カフェオープンを目指して手をかけて育む暮らしに癒しの空気が満ち足りる

カフェオープンを目指して手をかけて育む暮らしに
癒しの空気が満ち足りる

のびのびとした生活を

菓子・料理家として、カフェライターとして活躍する渡部和泉さんは、今年5月に東京郊外ののどかな土地に1軒家を新築したばかり。

「仕事場でもあるので、ある程度の広さが欲しいことと、子供も生まれたので自然素材の家でのびのび育ってほしい、と思ったことがきっかけでした」。周辺は大きな公園もある緑豊かな環境。三鷹から多摩湖まで続いているという、車両通行禁止のグリーンロードが近くにあることも、この土地を選んだ大きな決め手だった。「お散歩したりするのも気持ちがいいです。子供には地域の人と触れ合いながら育って欲しいと思っていて、まさに望んでいた環境が手に入りました」。

和泉さんは現在、自宅でお菓子教室「atelier mel」を開きながら、個人経営のカフェを取材してまとめた本「私サイズの小さなカフェ」を出版、続編を執筆中。将来の夢である自らのカフェオープンも視野に入れ、数々のカフェをめぐった経験を活かして、グラフィックデザイナーのご主人・真市朗さんとともに家づくりをプランニングしていった。


ワンフロアの明るいリビングダイニング。キッチンからも子供の様子が伺える。スギの無垢材の床が気持ちよい。

ワンフロアの明るいリビングダイニング。キッチンからも子供の様子が伺える。スギの無垢材の床が気持ちよい。

外装はメンテナンスの楽なガルバリウム鋼板で。夫婦ふたり、青色にすることで一致した。

外装はメンテナンスの楽なガルバリウム鋼板で。夫婦ふたり、青色にすることで一致した。

40km弱の遊歩道が続くグリーンロード。散歩やジョギングに最適。

40km弱の遊歩道が続くグリーンロード。散歩やジョギングに最適。


玄関を入ってすぐのところに洗面を設置。タイルは和泉さんがDIYで貼付けた。

玄関を入ってすぐのところに洗面を設置。タイルは和泉さんがDIYで貼付けた。

リビングのドアの手前に小窓を取り付けた。枠にはアイアン塗装をDIY。

リビングのドアの手前に小窓を取り付けた。枠にはアイアン塗装をDIY。


環境にやさしい家づくり

「カフェにいらしたお客さんにもお菓子教室の生徒さんにも、喜んでもらえる空間をつくりたいと思いました。お料理の撮影も行うので、光がたっぷり入ることも大事な条件でした」。清潔な無垢の床材が敷かれた広々としたリビングダイニング。開口部の向こうには、スイカ畑の緑が広がる。

「基本的な間取りは主人とふたりで考えて、建築家さんは入れずに、工務店さんに直接相談しました」。照明や棚などは、できるだけ自分たちで用意する施主支給の形で、なるべく予算をカット。床には自然派オイルのワックスを、壁には珪藻土をふたりで塗り上げるなどDIYも行った。

「建材や接着剤の匂いが気になるんです。子供のためにも、なるべく身体にやさしい環境にしたいと思いました」。天井には匂いや湿度を調整してくれる壁紙、オガファーザーを使用。通気と断熱を考えたWB工法も取り入れた。「あまり冷房を入れたくなくて。お客様がいらしたときはもちろん入れますが、家族だけの時はあまり使いません。自然に風が通るほうが心地いいんです」。


黒板塗装のキッチンカウンターが癒し系カフェのムード。

黒板塗装のキッチンカウンターが癒し系カフェのムード。

デンマーク製のテーブルはエクステンションが可能。椅子は古いテイストのものが好き。座り心地のよいハーマンミラーのアーロンチェアもお気に入り。

デンマーク製のテーブルはエクステンションが可能。椅子は古いテイストのものが好き。座り心地のよいハーマンミラーのアーロンチェアもお気に入り。

ロイズアンティークスで購入したチェスト。魚型のプレートはフィンランドの青空市で買ったもの。

ロイズアンティークスで購入したチェスト。魚型のプレートはフィンランドの青空市で買ったもの。

壁面には棚を取り付け、グリーンやドライフラワーでアレンジ。

壁面には棚を取り付け、グリーンやドライフラワーでアレンジ。


カフェ開業を目指したキッチン

黒板塗装の仕切りでダイニングと緩くつながるキッチンは、緑のタイルが印象的。「主人も私も、気がつくと緑を選んでいることが多いんですよね(笑)。色々とカタログを見て、悩んで選びました」。昔からカフェや雑貨屋を巡るのが大好きだったという和泉さん。あちこちのお店で、自然にインプットされたコーディネートが活かされているのかもしれない。

