祖父母の家に暮らす骨董品とポップなアート豊かな創造性が溢れ出す

祖父母の家に暮らす骨董品とポップなアート
豊かな創造性が溢れ出す

和洋ミックスの家

「夫の母方の祖父母の家なんです」。ウォールペインターとして活躍するすまあみさんが、ご主人と5歳の娘さんとともに暮らすのは、都心に近い人気の住宅地。賑やかな駅前から一歩奥に入ると、驚くほど静かで穏やかな環境に包まれる。
「家の裏手は竹薮で。庭にはタヌキも出るんですよ。友人が遊びに来て泊まっていくと、田舎に帰ったみたいだった、と言われます」。
自然豊かな高台の地に、50年以上前に建てられた一軒家。アメリカ滞在中に出会い、一緒に帰国したすまさんご家族は、4年前からここに暮らしている。

「リビングだけ90年代にリフォームされているんです。お茶室だった奥の和室はそのままで、和風と洋風がミックスされたような雰囲気ですね」。
テラコッタのような素朴な色合いの、ベージュのタイルが敷かれたリビングは、たっぷり取られた開口部から明るい光が入り、コロニアルな雰囲気。ジャングルのように生い茂る、窓の向こうの庭の緑が、室内のインテリアに同化する。


高台に建つ築50数年以上を経た一軒家。静かな階段を登ったところにある。

高台に建つ築50数年以上を経た一軒家。静かな階段を登ったところにある。

昔ながらの風情を残す、切妻屋根の家。大きな窓ガラスの向こうはリビングダイニング。

昔ながらの風情を残す、切妻屋根の家。大きな窓ガラスの向こうはリビングダイニング。


石畳を敷き洋風に作り替えられた庭。夏にはプールを出して楽しむそう。

石畳を敷き洋風に作り替えられた庭。夏にはプールを出して楽しむそう。

こちら側は獅子脅しのある昔ながらの庭。ベッドルームから眺められる。

こちら側は獅子脅しのある昔ながらの庭。ベッドルームから眺められる。


リビングは明るいコロニアルな造り。ここでウォールペイントをするのが、あみさんの日課。

リビングは明るいコロニアルな造り。ここでウォールペイントをするのが、あみさんの日課。


年代物を継承して

「入居にあたって、リビングの壁は白く塗り替えました。トイレも、私がベンジャミンムーアの塗料でブルーにペイント。あとはほとんど手を加えずに住んでいます」。
奥の和室はベッドルームと長女・日子(にこ)ちゃんの部屋に。ベッドルームからは獅子脅しのある純和風の庭が望める。「祖父母がお茶を嗜んでいたのでしょうね。炉もありました」。
5歳のお誕生日に日子ちゃんの部屋として独立させた和室は、ベッドヘッド上の空間がポップ。
「押し入れをDENとして活用しようと思ったんです。子供に、壁に絵を描いてもらったらとても楽しい空間になって。家に遊びにくるお友達もみんなここが大好きですね」。

お義母さんが使っていたベッドや、もともとこの家にあった昔ながらの棚や調度品。それらをそのまま大事に活用。時にはあみさんがペイントをするなど手を加えて、生き生きと蘇らせている。


