鎌倉の山と海に囲まれて歴史ある街になじむ温もりの伝わる家

鎌倉の山と海に囲まれて歴史ある街になじむ
温もりの伝わる家

素材感にこだわって

素材の温かさや風合いが伝わってくる生活まわりの道具。自宅の1階で、そんなものたちを集めたインテリアショップを営む浅川あやさん。
「お店を開きたくて、土地から探したんです。本当はもっと山の中でも良かったのですが、住むこととお店とのバランスを考えてここに決めました」。
その場所は、鶴岡八幡宮の前身である元八幡宮のはす向い。参道沿いに建つ浅川邸は、黒い塗装が経年で少し変化し、浅川さんがセレクトする生活雑貨のように、味わい深さを感じさせている。

「外壁はジョリパット仕上げで、炭を手で塗ってもらっているんです。苔がついてきて所々色合いが変わってきたのが嬉しいですね」。
ファサードには野草のように茂る植栽が、鎌倉の豊かな自然を思わせる。
「鎌倉石を敷いてもらい、自然に映えているような植物を植えてもらいました。鳥が種を運んできたりして、勝手に育ったものもありますが(笑)」。
錆び付いた郵便受けは、新品で購入したものだそう。海まで徒歩10分という立地。潮風があっという間に金属を風化させるようだ。


元八幡宮側に向くようにデザインされた外観。耐久性が高いと言われるジョリパット仕上げ。

元八幡宮側に向くようにデザインされた外観。耐久性が高いと言われるジョリパット仕上げ。

店舗の入り口は古民家で使われていた重厚なドアを設置。椅子やポストボックスが錆びて風合いを出している。

店舗の入り口は古民家で使われていた重厚なドアを設置。椅子やポストボックスが錆びて風合いを出している。


ツリバナ、アオダモ、ビブルナムデビディなど、野趣あふれる植栽。鎌倉石もいい感じに苔むしている。

ツリバナ、アオダモ、ビブルナムデビディなど、野趣あふれる植栽。鎌倉石もいい感じに苔むしている。


夫とふたりでプランニング

家の設計は、建築家を入れずにご主人とふたりで考えた設計図をもとに、工務店と相談した。
「大枠は夫、細かいところは私が考えました」。
ご主人の案で3階にもってきたリビングは、窓から元八幡宮の緑や、遠くに鎌倉山の景色も見渡せ、日だまりのように明るくて暖かい。リビング、ダイニング、キッチンがワンフロアになっていて、段差をつけることで何となく区切られている。
「これも主人のアイデアなんです。仕切りがないかわりに、変化をつけたいと。良かったのは段差に腰かけられること(笑)。パーティーの時などみんなそれぞれ好き勝手に座って、和んでいます」。
多いときは30人くらい集まったこともあるのだとか。ワンフロアの大空間に、窓から広がる景色が開放感を感じさせる。


床はすべての居住空間でホワイトオークの無垢材を使用。あえて幅広の板を選び、広さが感じられるようにした。

床はすべての居住空間でホワイトオークの無垢材を使用。あえて幅広の板を選び、広さが感じられるようにした。

こだわりが詰まったシンプルなキッチン。扉を閉めれば、冷蔵庫や収納庫がすっきりと内蔵できる。ステンレスのキッチン台は図面を描いてオーダ―したもの。

こだわりが詰まったシンプルなキッチン。扉を閉めれば、冷蔵庫や収納庫がすっきりと内蔵できる。ステンレスのキッチン台は図面を描いてオーダ―したもの。

リビング中央の梁とハンモックがアクセントに。ソファーは低いものを探し、寝転がってテレビが見られるようにした。

リビング中央の梁とハンモックがアクセントに。ソファーは低いものを探し、寝転がってテレビが見られるようにした。

キッチンカウンターでは、お料理をサーブすることも。目線の合う高さがちょうどいい。愛用しているイームズのシェルチェア。

キッチンカウンターでは、お料理をサーブすることも。目線の合う高さがちょうどいい。愛用しているイームズのシェルチェア。


部屋中を見渡せるキッチン

「ハンモックはどうしても付けたくて。そのために梁をつけてもらって、これも憧れだったジャン・プルーヴェのウォールランプを取り付けました」。
3人入れるという大きなハンモックで、ゆっくり寛ぐのが家族のお気に入り。6歳の長男も大好きなのだそうだ。
「お料理をする時間がいちばん長いので、キッチンはオープンにしてもらいました。カウンターに立っていて子供の様子が目に入るのがいいですね。」。

