実験的な試みも満載キッチンから思いを発信する坂の上の開かれた家

実験的な試みも満載キッチンから思いを発信する
坂の上の開かれた家

築40年程の物件をリノベ

カフェなど店舗の設計を主に手がける、建築家の加藤匡毅さんの自宅兼事務所は、代々木公園に近く、最先端の流行を発信する商業エリアと、落ち着いた高級住宅街のちょうど境目に建つ。
「仕事の面でも、子育てをする上でもこの辺りが理想的だなと考えていたんです。子供には親が働く姿を見ながら成長してほしい。そこでこの物件に辿り着きました」と加藤さん。
見つけたのは、坂の中腹に建つ築40年程の鉄骨の空き家。1階を事務所に、2、3階を住居にするべくリノベーションを行いようやく最近完成したばかり。

「1階はガレージ倉庫、2、3階は北側にキッチンなど水まわりのある古い間取りでした。まず仕切りをとって解体できるものは解体して骨組みだけにして、構造補強から始めました」。
外壁は補修と同時に防水のペンキをブルーグレーで塗装。坂の下の街を見下ろすように建つ、モダンで開放的な家が誕生した。


ガラス張りのオープンな玄関。脇にはテラスがあり、食事をしたりバーベキューを楽しむことも。

ガラス張りのオープンな玄関。脇にはテラスがあり、食事をしたりバーベキューを楽しむことも。

ブルーグレーの塗装とラワンの質感が、コンクリートの建物にやわらかさを添える。3階には広々としたテラスもある。

ブルーグレーの塗装とラワンの質感が、コンクリートの建物にやわらかさを添える。3階には広々としたテラスもある。

玄関を入ると現れるルーバー状の衝立てのようなものは、PSの放射冷暖房システム。クリーンな空気が保たれる。

玄関を入ると現れるルーバー状の衝立てのようなものは、PSの放射冷暖房システム。クリーンな空気が保たれる。


ワンルームの大空間が広がるLDK。素朴な風合いが魅力的なラワンのフローリング材は、これから人気復活の兆し。

ワンルームの大空間が広がるLDK。素朴な風合いが魅力的なラワンのフローリング材は、これから人気復活の兆し。


キッチン中心に交流できる家に

大きなガラスのドアの玄関をくぐり、2階住居の中に招かれると、天井や梁が露わになった広々としたLDKが迎えてくれる。ブルーグレーに塗装された武骨な梁に、無垢のラワンの床がやさしい雰囲気を添えている。圧巻なのは、バーカウンターのようにどんと構えるアイランドキッチン。

「キッチンがどう見えるか、ということに注力しました。カフェなど人を招く空間の設計をすることが多いのですが、キッチンは生活の場というより、コミュニケーションの場であり、クリエイティブの場であると考えているんです」。
妻・奈香さんが料理をつくったり、コーヒーなどを淹れたりしながら家族やゲストと語らい合う。キッチンはそんな大切なシーンの中心にある。だから対面式は前提だった。

「アイランドの天板には銅板を使いました。表面が腐食してくる銅は、普通は加工するのですが、あえて実験的にそのままにしています。酸化していくのも味になるかと思うんです」。

銅の艶っぽい輝きに、側面はターコイズブルーのカウンターが鮮やか。メッシュ生地で覆われた側面の奥にはなんとスピーカーが内蔵されていた。
「人が集まるところ、クリエイティブな場所に音楽って必ずありますよね。それならキッチンから音楽が鳴ったらどうなのかと。私たちにとって音楽は欠かせないものでもあるので、大切なキッチンに設置してみました」。
色々な試みが実験的に取り入れられている空間でもあり、加藤さんの思いが、キッチンから発信されているかのようだ。


