Architecture
new! まるで登山道!犬専用階段も3つの庭が心地よさを生む愛犬との生活をとことん愉しむまるで登山道!犬専用階段も3つの庭が心地よさを生む
愛犬との生活をとことん愉しむ
共に暮らす小さな犬たちが心地よく過ごせるように、マンション暮らしだったNさん夫妻は一軒家を新築。犬への愛が詰まった工夫満載の家となった。
new! 細部にまでこだわった家づくりRCと木でつくった四角い家細部にまでこだわった家づくりRCと木でつくった
四角い家
鎌倉の住宅地で、周囲とは異なる佇まいで人目を引くY邸。Yさんからのリクエストは「コンクリートでできたサイコロみたいな立方体」だった。
new! 店舗と住宅一体の都心でも光と緑あふれる温かい空間を店舗と住宅一体の都心でも光と緑あふれる
温かい空間を
都心のビルが多い地域に建ちながらも、光を取り入れ緑を感じられる空間をつくって人を迎えられるよう工夫された店舗兼住宅。
 
大型犬が駆けまわる人にも犬にも優しいスロープハウス大型犬が駆けまわる人にも犬にも優しい
スロープハウス
大型犬2匹と共に暮らす横田さん姉妹。車椅子のお母さまと老犬の介護のために、階段や段差が一切ない“スロープの家”にこだわった。
2世帯住宅に事務所を併設緑豊かな中庭を通して家族の気配を感じる2世帯住宅に事務所を併設緑豊かな中庭を通して
家族の気配を感じる
2世帯住宅+事務所の建築家の関本竜太さんの自邸。プライバシーは尊重しながら、中庭を通してお互いの気配が感じられるように設計した。
人が集まる家をつくる玄関を入るとそこはキッチン……人が集まる家をつくる玄関を入ると
そこはキッチン……
玄関を入るとすぐキッチンのあるつくり。これは「みんなが集まってくる家」にしたいという奥さんのリクエストから生まれたものだった。
 
多摩川のほとりに暮らす光、風、緑を取り込む癒しと心地よさに満ちた家多摩川のほとりに暮らす光、風、緑を取り込む
癒しと心地よさに満ちた家
「目線の高さに緑がある、ここは理想的な場所でした」。スタジオCYの堀内犀さん・雪さんは、3年前多摩川のほとりに自宅兼アトリエを建てた。
友人たちと楽しく過ごせる家2層分の吹き抜けを大階段がぐるりとめぐる友人たちと楽しく過ごせる家2層分の吹き抜けを
大階段がぐるりとめぐる
前田邸のLDKでは白い階段が大きく左へとカーブを描きながら3階へと向かう。この設計案を見た瞬間に、「あ、これだ!」と即決したという。
古い味わいを生かす築50年の戸建てをリノベ自宅でアロマサロンをひらく古い味わいを生かす築50年の戸建てをリノベ
自宅でアロマサロンをひらく
夫妻そろって古いものが好きだという小佐々さん。50年ほど前に建てられた家をリノベーションし、自分たちらしい住まいを手に入れた。
 
こだわりのキャットハウスが完成子育てを愉しむ家族とともに成長する家こだわりのキャットハウスが完成子育てを愉しむ
家族とともに成長する家
自宅で仕事をする建築家の今野暁史さん。家族との距離を重視した家で子育てを愉しんでいる。今野さんが設計した子どもと猫のための部屋も誕生。
三角形の敷地に建つ家3つの〈庭〉をまとって暮らす三角形の敷地に建つ家3つの〈庭〉を
まとって暮らす
いわゆる“へた地”と呼ばれる特殊な敷地。「チャレンジのしがいがある」と建築家の下吹越さんは、憧れの“庭”を造ることを目標にスタート。
狭小敷地にあえて庭を残す小さな土地に大らかに住まう都心の息苦しくない暮らし狭小敷地にあえて庭を残す小さな土地に大らかに住まう
都心の息苦しくない暮らし
鋭角な三角形の18坪の土地。敷地いっぱいに建てるのではなく、あえて土を残し隣家との距離を取ることを、一級建築士・腰越耕太さんは考えた。
 
和の趣を愉しむ昔ながらの佇まいに暮らしの美が宿る和の趣を愉しむ昔ながらの佇まいに
暮らしの美が宿る
深い軒、板張りの外壁、濡れ縁……数十年前までの東京で普通に見られたモチーフを散りばめた小澤邸。そこには美しく静かな時間が流れている。
昔から流れてきた時間をつなげる中庭が暮らし方の決め手窓辺の風景を美しく彩る昔から流れてきた時間をつなげる中庭が暮らし方の決め手
窓辺の風景を美しく彩る
両親が住む母屋の隣にアトリエ兼住居を増築した建築家の小野喜規さん。既存の庭木等をよけるように建て、昔から流れてきた時間を大切にしている。
木を多用したモダンデザインの家明るく自然な室内でゆったりと暮らす木を多用したモダンデザインの家明るく自然な室内で
ゆったりと暮らす
S邸からは気持ちのいいほど外へと視線が抜けていく。設計では、この立地を活かすことに重点を置きつつコージーな生活空間を実現していった。
 