「キッチンはカフェ営業を考えて、営業許可の基準を満たせるようにしています。オールステンレスでオーダーしたのですが、シンプルで機能的で、使いやすいことが第一条件でした」。

ストウブのお鍋をはじめ、愛用品が並ぶキッチンは隅々まで磨き上げられ、料理づくりへの愛情が感じられる。真市朗さんはコーヒーにはまっていて、温度にこだわり、1杯1杯ドリップして香り豊かなコーヒーを楽しむ。「カフェを開業したら、コーヒーを淹れるのは僕担当なんです。コーヒーは嗜好品なので答えがないのが面白いですね」。

既製品のものに色を塗り、アンティークの鍵穴プレートをつけて雰囲気を出したドア、ブームになる前からはまっていた北欧雑貨、ヴィンテージのチェストなどで彩られた味のある空間は、カフェオープンが今から楽しみに感じられる。


オールステンレスに薄いグリーンのタイルが映えるキッチン。吊り戸棚には悩んだ結果、玄関用収納棚を活用した。

オールステンレスに薄いグリーンのタイルが映えるキッチン。吊り戸棚には悩んだ結果、玄関用収納棚を活用した。

お料理用、お菓子用のツールをたくさん揃える。炭酸水メーカーも愛用。

お料理用、お菓子用のツールをたくさん揃える。炭酸水メーカーも愛用。

家庭で再現できるお菓子を教室で教えるため、厨房は家庭用のものにこだわった。

家庭で再現できるお菓子を教室で教えるため、厨房は家庭用のものにこだわった。

コーヒーを淹れる真市朗さん。豆も厳選。

コーヒーを淹れる真市朗さん。豆も厳選。
 

和泉さんの教室は不定期に開催。「atelier mel」http://cafe-cactus.seesaa.net

和泉さんの教室は不定期に開催。「atelier mel」


作家ものの照明が木を露にした天井にマッチ。

作家ものの照明が木を露にした天井にマッチ。

和泉さんお手製のケーキは、甘さ控えめで滋味豊か。

和泉さんお手製のケーキは、甘さ控えめで滋味豊か。


成長が楽しみな家

2階はベッドルームと4畳の真市朗さんの書斎。「将来は子供部屋として区切って使えるように、ベッドルームはワンフロアの空間にしました。その方が後でフレキシブルに使えると思って」。

WB工法による空気の循環で、ベッドルームもクリーンさと快適さが保たれる。バスルーム、トイレも隣接していて、動線のよさも想像できる。隣の4畳の書斎は、空間を広く見せるために、勾配をつけて高さを出した。

「まだまだ手を加えていきますが、これからやりたいのは、外構や庭ですね。レンガを敷いてみたり、グリーンカーテンの植物を植えたりしてみたところです。これからどう育っていくか、楽しみですね」。

広いリビングを3歳の樹歩ちゃんが走り回る。家とご両親の夢とともに、これから成長していくのが楽しみだ。


2階の広々とした清潔なベッドルームは、いずれ間仕切りも検討。

2階の広々とした清潔なベッドルームは、いずれ間仕切りも検討。

3階には10畳のロフトがあり、現在は収納に活用している。

3階には10畳のロフトがあり、現在は収納に活用している。

真市朗さんの書斎。天井勾配で空間の広さを確保。

真市朗さんの書斎。天井勾配で空間の広さを確保。


観葉植物の育成も楽しんでいる。窓辺にはフィカス・ウンベラータが。

観葉植物の育成も楽しんでいる。窓辺にはフィカス・ウンベラータが。

ドアはDIYで塗装。アイアンのハンガーを取り付けた。

ドアはDIYで塗装。アイアンのハンガーを取り付けた。