インテリア、デザイン
new! トレンドカラーで作るインテリアこの春はパステルカラーに注目トレンドカラーで作るインテリアこの春は
パステルカラーに注目
小さな収納や椅子、照明、クッションなど、インテリアのアクセントとして取り入れやすいパステルカラーのアイテムを集めました。
new! 理想の土地で“好き”を詰め込む自然と季節を愛おしむ森の中での暮らし理想の土地で“好き”を詰め込む自然と季節を愛おしむ
森の中での暮らし
東京・日野市の高台に位置し、南側には深い森を望む絶好のロケーション。建築家の阿川宮鳥さんは、“森の中で暮らす”をテーマに自邸を建てた。
デザイナーのアトリエ兼住居作品が引き立つシンプルな白の空間デザイナーのアトリエ兼住居作品が引き立つ
シンプルな白の空間
ともにデザインの仕事に携わる中澤さん夫妻。6年前に建てたアトリエ兼住居は、たくさんのアートを飾ることを前提に設計してもらったという。
 
minä perhonen eläväミナ ペルホネンが馬喰町にショップオープン!minä perhonen eläväミナ ペルホネンが
馬喰町にショップオープン!
ミナ ペルホネンの新ショップminä perhonen elävä がオープンした。elävä(エラヴァ)はフィンランド語で「暮らし」の意味。
“余裕”を楽しむ家開放感、巣ごもり感、
多様な居心地を楽しむ
お隣が生産緑地になっていて、見晴らしと風通しが抜群。開放的な場所、籠もれる場所、それぞれのバランスが抜群に気持ちのいい家だ。
年間ランキング 憧れの家は、どんな家?  2018年、今年、最高の家 !年間ランキング 憧れの家は、どんな家?
2018年、今年、最高の家 !
『100%LiFE』の読者は、どんな家、どんな暮らしに興味があるのか。アクセスの多い記事を調べてみました。人気記事ランキングを大公開。
 
パリ郊外、2棟の工房を大改装外を取り込みアートと暮らす画商の夫と、作家の妻の一軒家パリ郊外、2棟の工房を大改装外を取り込みアートと暮らす
画商の夫と、作家の妻の一軒家
パリ郊外、隣接した2つの工房を住居に大改装したのが、作家のヴィルヌーヴさん。思い通りの家を作ることを家族全員で楽しんだ。
多摩川のほとりに暮らす光、風、緑を取り込む癒しと心地よさに満ちた家多摩川のほとりに暮らす光、風、緑を取り込む
癒しと心地よさに満ちた家
「目線の高さに緑がある、ここは理想的な場所でした」。スタジオCYの堀内犀さん・雪さんは、3年前多摩川のほとりに自宅兼アトリエを建てた。
ベルリン、建築家の家オーセンティックに遊び心をそれぞれの部屋に個性をベルリン、建築家の家オーセンティックに遊び心を
それぞれの部屋に個性を
1930年に鉄道エンジニアが建てた家を購入した、建築家のマティアスさん。オリジナルの設計図を入手し、オリジナルに近い形で復刻した。
 
デンマーク発、HAY世界最大級の規模で表参道に期間限定オープン!デンマーク発、HAY世界最大級の規模で
表参道に期間限定オープン!
200坪を超える世界最大級の「HAY TOKYO」は、デンマーク、ノルウェー、ドイツ、オランダなどにあるショップを東京らしく新しく編集。
狭小敷地にあえて庭を残す小さな土地に大らかに住まう都心の息苦しくない暮らし狭小敷地にあえて庭を残す小さな土地に大らかに住まう
都心の息苦しくない暮らし
鋭角な三角形の18坪の土地。敷地いっぱいに建てるのではなく、あえて土を残し隣家との距離を取ることを、一級建築士・腰越耕太さんは考えた。
トレー特集暮らしに馴染む機能的で美しいトレー トレー特集暮らしに馴染む
機能的で美しいトレー
料理のサーブやティータイムにはお茶とお菓子、また、小物を置いたり、花やオブジェを飾るなど、さまざまなシーンで活躍するトレーを特集。
 
IoTと伝統技術の融合未来に向けて始動するこれからの心地よい住まいIoTと伝統技術の融合未来に向けて始動する
これからの心地よい住まい
常緑のグリーンがバルコニーを覆うファサード。建築家・早川友和さんの自宅兼事務所は、未来志向でありながら古来への回帰も大切にされている。
北欧のガラスくすんだ色合いが美しいノルディックカラーのガラス北欧のガラスくすんだ色合いが美しい
ノルディックカラーのガラス
今季はベイクドカラーに注目。モスグリーン、スモーキーブルー、サンド、バーガンディーなど、秋冬に取り入れたいくすみ色の北欧ガラスをご紹介。
逗子の自然に溶け込む本物の素材に包まれる上質な暮らしの心地よさ逗子の自然に溶け込む本物の素材に包まれる
上質な暮らしの心地よさ
世田谷から逗子へ。共にインテリアデザイナーの高城さんご夫婦が選んだのは、自然の中に溶け込む暮らし。素材にこだわった上質な空間が完成した。
 
バスケット暮らしが整う天然素材のバスケットバスケット暮らしが整う
天然素材のバスケット
置くだけでサマになる天然素材のバスケット。ピクニックや夏のお出かけはもちろん部屋の収納としても使えるインテリアバスケットに注目。
コンサバトリールームを併設外に向けて開かれる光に満ちた暮らしコンサバトリールームを併設外に向けて開かれる
光に満ちた暮らし
光と風が抜け、グリーンが活き活きと育つ家に。コンサバトリールームやサンルームを併設。天窓から明るい日差しが注ぐ開放的な家が完成。
箱の中に色の箱をつくる自然を感じつつ空間の変化を楽しむ家箱の中に色の箱をつくる自然を感じつつ
空間の変化を楽しむ家
「自然を感じられる」がコンセプトのひとつだった濱中邸。キッチンの壁が緑色に塗られているのは、植物好きの夫妻へ建築家が提案したものだった。
 