ざっくりと取り付けた収納は、後からDIYで棚板を付け、浅川さんセレクトの器を陳列。収納は上部を開けて、照明の光が通るようにしたのもこだわりのひとつだ。
「アイランドも使いやすいサイズや形を考えて、業者にオーダーしました。天板と側面の板は分かれているのが普通ですが、継ぎ目がでるのが嫌で、ステンレスでL字型につなげてもらいました。大きいので窓から吊り上げて入れるしかなくて、工事の人が“誰がこんなもの作ったんだ”って(笑)」。


食器、調理器具、食材などすべてが収まるパントリーのような収納。扉だけを設けてもらい、後から棚をご主人とふたり、DIYで取り付けた。味わいのある器が並ぶ。

食器、調理器具、食材などすべてが収まるパントリーのような収納。扉だけを設けてもらい、後から棚をご主人とふたり、DIYで取り付けた。味わいのある器が並ぶ。

ダイニングテーブルで使われている、クルミの木のランプ。夜になると赤く灯る。

ダイニングテーブルで使われている、クルミの木のランプ。夜になると赤く灯る。

陶芸家・白倉えみさんの作品。さり気なく吊るされたコブタが愛嬌たっぷり。

陶芸家・白倉えみさんの作品。さり気なく吊るされたコブタが愛嬌たっぷり。


昔から使っているダイニングテーブルは古道具屋さんで購入。本棚の下の収納もDIYで取り付けた。

昔から使っているダイニングテーブルは古道具屋さんで購入。本棚の下の収納もDIYで取り付けた。

長男が海で拾ってくるシーグラスを小瓶に保管。きれいな輝きを放っている。

長男が海で拾ってくるシーグラスを小瓶に保管。きれいな輝きを放っている。

ウッドデッキのベランダでは植物を育てる。穏やかな空気が流れる。

ウッドデッキのベランダでは植物を育てる。穏やかな空気が流れる。


海が近くにある暮らし

2階は主寝室に子供部屋、バスルーム。夏は海からあがってシャワーに直行するのだそうだ。真っ白なタイル貼りの空間に、ジャグジー付きのバスタブの贅沢な造りが羨ましい。
「窓から八幡さまの緑が見えるように、バスルームはこの位置がいいと主人が考えたんです。子供も大好きで、いつも浮輪を持って入っています」。

白い壁に囲まれた浅川邸は、年に1回ペンキを塗り替える。だから落書きなども気にしない。子供部屋は長男くんが自由にペイントした絵が楽しい。
「ここだけはOKにしているんです。絵から少しずつ成長の様子も分かり、見ていると面白いですよ」。
素材にこだわる浅川さんのもの選びのように、シンプルだけど心地いい、そんな暮らしが偲ばれた。


広々とした贅沢な造りのジャグジー付きバスルーム。1日に何時間も入ることもあるのだそう。

広々とした贅沢な造りのジャグジー付きバスルーム。1日に何時間も入ることもあるのだそう。

洗面台の鏡は、あえて後ろ側にある棚より大きいサイズに。開閉しやすく見た目にも美しい。

洗面台の鏡は、あえて後ろ側にある棚より大きいサイズに。開閉しやすく見た目にも美しい。

長男・楽くんの部屋には畳を敷いて。壁には自由に落書きをした跡がある。

長男・楽くんの部屋には畳を敷いて。壁には自由に落書きをした跡がある。


シンプルなベッドルーム。壁には書道家に書いてもらった「楽」くんの書。衣類などの持ち物は厳選してすっきりと。

シンプルなベッドルーム。壁には書道家に書いてもらった「楽」くんの書。衣類などの持ち物は厳選してすっきりと。

浅川あやさん。毎日のように海に出かける、鎌倉の生活を満喫。

浅川あやさん。毎日のように海に出かける、鎌倉の生活を満喫。

日用美は、水〜土の4日間営業。

日用美 は、水〜土の4日間営業。
 

作家ものやプロダクトもの。時間を経て生活に馴染んでくるものをセレクト。