お茶室だった砂壁の和室。板の間は白いカーテンで仕切り、収納スペースに。

お茶室だった砂壁の和室。板の間は白いカーテンで仕切り、収納スペースに。

手前の和室は日子ちゃんの部屋。優しく素朴な灯りが静かな和室を照らす。

手前の和室は日子ちゃんの部屋。優しく素朴な灯りが静かな和室を照らす。

観葉植物が和の空間にもなじむ。右の本棚は骨董市で購入。

観葉植物が和の空間にもなじむ。右の本棚は骨董市で購入。


螺鈿の入ったアンティークの椅子は、アメリカで購入して持ち帰ってきたもの。

螺鈿の入ったアンティークの椅子は、アメリカで購入して持ち帰ってきたもの。

押し入れをDENとして活用。自由にペインティングさせて楽しい空間に。

押し入れをDENとして活用。自由にペインティングさせて楽しい空間に。


青山にフラッグシップショップのあるベンジャミンムーアの塗料でペイント。鮮やかなブルーが印象的。

青山にフラッグシップショップのあるベンジャミンムーアの塗料でペイント。鮮やかなブルーが印象的。

古いキャビネットに手を加えて再生。日子ちゃん専用の収納棚に。

古いキャビネットに手を加えて再生。日子ちゃん専用の収納棚に。


骨董品をアクセントに

「この家には古いものがたくさん残されているので、気分に合わせて取り替えてはコーディネートしています」。大きな甕や鉢、器など、数々の埋蔵品や、骨董市などで買ってきたものを色々と組み合わせて飾り付けを楽しむ。
「古い日本のものがたくさんありますが、全部を和にすることはないですね。でも、そうかといって洋で統一するつもりもないんです。海外生活が長かったので、和風に惹かれるところがあって、ジャンルをミックスするのが好きですね」。
コンセプトは日本に住む欧米人の暮らし。ヴィンテージの日本の収納箱の上に、大きなミラーボールを飾る。そんなコーディネートも「娘が、光が反射するのを喜ぶので」というあみさん。楽しい仕掛けが、明るく居心地のいい空間を生んでいる。


庭の緑が眺められるダイニング。テーブルセットも、祖父母の代から使っているもの。

庭の緑が眺められるダイニング。テーブルセットも、祖父母の代から使っているもの。

年代物のキャビネットの上にミラーボール。キラキラした光の反射が、日子ちゃんのお気に入り。

年代物のキャビネットの上にミラーボール。キラキラした光の反射が、日子ちゃんのお気に入り。

お祖母さんの文机を飾り棚に。仏像も昔からあったもの。

お祖母さんの文机を飾り棚に。仏像も昔からあったもの。


味のある小引き出しにグリーンが調和する。

味のある小引き出しにグリーンが調和する。

アップライトピアノの上にグリーンをあしらって。

アップライトピアノの上にグリーンをあしらって。


伊豆の骨董市で買った鉢などでテーブルをアレンジ。

伊豆の骨董市で買った鉢などでテーブルをアレンジ。

玄関前には紹興酒を浸ける古い甕が。

玄関前には紹興酒を浸ける古い甕が。


いたずら心を住空間にも

「小さい頃から絵を描くことと、部屋の模様替えが趣味だったんです。ベッドメイクをしてみたり、家具の配置やディスプレイを替えてみたりして楽しんでいました」。NYではライターとして家取材も。それらの経験がまとまって、「ある時、部屋の壁にウォールペイントを施すことを思いついた」というあみさん。NY時代から、現地の人の子供部屋のペインティングを依頼されるようになった。
「ちょっとした、“いたずらしたい気持ち”がスタートなんです。やってみたら楽しくて」。

現在はリビングが仕事の場。大きな紙を壁に貼ると、カラフルな色彩でみるみる楽しい図案が描かれていく。
「娘も絵を描くのが好きみたいで、よく描いています。でも“ママの絵を見て真似した”と言われるのがいちばん嫌で。自分の好きなものを描いていってほしいと思っています」。

ひっそりと時を刻む昭和の日本家屋は、いたずら心と溢れる創造性で満たされている。


ヤシの木が南国ムード。アウトドアリビングのように開放感が感じられる。

ヤシの木が南国ムード。アウトドアリビングのように開放感が感じられる。

日だまりのように暖かなリビングは、日子ちゃんの遊び場に。

日だまりのように暖かなリビングは、日子ちゃんの遊び場に。

カラフルで楽しいトイ・スペース。昔懐かしいおもちゃも。

カラフルで楽しいトイ・スペース。昔懐かしいおもちゃも。


ウォールペインターすまあみさん。http://www.amisuma.com 17歳で渡米し、NYで美大を卒業。帰国後はキッズスペースの内装ペイントなどを手がける。

ウォールペインターすまあみさん。17歳で渡米し、NYで美大を卒業。帰国後はキッズスペースの内装ペイントなどを手がける。

塗料は発色のいいベンジャミン・ムーアを愛用。

塗料は発色のいいベンジャミン・ムーアを愛用。
 

庭のミカンの木。取って食べることもあるそう。

庭のミカンの木。取って食べることもあるそう。