お気に入りの雑貨をインテリアに三角屋根の別荘風の家が創作意欲をかき立てる

お気に入りの雑貨をインテリアに三角屋根の別荘風の家が
創作意欲をかき立てる

デザイン性と古さがMIX

 都内の高級住宅街に建つ三角屋根の家。モデルとしてアーティストとして活躍する酒井景都さんが暮らす家は、軽井沢の別荘のような佇まいを見せる。

「築20年経っていますが、内覧ですぐに決めました。新しいデザイン性の高い物件、古くて味がある物件、両方を見たのですが、ここは古いけれどきれいで造りが面白い。適度に味があって広さもあるのが気に入りました」。

三角屋根の天井の高いリビング、グリーンのドアや少しピンクがかった壁の色、細部にこだわりと遊びが感じられる造りの家を、景都さんの感性でアレンジ。雑貨や小物が彩りを添え、オリジナルの世界観を表現している。


2階の作業部屋で仕事にあたる酒井景都さん。天窓から光が差し込み明るい。

2階の作業部屋で仕事にあたる酒井景都さん。天窓から光が差し込み明るい。

閑静な住宅街に建つ。三角屋根にウッドデッキが別荘風。

閑静な住宅街に建つ。三角屋根にウッドデッキが別荘風。

格子壁を使った階段。下のスペースは収納や洗濯機置き場に。

格子壁を使った階段。下のスペースは収納や洗濯機置き場に。

玄関ドアも採光とデザイン性が考えられた面白い造り。

玄関ドアも採光とデザイン性が考えられた面白い造り。

天窓やガラスブロックなど、採光の工夫で光が抜ける。

天窓やガラスブロックなど、採光の工夫で光が抜ける。


手作りでデコレーション

「1階の廊下やお部屋の床はすべてコルクだったので、グレーの絨毯に替えました。ゆくゆくはリビングのブルーグレーの塗装を黒グレーに替えたり、ラブリーなキッチンのピンク色を抑えめにしたいと思っています」。

2階の明るいリビングは、備え付けのソファーテーブルが「歯医者さんの待合室みたい」と、自分でアレンジ。渋谷の生地屋さんに行きソファーカバーを作ることに。

「コーデュロイに張り替えようと思っていたのですが、ツイードもいいなと思って、結局気に入った生地を4種類、全部買ってつぎはぎのパッチワークのようにしました。布用テープで留めているだけなのですが」。

19歳で立ち上げた服のブランドがヒット。独自のセンスでものを生み出す発想力と技術力は、インテリアにも活かされている。


ソファーとテーブルは備え付け。大人数でパーティーを開くこともできる余裕あるスペース。

ソファーとテーブルは備え付け。大人数でパーティーを開くこともできる余裕あるスペース。
 

アンティークのチェストの上は、友人のアーティスト、レイ・イナバさんの作品。

アンティークのチェストの上は、友人のアーティスト、レイ・イナバさんの作品。

手前のお皿は駒沢のフリーマーケットで購入した和食器。「外国の人が和ものを取り入れるような使い方をしたいですね」。

手前のお皿は駒沢のフリーマーケットで購入した和食器。「外国の人が和ものを取り入れるような使い方をしたいですね」。

パッチワークのように布を接ぎ合わせカバーを作ったソファー。壁の絵はデザイナー鎌田貴史さんの作品。「黒を取り入れたくてゆずり受けました」。

パッチワークのように布を接ぎ合わせカバーを作ったソファー。壁の絵はデザイナー鎌田貴史さんの作品。「黒を取り入れたくてゆずり受けました」。

作り付けの棚にも小物をディスプレイ。左のグリーンは、自宅でできる水耕栽培器。

作り付けの棚にも小物をディスプレイ。左のグリーンは、自宅でできる水耕栽培器。

TERRAの花器。もともと砂とエアープランツがアレンジされていたもの。

TERRAの花器。もともと砂とエアープランツがアレンジされていたもの。


雑貨を探して各国を巡る

「インテリアは色々なテイストが好きですが、シャビーシックがいちばん好みですね」。生後間もない頃両親とともにイギリスで暮らしていた景都さん。今も色々な国を訪れるのが好きだという。田園調布の雑貨店「マチルド・イン・ザ・ギャレット」「フランキンセンス+ショップ」を経営するお母様の酒井しょうこさんに連れられて、小さい頃から国内外の蚤の市などを回った。

「アンティークが好きだったりするのは母の影響ですね。テイストは少し違いますが、最近は私も母と同じくシンプル志向になってきています」。リビングの味のあるチェストはアンティーク。「母には、迷ったらアンティークを買った方がいいと言われます。傷がついてもそれが味になりますし」。

北欧、オランダ、ベルギー、スペイン、パリ….、あちこちへ「雑貨探しの旅」に出かけている。それが高じて色々な国の雑貨の本も出版。各国で見つけてきたかわいい雑貨や、アーティストの作品がリビングを飾る。


ヴィンテージライクな地球儀、アメリカで買った鳥かご、パリで買ったアンティークの額を窓際に飾る。

ヴィンテージライクな地球儀、アメリカで買った鳥かご、パリで買ったアンティークの額を窓際に飾る。

壁に掛けた絵は、景都さん自身が描いたもの。繊細なタッチが見事!

