インテリア

インテリア

new! 素朴な素材感でシンプルに光と風がぐるりと回遊抜け感が心地いい家素朴な素材感でシンプルに光と風がぐるりと回遊
抜け感が心地いい家
スペイン料理のシェフを務める夫と、デザイナーの妻がイメージしたのは“全部がつながっている家”。建坪14坪の開放的な空間が誕生した。
new! 縁側は“外にある居間”逗子の戸外感覚溢れる家で暮らす縁側は“外にある居間”逗子の戸外感覚
溢れる家で暮らす
緑あふれる逗子の地での家づくりを決めた老子夫妻。建築家へのリクエストのひとつは「家にいるのに外にいるような感じで暮らしたい」だった。
職、住、街をゆるやかにつなぐ大屋根が生み出す庭&アウトドアリビング職、住、街をゆるやかにつなぐ大屋根が生み出す
庭&アウトドアリビング
平屋の仕事場と2階建ての居住空間を大きな屋根でつないだY邸。そこから生まれた半戸外空間は、豊かな時間と地域とのつながりをもたらした。
 
築50年のリノベーション時を経て味わいを増すオーセンティックな暮らし築50年のリノベーション時を経て味わいを増す
オーセンティックな暮らし
国産スギの外壁に包まれた、清々しい佇まい。眼鏡店を営む矢田大輔さんは、それまで住んでいた築50年の家を昨年秋にリノベーションした。
屋根にぐるりとデッキがめぐる子どもにも大人にも楽しい家屋根にぐるりとデッキがめぐる子どもにも大人にも
楽しい家
「楽しい家にしたい」「いろいろな居場所をつくってほしい」との希望でつくられた藤川邸は、屋根の上を歩き回ることのできるつくりになった。
5層の狭小住宅運河沿いのビルを改装した建築家夫婦のSOHO5層の狭小住宅運河沿いのビルを改装した
建築家夫婦のSOHO
5層でおよそ80㎡ほどの小さな建物。このビルを改装しSOHOとしている建築家夫婦がつくり続ける、自分たちにちょうどいい暮らし。
 
見たことないつくりのRC住宅都会の狭小地で街とつながって暮らす見たことないつくりのRC住宅都会の狭小地で
街とつながって暮らす
建築家が正方形の敷地にほれ込んで建てた家は、梁と床・天井のスラブを大胆にずらしてつくられた、今までにない体験のできるコンクリート住宅だ。
カリフォルニアスタイルの家アウトドアライフを楽しむ海沿いのサーフハウスカリフォルニアスタイルの家アウトドアライフを楽しむ
海沿いのサーフハウス
稲村ケ崎の150坪の敷地。「海のそばで暮らしたい」と思っていた池田さん夫妻は、DIYも駆使しながらカリフォルニアスタイルの家を建てた。
モデルルームも兼ねた30坪の家陰影のある、静かな大人の空間で暮らすモデルルームも兼ねた30坪の家陰影のある、静かな
大人の空間で暮らす
「ローコスト」かつ「シンプルであまりつくり込まない」をコンセプトとした黒羽邸。2階のワンルーム空間は静かな空気感が特徴の大人の空間だ。
 
3世代で家をシェアする穏やかな時を刻む思い出の地に開いた珈琲屋3世代で家をシェアする穏やかな時を刻む
思い出の地に開いた珈琲屋
構想5年、祖父母が長年洋食屋を営んでいた地に念願のカフェをオープンした直井雄太さん。2、3階を住居とし、3世代4人での暮らしが始まった。
新築をDIYでカスタマイズスケルトン住宅の内装を自分好みの空間に作りあげる新築をDIYでカスタマイズスケルトン住宅の内装を
自分好みの空間に作りあげる
施主が自由に内装を作ることができるスケルトン住宅。海の見える逗子の高台に、DIYの腕前を生かして理想の住まいを作った。
桜が見える家隅々まで手をかけた大工の自邸桜が見える家隅々まで手をかけた
大工の自邸
桜並木の目の前に建った坂牧邸。大工のご主人とインテリアコーディネーターの奥様が手がけた家には、家作りのプロとしての情熱が詰まっていた。
 
鎌倉に移ってつくった終の住処築90年超の家と調和する家を建てる鎌倉に移ってつくった終の住処築90年超の家と
調和する家を建てる
H邸の敷地は登録有形文化財「旧坂井家住宅」に隣接。奥さんは家作りに際し、鎌倉の地と築90年の家と調和する家であってほしいと思ったという。
共存型の2世帯住宅で暮らすすべてがいいから、“いちばん”がない!共存型の2世帯住宅で暮らすすべてがいいから、
“いちばん”がない!
K邸の外観は2階が迫り出して左右のつくりも対照的と周囲の家並みから際立つが、このデザインはKさんのリクエストに応えたものであった。
森の中のような心地よさ開放感と落ち着きのちょうど良いバランス森の中のような心地よさ開放感と落ち着きの
ちょうど良いバランス
3人兄弟が伸び伸び過ごせるようにと、家を建てたAさん夫妻。そのオーダーは「空間に独立性を持たせつつ、自然につながること」だった。
 
