Style of Life

住まいに「仕事」を取り入れる ヘーベルハウスが提案する
「暮らす」と「働く」の、いい関係

住まいに「仕事」を取り入れる ヘーベルハウスが提案する 「暮らす」と「働く」の、いい関係

自宅に理想のWORK SPACEを取り込むアイデア

働き方が多様化する今、自宅にワークスペースを設ける人が増えています。ヘーベルハウスでは、自宅で働く人達の「理想のワークスペース」を実現するために、さまざまな技術を採用。駅の防音壁にも使われている建材「ヘーベル」で静かで集中できる空間を作り、在宅勤務で増える光熱費を抑える高断熱仕様や高効率設備を導入するなど、生活に仕事を取り入れる工夫をしています。

生活にどのようにワークスペースを取り入れるかは、人それぞれ。仕事と生活をしっかり分けたい、家族の存在を感じながら働きたいなど、ライフスタイルによって異なります。
ヘーベルハウスでは「働く・仕事する」を、上手に生活に入れた様々な住まいの形をご用意。今回は「Private Style」「Semi-Open Style」「Open Style」の3つのワークスペースのカタチをご紹介します。

自宅で仕事をする空間はこれからの住まいに欠かせないものになる。
自宅で仕事をする空間はこれからの住まいに欠かせないものになる。

仕事とプライベートにメリハリを作る「Private Style」

書斎など一人でいられる空間を確保すれば、オンライン会議中に子どもの相手などで中断されることなく集中できます。独立したワークスペースがあれば、家族も気を使うことなく、ふだん通りの生活ができます。効率が上がり仕事を早く終わらせることができれば家族との時間が増えたりと、プライベートが充実。仕事とプライベートを空間で分けることで、メリハリのある暮らしが可能になります。

落ち着いた重厚な空間づくりは、仕事へのモチベーションにもつながる。
落ち着いた重厚な空間づくりは、仕事へのモチベーションにもつながる。
秘密基地のような自分だけの場所。
秘密基地のような自分だけの場所。
余計な情報を入れないシンプルモダンな空間は集中力を高める。
余計な情報を入れないシンプルモダンな空間は集中力を高める。
寝室など日中は使わない空間をワークスペースに使うことで、空間を有効活用できるメリットも。在宅勤務の頻度が少なく独立した書斎スペースを設ける必要がない場合や、個々の書斎スペースを設けることが難しい場合などにもおすすめです。
寝室など日中は使わない空間をワークスペースに使うことで、空間を有効活用できるメリットも。在宅勤務の頻度が少なく独立した書斎スペースを設ける必要がない場合や、個々の書斎スペースを設けることが難しい場合などにもおすすめです。

集中と安らぎのオンとオフの切り替えが自然とできる「Semi-Open Style」

ほどよく仕切られたこもり感のあるワークスペースを、リビングやダイニングの近くに設けることで、孤立しないで集中できる環境を作ります。忙しい時はじっくり集中し、リラックスしたい時は視線を外に向けたり家族と会話をしたりと、気の向くままにオンとオフの切り替えができる自由度の高さが人気です。

少し閉じられたワークスペースは、家族の気配を感じつつ仕事に集中することが可能。
少し閉じられたワークスペースは、家族の気配を感じつつ仕事に集中することが可能。
外の景色を眺めてリラックス。開かれた空間なので家族とのやり取りもしやすい。
外の景色を眺めてリラックス。開かれた空間なので家族とのやり取りもしやすい。
階段横をワークスペースに。デッドスペース生かした効率的なプラン。
階段横をワークスペースに。デッドスペース生かした効率的なプラン。
ワークスペースに窓を設けることで、圧迫感のない空間に。
ワークスペースに窓を設けることで、圧迫感のない空間に。

家族とのつながりを感じながら開放感の中で働く「Open Style」

家族とコミュニケーションを取りながら仕事をすることで、一人では考えつかなかった新しいアイデアが生まれるかもしれません。気分転換に外に出たり、オフィスとは全く違う仕事環境が、ライフスタイルをより充実したものにします。

日差しを浴び、風を感じることのできるウッドデッキなら、リラックスして仕事もはかどる。
日差しを浴び、風を感じることのできるウッドデッキなら、リラックスして仕事もはかどる。
家族が思い思いの時間を過ごすオープンなスペースで、コミュニケーションしながら仕事をする。子育て世代にもおすすめのプラン。
家族が思い思いの時間を過ごすオープンなスペースで、コミュニケーションしながら仕事をする。子育て世代にもおすすめのプラン。
愛車を眺めながら仕事。のびのびと仕事をするならガレージがおすすめ。
愛車を眺めながら仕事。のびのびと仕事をするならガレージがおすすめ。
アウトドアリビングなら軽やかな発想が生まれるかもしれません。働きながらリフレッシュを!
アウトドアリビングなら軽やかな発想が生まれるかもしれません。働きながらリフレッシュを!

へーベルハウスが考えるWORK SPACEをさらに詳しく知りたい方はこちら

へーベルハウスの住宅展示場を見学されたい方はこちら

cta-732-180