古民家
祖父母の家に暮らす骨董品とポップなアート豊かな創造性が溢れ出す 祖父母の家に暮らす骨董品とポップなアート
豊かな創造性が溢れ出す
長いNY生活を経て、現在は祖父母の代からの家に住むウォールペインターすまあみさん。和洋ミックス、オリジナリティに溢れた空間が面白い。
鎌倉の平屋をリノベーション日本家屋にアウトドアと北欧のテイストをミックス 鎌倉の平屋をリノベーション日本家屋にアウトドアと
北欧のテイストをミックス
今年7月に完成したばかりの鎌倉の近藤洋司さん宅は、築47年の古い平屋をリノベーションし、アウトドアと北欧のテイストをミックスさせている。
古民家をリノベーション農園に建つ古民家を、コミュニティスペースに 古民家をリノベーション農園に建つ古民家を、
コミュニティスペースに
川崎市の住宅街の一画で、長年農業を営んできた澁谷家。2年前に敷地内の古民家をリノベーションし、地域に開かれた場として活用している。
 
本との暮らしを楽しむ本で表現する物語のある空間 本との暮らしを楽しむ本で表現する
物語のある空間
本が大好きだという高橋夫妻は、飾り方も上手い。革表紙の洋書を重ねて置いたり、美しい表紙のものをオブジェのようにコーディネイトしたり。
アイデアが効いた古民家の改築変わった間取りを楽しんで暮らす アイデアが効いた古民家の改築変わった間取りを
楽しんで暮らす
築60年以上の家に暮らす大介さんと菜穂子さん。元々2軒の家だったのをリノベーションでつなぎ合わせたというユニークな構造に惹かれたという。
Flower-2-ほんの少しの気持ちを贈るTHE LITTLE SHOP OF FLOWERS Flower-2-ほんの少しの気持ちを贈る
THE LITTLE SHOP OF FLOWERS
明治神宮にほど近い場所に、元・古民家を生かしたフラワーショップがある。自由で遊び心溢れる花が揃い、花を贈ることを身近に感じられる。
 
古きよき千駄木の家ゆったりと時間が流れるオール畳のレトロハウス 古きよき千駄木の家ゆったりと時間が流れる
オール畳のレトロハウス
千駄木にあるレトロでこぢんまりとした一軒家。一歩足を踏み入れると、そこだけ時間がゆっくり流れているような落ち着く空間だ。
古い日本家屋に暮らす癒しと恵みに溢れた豊かな土壌のある生活 古い日本家屋に暮らす癒しと恵みに溢れた
豊かな土壌のある生活
野菜生活研究家の鈴木富樹子さんは「庭つきの平屋限定で」家を探していた。路地の奥の築60年のその家は、昭和の趣きをそのままに残して佇む。
昭和の家屋をアレンジ創造性を発揮するクリエイターの拠点 昭和の家屋をアレンジ創造性を発揮する
クリエイターの拠点
鉄筋コンクリートのモダンな建物から、元住居兼鉄工所だった木造物件へ。プロダクトデザイナーの海山さんは全く違った環境に住み替えた。
 
築80年超の古家をリノベーション元のポテンシャルを活かしつつライフスタイルに合った空間へ 築80年超の古家をリノベーション元のポテンシャルを活かしつつ
ライフスタイルに合った空間へ
建築家の相原まどかさん。「建物としてのポテンシャルが高い」この物件と出会い、住宅兼事務所として購入することにしたという。
陶芸家の理想の家タバコの葉の乾燥小屋を住まいにリノベーション 陶芸家の理想の家タバコの葉の乾燥小屋を
住まいにリノベーション
益子の静かな山あいに建つ築約200年の茅葺き屋根の家、そして隣には築60年の元タバコの葉の乾燥小屋。陶芸家の鬼崎琢智さんの家と仕事場だ。
ハンドメイドへのこだわり長屋門をDIYした仕事場と、手づくりの暖かさの残る暮らし ハンドメイドへのこだわり長屋門をDIYした仕事場と、
手づくりの暖かさの残る暮らし
靴職人の相馬紳二郎さんが仕事場として使っているのは、武家屋敷で江戸時代から作られるようになった"長屋門"という建築スタイルの建物。
 
創作と暮らしの場を自分の手で母屋は明治の古民家を移築、工房はセルフビルド 創作と暮らしの場を自分の手で母屋は明治の古民家を移築、
工房はセルフビルド
陶芸家の矢津田さんのお宅は、明治4年築の古民家を移築した建物。工房として使っている建物は、矢津田さん自身がセルフビルドしたものだ。
築百年の家を住みこなす大正の家をリノベーション。自分たちらしい空間をつくる 築百年の家を住みこなす大正の家をリノベーション。
自分たちらしい空間をつくる
小林夫妻が暮らす家は、大正時代に建てられたという年代物。荒れ果てていた状態からコツコツと手を入れて、自分たちらしい空間をつくりあげた。
古民家を現代に日本の伝統を受け継ぐ双子姉妹の挑戦 古民家を現代に日本の伝統を受け継ぐ
双子姉妹の挑戦
手入れの行き届いた端正な日本庭園に、静謐な日本家屋。瀟洒な鎌倉の街並みに溶け込むかのように、その家は静かに佇む。
 
庭と縁側と照明現代になじむ日本家屋の静謐 庭と縁側と照明現代になじむ
日本家屋の静謐
庭と縁側に惚れ込んで築36年の日本家屋を購入したのは2年半前。クリエイター夫妻が娘とともに暮らす家はグリーンと木の質感に心和まされる。
明治の建築に暮らす海とカラクリを楽しむ築134年、床面積147.87㎡の家 明治の建築に暮らす海とカラクリを楽しむ
築134年、床面積147.87㎡の家
明治12年に建てられた古民家。暮らすのは庭師であり木工作家の白倉祥充さん、陶芸家のえみさん夫妻。ここは生活の場であり、ギャラリーでもある。
異国の文化を愛でる静謐な空間で感じる北欧ノスタルジー 異国の文化を愛でる静謐な空間で感じる
北欧ノスタルジー
閑静な住宅街の昭和初期に建てられた民家。北欧の食やインテリアを伝える森百合子さんの自邸は森の中の一軒家を思わせるノスタルジックな空間だ。
 
いきものに学ぶ暮らし ものづくり夫婦が見出した 生のままの居住術 いきものに学ぶ暮らし ものづくり夫婦が見出した
生のままの居住術
海まで徒歩4分、築年数49年、昭和の戸建てに暮らすのは瀬戸けいたさん、なおよさんご夫婦。50坪を越える庭があり余裕の空間が広がる。