ジュエリーのアトリエを併設シンプルながら変化を楽しんで暮らせる家ジュエリーのアトリエを併設シンプルながら
変化を楽しんで暮らせる家
「シンプルなデザインの家でシンプルに暮らしたい」という希望のもと始まった家造り。外からは想像できない開放感と変化を感じられる家が完成。
回遊できる空間づくりで 家も遊び場 帰るのが楽しみになる家回遊できる空間づくりで 家も遊び場
帰るのが楽しみになる家
群馬県で暮らすSさん一家。広々とした敷地を生かしてつくられた、開放的でありながらも一体感のある空間は、家族の距離も縮まる楽しい家に。
斜面の庭はドッグランに居場所によって景色が変わる季節を味わう六角形の家斜面の庭はドッグランに居場所によって景色が変わる
季節を味わう六角形の家
隣接した公園の借景を最大限に生かすために六角形の家を設計した建築家の平真知子さん。ドッグトレーナーの夫とペットと共に自然を満喫している。
 
居住空間半分ガレージ半分の家 ミニマムデザインの家をカスタマイズして暮らす居住空間半分ガレージ半分の家 ミニマムデザインの家を
カスタマイズして暮らす
大口邸の外観はミニマムな表現が印象的。しかし、2階の居住スペースに上がると、180度印象が変わるような光景が目の前に広がる。
IoTと伝統技術の融合未来に向けて始動するこれからの心地よい住まいIoTと伝統技術の融合未来に向けて始動する
これからの心地よい住まい
常緑のグリーンがバルコニーを覆うファサード。建築家・早川友和さんの自宅兼事務所は、未来志向でありながら古来への回帰も大切にされている。
ロッジをイメージした斜め屋根シンプルだけど変化のある楽しい家ロッジをイメージした斜め屋根シンプルだけど
変化のある楽しい家
大きなリビングがほしかったというK夫妻。サンフランシスコに3年半滞在した時に暮らした家のリビングのイメージが強く残っていたそうだ。
 
サヴォワ邸の感動をもとに中庭の周囲を子どもたちが走り回れる家サヴォワ邸の感動をもとに中庭の周囲を
子どもたちが走り回れる家
数年間、仕事の関係でフランスで暮らしたNさん。ル・コルビュジエ設計のサヴォワ邸が気に入り、そのエッセンスを取り込めないかと建築家に依頼。
音楽に捧げられた家練習に、コンサートに、音楽家たちとの語らいに音楽に捧げられた家練習に、コンサートに、
音楽家たちとの語らいに
川田健太郎さんと藤﨑美乃さんの音楽家夫妻が家を建てる際に考えたのは、練習ができ、かつ、コンサートを催すことができる空間を造ることだった。
緑道の借景を生かす緑の景色と光あふれる川沿いの小さな家緑道の借景を生かす緑の景色と光あふれる
川沿いの小さな家
小さな川沿いの緑道を借景に、素材使いから塗装の細かな色選びで仕上げた、北欧の住宅のような落ち着いた雰囲気ある空間づくりとは。
 
収納分離でゆったりリラックスハワイ好き家族が目指した家づくり収納分離でゆったりリラックスハワイ好き家族が
目指した家づくり
「1階は基地みたいに」「2階はゆるくリラックス」。この2つのコンセプトをもとに始められた家づくりから、対照的な2つの空間が生み出された。
ちょっと未来の家オフグリッドハウスで快適に暮らすちょっと未来の家オフグリッドハウスで
快適に暮らす
震災以降、それまでのエネルギーのあり方に疑問を抱いた岡野夫妻は、電力網に頼らないオフグリッドハウスを設計コンペで選定することにした。
傾斜地を生かす心地よい距離感で隣家と寄り添う暮らし傾斜地を生かす心地よい距離感で
隣家と寄り添う暮らし
横浜市の傾斜地に建つS邸。40年前から隣人として交流してきたO邸と2軒同時に建て替えを行い、心地よい距離感で寄り添いながら暮らす。
 
16坪にガレージをビルトイン街に向けて開かれた光溢れるアトリエ住居16坪にガレージをビルトイン街に向けて開かれた
光溢れるアトリエ住居
横浜郊外の約16坪の細長い敷地を、ガレージ付きのアトリエ兼住居に。建築家・中村高淑さんの試みが、街に向けて開かれたスペースを生んだ。
季節によって居場所が変わる家大きなワンルームで一体感のある暮らし季節によって居場所が変わる家大きなワンルームで
一体感のある暮らし
横浜市の高台に建つ吉岡邸。ワンルーム的なつくりの大きな空間が特徴で、「季節ごとに居場所が変わっていくこと」が出発点のひとつとなった。
空に開かれたバルコニー開放感に満ちる2階リビングの家空に開かれたバルコニー開放感に満ちる
2階リビングの家
福岡出身のAさん夫妻が、東京近郊に家を建てて15年以上が経つ。建築家だったお父様に設計を依頼した家は、歳月とともに味わいを深めている。
 
10坪敷地での家づくり空間を家具化/家具を空間化して住まう10坪敷地での家づくり空間を家具化/家具を
空間化して住まう
敷地約10坪の青島邸は建築家の自邸。コンパクトな敷地ならではの厳しい条件を整理した上でさまざまな工夫を凝らし、心地良い住まいを実現した。
立体的につくった家族の居場所ワクワクして暮らす7人2世帯の住宅立体的につくった家族の居場所ワクワクして暮らす
7人2世帯の住宅
尾崎さんが家づくりに際してつくりたかったのは「ワクワクする空間」。家族の居場所を空間の立体構成と組み合わせて多くつくることで実現した。
小さい自然を楽しむ家の中と庭がゆるやかにつながる住まい小さい自然を楽しむ家の中と庭が
ゆるやかにつながる住まい
細長い敷地の形状からできた家は、中庭から光と風を取り込む。家の中と外をつなぐのは、大切に使い続けたい古いものたちと、四季を感じる庭。