リノベーション

リノベーション

使われてない家をリノベで再生祖母の家をリノベーション1階はブックカフェに使われてない家をリノベで再生祖母の家をリノベーション
1階はブックカフェに
祖母の持家だった築50年の古民家をリノベーション。1階で念願のブックカフェをオープン。2階をプライベートなスペースにした。
移動のたびに風景が変わるホワイトウォールに縁どられた暮らし移動のたびに風景が変わるホワイトウォールに
縁どられた暮らし
I邸は築18年の住宅のリノベーション。「ワンフロアのような感じに」と希望したが、計画ではあえて既存の壁を部分的に残すことに。
2世帯住宅に暮らす距離感がちょうどいい思い思いのリノベーション2世帯住宅に暮らす距離感がちょうどいい
思い思いのリノベーション
築20年程の3階建て鉄筋コンクリートの建物。それぞれ人気のショップを営む2世帯のご夫婦が、個性の違うリノベーションを実現した。
 
土間で四季を楽しむ思い出深い祖父母の家を大切に心地よく住み継ぐ土間で四季を楽しむ思い出深い祖父母の家を
大切に心地よく住み継ぐ
約50年前に祖父母が建てた家のリノベーション。ひとつながりにした空間や南側に設けたインナー土間により、快適な暮らしが生まれた。
古い味わいを生かす築50年の戸建てをリノベ自宅でアロマサロンをひらく古い味わいを生かす築50年の戸建てをリノベ
自宅でアロマサロンをひらく
夫妻そろって古いものが好きだという小佐々さん。50年ほど前に建てられた家をリノベーションし、自分たちらしい住まいを手に入れた。
NYからリノベーションを依頼北鎌倉の自宅に戻り久しぶりの日本文化を堪能NYからリノベーションを依頼北鎌倉の自宅に戻り
久しぶりの日本文化を堪能
北鎌倉の緑豊かな場所に佇む青木夫妻のお宅。帰国にあたり海外からリノベーションを依頼。1階はセミパブリックなスペースに。
 
パリ在住アートディレクターの家コンパクト&スタイリッシュをリノベーションで実現パリ在住アートディレクターの家コンパクト&スタイリッシュを
リノベーションで実現
仏陶磁器の老舗『ジアン』のアートディレクター、マリエルさん。古い煉瓦造りの一軒家をスタイリッシュに改装し、軽やかな一人暮らしを謳歌中。
過去から未来へと歴史を引き継ぐ光と“空気感”、“隙間”をテーマにした家づくり過去から未来へと歴史を引き継ぐ光と“空気感”、“隙間”を
テーマにした家づくり
H邸は1972年竣工の家のリノベーション。Hさんと建築家との間で、室内への光の入り方や空気感などをめぐって活発な議論が交わされたという。
ベルリン郊外、アーティストの家 都会から遠すぎない距離で   築100年の農家をDIYで修復ベルリン郊外、アーティストの家 都会から遠すぎない距離で
築100年の農家をDIYで修復
ベルリンから小一時間、築100年の農家をDIYで大改装。都市との程よい距離感で、ゆったりした田舎暮らしを満喫できる家ができました。
 
パリ郊外カフェオーナーの家温めてきたアイデアを実現庭のある一軒家パリ郊外カフェオーナーの家温めてきたアイデアを実現
庭のある一軒家
パリ郊外で、カフェ兼雑貨店を経営するソフィーさん。築90年の戸建てを購入、1年間の工事の末、温めてきた希望を全て満たす住まいが完成した。
祖父母の家を孫がリノベーション愛着のある家を次の世代に引き継ぐ祖父母の家を孫がリノベーション愛着のある家を
次の世代に引き継ぐ
祖父母が住んでいた築58年の古民家をリノベーションに踏み切った大越さん夫妻。家のあたたかな思い出とともに、4代目へとバトンタッチ。
もと医院兼住居をリノベ古いものに命を吹き込む独創的なアイデアとDIYもと医院兼住居をリノベ古いものに命を吹き込む
独創的なアイデアとDIY
かつて医院だった築45年の家屋をリノベーションした映像作家の髙木聡さん。古いものを活かしながら、独創的な暮らしを営んでいる。
 
人生を変えた古民家再生新旧が調和する開放的な空間住まいの一室を保育室に人生を変えた古民家再生新旧が調和する開放的な空間
住まいの一室を保育室に
歴史のある鎌倉の街に建つ、築58年の古民家をリノベーション。この家に住むことで、お二人のライフスタイルや価値観も大きく変わったのだそう。
やりたいことをわがままに実践癒しの空気感も漂うインダストリアルな空間やりたいことをわがままに実践癒しの空気感も漂う
インダストリアルな空間
ガルバリウム鋼板の中古物件をリノベーションしたYさん。むき出しの梁にラワン合板の壁、インダストリアルな中にも癒しの雰囲気が流れる。
廃材を活用した都市型住宅ブリコラージュして家をつくる廃材を活用した都市型住宅ブリコラージュして
家をつくる
建築家の元松さんは築60年のアパートを事務所兼自宅に改修。自ら時間をかけて手がけた内装は手元の廃材を使い、居心地の良い空間へと仕上げた。
 
自宅の1階で働くリノベで作るぬくもりのある家とカフェ自宅の1階で働くリノベで作る
ぬくもりのある家とカフェ
築53年の木造一軒家をリノベーション。経堂駅から程近い自宅の1階は念願のカフェに。オープン半年にして町の新たな交流スペースになっている。
緑が生活の中心にある暮らし自然に包まれた鎌倉山の庭には念願のアトリエも緑が生活の中心にある暮らし自然に包まれた鎌倉山の庭には
念願のアトリエも
緑豊かな鎌倉山の一軒家をリノベーションした塙 麻衣子さんのお宅。広々とした庭の一角には、念願のアトリエも完成させた。
家具職人の住まい昭和の住宅を実験的カントリーハウスに家具職人の住まい昭和の住宅を
実験的カントリーハウスに
店舗の内装、住宅の家具製作などを手がける鰤岡力也さん。築60年ほどの中古住宅をリノベーションし、細部にまで個性の光る住まいを完成させた。
 
