自然を取り込む建築家の自邸12坪の敷地で、豊かに暮らせる工夫

自然を取り込む建築家の自邸12坪の敷地で、
豊かに暮らせる工夫

限界に近い土地に挑戦

「12坪の土地を探していたんです」と、一級建築士の藤井兼祐さん。高円寺の住宅街に建つ自邸は、コンパクトな敷地を活かした3階建て。「普通、狭小住宅といったら13、14坪ですから。でも僕は、土地や建物のコストを考えると、12坪というのが一番効率がいいと思うんです」。

藤井さんによれば、「大事なのは坪数ではなく、土地の形」。敷地の一辺が最低4mとれることだという。見つけた土地は4.1mだった。「4mあれば階段を横に流して配置し、そこを軸とした間取りのプランニングができます。これがいちばん譲れないところでしたね」。

広い家も狭小住宅も出がけてきた藤井さん。家を建てたのは、ランドスケープデザイナーである妻・清美さんと共有する、住居と事務所を分けてみたくなったことと、実際に住んでみないとわからないことを体感するためだった。


南向きの開口部から暖かい日が差し込む。天井はベイマツの梁を見せることに決めていたため、最初からピッチなどを考えていた。スギ材の床は自然塗料をかけて拭き取る工程を経て、微妙なニュアンスが出るようにした。

南向きの開口部から暖かい日が差し込む。天井はベイマツの梁を見せることに決めていたため、最初からピッチなどを考えていた。スギ材の床は自然塗料をかけて拭き取る工程を経て、微妙なニュアンスが出るようにした。

植栽が白い壁に映える玄関。もうひとつのドアは仕事仲間が使う別のスペース。

植栽が白い壁に映える玄関。もうひとつのドアは仕事仲間が使う別のスペース。

ガレージには木の板を敷き、コンクリートのように熱くなりすぎるのを防いでいる。

ガレージには木の板を敷き、コンクリートのように熱くなりすぎるのを防いでいる。


抜けのある階段を活かす

「1cmも無駄にできない」という覚悟で臨んだ設計。限界に近い敷地では、いかにして廊下を減らすかが問題だった。そこで階段を介して、左側にバスルーム、洗面などの水まわり、右側にリビングを配置。3階のベッドルームに上がる階段には廊下を設けず、キッチンの間を通り抜けられるようにした。

「階段でふたつのゾーンに分けたんです。南向きのリビングには暖かい光が入り、北向きの開口からはやわらかい光が階段の踊り場に届く。そんなことも計算しました」。抜け感を出すために階段は段板のみにして、空間を仕切らないようにした。上下のフロアが吹き抜けて見える階段は、実用の為のものでありながら、見せるための空間でもあるように思えてくる。

「設計は形を造ることだと思われていますが、僕は環境をつくることだと思っています。光とか空気がそこにあることをイメージして設計しますね」。空間を環境と捉え自然採光を大切にするのは、藤井さんの一貫したポリシーだ。


段板のみの階段。上からの光が通り抜けて下まで到達する。

段板のみの階段。上からの光が通り抜けて下まで到達する。
 

キッチンから階段、トイレへつながる空間。部屋以外の空間はほぼここだけ。

キッチンから階段、トイレへつながる空間。部屋以外の空間はほぼここだけ。

日差しが白い壁に陰影をつける。壁の左右の丸い突起は、板をかけて上に載り収納を開けるためのもの。

日差しが白い壁に陰影をつける。壁の左右の丸い突起は、板をかけて上に載り収納を開けるためのもの。

3階のベッドルーム。以前はここで仕事も行っていた。4方向に開口があり、気持ちのいい風が通る。

3階のベッドルーム。以前はここで仕事も行っていた。4方向に開口があり、気持ちのいい風が通る。


ふたりで料理できるよう、部屋の面積に対して広くとったキッチン。右下の棚は兼祐さんがDIYで作った。

ふたりで料理できるよう、部屋の面積に対して広くとったキッチン。右下の棚は兼祐さんがDIYで作った。


自然との一体感を生む

自然採光を取り入れるため、開口はたくさん取った。色々な方面から光や風が入り、家の中を通り抜ける。「よく開口部損失ということが言われるけれど、それは北海道とか寒い地域で考えることだと思います。この家も断熱をしっかりと考えているので、閉めれば暖かいし、冬でもTシャツ1枚でいられますよ」。

