフォトフレームに。並べ方、色の合わせ方がギャラリー風。

家族の写真をフォトフレームに。並べ方、色の合わせ方がギャラリー風。

子供たちが拾った小石や貝殻も、大切なインテリア小物に。

子供たちが拾った小石や貝殻も、大切なインテリア小物に。


広い敷地を活かして

「以前は都心に住んでいて、真逆の生活でしたね」。子供たちは園舎を持たない幼稚園に通い、毎日森の中で過ごすのだという。そんな体験ができるのもこの地ならでは。「帰ってくると庭で遊んだり海にお散歩に行ったり。虫も恐がらないし伸び伸びとしていますね。私自身は自然の中で育ったわけではないので、勉強させてもらうことが多いです」。

庭は現在、ご主人がコンクリートを敷きグリーンを植えて造園中。さらに、広い庭を活用しようと別棟も建てた。「カメラマンである主人のスタジオとして建てたのですが、先日は私がママ友達と協力してフリーマーケット&フードイベントを行いました。今後続けるかどうかは未定なのですが、色んなことに活用できると思っています。可能性が広がる、夢のような物件を手に入れたと思っています」。


やわらかな自然光が入るように、建築家が設計。

やわらかな自然光が入るように、建築家が設計。奥さまは「子育てに忙しいママ友達が、それぞれ心の奥にしまっている才能を発揮して、ますますハッピーになれる機会を共に作っていきたい」と、今後の活動を考案中。