ジュエリーデザイナーの感性を結集時を超えたオリジナルワールド

ジュエリーデザイナーの感性を結集時を超えた
オリジナルワールド

うっそうとした庭をのぞむ

「さびゆくものに思いをはせる」。そんなコンセプトで、ジュエリーデザインを手がける香取亮さんと鴨下優子さん夫妻。1年前に建てられた新居は、先鋭的でありながら、どこかノスタルジックでどこか温かい。

「古くなっても、それによって深みを増していくものが好きなんです」

懐かしい風情が残る千葉の下町の、のどかな住宅街。その一角に、ふたりの新居とアトリエが設けられた。木の門扉を開け、「できるだけうっそうとした感じを残したかった」庭を抜けると、ふたりの感性に彩られた空間が出迎えてくれる。そこは、シャビーな雰囲気に溢れたワンダーランド。


友人のもと大工さんに造ってもらったウッドデッキ。梅、ミモザ、桜、ユーカリなどの木々が茂る。この時期は庭で獲れた梅の実で作った梅酒が楽しみ。

友人のもと大工さんに造ってもらったウッドデッキ。梅、ミモザ、桜、ユーカリなどの木々が茂る。この時期は庭で獲れた梅の実で作った梅酒が楽しみ。

庭にも随所にオーナメントが。玄関のドアは、以前、原宿の店で使っていたもの。

庭にも随所にオーナメントが。玄関のドアは、以前、原宿の店で使っていたもの。

フェイジョワ、パールアカシアなどを現在育苗中。「早く緑でいっぱいにしたい」とか。

フェイジョワ、パールアカシアなどを現在育苗中。「早く緑でいっぱいにしたい」とか。


年代ものを今に活かす

「昔から古いものが好きで、什器や雑貨などいろいろと集めていたんです。アンティークショップで買うと高いので、ジャンク屋みたいなところで買って来て、リメイクして使っています」

玄関脇にはかつて中学校で使われていた古い下駄箱、映画撮影用の照明、古代ギリシャ風の柱、朽ちたドア…。

「柱はどうしてもこれを取り付けたいと、工務店さんに頼んで取り付けてもらいました。耐震とか、家の構造に役立っているわけでは全くないらしいのですが」

仕事で訪れるパリの蚤の市で買ってくる雑貨や、作品にも用いる鳥類の剥製。そしてレストランで食べたスカンピの殻に魚の剥製まで。あらゆるものが、宝物のように、創造性豊かな空間にあふれている。


各地で買い集めたアンティークやヴィンテージのインテリアが存在感を放つ。床暖房のために採用したタイルの床材も空間にマッチ。

各地で買い集めたアンティークやヴィンテージのインテリアが存在感を放つ。床暖房のために採用したタイルの床材も空間にマッチ。

インドネシアで作ってもらった燭台、苔を使ったオブジェなど、インテリアショップのような見事なデコレーション。

インドネシアで作ってもらった燭台、苔を使ったオブジェなど、インテリアショップのような見事なデコレーション。

トイレには、神戸で見つけた古い扉を採用。ブルーのタイルは、ジブリ作品のモデルとなった旅館で使われていたのと同じものをたまたま見つけて購入。

トイレには、神戸で見つけた古い扉を採用。ブルーのタイルは、ジブリ作品のモデルとなった旅館で使われていたのと同じものをたまたま見つけて購入。


年代ものの中学校の下駄箱をシューズボックスに活用。ひときわ存在感を放つ。

年代ものの中学校の下駄箱をシューズボックスに活用。ひときわ存在感を放つ。

重厚感のあるアンティークの椅子。猫が爪を砥いでボロボロに…。

重厚感のあるアンティークの椅子。猫が爪を砥いでボロボロに…。

ふたりともひと目で釘付けになったオブジェ。陶芸作家・桑名紗衣子さんの作品。

ふたりともひと目で釘付けになったオブジェ。陶芸作家・桑名紗衣子さんの作品。

ユーズドのドクターキャビネットを食器棚に。沖縄、米軍基地近くのショップのネット販売で購入。

ユーズドのドクターキャビネットを食器棚に。沖縄、米軍基地近くのショップのネット販売で購入。

スカンピの殻や魚の剥製もオブジェとして立派に活躍。「中身は食べました」

スカンピの殻や魚の剥製もオブジェとして立派に活躍。「中身は食べました」

セミの剥製はなんと猫たちの戦利品! 大切にディスプレイ。

セミの剥製はなんと猫たちの戦利品! 大切にディスプレイ。


イメージを形に

1階のキッチン、リビング&ダイニング、2階のベッドルームやバスルームなどの設計も、ふたりで相談しこだわり抜いた。

「工務店さんにはかなり面倒くさがられましたね。洗面所にも、文句を言われながらタイルを貼ってもらいました」

白いタイルに業務用のシンク、ヴィンテージのキャビネットが、ヨーロッパの雰囲気を醸し出す。やがて子供用にする予定の部屋のドアは、鮮やかな緑と青に、ふたりでペイント。

「キッチンは意見が割れましたが、コンクリートを張れるということだったので、シンクまわりはコンクリで固めてかっこよく。収納、コンロ、レンジなどはIKEAのものを選びました。コスト面も大事でしたね」