海を愛する建築家の自邸海まで3分。カリフォルニアスタイルのヴィンテージハウス海を愛する建築家の自邸海まで3分。カリフォルニア
スタイルのヴィンテージハウス
数々のカリフォルニアスタイルの家を手がけてきた建築家・岩切剣一郎さん。満を持しての自邸は、茅ヶ崎の築約40年の平屋のヴィンテージハウス。
家族が集う風通しのよい家築浅物件のよさを活かしながら自分好みにリノベーション家族が集う風通しのよい家築浅物件のよさを活かしながら
自分好みにリノベーション
横浜の本牧の住宅街に建つ石原宅は、築10年の築浅の住宅をリノベーション。前のオーナーのものを活かせる部分はそのままに、賢く作り変えた。
昔の家をゆるやかに再生成長とともに変わっていく家族が描くキャンバス昔の家をゆるやかに再生成長とともに変わっていく
家族が描くキャンバス
昭和の家屋をリフォーム。スタイリストの中兼英朗さん、小川夢乃さん夫妻が望んだのは「完成形ではなく変わっていける余白を残した家」だった。
 
和を活かした空間にリメイク仕事がはかどり、家族が安らぐ  和みカフェスタイルの家和を活かした空間にリメイク仕事がはかどり、家族が安らぐ
和みカフェスタイルの家
パン教室を営むきたざわさん。昭和の家屋を購入しリフォーム。「お気に入りのカフェや映画のイメージに」と古びた雰囲気を活かし再生した。
狭小だが開放感のある家都心近くの住宅街につくられた“異空間”狭小だが開放感のある家都心近くの住宅街に
つくられた“異空間”
蔵のような雰囲気も漂わせる池村邸。周囲を建物に囲まれた狭小スペースに、広がり感と明るさをもたらす工夫がさまざまに凝らされている。
遊び道具は土間に集結葉山の米軍ハウスをフルリノベーション遊び道具は土間に集結葉山の米軍ハウスを
フルリノベーション
海の近くに住みたいと考えていた青木さん。友人の縁で出会うことができた葉山の物件は、一度住んでみたいと思っていた平屋の米軍ハウスだった。
 
商店だった建物を大改装倉庫を改装したロフトのようなクールな空間にリノベーション商店だった建物を大改装倉庫を改装したロフトのような
クールな空間にリノベーション
元店舗物件をリノベーション。武骨な鉄骨や、天井のデッキプレートの形状が、鉄と木で作る空間の世界観とマッチ、住居として蘇った。
建築家夫妻が自邸を増改築既存の建物を分割し、ガラスでつないで風と光をとりこむ建築家夫妻が自邸を増改築既存の建物を分割し、ガラスで
つないで風と光をとりこむ
築約30年の木造住宅をリノベーション。既存の建物を2つに切り分け、隣に小さな棟を増築。3つの棟をガラスのスリットでつないだ。
築80年超の古家をリノベーション元のポテンシャルを活かしつつライフスタイルに合った空間へ築80年超の古家をリノベーション元のポテンシャルを活かしつつ
ライフスタイルに合った空間へ
建築家の相原まどかさん。「建物としてのポテンシャルが高い」この物件と出会い、住宅兼事務所として購入することにしたという。
 
リノベーション+DIYインダストリアルな雰囲気とヨーロッパの優しさをMIXリノベーション+DIYインダストリアルな雰囲気と
ヨーロッパの優しさをMIX
女優の野村佑香さんは、リノベーションした家をDIYでさらにアレンジし、スタイルのある暮らしを楽しんでいる。
築54年の家をリノベーションミッドセンチュリーの家具が似合う同世代の日本家屋築54年の家をリノベーションミッドセンチュリーの家具が
似合う同世代の日本家屋
古民家の佇まいに、フランスを中心としたミッドセンチュリーのモダンな家具。建築家の宮田一彦さんが、自宅兼アトリエとしてリノベーションした。
陶芸家の理想の家タバコの葉の乾燥小屋を住まいにリノベーション陶芸家の理想の家タバコの葉の乾燥小屋を
住まいにリノベーション
益子の静かな山あいに建つ築約200年の茅葺き屋根の家、そして隣には築60年の元タバコの葉の乾燥小屋。陶芸家の鬼崎琢智さんの家と仕事場だ。
 
創作と暮らしの場を自分の手で母屋は明治の古民家を移築、工房はセルフビルド創作と暮らしの場を自分の手で母屋は明治の古民家を移築、
工房はセルフビルド
陶芸家の矢津田さんのお宅は、明治4年築の古民家を移築した建物。工房として使っている建物は、矢津田さん自身がセルフビルドしたものだ。
築百年の家を住みこなす大正の家をリノベーション。自分たちらしい空間をつくる築百年の家を住みこなす大正の家をリノベーション。
自分たちらしい空間をつくる
小林夫妻が暮らす家は、大正時代に建てられたという年代物。荒れ果てていた状態からコツコツと手を入れて、自分たちらしい空間をつくりあげた。
家は日々成長する趣味は“リフォーム”刻々と表情を変える住まい家は日々成長する趣味は“リフォーム”
刻々と表情を変える住まい
インテリアショップ・アクタスで働いていたという川岸さん夫妻は、ふたりとも大の家具好き。築35年の家を少しずつリフォームしながら住んでいる。