リフォーム | 100%LiFE
リフォーム
コーヒーの香りに包まれて第二の人生の舞台はショップ併設の2階建て コーヒーの香りに包まれて第二の人生の舞台は
ショップ併設の2階建て
50歳を過ぎてコーヒー豆の焙煎専門店を始めた須田忍さん。開業にあたり店舗併用の中古住宅を購入し、自らプランを考えリフォームを行った。
海と山に囲まれて家族が思い思いに暮らせる夢が広がる一軒家 海と山に囲まれて家族が思い思いに暮らせる
夢が広がる一軒家
逗子の山の中腹に建つ、別荘風の白い家。もとアンティークショップだった築40年の物件をリフォームして、加瀬さん家族は暮らしている。
築50年の平屋を蘇生手をかけて創り出す悦び家も暮らしも自分流に 築50年の平屋を蘇生手をかけて創り出す悦び
家も暮らしも自分流に
昭和40年代の平屋の日本家屋。布物作家の武井啓江さんは、手作業でリノベーションしながらノスタルジックで独創的な空間を創り上げた。
 
築百年の家を住みこなす大正の家をリノベーション。自分たちらしい空間をつくる 築百年の家を住みこなす大正の家をリノベーション。
自分たちらしい空間をつくる
小林夫妻が暮らす家は、大正時代に建てられたという年代物。荒れ果てていた状態からコツコツと手を入れて、自分たちらしい空間をつくりあげた。
家族で楽しむ円形プランの家こだわりのテクスチュアは古材のテイスト 家族で楽しむ円形プランの家こだわりのテクスチュアは
古材のテイスト
家族との時間を大切にしたいとの思いから作られた円形プラン。未朋さんは、その曲面壁を古材のようなテイストの仕上げにすることをリクエスト。
和の心地良さ目指したのは、温泉旅館のような家。 和の心地良さ目指したのは、
温泉旅館のような家。
和の雰囲気が好きだというTさん夫妻。住まいを建て替えるにあたっても「畳や縁側のある、落ち着いてくつろげる家」を希望した。
 
古民家を現代に日本の伝統を受け継ぐ双子姉妹の挑戦 古民家を現代に日本の伝統を受け継ぐ
双子姉妹の挑戦
手入れの行き届いた端正な日本庭園に、静謐な日本家屋。瀟洒な鎌倉の街並みに溶け込むかのように、その家は静かに佇む。
抜群の居心地の良さ実家の銭湯をリノベーション好きなモノに囲まれた住まい 抜群の居心地の良さ実家の銭湯をリノベーション
好きなモノに囲まれた住まい
代々営んで来た銭湯をリノベーションして住まい兼アトリエに。もともとの雰囲気をいかしつつ、自分たちらしい空間をつくりあげた。
新築をDIY古いものに囲まれるノスタルジックワールド 新築をDIY古いものに囲まれる
ノスタルジックワールド
1歩足を踏み入れると、ノスタルジックな雰囲気。古いもの、懐かしいものに寄せる思いは、一軒家の購入とともに溢れ出した。
 
テーマは“新”と“古”の共存2世代の記憶を継承する家 テーマは“新”と“古”の共存2世代の記憶を
継承する家
モダンデザインの打ち合わせスペースから奥の和室に向かうと、そこには、出来てから床以外は手を加えられていないまったくの別空間が現れる。
古いものを活かして家も食も生活も。素材の良さを味わう 古いものを活かして家も食も生活も。
素材の良さを味わう
鎌倉の築50年を過ぎた1軒家。料理研究家の赤城美知子さんが、2人のシェアメイトとともに暮らす家は、緑が目に映る居心地のいい空間だ。
日々、人生を楽しみつつ暮らす家一目ぼれで購入した家をさらに磨き上げて 日々、人生を楽しみつつ暮らす家一目ぼれで購入した家を
さらに磨き上げて
出会いは劇的と言ってもいいものだった。「家を見た瞬間に“買います”と。とにかくわれわれは一目ぼれでした」
 
庭と縁側と照明現代になじむ日本家屋の静謐 庭と縁側と照明現代になじむ
日本家屋の静謐
庭と縁側に惚れ込んで築36年の日本家屋を購入したのは2年半前。クリエイター夫妻が娘とともに暮らす家はグリーンと木の質感に心和まされる。
楽しみながらリノベーション小物から空間まで、“あるもの”を工夫して再利用 楽しみながらリノベーション小物から空間まで、
“あるもの”を工夫して再利用
「友達を家に呼びたいなと思って」と石沢さん。「それで友達が集まりやすい感じの家がいいなと」
クリエイティビティを刺激するモダンと伝統が混在エクレクティックが心地よい クリエイティビティを刺激するモダンと伝統が混在
エクレクティックが心地よい
クリエーター夫妻の住居は、ジュエリー製作のアトリエだった建物を改装したもの。むき出しの鉄骨に真っ白な壁が、モダンな雰囲気を醸し出す。
 
家と家族の成長を楽しむシンプル空間に色を取り入れて時間とともに味わいを増す家 家と家族の成長を楽しむシンプル空間に色を取り入れて
時間とともに味わいを増す家
都心の憧れの住宅街。築32年の一軒家をリノベーションしたジェイムス・ボウスキルさんの家は、日だまりの中に立つ。