Architecture
new! 都会で自然に囲まれた暮らし3.7×18mの家を、建築的仕掛けで超快適に住まう都会で自然に囲まれた暮らし3.7×18mの家を、
建築的仕掛けで超快適に住まう
この家が立つのは山の手線の駅から歩いて10分ほどの住宅地。一家は、建て込んだ場所ながら緑に囲まれた開放感あふれる住まいに暮らす。
new! 敷地を活かすスキップフロアおもちゃ箱のように楽しみが詰まった家敷地を活かすスキップフロアおもちゃ箱のように
楽しみが詰まった家
建築家の木暮洋治さんが4年前に建てた自邸は3階建。スキップフロアにより、限られた敷地を有効に使い、変化に富んだ空間を実現している。
new! IoTと伝統技術の融合未来に向けて始動するこれからの心地よい住まいIoTと伝統技術の融合未来に向けて始動する
これからの心地よい住まい
常緑のグリーンがバルコニーを覆うファサード。建築家・早川友和さんの自宅兼事務所は、未来志向でありながら古来への回帰も大切にされている。
 
new! ロッジをイメージした斜め屋根シンプルだけど変化のある楽しい家ロッジをイメージした斜め屋根シンプルだけど
変化のある楽しい家
大きなリビングがほしかったというK夫妻。サンフランシスコに3年半滞在した時に暮らした家のリビングのイメージが強く残っていたそうだ。
サヴォワ邸の感動をもとに中庭の周囲を子どもたちが走り回れる家サヴォワ邸の感動をもとに中庭の周囲を
子どもたちが走り回れる家
数年間、仕事の関係でフランスで暮らしたNさん。ル・コルビュジエ設計のサヴォワ邸が気に入り、そのエッセンスを取り込めないかと建築家に依頼。
音楽に捧げられた家練習に、コンサートに、音楽家たちとの語らいに音楽に捧げられた家練習に、コンサートに、
音楽家たちとの語らいに
川田健太郎さんと藤﨑美乃さんの音楽家夫妻が家を建てる際に考えたのは、練習ができ、かつ、コンサートを催すことができる空間を造ることだった。
 
緑道の借景を生かす緑の景色と光あふれる川沿いの小さな家緑道の借景を生かす緑の景色と光あふれる
川沿いの小さな家
小さな川沿いの緑道を借景に、素材使いから塗装の細かな色選びで仕上げた、北欧の住宅のような落ち着いた雰囲気ある空間づくりとは。
収納分離でゆったりリラックスハワイ好き家族が目指した家づくり収納分離でゆったりリラックスハワイ好き家族が
目指した家づくり
「1階は基地みたいに」「2階はゆるくリラックス」。この2つのコンセプトをもとに始められた家づくりから、対照的な2つの空間が生み出された。
ちょっと未来の家オフグリッドハウスで快適に暮らすちょっと未来の家オフグリッドハウスで
快適に暮らす
震災以降、それまでのエネルギーのあり方に疑問を抱いた岡野夫妻は、電力網に頼らないオフグリッドハウスを設計コンペで選定することにした。
 
傾斜地を生かす心地よい距離感で隣家と寄り添う暮らし傾斜地を生かす心地よい距離感で
隣家と寄り添う暮らし
横浜市の傾斜地に建つS邸。40年前から隣人として交流してきたO邸と2軒同時に建て替えを行い、心地よい距離感で寄り添いながら暮らす。
16坪にガレージをビルトイン街に向けて開かれた光溢れるアトリエ住居16坪にガレージをビルトイン街に向けて開かれた
光溢れるアトリエ住居
横浜郊外の約16坪の細長い敷地を、ガレージ付きのアトリエ兼住居に。建築家・中村高淑さんの試みが、街に向けて開かれたスペースを生んだ。
季節によって居場所が変わる家大きなワンルームで一体感のある暮らし季節によって居場所が変わる家大きなワンルームで
一体感のある暮らし
横浜市の高台に建つ吉岡邸。ワンルーム的なつくりの大きな空間が特徴で、「季節ごとに居場所が変わっていくこと」が出発点のひとつとなった。
 
空に開かれたバルコニー開放感に満ちる2階リビングの家空に開かれたバルコニー開放感に満ちる
2階リビングの家
福岡出身のAさん夫妻が、東京近郊に家を建てて15年以上が経つ。建築家だったお父様に設計を依頼した家は、歳月とともに味わいを深めている。
10坪敷地での家づくり空間を家具化/家具を空間化して住まう10坪敷地での家づくり空間を家具化/家具を
空間化して住まう
敷地約10坪の青島邸は建築家の自邸。コンパクトな敷地ならではの厳しい条件を整理した上でさまざまな工夫を凝らし、心地良い住まいを実現した。
立体的につくった家族の居場所ワクワクして暮らす7人2世帯の住宅立体的につくった家族の居場所ワクワクして暮らす
7人2世帯の住宅
尾崎さんが家づくりに際してつくりたかったのは「ワクワクする空間」。家族の居場所を空間の立体構成と組み合わせて多くつくることで実現した。
 
小さい自然を楽しむ家の中と庭がゆるやかにつながる住まい小さい自然を楽しむ家の中と庭が
ゆるやかにつながる住まい
細長い敷地の形状からできた家は、中庭から光と風を取り込む。家の中と外をつなぐのは、大切に使い続けたい古いものたちと、四季を感じる庭。
友だちをたくさん招ける家大空間で友人たちと楽しく語らう友だちをたくさん招ける家大空間で友人たちと
楽しく語らう
渡邉邸の明るく開放的な2階の大空間は夫妻からのリクエストによって造られた。友人を呼ぶ機会が多く、それに対応できる空間が欲しかったという。
地下にワインセラーを新築なのに味がある温もりのコンクリート住宅地下にワインセラーを新築なのに味がある
温もりのコンクリート住宅
代々木公園のワインバー「アヒルストア」のオーナー齊藤さんの自宅は、開口部のないコンクリートの潔い外観が、人気の住宅街でひと際目を引く。
 