水洗金具はネットでアメリカのメーカーのものを見つけて、洗面所で使うものと合わせて購入。現地の友人に送ってもらうことで、予算もカットできた。


コンクリートの台にステンレス製の収納がクールなキッチン。タイルも職人さんに張ってもらった。

コンクリートの台にステンレス製の収納がクールなキッチン。タイルも職人さんに張ってもらった。

階段の吹き抜けにはキャットウォークを設け、猫たちにも配慮。

階段の吹き抜けにはキャットウォークを設け、猫たちにも配慮。

2階への階段。オープンな造りが、閉塞感を感じさせない。

2階への階段。オープンな造りが、閉塞感を感じさせない。


洗面所には、TOTOの業務用シンクを採用。タイルと照明にもこだわった。

洗面所には、TOTOの業務用シンクを採用。タイルと照明にもこだわった。

鮮やかなカラーが新鮮な、将来の子供部屋のドア。塗装も見事!

鮮やかなカラーが新鮮な、将来の子供部屋のドア。塗装も見事!

リサイクルショップで買ったキャビネットを、洗面所の収納に。

リサイクルショップで買ったキャビネットを、洗面所の収納に。
 

フランスのホームセンターで買ったプレートを取り付け、ヨーロッパ風に。

フランスのホームセンターで買ったプレートを取り付け、ヨーロッパ風に。

ゴールドのドアノブが映える。細部までこだわりが感じられる。

ゴールドのドアノブが映える。細部までこだわりが感じられる。


ひとみ、かぶき、かすみ、ジョゼフィーヌの4匹の猫も幸せに暮らす。

ひとみ、かぶき、かすみ、ジョゼフィーヌの4匹の猫も幸せに暮らす。

猫用のかごはIKEAで買ったもの。猫たちのお気に入り。

猫用のかごはIKEAで買ったもの。猫たちのお気に入り。


ふたりの感性を作品に結集

「ふたりが好きなものが一緒だということは、幸せですね。例えば、陶芸作家のオブジェ。4年前に初めて見たときに、ふたりとも衝撃を受けたんです。そのときのいい記憶が残っていて、結婚を機にもう一度見てみようということになって。結局、買ってしまいました」

それは窓をテーマに、西洋の融合を表現した作品。

「同じものを見て同じように感動できる、というのは嬉しいですね。だから仕事も一緒にできると思うんです」

ふたりがパートナーを組んで、ジュエリーの制作にあたるアトリエは、家の裏手にある。もともと倉庫だったところを増築。ヴィンテージの什器に、宗教美術や動植物などをモチーフとした作品をディスプレイ。作品の世界観が、その空間からも伝わってくる。


倉庫を増築したアトリエ。仕事で毎年訪れるパリや各地で買ってきたものが、空間を飾る。www.rustythougt.com

倉庫を増築したアトリエ。仕事で毎年訪れるパリや各地で買ってきたものが、空間を飾る。www.rustythougt.com

香取さんのワークスペース。ふたりでコンセプトを決め、共同で制作にあたる。

香取さんのワークスペース。ふたりでコンセプトを決め、共同で制作にあたる。

鳥類の剥製は作品にもく用いる。「かわいそうなので商品にしたかった」という。

鳥類の剥製は作品にもく用いる。「かわいそうなので商品にしたかった」という。

骨董屋で買った什器を、脚を取り付けたりしてリメイクした棚。どれも手を加え使っているところがすごい。

骨董屋で買った什器を、脚を取り付けたりしてリメイクした棚。どれも手を加え使っているところがすごい。

繊細なネックレス。ダイヤを身近に取り入れられるデザインが人気。

繊細なネックレス。ダイヤを身近に取り入れられるデザインが人気。


「ここも、昔から買いためていたものをインテリアに使っています。古いものには、新品では出せない味があると思うんです。ジュエリー作りの技法にしても、昔から伝わるものをなくしちゃいけないと思っています。そういう気持ちで、伝統的な技法をあえて取り入れていますね」

疲れたときは、アトリエの外のテーブルでひと息入れる。まわりは喧騒と無縁の、緑豊かな環境。

「以前は渋谷のセンター街の近くに住んでいたんですけど、もう考えられないですね」(香取さん)

庭の正面のウッドデッキも拡張し、テラスでビールを飲んだり、ランチをしたり、ガーデン計画も進行中。豊かな暮らしが、創造性を育んでいく。


ふたりの作品。スカルの指輪は、七宝焼とステンレスに鉄漿(お歯黒)を焼き付けたもの。

ふたりの作品。スカルの指輪は、七宝焼とステンレスに鉄漿(お歯黒)を焼き付けたもの。

アトリエへの入り口。神社の参道に面しており、静かでおだやかな雰囲気。

アトリエへの入り口。神社の参道に面しており、静かでおだやかな雰囲気。

庭の黒猫はガーデニングショップで買ったものにペンキを塗装。

庭の黒猫はガーデニングショップで買ったものにペンキを塗装。

貝殻を使ったネックレス。1個ずつケースになっている。

貝殻を使ったネックレス。1個ずつケースになっている。
 

のどかな時間が流れている、アトリエ前のスペース。

のどかな時間が流れている、アトリエ前のスペース。
 

門扉の錠前ひとつとっても、こんなにユニーク。

門扉の錠前ひとつとっても、こんなにユニーク。