壁に掛けた絵は、景都さん自身が描いたもの。繊細なタッチが見事!

左の花瓶はノルウェーで買ったヴィンテージ、右の花柄の小鍋は南仏で買ったアンティーク。

左の花瓶はノルウェーで買ったヴィンテージ、右の花柄の小鍋は南仏で買ったアンティーク。

アンティークのガラス瓶がシャビーシック。

アンティークのガラス瓶がシャビーシック。
 

北欧、イギリス、吉祥寺の雑貨をテーマに、景都さんが出版した本。他にも著書は多数。

北欧、イギリス、吉祥寺の雑貨をテーマに、景都さんが出版した本。他にも著書は多数。


季節毎にコーディネート

1階のベッドルームはホテルをイメージしてコーディネート。「海外のインテリア雑誌を見たり、ネットのピンタレストをチェックしたりして、引っ越す前から考えていました」。

枕元に5つ並べられたクッションのうち、「Sweet Dreams」と刺繍されたものは景都さん自身がデザインした。「ザラホームのウインドウディスプレイがとってもかわいくて、よくお部屋のコーディネートの参考にしています。今、足元にかけているストールはメンズブランドのものですが、色々な種類を揃えていて時々取り替えています。季節に合わせてマリンっぽくするなど、部屋のイメージをチェンジさせるのも楽しいですね」。

北欧アンティークのチェストの上は、お母様からゆずってもらったスージー・クーパーのお皿やパリのマレ地区で買った作家もの、景都さんがプロデュースしたキャンドルなどを飾る。小物ひとつひとつへの愛着が伝わってくる。


高級ホテルのように見事にコーディネートされているベッドルーム。ベッドはIKEA。

高級ホテルのように見事にコーディネートされているベッドルーム。ベッドはIKEA。

北欧アンティークのチェストは目黒通りのお店で購入。リビングのものとお揃い。

北欧アンティークのチェストは目黒通りのお店で購入。リビングのものとお揃い。

「Sweet Dreams」と刺繍されたピローは、フェリシモのchichettiというサービスで景都さんがプロデュースしたもの。

「Sweet Dreams」と刺繍されたピローは、フェリシモのchichettiというサービスで景都さんがプロデュースしたもの。

アクセサリー入れにしているのはスージー・クーパー、アスティエ・ド・ヴィラッド、マチルド・イン・ザ・ギャレットなどのお皿。

アクセサリー入れにしているのはスージー・クーパー、アスティエ・ド・ヴィラッド、マチルド・イン・ザ・ギャレットなどのお皿。


生活を楽しみたくなる家

ガラスブロックや天窓からの日差しが明るい階段を登った2階には、景都さんがデザインなどの作業を行う部屋がある。ピンクがかった壁にロフトのある天井の高い空間が心地よい。

「空間の色合いやデザインが自分にマッチしています。それと日当りがよく空間に余裕があるのが、やっぱりこの家で良かったなと思う点ですね。ここに来てからお花や新しいCDをつい買いたくなるようになりました」。

子供の頃から使っているという愛着のある机とアンティークの椅子で、仕事に取り組む景都さん。自分好みの空間にさらに手を加えた満足のいく家が、穏やかな生活を導き、創作意欲をさらにかき立てているようだ。


すっきりしていて明るい作業部屋。右上にロフトがある。

すっきりしていて明るい作業部屋。右上にロフトがある。

「紙が大好き!」という景都さん。昔から集めている色々な紙を引き出しに大事に保管している。

「紙が大好き!」という景都さん。昔から集めている色々な紙を引き出しに大事に保管している。

自分で作ったDMなどを壁に貼っている。ひとつひとつがアート作品のよう。

自分で作ったDMなどを壁に貼っている。ひとつひとつがアート作品のよう。

景都さん愛用のカメラとカラーペン。

景都さん愛用のカメラとカラーペン。



アーティスト、モデル、デザイナーの酒井景都さん。慶應義塾大学環境情報学部でメディアデザインを学び現在に至る。http://blog.katesakai.com

アーティスト、モデル、デザイナーの酒井景都さん。慶應義塾大学環境情報学部でメディアデザインを学び現在に至る。http://blog.katesakai.com