雨が降ると池が出現子どもの成長を見守りながら外を感じて過ごせる家

雨が降ると池が出現子どもの成長を見守りながら
外を感じて過ごせる家

同郷の逗子の建築家に設計を依頼

池田岳郎さん・亜希子さん夫妻のお宅は、逗子ならではの気持ちのよい風と光を存分に楽しめる家。
リビングの前庭には、雨水を溜めると大きな水盤が現れるシカケがある。夏はここで子どもたちが存分に水遊びを楽しめる。

「家を祖父母から譲り受けた土地に建てることになりました。細長く、かつ奥に行くほど細くなる台形の土地を活かして家を造るには、建築家に設計を依頼したほうがいいだろうと考えました。湘南の空気感をよく知る、同郷で同じ高校のOBの佐藤浩平さんに相談させていただいたんです」

池田邸は、細長い土地を有効に活かすために棟を2つに分けている。前庭からリビングを抜けると、緑の芝生の中庭と渡り廊下を挟んで、寝室と子供部屋の別棟が現れる。風通しと採光に優れた、気持ちのよい家が完成した。



大きな池は水を抜けば広々とした庭になる。ここにテーブルを出して、外で食事を楽しむことも多いのだとか。

ルーフバルコニーから、子どもたちが庭で遊んでいるのが見える。日差しを和らげるためのゴーヤを育成中。屋根の素材はFRP。「FRPの素材感が船の上にいる気分になれるのが気に入っています」

水遊びを楽しむ峻太郎くんと渓太郎くん。塀が高いので外からの視線は遮られる。庭のシンボルツリーのカツラの青々とした葉が美しい。

あえて玄関スペースを設けていない。「体に障害のある友人にも気軽に遊びに来てもらえるように、庭から室内までフラットなバリアフリーの空間にしました」


料理上手な岳郎さんが腕をふるうアイランドキッチン。お客さんと話をしながら料理ができる。


2階に上がる階段。室内にふんだんに使われている木の素材が落ち着きを感じさせる。

夜も美しい池の波紋

家を建てるにあたり、こんな暮らしがしたいという希望を、岳郎さんと亜希子さんそれぞれポストイットに書きながら整理していったのだそう。

「外で遊びたい、外で料理や食事がしたい、子どもの成長を楽しみたい、友だちや近隣の方と仲良くしたい……、書くことでどんな家にしたいかが具体的に見えてきました。それを建築家の佐藤浩平さんにお伝えして、実際の間取り等はお任せしました。5回ほど図面のやり取りをしたのですが、具体的にここをこうしたいと言わなくても、次にお会いしたときには我々の気持ちを汲んで実際に図面に落とし込んでくださり、素晴らしい建築家と出会えたと嬉しく思いました」と岳郎さん。

「前庭の池は、図面を見ながらこんなものになりますというお話を伺っても、具体的にイメージすることが難しかったのですが、実際にできあがって、その楽しさに驚きました」と亜希子さん。

「雨の日は、池に落ちる雨の波紋がとても美しいです。夜、ライトアップすると、波紋が壁に映ってさらにキレイなんです。家の前は人通りの多い道路なのですが、高い塀を作っていただいたので気兼ねなく庭遊びを楽しむことができます。カーテンをしなくてよいので、だんだんと暗くなる気配などを楽しめるのもいいですね」と岳郎さん。


離れの1階が寝室、2階が子ども部屋。子ども部屋は将来的に最大で3部屋に分けられるようにあらかじめ考えられている。

岳郎さんの職場は在宅勤務も可能なので、仕事をする時は寝室のこのスペースで。「とはいえ年に数回のことなのですが……」

離れから見たリビングの棟。向かって右は叔父と叔母の畑。「美味しい野菜をたくさんおすそ分けしていただいてます」

リビングと離れをつなぐ廊下。右側にバスルームとトイレがある。左側は裸足でそのまま出られる緑の芝生の庭。

右側の網戸の向こうが渡り廊下。部屋の中に居ながら外が感じられるのがおもしろい。



「子どもの友達が遊びに来るとすぐに2階の和室に上がります。上からリビングにいる親が見えるので安心して遊べるようです。大田南畝の掛け軸を飾りたくて、床の間を設えていただきました」


外壁の経年変化も楽しみのひとつ

池田邸の隣にある畑は、叔父と叔母が作っているものだそう。
「冬の暖房にダルマストーブも使っているのですが、灰が植物の肥料に良いそうで、芝刈りで刈った芝と共に隣の畑に差し上げています。代わりに過分な新鮮な野菜をいただいています(笑)。子どもたちも野菜の成長を観察しているので、横に畑があるのはとてもよい環境だと思います」

子ども部屋は、成長に合わせて分割やロフトなどを作れるようにあらかじめ考えられている。2階の外廊下に部屋を増やすことも可能だ。

子どもの成長を見守りたいという希望が叶った家になっている。年月とともに味わいの増すシルバーグレーの外壁の池田邸のこれからの成長が楽しみである。


約3年半前に完成した池田邸。レッドシダーの外壁はこれからさらに美しいシルバーグレーに変化していくはずだ。

家族で楽しんでいるシーカヤックを収納する場所もしっかりと確保。

佐藤浩平建築設計事務所
所在地 神奈川県逗子市
構造 木造
規模 地上2階
延床面積 142.77 m2