リノベーション | 100%LiFE
リノベーション
new! 緑が生活の中心にある暮らし自然に包まれた鎌倉山の庭には念願のアトリエも 緑が生活の中心にある暮らし自然に包まれた鎌倉山の庭には
念願のアトリエも
緑豊かな鎌倉山の一軒家をリノベーションした塙 麻衣子さんのお宅。広々とした庭の一角には、念願のアトリエも完成させた。
家具職人の住まい昭和の住宅を実験的カントリーハウスに 家具職人の住まい昭和の住宅を
実験的カントリーハウスに
店舗の内装、住宅の家具製作などを手がける鰤岡力也さん。築60年ほどの中古住宅をリノベーションし、細部にまで個性の光る住まいを完成させた。
海を愛する建築家の自邸海まで3分。カリフォルニアスタイルのヴィンテージハウス 海を愛する建築家の自邸海まで3分。カリフォルニア
スタイルのヴィンテージハウス
数々のカリフォルニアスタイルの家を手がけてきた建築家・岩切剣一郎さん。満を持しての自邸は、茅ヶ崎の築約40年の平屋のヴィンテージハウス。
 
家族が集う風通しのよい家築浅物件のよさを活かしながら自分好みにリノベーション 家族が集う風通しのよい家築浅物件のよさを活かしながら
自分好みにリノベーション
横浜の本牧の住宅街に建つ石原宅は、築10年の築浅の住宅をリノベーション。前のオーナーのものを活かせる部分はそのままに、賢く作り変えた。
昔の家をゆるやかに再生成長とともに変わっていく家族が描くキャンバス 昔の家をゆるやかに再生成長とともに変わっていく
家族が描くキャンバス
昭和の家屋をリフォーム。スタイリストの中兼英朗さん、小川夢乃さん夫妻が望んだのは「完成形ではなく変わっていける余白を残した家」だった。
和を活かした空間にリメイク仕事がはかどり、家族が安らぐ  和みカフェスタイルの家 和を活かした空間にリメイク仕事がはかどり、家族が安らぐ
和みカフェスタイルの家
パン教室を営むきたざわさん。昭和の家屋を購入しリフォーム。「お気に入りのカフェや映画のイメージに」と古びた雰囲気を活かし再生した。
 
狭小だが開放感のある家都心近くの住宅街につくられた“異空間” 狭小だが開放感のある家都心近くの住宅街に
つくられた“異空間”
蔵のような雰囲気も漂わせる池村邸。周囲を建物に囲まれた狭小スペースに、広がり感と明るさをもたらす工夫がさまざまに凝らされている。
遊び道具は土間に集結葉山の米軍ハウスをフルリノベーション 遊び道具は土間に集結葉山の米軍ハウスを
フルリノベーション
海の近くに住みたいと考えていた青木さん。友人の縁で出会うことができた葉山の物件は、一度住んでみたいと思っていた平屋の米軍ハウスだった。
商店だった建物を大改装倉庫を改装したロフトのようなクールな空間にリノベーション 商店だった建物を大改装倉庫を改装したロフトのような
クールな空間にリノベーション
元店舗物件をリノベーション。武骨な鉄骨や、天井のデッキプレートの形状が、鉄と木で作る空間の世界観とマッチ、住居として蘇った。
 
建築家夫妻が自邸を増改築既存の建物を分割し、ガラスでつないで風と光をとりこむ 建築家夫妻が自邸を増改築既存の建物を分割し、ガラスで
つないで風と光をとりこむ
築約30年の木造住宅をリノベーション。既存の建物を2つに切り分け、隣に小さな棟を増築。3つの棟をガラスのスリットでつないだ。
築80年超の古家をリノベーション元のポテンシャルを活かしつつライフスタイルに合った空間へ 築80年超の古家をリノベーション元のポテンシャルを活かしつつ
ライフスタイルに合った空間へ
建築家の相原まどかさん。「建物としてのポテンシャルが高い」この物件と出会い、住宅兼事務所として購入することにしたという。
リノベーション+DIYインダストリアルな雰囲気とヨーロッパの優しさをMIX リノベーション+DIYインダストリアルな雰囲気と
ヨーロッパの優しさをMIX
女優の野村佑香さんは、リノベーションした家をDIYでさらにアレンジし、スタイルのある暮らしを楽しんでいる。
 
築54年の家をリノベーションミッドセンチュリーの家具が似合う同世代の日本家屋 築54年の家をリノベーションミッドセンチュリーの家具が
似合う同世代の日本家屋
古民家の佇まいに、フランスを中心としたミッドセンチュリーのモダンな家具。建築家の宮田一彦さんが、自宅兼アトリエとしてリノベーションした。
陶芸家の理想の家タバコの葉の乾燥小屋を住まいにリノベーション 陶芸家の理想の家タバコの葉の乾燥小屋を
住まいにリノベーション
益子の静かな山あいに建つ築約200年の茅葺き屋根の家、そして隣には築60年の元タバコの葉の乾燥小屋。陶芸家の鬼崎琢智さんの家と仕事場だ。
創作と暮らしの場を自分の手で母屋は明治の古民家を移築、工房はセルフビルド 創作と暮らしの場を自分の手で母屋は明治の古民家を移築、
工房はセルフビルド
陶芸家の矢津田さんのお宅は、明治4年築の古民家を移築した建物。工房として使っている建物は、矢津田さん自身がセルフビルドしたものだ。
 
