木漏れ日の落ちる家東京ながら、別荘のように自然を感じながら暮らす

木漏れ日の落ちる家東京ながら、別荘のように
自然を感じながら暮らす

ちょっと別荘ライクに

「自然とともにある別荘暮らしみたいなものをイメージしていました」と話すのは建築家の内田雄介さん。内田さんが建てた自宅兼事務所は、東京ながら周囲に緑が多く残る稲城市にある。

自然に囲まれた伸び伸びとした環境で育った内田さんには、もともと都心に近いエリアに住むイメージはなく、この自然環境にいかにとけ込んだ建物にするかを考えながら設計を進めたという。


2階の西側にあるダイニングとキッチン。この家では、意図的に天井の高さに変化をつけている。「普通の感覚ですと天井は高ければ高いほどいいと思う方が多いですが、逆に天井高を下げることによって落ち着き感が出ることもあるんですね」。

2階の西側にあるダイニングとキッチン。この家では、意図的に天井の高さに変化をつけている。「普通の感覚ですと天井は高ければ高いほどいいと思う方が多いですが、逆に天井高を下げることによって落ち着き感が出ることもあるんですね」。


「場所の特性に合った建物をつくりそこに自分たちのライフスタイルをすりあわせていくことで、ストレスがなく、また魅力のある暮らしができるんじゃないかという思いがまず根本にありました。そこでこの環境に合った、ちょっと別荘ライクなものをイメージして進めました」

そのライフスタイルとは、四季折々の季節を楽しむというものだった。「春には桜が咲き、桜が散ったら新緑を眺めて楽しみ、梅雨が過ぎると初夏が訪れ、やがて紅葉の季節になる。赤く色づいた木々を見た後には、雪が降って山が白く染まるのを見て感動したりとか」


キッチンのコーナー部分。淡い色彩でまとめられたシルクスクリーン作品がしっくりとおさまる。

キッチンのコーナー部分。淡い色彩でまとめられたシルクスクリーン作品がしっくりとおさまる。

キッチンの棚にきれいに並べられた香辛料など。

キッチンの棚にきれいに並べられた香辛料など。
 

ソファの脇の植栽やモノクロームなリトグラフ作品が部屋のコーナーに静かな華やかさをもたらす。

ソファの脇の植栽やモノクロームなリトグラフ作品が部屋のコーナーに静かな華やかさをもたらす。


西側の丘を見る。家の前を川が流れ、窓を開けると川の音が聞える。夏にはそれが涼し気に響いて気持ちいいという。開口部には障子が仕込まれているが、それが奥さんの好きな北欧のファブリックとフィットするという。右の壁にはトップライトからやさしい光が落ちる。

西側の丘を見る。家の前を川が流れ、窓を開けると川の音が聞える。夏にはそれが涼し気に響いて気持ちいいという。開口部には障子が仕込まれているが、それが奥さんの好きな北欧のファブリックとフィットするという。右の壁にはトップライトからやさしい光が落ちる。


四季だけでなく1日の変化も楽しむ

こうしたことを楽しむには東西にそれぞれ開けられた大きめの開口がその役割を大いに果たすが、同時に、家の両端に位置するこの開口から入る光によって、当然ながら、四季よりももっと短い時間単位での変化、つまり1日の変化も感じ取って楽しむことができる。

しかし、1日の中で刻一刻と変化する日照条件は、時間により家の中で光環境のベストな場所を変えていく。

「南向きのリビングがひとつあるだけだと、お昼ごろにいちばん明るくて気持ちよく過ごせるけれど、他の時間帯ではそれほどでもないということにもなる。そこでうちでは、東西の両方に居場所をつくっているんです。それで朝だと東側の部屋の日が昇ってきて明るい場所で朝食を取る。日が傾いて来たら西側で夕日を眺めながら食事を取ったりとか、1日の太陽のリズムに合わせて自分たちがちょっとずつ移動して、光や風を楽しめるようにしました」


