アトリエ | 100%LiFE
アトリエ
new! 都会の真ん中でくつろいで暮らす緑と光と風と遊びのある家 都会の真ん中でくつろいで暮らす緑と光と風と
遊びのある家
学芸大学駅から数分の敷地に建つI邸。要望は「どこでもくつろげる家」に「自然と一体化した家」が加わり、自然との関係を勘案しながらの計画へ。
夫婦それぞれの思いを実現した家緑と光と風とアトリエ…別荘ライクでコージーな空間 夫婦それぞれの思いを実現した家緑と光と風とアトリエ…
別荘ライクでコージーな空間
「仕切りのない空間で、風が抜けて光も反射などしていろいろなところに入ってくる感じにしたいと思いました」。こう語るのは平野佳乃さん。
遊び心を忘れない毎日を快適に楽しく暮らす家事動線を考え尽くした家 遊び心を忘れない毎日を快適に楽しく暮らす
家事動線を考え尽くした家
服飾クリエイターの相馬まどかさんが3年前に新築した自宅兼アトリエは、仕事と家事の両立を目指す女性ならではのこだわりが詰まっている。
 
好きなものを自由にちりばめて本とアートと珈琲と家族家の中の時間を楽しむ 好きなものを自由にちりばめて本とアートと珈琲と家族
家の中の時間を楽しむ
子どもをのびのびと育てたいと、自然豊かな土地に家を建てた長谷さん夫妻。玄関を入ると、大きな珈琲焙煎機とたくさんの本が目に飛び込んできた。
眺めのいい家丘の上だから楽しめる眺望と自然と街中の暮らし 眺めのいい家丘の上だから楽しめる
眺望と自然と街中の暮らし
横浜の小高い丘の上。街中を電車が縫うように走る可愛らしいミニチュアのような街並みと、遠くは海まで一望できる、眺めのいい柏邸。
新築を昔懐かしくDIY木と植物を愛する温もりと風情に満ちた家 新築を昔懐かしくDIY木と植物を愛する
温もりと風情に満ちた家
ランドスケープガーデナーの夫とプランツスタイリストの妻が、庭をメインに考えた家は、穏やかで温かな空気が漂っていた。
 
コーヒーの香りに包まれて第二の人生の舞台はショップ併設の2階建て コーヒーの香りに包まれて第二の人生の舞台は
ショップ併設の2階建て
50歳を過ぎてコーヒー豆の焙煎専門店を始めた須田忍さん。開業にあたり店舗併用の中古住宅を購入し、自らプランを考えリフォームを行った。
築50年の平屋を蘇生手をかけて創り出す悦び家も暮らしも自分流に 築50年の平屋を蘇生手をかけて創り出す悦び
家も暮らしも自分流に
昭和40年代の平屋の日本家屋。布物作家の武井啓江さんは、手作業でリノベーションしながらノスタルジックで独創的な空間を創り上げた。
3人兄弟の笑い声に満ちるハンドメイドが住まいを彩るアトリエ併設の3階建て住宅 3人兄弟の笑い声に満ちるハンドメイドが住まいを彩る
アトリエ併設の3階建て住宅
昼馬陽一さん・絵理さん夫妻が家を建てたのは約2年半前。広々としたLDKとアトリエが特長の家に、3人の息子さんと暮らしている。
 
自然と呼応するシンプルな造り住む人が描いていく家は白いキャンバス 自然と呼応するシンプルな造り住む人が描いていく
家は白いキャンバス
自然豊かな地に、美術家・青木聖吾さんは6年前アトリエ兼住居を建てる。目指したのは“シンプルでミニマルな白い箱のような家”だった。
自然を取り入れてリメイク初めてのDIYで 少女の頃の憧れを形に 自然を取り入れてリメイク初めてのDIYで
少女の頃の憧れを形に
「古い家をアレンジして住みたい」と思っていたアクセサリー作家の小泉あやさん。郊外の丘陵地に建つ、蔦の絡まる一軒家は理想にぴったりだった。
昭和の家屋をアレンジ創造性を発揮するクリエイターの拠点 昭和の家屋をアレンジ創造性を発揮する
クリエイターの拠点
鉄筋コンクリートのモダンな建物から、元住居兼鉄工所だった木造物件へ。プロダクトデザイナーの海山さんは全く違った環境に住み替えた。
 
平屋の民家をリフォーム家族や自然と調和するゆるやかな生活 平屋の民家をリフォーム家族や自然と調和する
ゆるやかな生活
夫婦でケータリングやレシピ開発の仕事に携わる堀出隼さん。築約50年の平屋の物件をリフォームし、住居兼アトリエを誕生させた。
築54年の家をリノベーションミッドセンチュリーの家具が似合う同世代の日本家屋 築54年の家をリノベーションミッドセンチュリーの家具が
似合う同世代の日本家屋
古民家の佇まいに、フランスを中心としたミッドセンチュリーのモダンな家具。建築家の宮田一彦さんが、自宅兼アトリエとしてリノベーションした。
古道具ありきのカフェ風空間造り上げることが悦び創作を楽しむ家 古道具ありきのカフェ風空間造り上げることが悦び
創作を楽しむ家
木を活かした造りに、味のある古道具。夫婦ふたりで協力し合い、カフェのような温かな空間を作り上げていった。
 