築百年の家を住みこなす大正の家をリノベーション。自分たちらしい空間をつくる 築百年の家を住みこなす大正の家をリノベーション。
自分たちらしい空間をつくる
小林夫妻が暮らす家は、大正時代に建てられたという年代物。荒れ果てていた状態からコツコツと手を入れて、自分たちらしい空間をつくりあげた。
家は日々成長する趣味は“リフォーム”刻々と表情を変える住まい 家は日々成長する趣味は“リフォーム”
刻々と表情を変える住まい
インテリアショップ・アクタスで働いていたという川岸さん夫妻は、ふたりとも大の家具好き。築35年の家を少しずつリフォームしながら住んでいる。
建築家たちの秘密基地“明るい小屋”で楽しく、自由に暮らす。 建築家たちの秘密基地“明るい小屋”で
楽しく、自由に暮らす。
「月光を浴びながら寝るのはほんと幸せですね」。こう話すのは建築家の比護結子さん。屋根の6割をトップライトにした秘密基地のような家で暮らす。
 
家族で楽しむ円形プランの家こだわりのテクスチュアは古材のテイスト 家族で楽しむ円形プランの家こだわりのテクスチュアは
古材のテイスト
家族との時間を大切にしたいとの思いから作られた円形プラン。未朋さんは、その曲面壁を古材のようなテイストの仕上げにすることをリクエスト。
和の心地良さ目指したのは、温泉旅館のような家。 和の心地良さ目指したのは、
温泉旅館のような家。
和の雰囲気が好きだというTさん夫妻。住まいを建て替えるにあたっても「畳や縁側のある、落ち着いてくつろげる家」を希望した。
古民家を現代に日本の伝統を受け継ぐ双子姉妹の挑戦 古民家を現代に日本の伝統を受け継ぐ
双子姉妹の挑戦
手入れの行き届いた端正な日本庭園に、静謐な日本家屋。瀟洒な鎌倉の街並みに溶け込むかのように、その家は静かに佇む。
 
抜群の居心地の良さ実家の銭湯をリノベーション好きなモノに囲まれた住まい 抜群の居心地の良さ実家の銭湯をリノベーション
好きなモノに囲まれた住まい
代々営んで来た銭湯をリノベーションして住まい兼アトリエに。もともとの雰囲気をいかしつつ、自分たちらしい空間をつくりあげた。
新築をDIY古いものに囲まれるノスタルジックワールド 新築をDIY古いものに囲まれる
ノスタルジックワールド
1歩足を踏み入れると、ノスタルジックな雰囲気。古いもの、懐かしいものに寄せる思いは、一軒家の購入とともに溢れ出した。
テーマは“新”と“古”の共存2世代の記憶を継承する家 テーマは“新”と“古”の共存2世代の記憶を
継承する家
モダンデザインの打ち合わせスペースから奥の和室に向かうと、そこには、出来てから床以外は手を加えられていないまったくの別空間が現れる。
 
古いものを活かして家も食も生活も。素材の良さを味わう 古いものを活かして家も食も生活も。
素材の良さを味わう
鎌倉の築50年を過ぎた1軒家。料理研究家の赤城美知子さんが、2人のシェアメイトとともに暮らす家は、緑が目に映る居心地のいい空間だ。
日々、人生を楽しみつつ暮らす家一目ぼれで購入した家をさらに磨き上げて 日々、人生を楽しみつつ暮らす家一目ぼれで購入した家を
さらに磨き上げて
出会いは劇的と言ってもいいものだった。「家を見た瞬間に“買います”と。とにかくわれわれは一目ぼれでした」
元鉄工所を気持ちのいい空間に柔らかな発想で生まれた家に子どもたちも大喜び! 元鉄工所を気持ちのいい空間に柔らかな発想で生まれた家に
子どもたちも大喜び!
革職人の曽田さんの家は下町の元鉄工所。鉄屑を処分するのに半年、それから壁を削って、内装工事をして、住めるようになるまで1年かかった。
 
庭と縁側と照明現代になじむ日本家屋の静謐 庭と縁側と照明現代になじむ
日本家屋の静謐
庭と縁側に惚れ込んで築36年の日本家屋を購入したのは2年半前。クリエイター夫妻が娘とともに暮らす家はグリーンと木の質感に心和まされる。
楽しみながらリノベーション小物から空間まで、“あるもの”を工夫して再利用 楽しみながらリノベーション小物から空間まで、
“あるもの”を工夫して再利用
「友達を家に呼びたいなと思って」と石沢さん。「それで友達が集まりやすい感じの家がいいなと」
海辺の暮らしを満喫海辺の古い一軒家を自分らしく再生 海辺の暮らしを満喫海辺の古い一軒家を
自分らしく再生
潮騒の音が聞こえる海辺の1軒家。築40年の古いコンクリート住宅を、アメリカの匂いを感じさせる快適な住まいへと変身させた梅本さん夫妻。
 
クリエイティビティを刺激するモダンと伝統が混在エクレクティックが心地よい クリエイティビティを刺激するモダンと伝統が混在
エクレクティックが心地よい
クリエーター夫妻の住居は、ジュエリー製作のアトリエだった建物を改装したもの。むき出しの鉄骨に真っ白な壁が、モダンな雰囲気を醸し出す。
家と家族の成長を楽しむシンプル空間に色を取り入れて時間とともに味わいを増す家 家と家族の成長を楽しむシンプル空間に色を取り入れて
時間とともに味わいを増す家
都心の憧れの住宅街。築32年の一軒家をリノベーションしたジェイムス・ボウスキルさんの家は、日だまりの中に立つ。