あふれる色彩の中に暮らす大切なものとの生活がインスピレーションを高める

あふれる色彩の中に暮らす大切なものとの生活が
インスピレーションを高める

感性豊かな独創空間

カラフルな人形やぬいぐるみ、昔懐かしい動物の置物、シャビィなアンティークの家具…。一歩足を踏み入れると、そこは楽しさとオリジナリティに溢れた宝箱のよう。

「カラーものや、“愛されキャラ”が好きなんです。シンプルなものはあまり好みではないですね。インテリアは飾る方が好きですし、服も柄があってテイストのあるものが好きです」

と語るのはグラフィックデザイナーの大島百合子さん。洋服デザイナーを経て、現在の仕事に。仕事場でもあるその空間は、リーフレットやポスターなどの、カラフルでキッチュな作品とクロスする。

「居心地のいい空間の方がいい仕事ができるし、インスピレーションを受けられるような環境にしておきたい、というのもありますね。インテリアも刺激が大切だと思っています」


仕事スペースは、リビングを可動式の本棚で仕切った。椅子やソファーはパステルピンクで統一。

仕事スペースは、リビングを可動式の本棚で仕切った。椅子やソファーはパステルピンクで統一。

インテリアは、ほとんどがアンティークショップで購入したもの。「人の手を経てきた深み、味わいがありますね」

インテリアは、ほとんどがアンティークショップで購入したもの。「人の手を経てきた深み、味わいがありますね」

本棚も、ディスプレイt棚として楽しく活用されている。

本棚も、ディスプレイ棚として楽しく活用されている。
 

医療用として使われていたというアンティークのキャビネット。様々なガラス食器や動物たちを飾っている。

医療用として使われていたというアンティークのキャビネット。様々なガラス食器や動物たちを飾っている。


大切なものに囲まれて暮らす

大島さんは3姉妹。ニットデザイナー、人形作家としてそれぞれ活躍する妹たちと、2階建てのテラスハウスに住む。

「キッチン&リビングは、3人の共有スペースなんです。ここに引っ越してくるまではばらばらに住んでいたのですが、今は食事や仕事を一緒にしたりと、共有する時間も増えましたね」

人形作家であるいちばん下の妹さんの作品が、アンティークのキャビネットにずらりと並ぶ。色々な柄や変わった素材の布を使い、ボタンや毛糸などをアレンジして制作したユニークな人形たち。

「私をイメージして創ってくれたものもあるんです。感性が似ている部分は感じますね」


妹・大島富美子さんが手がける「FUFU」の人形たちを陳列。1コずつにネーミングがつけられ、愛嬌もたっぷり。

妹・大島富美子さんが手がける「FUFU」の人形たちを陳列。1コずつにネーミングがつけられ、愛嬌もたっぷり。

妹さんからの誕生日プレゼント。百合子さんの好きなキミドリ&ショッキングピンクを使い、肉感的なイメージを出した。

妹さんからの誕生日プレゼント。百合子さんの好きなキミドリ&ショッキングピンクを使い、肉感的なイメージを出した。

古い書類入れには、「FUFU」の人形制作用の布をたくさん収納。

古い書類入れには、「FUFU」の人形制作用の布をたくさん収納。

これも「FUFU」の作品。“チャシャグレ”というネーミングの不思議キャラクター。

これも「FUFU」の作品。“チャシャグレ”というネーミングの不思議キャラクター。


ふらりと訪れた雑貨ショップや、アーチストの個展で、つい買ってしまった人形やオブジェも、所狭しと空間を彩る。小物がどんどん増えていくのが悩みでもあるが、やはり気に入ったものが見つかると、買わずにはいられないのだとか。

「これだ!」 というものを見つけると、モチベーションが高まるんです。ひとつ見つけると、同じモチーフのものを集めたくなったり。ものからインスピレーションを受けているところもありますね」

季節によって入れ替えることもある、独特な表情をしたそれらの小物が、雰囲気のあるアンティークの家具に収められ、まるでショーケースのよう。豪華なシャンデリアも、“それだけでは寂しくて”、レースをぶら下げてアレンジ。楽しくて感性豊かなオリジナルの世界が繰り広げられている。


お店の人も何だか分かっていなかった網。「編み方や素材が気に入って買いました」。左隣は、大好きな作家BEBEさんの作品。

お店の人も何だか分かっていなかった網。「編み方や素材が気に入って買いました」。左隣は、大好きな作家BEBEさんの作品。

シャンデリアにペールトーンのひもをぶら下げてアレンジ。何かしら手を加えるのが大島さん流。

シャンデリアにペールトーンのひもをぶら下げてアレンジ。何かしら手を加えるのが大島さん流。

パリのお店で見つけた陶器の置物。なぜか惹きつけられるものを感じて購入。

パリのお店で見つけた陶器の置物。なぜか惹きつけられるものを感じて購入。
 

デスクワークも、アレンジして華やかに。スタンドライトをデコレーション。

デスクワークも、アレンジして華やかに。スタンドライトをデコレーション。


豊かな生活が仕事の活力

猫足のヴィンテージドレッサー、アンティークのワゴンなど、ロマンチックな雰囲気のベッドルームにも、旅先などで買い集めた小物をディスプレイ。

「ベッドルームは頭を休める場所なので、窓際のコーナーには白いものを中心に飾るようにしています。でも、どれも思い出のあるものばかりで。やはりものに対する思い入れが強いんですね」

家の近隣は、インテリアショップやアンティークショップ、雑貨ショップなどが立ち並ぶエリア。仕事を終えると、近所を散歩するのが楽しみなのだそう。

「近くのカフェやインテリアショップに行ったり、個展や映画を見に行ったり、出歩くのが好きですね。あとは日本酒が好きで、好きなお酒が入ったときは日本酒会を開いたり、小さなお庭もあるので、友人を招いてバーベキューをしたりしています」

立地も環境も、ライフスタイルにぴったり符合。満たされた生活が、仕事のモチベーションを高めているようだ。


充分華やかなベッドルームだが、頭の上だけは安らぎの白で統一。

充分華やかなベッドルームだが、頭の上だけは安らぎの白で統一。

屋号であるしまうま関係のグッズも集めている。

屋号であるしまうま関係のグッズも集めている。

アンティークショップで買ったドレッサー。カーペットも華やかさを盛り上げる。

アンティークショップで買ったドレッサー。カーペットも華やかさを盛り上げる。

大島百合子さん。2人の妹と、1匹の犬、2匹の猫と暮らす。

大島百合子さん。2人の妹と、1匹の犬、2匹の猫と暮らす。