フレンチシックに大改装アンティークを活かす手作りアイデアに溢れた家 フレンチシックに大改装アンティークを活かす
手作りアイデアに溢れた家
布小物作家の田中さんの自宅は、ひと針ひと針縫い上げるその作品のように、味わいのあるフレンチシックな手作り空間に改装されていった。
傾斜地に立ち上げた快適空間大磯の海を遠くに望む巣箱のような家 傾斜地に立ち上げた快適空間大磯の海を遠くに望む
巣箱のような家
猿田さんがこの家の設計でこだわったのは、家の前にある大きな木にぶら下がる“巣箱のような家”を実現することだった。
ショップ併設の3階建てリフォームがきっかけでハンドクラフトの道へ ショップ併設の3階建てリフォームがきっかけで
ハンドクラフトの道へ
中古住宅を購入しDIYを始めたことから、木工に目覚めた鈴木美紀さん。自邸は自ら作ったパイン材の建具や家具で統一された、ぬくもりある空間だ。
 
家族総出でDIY手作りの温もりが伝わる白壁の別荘風一軒家 家族総出でDIY手作りの温もりが伝わる
白壁の別荘風一軒家
登山客で賑わう高尾山の近く。住宅地として開発された山の頂上の築28年の一軒家をDIYで大改築。白壁の別荘風一軒家を作り上げた。
ナチュラルに彩りをプラス屋根裏アトリエのある創作空間に暮らす ナチュラルに彩りをプラス屋根裏アトリエのある
創作空間に暮らす
アクセサリー作家の柿岡さんが目指したのは、四角い白い家。白い箱のような空間は、柿岡さんが創りあげる作品のように豊かな感性にあふれている。
陶芸家の理想の家タバコの葉の乾燥小屋を住まいにリノベーション 陶芸家の理想の家タバコの葉の乾燥小屋を
住まいにリノベーション
益子の静かな山あいに建つ築約200年の茅葺き屋根の家、そして隣には築60年の元タバコの葉の乾燥小屋。陶芸家の鬼崎琢智さんの家と仕事場だ。
 
造形作家の住む家ほとんどの家具が手作り創作と暮らしが共にある住まい 造形作家の住む家ほとんどの家具が手作り
創作と暮らしが共にある住まい
東京から益子に移り住んで、3軒目の住まい。自分たちで床をフローリングに張り替え、壁や天井にペンキを塗り、薪ストーブを据えた。
間口5.5mながら広く、明るい空間大きな吹き抜けとリゾート気分の浴室のある家 間口5.5mながら広く、明るい空間大きな吹き抜けと
リゾート気分の浴室のある家
現代アートの作家、石田さんがまずこだわったのはアトリエの広さ。妻のユイコさんがこだわったのはリビングの広さと明るさだった。
ハンドメイドへのこだわり長屋門をDIYした仕事場と、手づくりの暖かさの残る暮らし ハンドメイドへのこだわり長屋門をDIYした仕事場と、
手づくりの暖かさの残る暮らし
靴職人の相馬紳二郎さんが仕事場として使っているのは、武家屋敷で江戸時代から作られるようになった"長屋門"という建築スタイルの建物。
 
こだわりを散りばめて戸建てで実現させたアトリエ併設の住まい こだわりを散りばめて戸建てで実現させた
アトリエ併設の住まい
自然豊かな郊外の住宅地に建つ、北村さん夫妻の住まい。一歩足を踏み入れると、輸入壁紙やアンティークの家具が配されたこだわりの空間が広がる。
創作と暮らしの場を自分の手で母屋は明治の古民家を移築、工房はセルフビルド 創作と暮らしの場を自分の手で母屋は明治の古民家を移築、
工房はセルフビルド
陶芸家の矢津田さんのお宅は、明治4年築の古民家を移築した建物。工房として使っている建物は、矢津田さん自身がセルフビルドしたものだ。
建築家たちの秘密基地“明るい小屋”で楽しく、自由に暮らす。 建築家たちの秘密基地“明るい小屋”で
楽しく、自由に暮らす。
「月光を浴びながら寝るのはほんと幸せですね」。こう話すのは建築家の比護結子さん。屋根の6割をトップライトにした秘密基地のような家で暮らす。
 
ものづくりへの思いを結集  光と風と緑。 自然を感じる邸宅 ものづくりへの思いを結集 光と風と緑。
自然を感じる邸宅
緑に囲まれた環境に佇む欧風の一軒家。ライフスタイルショップを営む金澤さんの自宅は、インテリア雑誌の1ページのように美しい。
抜群の居心地の良さ実家の銭湯をリノベーション好きなモノに囲まれた住まい 抜群の居心地の良さ実家の銭湯をリノベーション
好きなモノに囲まれた住まい
代々営んで来た銭湯をリノベーションして住まい兼アトリエに。もともとの雰囲気をいかしつつ、自分たちらしい空間をつくりあげた。
懐かしさと温かさ手を加えることで近づく家族の理想の形 懐かしさと温かさ手を加えることで近づく
家族の理想の形
イメージは、“西洋に憧れる大正時代の日本人”。古いものが好きだという夏目あや子さんの思いがつまった家は、2年前に建てられた。
 
元鉄工所を気持ちのいい空間に柔らかな発想で生まれた家に子どもたちも大喜び! 元鉄工所を気持ちのいい空間に柔らかな発想で生まれた家に
子どもたちも大喜び!
革職人の曽田さんの家は下町の元鉄工所。鉄屑を処分するのに半年、それから壁を削って、内装工事をして、住めるようになるまで1年かかった。
森の中の住居と仕事場白い器を生む陶芸家の住まい 森の中の住居と仕事場白い器を生む
陶芸家の住まい
陶芸家のwakaさんは、東京から益子の町に移り住み、作陶家の道を本格的に歩みはじめる。住居とアトリエを構えたのは13年前のこと。
手作りでアレンジ独創性を発揮する家は白いキャンバス 手作りでアレンジ独創性を発揮する
家は白いキャンバス
ネオ・パッチワークのクリエイターのユーゴさんが一軒家を建てたのは3年前。半地下にアトリエ、1、2階に家族、愛猫と暮らす自宅を構える。