Outdoor

子育てにも優しいインナーテラスを最大限に活用
職住一体の心地良い暮らし

インナーテラスを最大限に活用 子育てに優しい職住一体住宅

楽しみが広がるインナーテラス

自然豊かな住宅街の一角に、自宅兼アトリエを構えた建築家の加藤景さん・雪乃さん夫妻。住宅を設計するときに常に心掛けているのは、長い目で見て“暮らしやすい家”というお2人。そのコンセプトを明確に表現する家が完成した。

現在、4歳の陽くん、1歳11か月の直ちゃんの子育て真っただ中のご夫妻。景さんが強く希望したのは、2階に広めのインナーテラスを設けること。屋内のリビングとほぼ同じ広さで、屋根もしっかり深めに付けた。
「大きなリビングを造っても長年住んでいると慣れてしまいますが、屋外にもリビングがあるとできることが広がりますよね。今は子どもが小さいのでプールを置いたり、シャボン玉で遊んだりと、主に子どもの遊び場になっています。屋根もあるので、雨の日でも外で遊ぶことができ、子どもたちものびのび楽しんでいますね」(景さん)

また、雪乃さんは、「家事をしていても、目の届くところで子どもたちが遊んでいるので安心です。道路に出る心配もないですから」と。「体のいい檻ですね」と景さんが大らかに笑う。

「子どもが大きくなれば、また違った使い方ができると思いますね。イメージは東南アジアのリゾートホテル。多様な使い方ができ、贅沢に寛げる時間が過ごせるのではないでしょうか」(景さん)

2階のリビングから一続きになったインナーテラス。ハンモックは子どもたちがブランコのようにして遊んでいるそう
2階のリビングから一続きになったインナーテラス。ハンモックは子どもたちがブランコのようにして遊んでいるそう。
陽くんと直ちゃんがどこからか乗り物を出して遊び始めた。ウッドデッキが気持ちよさそう。
陽くんと直ちゃんがどこからか乗り物を出して遊び始めた。ウッドデッキが気持ちよさそう。

来客人数や用途で変幻自在

2階リビングは、設計の打ち合わせやワークショップなどにも使用。ナラ材で造作した棚には、オモチャや絵本が楽しくディスプレイされている。これらは、陽くんと直ちゃんが遊ぶためだけのものではない。小さな子ども連れの来客も多いため、その子どもたちも自由に手に取り、遊べるようにと加藤さん夫妻の心遣いである。

オーク材のテーブルは、210cm×90cmの細長いタイプと、90cm×90cmの正方形タイプの2卓を造作。2つ並べると3mの長いテーブルになり、10人以上の来客にも対応可能にした。また、脚の長さも2タイプ用意し、人数や用途に合わせてダイニングテーブルあるいはローテーブルと使い分けている。

「外で使用できるちょうどよいソファがなかったので自分たちで造りました」というのが、テラスのベンチ。玄関まわりに使用して余っていた杉板で製作し、雨に強い屋外用クッションを置いた。アウトドアリビングとして活用することで、さらに多くの人数にも対応できる。

打ち合わせスペースとしても使用している2階のLDK。
打ち合わせスペースとしても使用している2階のLDK。
棚の高さは自由に変更可能。左側の50音は、陽くんが最近文字に興味を持ち始めたことで登場。右側に陳列されたラジコンカーは景さんのもの。「子どもたちにはミニカー同様に扱われています」と苦笑い。
棚の高さは自由に変更可能。左側の50音は、陽くんが最近文字に興味を持ち始めたことで登場。右側に陳列されたラジコンカーは景さんのもの。「子どもたちにはミニカー同様に扱われています」と苦笑い。
ミニカーが整然と並べられた棚は、雪乃さんのお父様が作製したもの。ミニチュアのグランドピアノは本格的な演奏も可能。ピアノの先生である雪乃さんのお母様からのプレゼント。
ミニカーが整然と並べられた棚は、雪乃さんのお父様が作製したもの。ミニチュアのグランドピアノは本格的な演奏も可能。ピアノの先生である雪乃さんのお母様からのプレゼント。
ナラ材を使用した勾配天井が高くて気持ちいい。奥の階段を昇るとロフトへと続く。ダイニング側にシナ材を貼り付けたキッチンは回遊性をもたせ、来客への対応もスムーズに。
ナラ材を使用した勾配天井が高くて気持ちいい。奥の階段を昇るとロフトへと続く。ダイニング側にシナ材を貼り付けたキッチンは回遊性をもたせ、来客への対応もスムーズに。
ロフトは、多彩な趣味をもつ景さんの部屋として設けた。パワーソースを抜いた安全なエアガンやギターが置かれ、乱入してきた子どもたちも自由に遊ぶ。オモチャなどを修理する作業台もある。
ロフトは、多彩な趣味をもつ景さんの部屋として設けた。パワーソースを抜いた安全なエアガンやギターが置かれ、乱入してきた子どもたちも自由に遊ぶ。オモチャなどを修理する作業台もある。
ロフトから2階リビングを見下ろす。テーブルを2つ並べると3mの長さになり、ワークショップのときなどに重宝。
ロフトから2階リビングを見下ろす。テーブルを2つ並べると3mの長さになり、ワークショップのときなどに重宝。

