益子
陶芸家の理想の家タバコの葉の乾燥小屋を住まいにリノベーション 陶芸家の理想の家タバコの葉の乾燥小屋を
住まいにリノベーション
益子の静かな山あいに建つ築約200年の茅葺き屋根の家、そして隣には築60年の元タバコの葉の乾燥小屋。陶芸家の鬼崎琢智さんの家と仕事場だ。
造形作家の住む家ほとんどの家具が手作り創作と暮らしが共にある住まい 造形作家の住む家ほとんどの家具が手作り
創作と暮らしが共にある住まい
東京から益子に移り住んで、3軒目の住まい。自分たちで床をフローリングに張り替え、壁や天井にペンキを塗り、薪ストーブを据えた。
創作と暮らしの場を自分の手で母屋は明治の古民家を移築、工房はセルフビルド 創作と暮らしの場を自分の手で母屋は明治の古民家を移築、
工房はセルフビルド
陶芸家の矢津田さんのお宅は、明治4年築の古民家を移築した建物。工房として使っている建物は、矢津田さん自身がセルフビルドしたものだ。
 
森の中の住居と仕事場白い器を生む陶芸家の住まい 森の中の住居と仕事場白い器を生む
陶芸家の住まい
陶芸家のwakaさんは、東京から益子の町に移り住み、作陶家の道を本格的に歩みはじめる。住居とアトリエを構えたのは13年前のこと。
創作とともにある暮らし木、鉄、土。自然素材を生かし作家が手作りした家 創作とともにある暮らし木、鉄、土。自然素材を生かし
作家が手作りした家
土・木・鉄。KINTAさんは素材が持つ声に耳を傾け、それらの声に沿って作品作りをするアーティスト。そんなKINTAさんが建てた家とは?
スタイルの違う2軒の家ひとつの敷地に建つモダン邸宅と校倉造のアトリエ スタイルの違う2軒の家ひとつの敷地に建つ
モダン邸宅と校倉造のアトリエ
「家ってなんだろう、モダン建築とはどういう意味を持つものなのか、この別荘を設計し、深く考えるようになりました」と、建築家の町田泰彦さん。
 
自分サイズの暮らしを探す1000坪の広大な敷地に建つ9坪の小さな家 自分サイズの暮らしを探す1000坪の広大な敷地に建つ
9坪の小さな家
建坪9坪の小さな家が、建築家の町田泰彦さんのお宅だ。が、敷地面積はなんと1000坪。狭いからではない、住まうことを見つめ直した結果の9坪だ。
変化を続ける家自分たちで家を造ることが生活の一部になっている 変化を続ける家自分たちで家を造ることが
生活の一部になっている
木工作家の高山さんの家は、中古のプレハブがベース。家のアイコンにもなっている窓やサッシも、解体される知人の家から譲り受けたものだ。