パリ郊外のアーティストの家屋根を取り外し、中庭を作って自由を得るという選択パリ郊外のアーティストの家屋根を取り外し、中庭を作って
自由を得るという選択
パリ郊外にパートナーと共に住むアーティストのマルティーヌ・カミリエリさん。工場を買い取り、ギャラリーを兼ねた住まいに作り変えた。
16坪にガレージをビルトイン街に向けて開かれた光溢れるアトリエ住居16坪にガレージをビルトイン街に向けて開かれた
光溢れるアトリエ住居
横浜郊外の約16坪の細長い敷地を、ガレージ付きのアトリエ兼住居に。建築家・中村高淑さんの試みが、街に向けて開かれたスペースを生んだ。
自然素材と暮らす独立性とつながりを両立理想のシェア・マイハウス自然素材と暮らす独立性とつながりを両立
理想のシェア・マイハウス
変化した家族のライフスタイルに合わせて設計。一級建築士・奥山裕生さんの自然素材を使った自宅は、居心地の良さに包まれている。
 
BATH&TOILET −2−インダストリアルなバスアイテムをリコメンドBATH&TOILET −2−インダストリアルな
バスアイテムをリコメンド
BATH&TOILET特集後編では、清潔を重視する空間におすすめしたいインダストリアルなアイテムをピックアップ。
年間ランキング 憧れの家は、どんな家?  2017年、今年、最高の家 !年間ランキング 憧れの家は、どんな家?
2017年、今年、最高の家 !
『100%LiFE』の読者は、どんな家、どんな暮らしに興味があるのか。アクセスの多い記事を調べてみました。人気記事ランキングを大公開。
ヘーベルハウスの実例ガレージ、書斎、屋上庭園趣味と2世帯の暮らしを両立ヘーベルハウスの実例ガレージ、書斎、屋上庭園
趣味と2世帯の暮らしを両立
約50坪の敷地を重量鉄骨構造で4層に活用。車3台分のガレージと2世帯分の生活スペース、更に屋上庭園とゆとりある空間を確保した。
 
ヘーベルハウスの実例パノラマ窓から眺望を楽しむ住まいヘーベルハウスの実例パノラマ窓から
眺望を楽しむ住まい
吹き抜けと大開口による開放的な空間。遠くの山並みまでパノラマを楽しめる壁一面の大きな窓と、縦に広がる吹き抜けのリビングに、訪れる皆さんが驚きます。
ヘーベルハウスの実例DIYで好みのインテリア家族一緒の時間を楽しむ家ヘーベルハウスの実例DIYで好みのインテリア
家族一緒の時間を楽しむ家
中2階に設けた子どもの学習コーナーを基点に、家全体をプランニング。空とつながる2階バルコニーなど、縦横に広がる空間に家族が集う。
ヘーベルハウスの実例庭と一体の美しさをデザイン昼夜で変化する表情を楽しむヘーベルハウスの実例庭と一体の美しさをデザイン
昼夜で変化する表情を楽しむ
緑地帯に面した高台に建つ躍動感あふれるフォルム。玄関までのアプローチを長くとり、植栽と外構、建物が一体となった景観を生みだします。
 
ヘーベルハウスの実例古民家の建具を取り入れモダンな和のくつろぎを愉しむヘーベルハウスの実例古民家の建具を取り入れ
モダンな和のくつろぎを愉しむ
リビングにはダウンフロアを採用し、北側の眺望を大開口から取り入れる設計。窓辺や段差に腰掛けて縁側のように外と内のつながりを楽しめます。
ヘーベルハウスの実例キッチンを囲み大勢が集い暖炉やベランダでくつろぐヘーベルハウスの実例キッチンを囲み大勢が集い
暖炉やベランダでくつろぐ
アメリカ育ちの奥様がフロリダのリゾートハウスをイメージ。アイランドキッチンを中心に煖炉、リビング、ベランダを配置。
ヘーベルハウスの実例モノトーンで空間をアレンジ開放感とくつろぎを大切にヘーベルハウスの実例モノトーンで空間をアレンジ
開放感とくつろぎを大切に
機能的な動線と、くつろぎの時間を大切に過ごせるよう開放感と、落ち着いた色合いのインテリアを家づくりのテーマとしました。
 
ヘーベルハウスの実例スタイリッシュなインテリアいつでも人を招ける家にヘーベルハウスの実例スタイリッシュなインテリア
いつでも人を招ける家に
見せる収納や、赤や白をアクセントに使ったくつろげるインテリア。思い描いていた、人を招いて楽しく過ごせる家が実現できました。
曖昧な境界が広げる可能性狭小を感じさせない開かれた街のスタンド曖昧な境界が広げる可能性狭小を感じさせない
開かれた街のスタンド
建坪8.8坪に、自宅兼事務所、ときにカフェスペースを併用。建築家・落合正行さんの自邸は、アイデアと創意が溢れていた。
ヘーベルハウスの実例ウッディなインテリア庭とつながる大開口で開放的にヘーベルハウスの実例ウッディなインテリア
庭とつながる大開口で開放的に
庭と室内がつながる開放的なスタイルを目指し、24畳のLDKは無垢材のフローリング、木貼りの天井などナチュラルな素材を活かした空間に。