窓一面の水平線海とアートと暮らすギャラリーのような家

窓一面の水平線海とアートと暮らす
ギャラリーのような家

窓一面に水平線の広がる家が完成したのが今年の3月。整形外科医の内田宙司さんが、病院にも通いやすいエリアに住まいを構えたいと、長い時間をかけて逗子周辺の土地を探したそうだ。

「実は海遊びはやらないんですが(笑)、せっかくこの辺りに住むなら、海の見える家で暮らしたいと思って、建築家の榊田倫之さんと一緒に土地を探しました。逗子の辺りで、海が見えて、かつ“変態物件”が建てられるユニークな場所となるとかなり難儀しました」と宙司さん。個性のある建物を建てられる土地の条件として、区画整理された住宅用地ではなく、立地そのもののポテンシャルが必要だということで意見が一致していたそうだ。

5年かけて土地を探し、購入してからもさらに2年半の月日をかけ、この春ようやく竣工。たくさんの思いが詰まった念願の家が出来上がった。


内田宅の2階は、水平線を堪能できる大空間がメインテーマ。構造計算の専門家にお願いして、南側の開口部を大きく確保。手前のグリーンのレザーソファは、家具デザイナーの藤城成貴さんの作品。

内田宅の2階は、水平線を堪能できる大空間がメインテーマ。構造計算の専門家にお願いして、南側の開口部を大きく確保。手前のグリーンのレザーソファは、家具デザイナーの藤城成貴さんの作品。

周囲には緑もたっぷり。バルコニーに置くためのテーブルとスツールは既にアートユニット『ゲルチョップ』にオーダー済み。

周囲には緑もたっぷり。バルコニーに置くためのテーブルとスツールは既にアートユニット『ゲルチョップ』にオーダー済み。

このグリーンのソファに寝そべると、前のお宅の屋根が視界に入ることなく水平線を眺められる、極上のリラックスタイムに。

このグリーンのソファに寝そべると、前のお宅の屋根が視界に入ることなく水平線を眺められる、極上のリラックスタイムに。


幅160センチの大きなダイニングテーブルを囲んで長い時間くつろげるように、イスではなくソファをセレクト。このパープルのソファも、藤城成貴さんにオーダーしたもの。白の切り株のスツールは『ゲルチョップ』の作品。

幅160センチの大きなダイニングテーブルを囲んで長い時間くつろげるように、イスではなくソファをセレクト。このパープルのソファも、藤城成貴さんにオーダーしたもの。白の切り株のスツールは『ゲルチョップ』の作品。


家具やオブジェは、同世代の日本の作家のものを。

内田家の2階にあがった瞬間、歓声を上げずにはいられない絶景が広がる。床から天井まで、リビングの端から端まで使った大きな窓の向こうに水平線が広がる。テラスに出れば、潮風と空の高さと、裏山の森の緑まで堪能できる。

豪華な家がまったく嫌味に感じないのは、内田夫妻とほぼ同世代の、日本の作家の家具やアート作品がたくさん使われているせいだろう。ちなみに、大きなグリーンのソファも、ダイニングテーブルの近くに置かれたパープルのソファも、家具デザイナーの藤城成貴さんの作品。

「藤城さんがIDEEに在籍していたころからのファンで、今回念願かなって家具をオーダーすることができました」と宙司さん。


1階の宙司さんのアトリエ。ここにあるオモチャはコレクションのほんの一部で、千葉の別宅に残りを置いているそうだ。『HOMAK』のキャビネットは、引き出しの高さがモデルガンの収納にピッタリなのだそう。左手のドアを開けると中が防音室になっている。ミュージシャンである和香子さんのお兄さんのための空間だ。

1階の宙司さんのアトリエ。ここにあるオモチャはコレクションのほんの一部で、千葉の別宅に残りを置いているそうだ。『HOMAK』のキャビネットは、引き出しの高さがモデルガンの収納にピッタリなのだそう。左手のドアを開けると中が防音室になっている。ミュージシャンである和香子さんのお兄さんのための空間だ。

