DIYで完成手を加えて造りあげるオリジナルの和み空間

DIYで完成手を加えて造りあげる
オリジナルの和み空間

壁面の青いクロスが空間を引き締める

「コンセプトとか、スタイルとかあるわけじゃないんです」と福田さん。渋谷のカフェ「cafe croix」オーナー宅は、スタイリッシュでありながら、計算されすぎない雰囲気に、ほっと和めるスペース。

リビングに入ると、壁一面に広がる青が目に映える。クラシカルな色合いに、アンティーク調のフォトフレームが、どこか海外の家の書斎を思わせる雰囲気だ。

「好きな色を使いたいと思ったんです。でも部屋の全面を青にすると暗くなるので、一面だけにしました。業者に依頼したんですが、クロス貼りで簡単にはがせるらしいです」


自作のテーブルが味を出す。手前の椅子はアンティークショップで購入。奥がペイントしたもの。

自作のテーブルが味を出す。手前の椅子はアンティークショップで購入。奥がペイントしたもの。

しっかりと存在感のあるリビングテーブルもDIYで。キャスター付きで便利。

しっかりと存在感のあるリビングテーブルもDIYで。キャスター付きで便利。

キッチン前に自ら設置したカウンター。素朴でモダンなテイスト。

キッチン前に自ら設置したカウンター。素朴でモダンなテイスト。

愛用のソファのカラーも、空間に彩りを与える。

愛用のソファのカラーも、空間に彩りを与える。


この家に越す前から持っていた深緑色のソファ&オットマンを活かそうと考えたインテリアは、シェードのないむき出しのペンダントライトに、さびついた感じの壁掛け時計など、そこかしこから漂うユーズド感がいい感じ。

「特にこだわっているわけじゃないんです。だから持っているもののブランド名も知らないし。これが欲しい、というものはネットで探しますが、普通に街を歩いていて、たまたま見つけて気に入って買ってくるものも多いですね」


自作のスリッパホルダー。ゴムで挟むだけのシンプルさがいい。

自作のスリッパホルダー。ゴムで挟むだけのシンプルさがいい。

初めは茶色で塗っていたチェストは、他に茶の家具が多いので緑に塗り替えた。

初めは茶色で塗っていたチェストは、他に茶の家具が多いので緑に塗り替えた。

シャビーな感じが空間に雰囲気をプラスする壁掛け時計。

シャビーな感じが空間に雰囲気をプラスする壁掛け時計。
 

フォトフレームには、ハワイで挙げた結婚式の写真を飾る。

フォトフレームには、ハワイで挙げた結婚式の写真を飾る。

一目で気に入ったペンダントライト。鎖の部分を自らペイント。

一目で気に入ったペンダントライト。鎖の部分を自らペイント。

座面はニス、脚はロートアイアン風塗料で仕上げた素朴な味わいの椅子。

座面はニス、脚はロートアイアン風塗料で仕上げた素朴な味わいの椅子。

時計&カレンダーは気に入って衝動買い。動かなくなってもインテリアの一部。

時計&カレンダーは気に入って衝動買い。動かなくなってもインテリアの一部。

シェードのないライト。照明レールで、テーブルの位置にくるよう調整している。

シェードのないライト。照明レールで、テーブルの位置にくるよう調整している。


DIYで自分流インテリアを完成

しかし、さり気ないこだわりがDIYで製作した家具に表れている。ダイニングテーブルやリビングテーブル、キッチン前のカウンターなど、福田さん自身が作った家具は、温かみがあってユーズド感を感じさせるものばかり。

「ダイニングテーブルは、脚を鉄工所に依頼して、それにネットで探した天板を載せて組み立てたものです。出来てきた脚に自分でロートアイアンみたいなペンキを塗って、天板は角に少し丸みをつけて削り、表面を磨いて、オイルを染み込ませて仕上げました」

ロートアイアン風のコーティングは、カウンター前の椅子や、キッチンのペンダントライトの鎖にも。

「キッチンのライトはかわいいと思って買ったんですけど、鎖の部分が気に入らなくて。このデザインで、何で鎖をグレーにするんだ、と。それでアイアンっぽく塗ってみました」

手を加えることで、既製のものもアンティークっぽい味のある雰囲気に。ダイニングの木製の椅子も、ウレタンニスをわざと剥げた感じが出るように重ね塗り。素朴でシャビーな雰囲気が、年代物かと思わせる。

「ちょうどいいサイズだったり、テイストだったり、どんぴしゃにはまるものってなかなかないじゃないですか。だから作るんです。それと安くあがるのが魅力ですかね」


ダイニングと一体化したオープンキッチン。

ダイニングと一体化したオープンキッチン。


使いやすさを考えたキッチン

キッチンには、使い勝手を考えて自分で作業台を製作した。といってもふたつの食器棚を脚替わりにして、天板を載せたものだが、これで棚と棚の間のスペースを有効に活用できて、作業もしやすい。

「マンションと違って、ゴミを自由に出せないじゃないですか。だからゴミ箱は蓋つきの大きいものを置きたかったんです。ちょうどすっきりと収まるサイズに出来上がりましたね」

台の上にはパスタやパンのメーカーが。

「商売上なんですけど、今、ラーメンの研究をしているんです。パスタメーカーを使って、いろいろ試しているところです」

妻と交代で立つキッチンは、仕事の場としても活躍している。


作業台の下を有効に。米びつも縦長スリムですっきり収まる。

作業台の下を有効に。米びつも縦長スリムですっきり収まる。

パスタメーカー、ホームベーカリーが活躍中。

パスタメーカー、ホームベーカリーが活躍中。

テキスタイルのフレームが、空きスペースを彩る。

テキスタイルのフレームが、空きスペースを彩る。

キッチンから部屋全体を眺められ、閉塞感がない。

キッチンから部屋全体を眺められ、閉塞感がない。

たまたま見つけたペーパーホルダー。インテリアとマッチ。

たまたま見つけたペーパーホルダー。インテリアとマッチ。

コンボニビリが機能美もプラス。観葉植物も欠かさない。

コンボニビリが機能美もプラス。観葉植物も欠かさない。


玄関前で過ごす時間が楽しい

リビングには60インチの大型テレビが置かれ、オフタイムはソファに座って、テレビを眺める時間に癒されるのだという。

「テレビっ子なんですが、観ている時間が、自分を解放する時間なんですね。何も考えずにただボーッと眺めていると、疲れた頭を休ませてくれる気がします。もうちょっと暖かくなったら、家の前でタバコを吸ったり、車を洗ったり、DIYをしたりするのも好きですね」

椅子やワークベンチが置かれた玄関前も、大事な趣味の時間を過ごす場所のようだ。

「使っていない椅子を出してみたんですけど、暖かい日は外で過ごすのが気持ちいいです。DIYも続けていきますよ。今はカフェに置く棚を探しているんだけど、イメージ通りのものが売ってないから、ぴったりくるものを作ろうと思っています」


使わない椅子を何となく外に出した。お気に入りのコーナー。

使わない椅子を何となく外に出した。お気に入りのコーナー。

福田能成さん「café croix」オーナー

福田能成さん「café croix」オーナー
http://croix.cc

ワークベンチに座ってDIYも、楽しみのひとつ。

ワークベンチに座ってDIYも、楽しみのひとつ。

玄関には、靴の着脱が楽にできるよう、オットマンを設置。

玄関には、靴の着脱が楽にできるよう、オットマンを設置。