ソファーに何気なく寝転ぶと、トップライトから青い空が広がる。リビングのテーブルに座ると、ベランダのグリーンが目を潤す。自然を取り込んだ造りが、狭さをカバーしつつ心地よさを生んでいる。

「リビングとベランダの段差をできるだけ少なくしてつながった感じにしたり、ベランダには塀を設けずオープンにしたりして、なるべく広がりが感じられるようにしました」。

椅子に座ると、ちょうどよい高さにグリーンが置かれているのがわかる。植物は清美さんの職業柄、アウトドア向き、インドア向きの植物を上手に分けて育てていて、1年中美しい。リゾートホテルのラウンジような、たっぷりのグリーンに癒される。



オリーブ、マユミ、パニカムなどを育てる。2段で飾れるようになっているため、ボリュームが出る。

オリーブ、マユミ、パニカムなどを育てる。2段で飾れるようになっているため、ボリュームが出る。

室内のグリーンはエバーフレッシュ。たくさんの蔵書のあるリビングをナチュラルにしている。

室内のグリーンはエバーフレッシュ。たくさんの蔵書のあるリビングをナチュラルにしている。

友人の作家が作った彫刻を、階段の踊り場に飾る。

友人の作家が作った彫刻を、階段の踊り場に飾る。

ハンギングのかごに飾られているのはシルバーメタルやペペロニア。トップライトからのやさしい日差しを受ける。

ハンギングのかごに飾られているのはシルバーメタルやペペロニア。トップライトからのやさしい日差しを受ける。

キッチン脇の小窓からも、隣家のグリーンが見られる。

キッチン脇の小窓からも、隣家のグリーンが見られる。
 

ドアの枠の上もガラスをはめ込み光が通り抜けるようにした。

ドアの枠の上もガラスをはめ込み光が通り抜けるようにした。


旅するような非日常性を

普段はおふたりとも仕事が忙しいので、ふたりで料理ができるよう、キッチンは広めにとった。「調理器具の大きさなどを考えて、すっきり収まるように設計してオーダーしました。シンクも大きめにして使いやすさを考えましたね」。

週末は家で過ごすことが多くなったという藤井夫妻。作り置きの料理を作ったり、本を読んだり。「銭湯が好きでよく行っています。明るいうちに行って帰ってきて家で飲むのが、最高のパターンですね」。リビングの棚には、旅先で撮ったと思われるおふたりの写真が。

「旅好きで、半年間アジアを放浪したり、昔から色々な国に行っています。仕事を休んでふたりで4カ月間、バックパッカーをしてヨーロッパを回ったこともありますよ」。そこで得たインスピレーションが、自邸のインテリアにも仕事にも活かされているのかもしれない。

「日常も旅をしているように暮らしたいんです。非日常を求めて旅をするように、ふだんの暮らしにも非日常性が感じられたら。それがいちばん豊かだと思いますね」。


白い壁は全部ふたりで塗り上げたそう。ソファーに寝転んで、天窓を見上げるのが心地よい。

白い壁は全部ふたりで塗り上げたそう。ソファーに寝転んで、天窓を見上げるのが心地よい。

ランドスケープの仕事をする清美さん。仕事で余った植物などを持ち帰ることも。

ランドスケープの仕事をする清美さん。仕事で余った植物などを持ち帰ることも。

活字中毒の兼祐さんは、小説からデザイン関係の本までたくさん蔵書を持つ。「これでも減らした方なんです」。

活字中毒の兼祐さんは、小説からデザイン関係の本までたくさん蔵書を持つ。「これでも減らした方なんです」。

昔、パリで買ったオブジェ。土のような肌合いとユーモラスな感じがお気に入り。

昔、パリで買ったオブジェ。土のような肌合いとユーモラスな感じがお気に入り。

ギターは清美さんの趣味。ともにはまっているのはシーカヤック。房総などに一緒に出かける。

ギターは清美さんの趣味。ともにはまっているのはシーカヤック。房総などに一緒に出かける。

旅先で拾った小石など、思い出の小物を飾る。

旅先で拾った小石など、思い出の小物を飾る。


藤井邸
設計 FUJII DESIGN STUDIO
所在地 東京都中野区
構造 木造
規模 3階建て
延床面積 64.80 m2