ぐるり360度の窓が心地よい新しいのに温かい。ツリーハウス感覚の家

ぐるり360度の窓が心地よい新しいのに温かい。
ツリーハウス感覚の家

1階は家族の共有空間

1階と2階の間にぐるりと360度窓があり、柔らかな光がリビングに降り注ぐ。木の柱の上に2階がフワリと浮いているようなツリーハウスのような軽やかさと、森の中にいるような安心感がなんとも心地良い。ここが中野区内の旗竿敷地に建つ住宅とは思えない、伸びやかな広がりを感じさせる。

「新しい家だけれどどこか古さを感じるような、リノベーションした家かな?と思うくらいの家を希望していました。それまで住んでいた家の4軒隣のこの敷地が空いて、建築家を探していた時に友人が持ってきてくれた雑誌に載っていたのが成瀬・猪熊建築設計事務所の猪熊純さんのご自宅でした。作り込みすぎない、ちょうど良い感じが気に入って、設計をお願いすることにしました」

1階には広々としたリビングとキッチン、家族全員で使う共用の書斎と和室がある。そして2階はプライベートな空間と、フロアで用途をはっきり分けている。
「来客も多く、打ち合わせをすることもあるので、ダイニングテーブルは大きいものを猪熊さんに作っていただきました」


360度ぐるりと開いた天井近くの窓から、柔らかな光が差し込む明るいリビング。

360度ぐるりと開いた天井近くの窓から、柔らかな光が差し込む明るいリビング。

ツェツェの陶器のペンダントライト。モビールは奥様の手作り。「少しづつパーツを作って繋げています」

ツェツェの陶器のペンダントライト。モビールは奥様の手作り。「少しづつパーツを作って繋げています」

棚には旅先で買ったスノードームが並ぶ。「ソファの裏に子どもがオモチャを落とすので板でガードしました」。本を置けるちょっとしたスペースになっている。

棚には旅先で買ったスノードームが並ぶ。「ソファの裏に子どもがオモチャを落とすので板でガードしました」。本を置けるちょっとしたスペースになっている。


足を伸ばして座れる大型のソファはTime & Styleで購入。コンクリート打ち放しの床にラグを敷いて。

足を伸ばして座れる大型のソファはTime & Styleで購入。コンクリート打ち放しの床にラグを敷いて。

予算の都合で扉をつけられなかったというキッチンの、気取らない感じがカッコいい。

予算の都合で扉をつけられなかったというキッチンの、気取らない感じがカッコいい。

運動会にはこのお弁当箱が大活躍するのだそう。料理が好きなご主人が腕を振るう本格的な道具が揃う。

運動会にはこのお弁当箱が大活躍するのだそう。料理が好きなご主人が腕を振るう本格的な道具が揃う。

 「TVはあまり好きではないのでこの小さな和室に置いています。壁の緑の色は建築家にお任せしました」

「TVはあまり好きではないのでこの小さな和室に置いています。壁の緑の色は建築家にお任せしました」


1階から2階に上がる階段の踊り場のような、中2階のスペースがおもしろい。ガラスを通して、和室や書斎まで見える。

中2階から2階を見上げると、白い壁の中に木目の壁の家が浮かんでいるように見える。宙に浮いたツリーハウスから、樹の中の秘密基地に潜入していくような、そんなワクワク感が楽しい。


白い壁の中に、合板の家がポッカリと浮かんでいるように見える。

白い壁の中に、合板の家がポッカリと浮かんでいるように見える。

中二階はハンモックがあったり、おままごとセットがあったりと、子どもたちが自由に使えるスペースになっている。

中二階はハンモックがあったり、おままごとセットがあったりと、子どもたちが自由に使えるスペースになっている。


2階はプライベートなスペース

2階の個室には収納スペースがなく、夫婦+3兄弟の共同の収納スペースが廊下の両サイドにある。合板の飾らなさ、そして生活感のあるものの中を行き来するのは不思議な安心感がある。
このスタイルであれば、子どもの成長に合わせて部屋を移動するのも簡単だ。現在、奥様のご姉弟が長期滞在中。ゲストを迎えることも臨機応変にできる。

「夫の趣味は子育てかもしれません。子どもとよく遊びますし、料理を作って食べさせるのも大好きです。ON/OFFを切り替えられる家を作ることができて、とても満足しています」


モロッコの家具やアンティークがお好きな奥様。寝室のベージュトーンのコーディネイトが美しい。

モロッコの家具やアンティークがお好きな奥様。寝室のベージュトーンのコーディネイトが美しい。

バスルームの窓には、ブルーのガラスとハンギングの植物を飾って。

バスルームの窓には、ブルーのガラスとハンギングの植物を飾って。


籐の鏡やユーカリを飾ったトイレの一角。トイレットペーパーホルダーはフックから下げられた紐。

籐の鏡やユーカリを飾ったトイレの一角。トイレットペーパーホルダーはフックから下げられた紐。

2階の個室には収納がない。代わりに廊下の両サイドが収納になっている。成長に合わせて部屋を入れ替えやすくしている。

2階の個室には収納がない。代わりに廊下の両サイドが収納になっている。成長に合わせて部屋を入れ替えやすくしている。

洗濯機の上の収納スペース。色数を抑えた、作り込みすぎない収納がお洒落。

洗濯機の上の収納スペース。色数を抑えた、作り込みすぎない収納がお洒落。


T邸
設計 成瀬・猪熊建築設計事務所
所在地 東京都中野区
構造 木造
規模 地上2階
延床面積 105.25㎡