キッチンやバスルームは低コストに

雪乃さんがこだわったのは、「2階で家事を完結できること」。キッチンに隣接する位置に洗面所、洗濯機置き場、浴室を配置し、そのまま洗濯物を干すバルコニーへと出入りできるよう、リビングの開口とは別にドアを設けた。また、家族4人分のファミリークローゼットも2階に配置した。
「クローゼットは全てハンガー収納にしました。洗濯したらハンガーにかけて干し、取り込むときはそのままクローゼットにかけるだけ。たたむ手間が省けて、とてもラクです。ハンガー収納にして、子どもたちが自分で洋服を選ぶようになりました」(雪乃さん)

キッチンは、『TOTO』のリーズナブルなシステムキッチンをチョイス。ダイニング側にはシナ材を貼り付け、キッチン背面の棚の扉も同素材で造作した。LD側に座る来客からは、自然素材を使ったオリジナル感のあるキッチンに印象づける。
「キッチンやバスルームというのは、どんなに手入れをしても年月とともに傷んでいくものです。10年くらい経ったら思い切って入れ替えることを前提に考え、どのメーカーにもある定番サイズのシステムキッチンを入れています。そのときのお好みでイメージチェンジもでき、コストダウンにもつながりますよ」(景さん)
長く新鮮に住まう、ひとつの知恵といえそうだ。

定番サイズのシステムキッチンは、傷みが出てきたらすっぽり入れ替える予定。背面のキッチンカウンターは、床と同じナラ材で統一。
定番サイズのシステムキッチンは、傷みが出てきたらすっぽり入れ替える予定。背面のキッチンカウンターは、床と同じナラ材で統一。
上部の棚には食器類を、下部の引き出しには食品のストック類までたっぷり収納可能。そのためパントリーは造らず、奥のスペースには冷蔵庫と、電子レンジや炊飯器などのゴチャゴチャしがちな家電をまとめた。
上部の棚には食器類を、下部の引き出しには食品のストック類までたっぷり収納可能。そのためパントリーは造らず、奥のスペースには冷蔵庫と、電子レンジや炊飯器などのゴチャゴチャしがちな家電をまとめた。
キッチンの隣には、トイレや洗面台、洗濯機、ユニットバスが一列に並び、家事動線もスムーズ。奥のバスルームの手前(左側)からテラスへ出入りできる。
キッチンの隣には、トイレや洗面台、洗濯機、ユニットバスが一列に並び、家事動線もスムーズ。奥のバスルームの手前(左側)からテラスへ出入りできる。
家族4人分のファミリークローゼット。衣類は、全てハンガー収納に。「友人たちからの“おさがり”で、ほとんどいただきものです」という子ども服がズラリと並ぶ。
家族4人分のファミリークローゼット。衣類は、全てハンガー収納に。「友人たちからの“おさがり”で、ほとんどいただきものです」という子ども服がズラリと並ぶ。
1階の和室。押し入れ(奥)の襖は付けず、和紙のブラインドを採用。全開にすることができ、通気性もアップ。コストダウンにもつながっている。
1階の和室。押し入れ(奥)の襖は付けず、和紙のブラインドを採用。全開にすることができ、通気性もアップ。コストダウンにもつながっている。

家族の成長により変化する“飽きない家”

景さんと雪乃さんのアトリエは1階に配置。ひのきの玄関を開けると仕事の打ち合わせスペースがあり、左側は居住スペースとなる。仕事スペースは床にコンクリートを採用し、土足で行き来できるようにした。アトリエに続くスペースは20cm床を下げ、居住スペースと趣を変えて、気持ちの切り替えを促す工夫をしている。コンクリートの下には温水式の床暖房が入っていて、冬場はその場だけでなく、家全体をもほんのり暖めてくれる。