暮らしの達人のライフスタイル旅するように暮らしたい至福のプチプロヴァンス暮らしの達人のライフスタイル旅するように暮らしたい
至福のプチプロヴァンス
ライフスタイルプロデューサーWAKOさんは、3年程前に自宅を建て替え。南仏の風景の一部のような暮らしを楽しんでいる。
Orné de Feuilles新しいオルネ ド フォイユは、テーマにより変化する実験店舗Orné de Feuilles新しいオルネ ド フォイユは、
テーマにより変化する実験店舗
目黒区不動前の住宅街に移転オープンしたオルネ ド フォイユは、お店という固定概念を取り払い、もっと自由に、実験的な場所としてスタート。
使われてない家をリノベで再生祖母の家をリノベーション1階はブックカフェに使われてない家をリノベで再生祖母の家をリノベーション
1階はブックカフェに
祖母の持家だった築50年の古民家をリノベーション。1階で念願のブックカフェをオープン。2階をプライベートなスペースにした。
 
トレンドカラーで作るインテリアこの春はパステルカラーに注目トレンドカラーで作るインテリアこの春は
パステルカラーに注目
小さな収納や椅子、照明、クッションなど、インテリアのアクセントとして取り入れやすいパステルカラーのアイテムを集めました。
こだわりの調味料フランスの食材ブランドラ プティット エピスリーこだわりの調味料フランスの食材ブランド
ラ プティット エピスリー
こだわりの調味料を使うだけで、いつもの料理がより美味しくなる!フランス発の小さな食材店、ラ プティット エピスリーをご紹介。
理想の土地で“好き”を詰め込む自然と季節を愛おしむ森の中での暮らし理想の土地で“好き”を詰め込む自然と季節を愛おしむ
森の中での暮らし
東京・日野市の高台に位置し、南側には深い森を望む絶好のロケーション。建築家の阿川宮鳥さんは、“森の中で暮らす”をテーマに自邸を建てた。
 
継承される記憶新築だけど懐かしさのある家継承される記憶新築だけど
懐かしさのある家
築50数年の家を取り壊しての建て替え。解体前にその古い家を建築家に見てもらったことが、住宅のあり方を決めるうえで大きなポイントとなった。
デザイナーのアトリエ兼住居作品が引き立つシンプルな白の空間デザイナーのアトリエ兼住居作品が引き立つ
シンプルな白の空間
ともにデザインの仕事に携わる中澤さん夫妻。6年前に建てたアトリエ兼住居は、たくさんのアートを飾ることを前提に設計してもらったという。
minä perhonen eläväミナ ペルホネンが馬喰町にショップオープン!minä perhonen eläväミナ ペルホネンが
馬喰町にショップオープン!
ミナ ペルホネンの新ショップminä perhonen elävä がオープンした。elävä(エラヴァ)はフィンランド語で「暮らし」の意味。
 
2世帯住宅に暮らす距離感がちょうどいい思い思いのリノベーション2世帯住宅に暮らす距離感がちょうどいい
思い思いのリノベーション
築20年程の3階建て鉄筋コンクリートの建物。それぞれ人気のショップを営む2世帯のご夫婦が、個性の違うリノベーションを実現した。
人気記事まとめアウトドア感覚を取り入れた、海外の住宅事例を公開!人気記事まとめアウトドア感覚を取り入れた、
海外の住宅事例を公開!
「100%LiFE」の人気記事の中から、アウトドア感覚を上手に取り入れた、バリやベルリンなど、海外の住宅事例を紹介します。
“余裕”を楽しむ家開放感、巣ごもり感、
多様な居心地を楽しむ
お隣が生産緑地になっていて、見晴らしと風通しが抜群。開放的な場所、籠もれる場所、それぞれのバランスが抜群に気持ちのいい家だ。
 
年間ランキング 憧れの家は、どんな家?  2018年、今年、最高の家 !年間ランキング 憧れの家は、どんな家?
2018年、今年、最高の家 !
『100%LiFE』の読者は、どんな家、どんな暮らしに興味があるのか。アクセスの多い記事を調べてみました。人気記事ランキングを大公開。
パリ郊外、2棟の工房を大改装外を取り込みアートと暮らす画商の夫と、作家の妻の一軒家パリ郊外、2棟の工房を大改装外を取り込みアートと暮らす
画商の夫と、作家の妻の一軒家
パリ郊外、隣接した2つの工房を住居に大改装したのが、作家のヴィルヌーヴさん。思い通りの家を作ることを家族全員で楽しんだ。
多摩川のほとりに暮らす光、風、緑を取り込む癒しと心地よさに満ちた家多摩川のほとりに暮らす光、風、緑を取り込む
癒しと心地よさに満ちた家
「目線の高さに緑がある、ここは理想的な場所でした」。スタジオCYの堀内犀さん・雪さんは、3年前多摩川のほとりに自宅兼アトリエを建てた。
 
こだわりのキャットハウスが完成子育てを愉しむ家族とともに成長する家こだわりのキャットハウスが完成子育てを愉しむ
家族とともに成長する家
自宅で仕事をする建築家の今野暁史さん。家族との距離を重視した家で子育てを愉しんでいる。今野さんが設計した子どもと猫のための部屋も誕生。
ベルリン、建築家の家オーセンティックに遊び心をそれぞれの部屋に個性をベルリン、建築家の家オーセンティックに遊び心を
それぞれの部屋に個性を
1930年に鉄道エンジニアが建てた家を購入した、建築家のマティアスさん。オリジナルの設計図を入手し、オリジナルに近い形で復刻した。
パリ在住アートディレクターの家コンパクト&スタイリッシュをリノベーションで実現パリ在住アートディレクターの家コンパクト&スタイリッシュを
リノベーションで実現
仏陶磁器の老舗『ジアン』のアートディレクター、マリエルさん。古い煉瓦造りの一軒家をスタイリッシュに改装し、軽やかな一人暮らしを謳歌中。