西海岸の暮らしをカスタマイズヴィンテージで彩られたカリフォルニアスタイルの家

西海岸の暮らしをカスタマイズヴィンテージで彩られた
カリフォルニアスタイルの家

家もデザインを楽しみたい

「カリフォルニアの風土、環境、車やインテリア…。カルチャー全部が好きなんです」。と語るのは住宅施行会社ピーススタイルの代表、阿久津尚さん。奥様とふたりの娘さん、2匹の愛犬とともに暮らす自らの家も、カリフォルニアスタイルで6年前に作り上げた。
「吹き抜けがあって、大きな窓から光が入る、開放感のある家にしたいと思いました。外観は意識的に屋根を見せないキューブ状にして箱っぽく。もちろん断熱の性能を高めたりして快適にするのですが、家もデザイン性を楽しみたいと思うんです」。

大きなヤシの木が風にそよぐ。米軍基地を思わせる金網フェンスの向こうに建つ、ガルバリウム鋼板+リアルシダーウッドの家は、ここが東京郊外だということを忘れさせる。


ガルバリウム鋼板のシャープな雰囲気と、シダーウッドの暖かさがミックスされた外観。ヤシの木がシンボルツリーに。

ガルバリウム鋼板のシャープな雰囲気と、シダーウッドの暖かさがミックスされた外観。ヤシの木がシンボルツリーに。

金網フェンスが米軍基地のよう。車やバイクも趣味で、アメ車を愛用している。

金網フェンスが米軍基地のよう。車やバイクも趣味で、アメ車を愛用している。


広がりを感じる空間

玄関を入ると、いきなり開けるのはリビング、ダイニング、キッチンまでがダイレクトにつながった大空間。「家の建坪は31坪なので、決して広いわけではないんです。限られた敷地で、いかに広く見せるかを考えました」。仕切りや廊下をできるだけ排し、ダイニングに大きな吹き抜けを設置。窓の向こうには庭のグリーンや空の青が広がって、自然とつながる気分を味わえる。

「冬も日差しが充分入るので、暖かいです。全館空調システムにしていますが、ゼロエネルギーを目指してソーラーパネルを採用したので、電気代も抑えられていますね」。

自然素材にもこだわり、1階から2階のベッドルーム、寝室まで、無垢のパイン材の床に珪藻土の壁で統一。そこにアフリカンプリンス、ベンガルゴムなど、観葉植物を贅沢に配置した空間が、ナチュラルで心地よい。


カリモク60のソファーが置かれたリビング。ヴィンテージ感を求めてインテリアをセレクト。

カリモク60のソファーが置かれたリビング。ヴィンテージ感を求めてインテリアをセレクト。

玄関からキッチンまでワンフロアに。吹き抜けの開口部から光が差し込む。

玄関からキッチンまでワンフロアに。吹き抜けの開口部から光が差し込む。

2階の廊下もオープンな造り。1階のダイニングが見下ろせる。

2階の廊下もオープンな造り。1階のダイニングが見下ろせる。

2面に施した開口部から光がたっぷり入る。デンマーク製のダイニングテーブルが無垢の床になじんでいる。

2面に施した開口部から光がたっぷり入る。デンマーク製のダイニングテーブルが無垢の床になじんでいる。

開放感を優先して2階の個室はコンパクトに。ブルーのヴィンテージの椅子は、布を張り替えてメンテナンスしたもの。

開放感を優先して2階の個室はコンパクトに。ブルーのヴィンテージの椅子は、布を張り替えてメンテナンスしたもの。


ディテールにもこだわりを

「ここに立っているだけですべてが見渡せるんです」。奥様の洋子(ヒロコ)さんのお気に入りはオールステンレスの対面式キッチン。「家中の家族の気配が感じられるんです。表の通りまで見えるので、子供たちの通学や帰宅の時も、見守ることができます」。