エントランスを入ると、巨大なカネゴンがお出迎え。和香子さんから宙司さんへのプレゼント。

エントランスを入ると、巨大なカネゴンがお出迎え。和香子さんから宙司さんへのプレゼント。

玄関では森川まどかさんの作品がお出迎え。オレンジ色のキャビネットは、新婚当時買って以来使い続けてる思い出の品。

玄関では森川まどかさんの作品がお出迎え。オレンジ色のキャビネットは、新婚当時買って以来使い続けてる思い出の品。

外からお客を招けるように入り口を設け、ギャラリーとしても使えるように設計された撮影スタジオ。

外からお客を招けるように入り口を設け、ギャラリーとしても使えるように設計された撮影スタジオ。

階段を上がると玄関に到着。ガラスの屋根がかかっているので、雨の日でも濡れない。

階段を上がると玄関に到着。ガラスの屋根がかかっているので、雨の日でも濡れない。

アーティストの重松淳也さんの牛の壁掛けは、『PASS THE BATON』で購入。内田宅には壁掛け作品が他に3つも。

アーティストの重松淳也さんの牛の壁掛けは、『PASS THE BATON』で購入。内田宅には壁掛け作品が他に3つも。

廊下の右手が中庭、奥の右側がスタジオ、左側がアトリエになっている。1階は部屋ごとにカーペットの色が変わる。

廊下の右手が中庭、奥の右側がスタジオ、左側がアトリエになっている。1階は部屋ごとにカーペットの色が変わる。


1階はあえて閉じた空間に。

2階に上がった時の水平線の風景がドラマティックに感じるのは、1階を中庭に面した閉じた空間にしてあるから。ほんとうは目の前に海があるのだけれど、あえて1階からは見せない。

「この家を設計してくださった建築家の榊田倫之さんは、現代美術作家の杉本博司さんが設立した『新素材研究所』の所長も務めていらっしゃいます。普段は美術館やギャラリー、店舗の設計に携わっていますが、ここが記念すべき住宅第1号物件です。榊田さんの建築理念を住宅で再現するには、うちでは1階と2階のフェーズをきちんと分けることがマストだったのだと思います」

オープンハウスの際には、1階のギャラリーに杉本博司さんの作品を飾り、プレスデーを設けたそうだ。

「今、スタジオとして使っている場所は、壁にモクを張り、作品を展示できるギャラリーとして使えるように設計しました。ギャラリーを訪れたお客様が外から直接入れるように入り口も作ってあります」

医療器具をデザインとアートの力で生まれ変わらせる『Supporter Exhibition』を企画し、今年の2月に『トーキョー カルチャート by ビームス』で展覧会を開催した宙司さん。この家も、アートを楽しめる空間として、多くの人に利用してもらいたいと考えているそうだ。


お客と話しながら料理を作ることができる、大きなアイランドテーブル。

お客と話しながら料理を作ることができる、大きなアイランドテーブル。

料理上手な和香子さんが現在ハマってるのが、熱と空気で揚物がカラッと揚がる、手前のフィリップス社製のノンフライヤー。

料理上手な和香子さんが現在ハマってるのが、熱と空気で揚物がカラッと揚がる、手前のフィリップス社製のノンフライヤー。

レンジフードはフォルムにもこだわり、デザイン製のある形に。冷蔵庫はワインクーラー付きのものとパントリーの中にもう1台。

レンジフードはフォルムにもこだわり、デザイン製のある形に。冷蔵庫はワインクーラー付きのものとパントリーの中にもう1台。

2階のリビングにも壁掛けのアート。その名も半分パンダで半分シカの半パンダ。クリエイターの野田凪さんの作品。

2階のリビングにも壁掛けのアート。その名も半分パンダで半分シカの半パンダ。クリエイターの野田凪さんの作品。


内田宅を訪れる客に手際よく料理をふるまう和香子さん。料理を作りながら会話を楽しめるのは、特大のアイランドテーブルのおかげ。振り返れば海が見えるけれど、カウンターの中が鏡になっていて、そこにも水平線が映る心遣いも。

「ゆっくりくつろいで欲しいので、テーブルの周りのイスをソファにしました。チェアだと長時間座っていると疲れてしまうので。ソファで食べるのにテーブルをちょうどいい高さにするために、キッチン側の床を下げてもらいました」と和香子さん。立って料理を作るのにも、ソファで料理を食べるのにもちょうどいい高さのテーブルにするために、床で調整するという驚きのアイディア。

ワインクーラーつきの冷蔵庫は、お客様に気兼ねなく開けて飲んでもらえるよう、家族で使う冷蔵庫はパントリーの中に別に用意。

海沿いのお宅で管理が大変な点は、やはり嵐の翌日の潮のケアだそう。

「ガラスに潮がついてしまうので、高圧洗浄機で洗っています。手の届くところは自分で拭けますが、届かないところは業者さんにお願いします。あとはトンビの落とし物(笑)。これも高圧洗浄機でビューッと流しちゃいます。植物も傷みやすいので、この環境で生きていけるものをランドスケープデザイナーの団塚栄喜さんに相談して選んでもらい、合わせてテラスのデザインもお願いしました」


明るい1階のバスルーム。ジェットバス付きの大きなバスタブ。トイレの奥の本棚には主に漫画本が。

明るい1階のバスルーム。ジェットバス付きの大きなバスタブ。トイレの奥の本棚には主に漫画本が。

あえて1階は中庭に面して閉じた作りに。2階は大きな窓から海の景色を堪能できる、開放感のある設計になっている。

あえて1階は中庭に面して閉じた作りに。2階は大きな窓から海の景色を堪能できる、開放感のある設計になっている。

ベッドルームのカーペットの色はブルー。カラフルなキャビネットの先には、大型のウォークインクローゼット。

ベッドルームのカーペットの色はブルー。カラフルなキャビネットの先には、大型のウォークインクローゼット。