Flower-2-ほんの少しの気持ちを贈るTHE LITTLE SHOP OF FLOWERS

Flower-2-ほんの少しの気持ちを贈る
THE LITTLE SHOP OF FLOWERS

明治神宮にほど近い場所にそっと佇む一軒家。そこにはオーナーの壱岐ゆかりさんが主宰するフラワーショップ「THE LITTLE SHOP OF FLOWERS」がある。特別な日だけではなく、もっと毎日に花を近づけたい、というコンセプトのもと、個性豊かな花たちが揃う。

毎日に近づく花の在り方

2010年、代々木上原の路地裏で始まったフラワーショップ「THE LITTLE SHOP OF FLOWERS」が、ここ明治神宮へ店舗を移したのは2013年4月のこと。これまで、金・土・日曜限定だった営業スタイルから、定休日をのぞき平日もオープンし、よりデイリーにTHE LITTLEの花と触れ合うことができるようになった。こちらの店舗は、フードディレクター・野村友里さん率いる「eatrip」のレストランと一軒家をともにし、静かで落ち着いた空間で訪れる人を温かく出迎える。もとは古民家だったという建物を生かした店内は、人の手の温もりが伝わるような作りが印象的。昔からこの場所にあるような居心地の良さがある。

店名につけられた「THE LITTLE」は、ちょっとした気持ち、ちょっとしたお礼という意味が込められており、花を贈ることをもっと日常的に親しんでもらいたい、というコンセプトを伝える。また、壱岐さんの友人が1960年代のアメリカ映画「リトル・ショップ・オブ・ホラーズ」から由来して考えたとも。そんな少しユニークでエッジの効いたネーミングの通り、THE LITTLE SHOP OF FLOWERSには自由で遊び心溢れる花が揃う。


通りに面した看板を目印に細い路地を入っていくと、緑の木々に囲まれた一軒家が現れる。@Aya Brackett

通りに面した看板を目印に細い路地を入っていくと、緑の木々に囲まれた一軒家が現れる。@Aya Brackett

「花は自然に咲く状態が一番美しい」と壱岐さんが語るように、店内には生花専用のクーラーはない。冷蔵ケースから室内へ移動させたとき、花たちの温度変化によるストレスを軽減するためだ。©Aya Brackett

「花は自然に咲く状態が一番美しい」と壱岐さんが語るように、店内には生花専用のクーラーはない。冷蔵ケースから室内へ移動させたとき、花たちの温度変化によるストレスを軽減するためだ。©Aya Brackett

珍しい質感や色だけに限らず、他では見かけないような品種なども仕入れているという。感覚に訴えるような、独創的なアレンジはここから生まれる。©Yumi Saito

珍しい質感や色だけに限らず、他では見かけないような品種なども仕入れているという。感覚に訴えるような、独創的なアレンジはここから生まれる。©Yumi Saito

ドライフラワーはヴィンテージの空間やインテリアとも相性がいい。生花が枯れていく過程を楽しむのもTHE LITTLE SHOP OF FLOWERSの提案だ。©Yumi Saito

ドライフラワーはヴィンテージの空間やインテリアとも相性がいい。生花が枯れていく過程を楽しむのもTHE LITTLE SHOP OF FLOWERSの提案だ。©Yumi Saito


THE LITTLE らしいアレンジ

THE LITTLE SHOP OF FLOWERSは季節の生花が並ぶ一方で、ドライフラワーの取り入れ方にも定評がある。生花やプリザーブドフラワーとドライフラワーをミックスしたアレンジは、色のコントラストが印象的で、女性のみならず男性にも人気が高い。また、ドライフラワーを積極的に取り入れることで、花が枯れる過程、枯れたあとの愉しみ方へも繋がる。

花だけでなく、オーガニックハーブや、ハクモクレンやカラモモ、春には八重桜など枝ものが並ぶこともある。大ぶりの枝はインテリアとしても存在感抜群で、ディスプレイされている佇まいもぜひ参考にしてほしい。


アレンジは、色合いなどを相談して自分好みにリクエストできる。オーダーは1週間前を目処に。

アレンジは、色合いなどを相談して自分好みにリクエストできる。オーダーは1週間前を目処に。

ドライフラワーやプリザーブドフラワーを用いて作られたswag。半永久的にインテリアとして飾って楽しむことができる。

ドライフラワーやプリザーブドフラワーを用いて作られたswag。半永久的にインテリアとして飾って楽しむことができる。


花と合わせて、贈りたいものたち

同じ敷地内には、ギフトショップ「a little」も併設。こちらでは作家が作る陶器や磁器の花器や皿、竹工芸品などを期間ごとに展示したり、千葉九十九里で作られているピーナッツバターなど花と一緒に組み合わせギフトとして贈ることができるアイテムを取り扱う。このように花単体だけではなく、花と雑貨、花と食といった、さまざまな組み合わせを提案することで、花の表現がさらに広がっている。

また、THE LITTLE SHOP OF FLOWERSオリジナルの押し花フレームは、木枠に季節の花を詰め込んだアイテム。写真を飾るような気軽さで、インテリアの一つとして長く楽しむことができる。


右手に見える小屋がギフトショップ「a little」。

右手に見える小屋がギフトショップ「a little」。

展示会は不定期で開催。内容や期間は店舗HPでチェックを。

展示会は不定期で開催。内容や期間は店舗HPでチェックを。

押し花から手作りしてフレームに詰め込んでいる。1点ずつ違う表情が楽しめる。

押し花から手作りしてフレームに詰め込んでいる。1点ずつ違う表情が楽しめる。


Shop Info
THE LITTLE SHOP OF FLOWERS
東京都渋谷区神宮前6-31-10
03-5778-3052
営業時間:平日12:00〜19:00、土日祝日11:00〜19:00
休:木曜日