東側のリビングから見る。トップライトの光が1階にまで落ちる。

東側のリビングから見る。トップライトの光が1階にまで落ちる。

西側にあるダイニングとキッチン。左奥にある吹き抜けを通してリビングの天井が見える。

西側にあるダイニングとキッチン。左奥にある吹き抜けを通してリビングの天井が見える。


東側のリビングから西方向を見る。西側のダイニングとの間には2層分の吹抜けがある。白い壁に木のサッシが映える。

東側のリビングから西方向を見る。西側のダイニングとの間には2層分の吹抜けがある。白い壁に木のサッシが映える。


木漏れ日の家

この家では、このように東西の開口から見える景色と同じ開口から入ってくる光とが大きな存在感を発しているが、採光に関しては、この他にトップライトから落ちてくるやわらかい光も見逃せない。この光で内田さんは陰影のある明るさのようなものを表現したかったという。

「この家は“木漏れ日の家”というタイトルを付けました。森を抜けていく時に上から光が落ちてきてなんとなく心地いい――そんな雰囲気を表現したかったんですね。妻のほうから明るい家にしたいというリクエストがあって、その明るさをどう表現しようかとても悩んだんですが、そこで、部屋全体が明るくなくても、明るい面があるだけで人間は心理的に明るく感じるんじゃないかと思ったんです」


家の東側につくられたリビング。朝から部屋中に光が行き渡る。梁を見せたデザインが山荘風。

家の東側につくられたリビング。朝から部屋中に光が行き渡る。梁を見せたデザインが山荘風。

間近に見える木々や遠くに望む山の緑が四季折々の変化で目を楽しませてくれる。左の家具はオリジナルで、脚を細めのスチールにしたりと繊細な感じにまとめたところがポイント。ナラ材でつくられた。

間近に見える木々や遠くに望む山の緑が四季折々の変化で目を楽しませてくれる。左の家具はオリジナルで、脚を細めのスチールにしたりと繊細な感じにまとめたところがポイント。ナラ材でつくられた。


西側のダイニングのあるスペースでは、その北側の壁に沿ってつくられたトップライトからやさしい光がグラデーショナルに変化しながら下りてくる。つまり天井近くでは明るく下に行くにつれて徐々に明るさを弱めながら。そして、そのやさしい光に自然と心が和んでくるのである。

こうして東京ながら別荘ライクな暮らしを手に入れた夫妻に、この家でのお気に入りを聞いてみた。「わたしは東側のリビングで子どもと遊んでいることが多いので、リビングから見える景色が、ヤマザクラが咲いたり山が紅葉したりと四季でどんどん変わっていくのが好きですね」(奥さん)


階段を上ると西側にあるダイニングにいたる。右奥に玄関。

階段を上ると西側にあるダイニングにいたる。右奥に玄関。
 

吹抜けの向こう側の2階がリビング。

吹抜けの向こう側の2階がリビング。

1階の内田さんの事務所スペース。この右側に和室がある。

1階の内田さんの事務所スペース。この右側に和室がある。

階段脇の土間部分には、オープンハウス時に使う立て看板が置かれていた。

階段脇の土間部分には、オープンハウス時に使う立て看板が置かれていた。

1階のバスルーム。

1階のバスルーム。

1階の西側につくられた和室。横長の窓が特徴的。

1階の西側につくられた和室。横長の窓が特徴的。


「僕は西側のダイニングのほうで日暮れ時に見える景色がいちばん好きです。冬だと、太陽が丘の奥のほうに落ちていくので、日が落ちるギリギリまで太陽の軌道が見られるんです」(内田さん)

でも、奥さんと同じで東のリビングから見える景色ももちろん気に入っている。雪景色がとてもきれいで、山をバックに吹雪いている様を見ながらお酒を楽しんだこともあるという。「ソファに座りながら、ああ、いいなあとしみじみと思いましたね」


西側外観を見る。

西側外観を見る。


内田邸
設計 内田雄介設計室
所在地 東京都
構造 木造
規模 地上2階
延床面積 131.58㎡