穏やかな環境に馴染んで建つ加藤邸。真っ白い外観に、玄関ポーチと屋根の軒天に用いた明るい色の杉板があたたかな個性を放っている。玄関へと続くアプローチには3か所の植栽スペースを設け、訪れる人を出迎える。
「最初はガーデンデザイナーの方に造っていただき、それから自分たちでプラスしています。子どもたちの“丸いのがいい”“ピンクが可愛い”という意見も取り入れながら植えていますが、こんなにハマると思いませんでした」(雪乃さん)

屋内外にあるグリーンが目に優しく、手足に直接触れて感じる自然素材が心地良い。家づくりのヒントも満載で、訪れた人に惜しみなく開放している。
「何十年も住み続ける家ですから、奇をてらったものよりも飽きの来ない家が重要だと考えます。自然素材だから生まれる経年美の趣を感じながら、家族の成長に合わせてこれからどのように変化していくのか、自分たちでもわからないだけに楽しみですね」(景さん)

ゆるやかな角度の三角屋根とオレンジがかった明るい杉板がアクセントになった外観。手前右側のシンボルツリーはシマトネリコ。
ゆるやかな角度の三角屋根とオレンジがかった明るい杉板がアクセントになった外観。手前右側のシンボルツリーはシマトネリコ。
ひのきの玄関ドアは実は既製品。ドアの色に合わせて杉板を塗り、玄関を囲むように貼り付けた。駐車スペースとしても活用。雨の日には濡れずに荷物を出し入れできる。
ひのきの玄関ドアは実は既製品。ドアの色に合わせて杉板を塗り、玄関を囲むように貼り付けた。駐車スペースとしても活用。雨の日には濡れずに荷物を出し入れできる。
植栽スペースのひとつ。ユーカリやあじさいなど自ら加えていった。種から植えたオルラヤ(白い花)がきれいに咲いている
植栽スペースのひとつ。ユーカリやあじさいなど自ら加えていった。種から植えたオルラヤ(白い花)がきれいに咲いている。
玄関を開けると、可愛らしい打ち合わせスペースがある。ウンベラータの緑が心地よい。左側は居住スペース、右側がアトリエへ。
玄関を開けると、可愛らしい打ち合わせスペースがある。ウンベラータの緑が心地よい。左側は居住スペース、右側がアトリエへ。
「ここに手すりがあったらな」と住み始めて気づき、取り付けた。カギやハンコなどが置けたら便利と浅い引き出しにした。
「ここに手すりがあったらな」と住み始めて気づき、取り付けた。カギやハンコなどが置けたら便利と浅い引き出しにした。
階段下の収納。頻繁に使う靴やスリッパ、コートなどを収納。靴を干すときは什器ごと外に出すことができる。24時間換気をしているため、臭いもこもらない。
階段下の収納。頻繁に使う靴やスリッパ、コートなどを収納。靴を干すときは什器ごと外に出すことができる。24時間換気をしているため、臭いもこもらない。
景さんと雪乃さんのアトリエ。深夜に仕事をすることもあるため、床には足音がしないコンクリートを採用。デスク前の窓は玄関前につながっていて、子どもが外から開けてのぞくことも。
景さんと雪乃さんのアトリエ。深夜に仕事をすることもあるため、床には足音がしないコンクリートを採用。デスク前の窓は玄関前につながっていて、子どもが外から開けてのぞくことも。
一段下がった奥がアトリエへと続く。緑色の壁は加藤さん夫妻で塗った。ディスプレイされた帽子とバッグは景さんが日常的に使用するもの。
一段下がった奥がアトリエへと続く。緑色の壁は加藤さん夫妻で塗った。ディスプレイされた帽子とバッグは景さんが日常的に使用するもの。
会社のロゴ「けい」は、看板などの筆文字を書いて彫る仕事をしている雪乃さんのお父様が作製したもの。
会社のロゴ「けい」は、看板などの筆文字を書いて彫る仕事をしている雪乃さんのお父様が作製したもの。

加藤邸
設計 一級建築士事務所 アトリエけい
所在地 神奈川県逗子市
構造 木造
規模 地上2階
延床面積 111.38㎡(ロフト含まず)