キッチンでコーヒーを淹れる奈香さん。カフェのように洗練された心地よい場所。

キッチンでコーヒーを淹れる奈香さん。カフェのように洗練された心地よい場所。

明るく広々としたダイニングには、デンマークのヴィンテージのテーブルにトーネットの曲木の椅子が。

明るく広々としたダイニングには、デンマークのヴィンテージのテーブルにトーネットの曲木の椅子が。

すっきりとしてデザイン性に富んだ収納棚は、ここがキッチンとは思えない佇まい。

すっきりとしてデザイン性に富んだ収納棚は、ここがキッチンとは思えない佇まい。


アイランドの下はたっぷりとした収納。面材にはアメリカンレッドシダーを使い、あえて仕上げをかけず荒削り感を残した。

アイランドの下はたっぷりとした収納。面材にはアメリカンレッドシダーを使い、あえて仕上げをかけず荒削り感を残した。

サランネットというメッシュのパネルを外すと、スピーカーが現れる。キッチンから音楽が流れるという発想が心にくい。

サランネットというメッシュのパネルを外すと、スピーカーが現れる。キッチンから音楽が流れるという発想が心にくい。


あえて加工しなかった銅の天板。腐食していく変化が味わいに。

あえて加工しなかった銅の天板。腐食していく変化が味わいに。

銅の天板に荒削りの面材。金属と木の質感の組み合わせが魅力的。

銅の天板に荒削りの面材。金属と木の質感の組み合わせが魅力的。


風が抜けるベッドルーム

3階のベッドルームは、大きな開口部とベランダの窓から、坂の上と下の道が眼下に広がっていく。光と風が部屋中を通り抜けていく、開放感たっぷりの空間だ。ベランダには植栽が彩りを添える。
「見通しがいいので、目隠しの意味もあって、知人の職人に鉄製のプランターをオーダーしました。これからもっと植物を育てていきたいと思っているところです」と奈香さん。
ベッドルームの天井は床と同じラワン材が使われていて、ロフトのような雰囲気の2階とは異なり、素朴でやさしい空気感が漂う。3階にも仕切りはほとんどないが、衝立てのような銅の板が印象的。
「銅粉の入った塗料を自分たちで塗ったんです。特に変わったことをしているつもりはないです。使い方に工夫をしているだけで、奇をてらうつもりはないんです」。
心地よい風が、南西のベランダから北東のテラスへと吹き抜けていく。


鉄骨とラワン、銅粉…。異素材の組み合わせが絶妙な3階のベッドルーム。ベランダの手すりには、オーダーで作った鉄のプランターに花が咲く。

鉄骨とラワン、銅粉…。異素材の組み合わせが絶妙な3階のベッドルーム。ベランダの手すりには、オーダーで作った鉄のプランターに花が咲く。

坂道に面して開口部がたくさん設けられた室内は、明るい光が通り抜ける。

坂道に面して開口部がたくさん設けられた室内は、明るい光が通り抜ける。

階段を仕切る壁にも窓を設け、光が抜けるようにした。左奥はテラスへの扉。

階段を仕切る壁にも窓を設け、光が抜けるようにした。左奥はテラスへの扉。

銅粉の仕切りの奥はクローゼット。閉じた空間にされていないせいか、奥行きを感じさせる。

銅粉の仕切りの奥はクローゼット。閉じた空間にされていないせいか、奥行きを感じさせる。


テラスの水栓は、スパナを使った蛇口が面白い。

テラスの水栓は、スパナを使った蛇口が面白い。

広々としたテラス。前からあったテントの骨組だけを残した。

広々としたテラス。前からあったテントの骨組だけを残した。


成長し続ける空間

洗面所は、1階も2階も外壁や梁のブルーグレーと統一感のある、鮮やかなブルーで塗装されている。
「ブルーが好きみたいです(笑)。色も素材も3種類くらいにおさえたいと思っています」。
素材でいえば、銅とラワンと、造作の棚などに使っているレッドシダー。これもあえて表面加工をせず、素朴な風合いを残したものだ。金属の冷たさと自然な風合いがミックスされている。
「実験的に取り入れたものも多く、これからの変化を楽しみにしているんです。住み始めてから少しずつ手を加えて、やっと落ち着いてきたのですが、今後、壁を塗り替えるかもしれないし、テラスにも手をつけていきたいです。家は私たちといっしょに育っていくものだと思っています」。
引っ越した日から空間は成長していく、と語る加藤さん。どのように変貌していくのか、楽しみだ。


2階LDKの一角にある、長男の遊び場になっているスペースは、温かみのあるイエローに塗装。ブルーの棚はインテリアショップの什器にペンキを塗ったもの。

2階LDKの一角にある、長男の遊び場になっているスペースは、温かみのあるイエローに塗装。ブルーの棚はインテリアショップの什器にペンキを塗ったもの。

ブルーの塗装が鮮やかなトイレ。洗面の下の収納棚の面材にも、荒削りのアメリカンレッドシダーを使った。

ブルーの塗装が鮮やかなトイレ。洗面の下の収納棚の面材にも、荒削りのアメリカンレッドシダーを使った。

モルタルの空間にデュラビットのバスタブがモダンなバスルーム。「プロダクトが引き立つモノトーン空間を目指しました」。

モルタルの空間にデュラビットのバスタブがモダンなバスルーム。「プロダクトが引き立つモノトーン空間を目指しました」。


ハンスグローエのレインシャワーが美しい。

ハンスグローエのレインシャワーが美しい。

古賀充の作品など、知人のアートもあちこちに。

古賀充の作品など、知人のアートもあちこちに。


1階の設計事所Puddle  http://puddle.co.jpの一角。京都の「% ARABICA」、鎌倉や蔵前の「DANDELION CHOCOLATE」などの設計を手がける。

1階の設計事所Puddleの一角。京都の「% ARABICA」、鎌倉や蔵前の「DANDELION CHOCOLATE」などの設計を手がける。

ブルーの自転車は匡毅さんのもの。近所をサイクリングするのが楽しみだとか。

ブルーの自転車は匡毅さんのもの。近所をサイクリングするのが楽しみだとか。


加藤匡毅さんと奈香さん。ハンドドリップでコーヒーを淹れる時間を楽しむ。

加藤匡毅さんと奈香さん。ハンドドリップでコーヒーを淹れる時間を楽しむ。