インポートブランドのお店に勤めていたという洋子さんは、「もともとインテリアや雑貨に興味があって。特にミッドセンチュリーの家具が好きで、そこからカリフォルニアスタイルにはまっていきました」。イームズの椅子やセブンチェア、北欧のヴィンテージが味を出す空間は、雑貨やグリーンをあしらって気分に合わせてコーディネート。「キッチン棚はあえてオープンにして、ディスプレイを楽しめるようにしました」。

ヴィンテージ感の漂う玄関の床も、洋子さんの希望で白いタイルを貼った。「昔の和風トイレのような(笑)、レトロっぽさがいいなと思って」。玄関には小さな窓を取り付けて、夜、外に家の明かりがこぼれるように。「帰ってきたときに、家の灯りが点っていると、ほっとできますよね。そんな演出を狙いました」。

ドアノブやスイッチパネルなども、ヴィンテージ感のあるものを採用。遊び心のあるサインランプなど、細かいところのこだわりを大事にしたいというのは、ピーススタイルのポリシーでもある。


シンプルなステンレスのキッチン。ダイニング側はカウンターキッチンになっていて、忙しい朝、お子さんたちはここで朝食をとる。

シンプルなステンレスのキッチン。ダイニング側はカウンターキッチンになっていて、忙しい朝、お子さんたちはここで朝食をとる。

白いタイルの床に、LYON社のスチールロッカーがヴィンテージ感を漂わせる玄関。奥にシューズクローゼットも。

白いタイルの床に、LYON社のスチールロッカーがヴィンテージ感を漂わせる玄関。奥にシューズクローゼットも。

ドアに色を塗り部屋の中のアクセントに。ちょっとしたこだわりで、オリジナルの空間をカスタマイズ。

ドアに色を塗り部屋の中のアクセントに。ちょっとしたこだわりで、オリジナルの空間をカスタマイズ。


米軍払い下げのキャビネット(左)や、DULTONのキャビネット(右)が味を出す。観葉植物をあしらってコーディネート。

米軍払い下げのキャビネット(左)や、DULTON(右)のキャビネットが味を出す。観葉植物をあしらってコーディネート。

2階の子供部屋前の廊下には、造り付けの本棚が。

2階の子供部屋前の廊下には、造り付けの本棚が。

暗さのないオープンな廊下。アガベ・アテナータなどを配置。

暗さのないオープンな廊下。アガベ・アテナータなどを配置。


スイッチなど細かい部分にもこだわりが。

スイッチなど細かい部分にもこだわりが。

ドアノブもヴィンテージ感のあるものに付け替えた。

ドアノブもヴィンテージ感のあるものに付け替えた。


庭のある豊かな暮らし

「難しいことを考えずに、かっこいいことを追求したいと思うんです。ファッションや音楽のように、家や生活も楽しみたいですね」と阿久津さん。好みのテイストで統一した居心地のよいリビングには、自然と家族が集まってくるのだそう。

今の家族の楽しみは、庭でバーベキューをしたり、フェンスを閉めてドックランをつくり、愛犬を走り回らせたり…。

「夫婦で芝刈りをするなど、庭や家の手入れは大変ですが、その分楽しみは増えました。ガーデニングも知り合いからアドバイスをもらって進めていますが、いろんな植物が育っていくのはうれしいですね」。

時間とともに色調が変化し、深みを出していくシダーウッドの家は、これからも味わいを増していく。


テラスではお茶を飲んだりして、家族で団欒の時間を過ごす。庭はスタンダード・プードルのマックスとトイ・プードルのリリーのドッグランに。

テラスではお茶を飲んだりして、家族で団欒の時間を過ごす。庭はスタンダード・プードルのマックスとトイ・プードルのリリーのドッグランに。

阿久津邸は、ピーススタイルのモデルルームとしても活用。

阿久津邸は、ピーススタイルのモデルルームとしても活用。

開放的な空間の中、イームズのシェルチェアで寛ぐ時間は最高。

開放的な空間の中、イームズのシェルチェアで寛ぐ時間は最高。


阿久津邸
設計 ピーススタイル
所在地 埼玉県坂戸市
構造規模 木造2階建
敷地面積 300㎡
建築面積 74.52㎡
延床面積 105.16㎡