100枚のシートから始まった都会の住宅地で森を眺めて暮らす100枚のシートから始まった都会の住宅地で
森を眺めて暮らす
もともとはマンション派で家を建てる予定はなかったというS夫妻。しかし、森に近い土地に出会ってからは家造りに熱く入れ込んでいった。
5坪の土地でできること建築家と家具デザイナーの潔い住まい5坪の土地でできること建築家と家具デザイナーの
潔い住まい
建築条件と自身のライフスタイルから自然に設計された家は、驚くほどシンプル。余計なものがそぎ落とされた分、自分らしさが立ち上る空間に。
扉を開けると別世界が広がる2つの中庭がもたらす光と空ラグジュアリーなコートハウス扉を開けると別世界が広がる2つの中庭がもたらす光と空
ラグジュアリーなコートハウス
建築家の夫とインテリアデザイナーの妻がそれぞれの専門性を発揮してアトリエ兼自邸を新築。コンセプトはホテルライクでやすらげる空間だった。
 
アメリカンスタイルの家づくり明るく開放的なスペースで家族とゆったり暮らすアメリカンスタイルの家づくり明るく開放的なスペースで
家族とゆったり暮らす
トップライトからの光が落ちる1階は、窓も多くて明るい。齋藤家の家づくりは6年半のアメリカ生活からインスピレーションを得た部分が多い。
自然素材と暮らす独立性とつながりを両立理想のシェア・マイハウス自然素材と暮らす独立性とつながりを両立
理想のシェア・マイハウス
変化した家族のライフスタイルに合わせて設計。一級建築士・奥山裕生さんの自然素材を使った自宅は、居心地の良さに包まれている。
”いい窓”と大きな壁のある家光と抜けがつくり出す旗竿地の居心地良いLDK空間”いい窓”と大きな壁のある家光と抜けがつくり出す
旗竿地の居心地良いLDK空間
城田夫妻が出したリクエストのひとつは「いい窓」だった。このリクエストと「大きな壁」がセットになって居心地の良いLDK空間が生まれた。
 
大開口からサクラを楽しむ面積以上の広さと親密空間のある家大開口からサクラを楽しむ面積以上の広さと
親密空間のある家
建築家の藤井夫妻が苦労して見つけた敷地の目の前は、春にはサクラが咲く公園。しかし面積は12坪と狭小だった。ここから夫妻の挑戦が始まった。
伐採した木材を有効活用こぼれる光、緑に癒される日常の何気ない風景を愉しむ伐採した木材を有効活用こぼれる光、緑に癒される
日常の何気ない風景を愉しむ
両親が所有する雑木林の一部を切り開いて家を建てたAさん夫妻。伐採した樹木はリビングにそびえ立つ大黒柱をはじめ、天井や床材等に活用した。
窓辺に造った気持ち良いスペースバルコニーでできた家で暮らす窓辺に造った気持ち良いスペースバルコニーで
できた家で暮らす
「変わっている」と言われるという根津邸。外観は普通の箱形建築にも見えるが、中では大きく開けた1室空間にバルコニーがいくつも造られている。
 
リビング中心の家づくり明るく、開放的、そして家族がつながる快適生活リビング中心の家づくり明るく、開放的、
そして家族がつながる快適生活
家の中心部分に開放的なリビングをもつ亀崎邸。「人が自然に集まる場所なので、なるべく広くしてほしい」と亀崎さんがリクエストしたものだった。
光や風に満たされる地下2階、地上2階建坪8坪で豊かに住まう光や風に満たされる地下2階、地上2階
建坪8坪で豊かに住まう
規制が厳しい地に4層構成の家を建てた建築家の近藤正隆さん。2つの大胆な吹き抜けや大きな窓等で、開放的かつ一年中快適な住まいを創り出した。
「林」の中での生活都心の住宅地で広がりと木の温もりを感じて暮らす「林」の中での生活都心の住宅地で広がりと
木の温もりを感じて暮らす
世田谷区の住宅地に建つ阿部邸。夫妻は家づくりに際し、広さが感じられ、かつ、林のようなイメージで木の温もりを感じられる家にしたいと思った。
 
素材,工法,設備にこだわりの工夫都心の狭小地で快適に暮らす素材,工法,設備にこだわりの工夫都心の狭小地で
快適に暮らす
住宅が建ち並ぶ路地でスチールの出窓と入口が目を引く川久保邸。間口3.3mの敷地に建てられたこの家には、さまざまな工夫が詰め込まれている。
狭いゆえの工夫を重ねて小さい家で広く豊かに住む狭いゆえの工夫を重ねて小さい家で
広く豊かに住む
建築面積10坪。小さな家を建てたことのある建築家に設計を依頼し、小さいながらも快適に住める工夫が詰まった“小さなかわいい家”が実現した。
海辺の町に暮らす大きな格子の窓がリビングに豊かな表情を作る海辺の町に暮らす大きな格子の窓が
リビングに豊かな表情を作る
海まで2分。都内のコーポラティブハウスから、自然豊かな大磯の住宅地へ。2匹のフレンチブルドッグも嬉しそうに芝生の庭を駆け回る。