地域に溶け込む建築家の自邸光と風と緑を感じて暮らす街にも自分にも心地よい空間

地域に溶け込む建築家の自邸光と風と緑を感じて暮らす
街にも自分にも心地よい空間

古家での生活で住まい方を知る

横浜開港以降、外国人居留地として発展してきた山手町。現在も、緑豊かな丘に歴史の面影を残す西洋館や教会、ミッションスクールなどが点在し、その景観の美しさは、“景観風致地区”や建築協定によって保たれている。「妻も私も実家が横浜で、山手は馴染みのある街。この辺りで自宅兼事務所を持てたらいいね、って話していたんです。時折、自転車でまわっては土地を探していました」と話すのは、建築家の八島正年さん。

数年を経て、希望に合う土地と出会えたのが7年ほど前。観光ルートにもなっているこの地は、人が出入りする事務所にとっては好都合だった。また、子育てをする環境としても適していて、八島さんご夫妻にとってはベストな場所だったという。
「土地を購入したら、貯金をほとんど使ってしまって(笑)。古家が建っていたので、少しだけリフォームしてそこに住むことにしたのです。かなり傷んでいたので白く塗ったら、あやしい北欧雑貨店みたいになって(笑)。でも、なんか可愛くて、とても気に入ってました」(正年さん)

古家に住むこと2年余り。「この土地の性格がよくわかり、暮らし方が見えてきました」とは、妻の夕子さん。「当時の屋根裏部屋からの景色が素晴らしくて、将来建て替えるときにはこの景色を生かそうと2人で話していました」

景色や光、風の通りなど生活したからこそわかる土地の特性は、建て替えの設計時に大いに役立ったという。


緑の多い丘に瀟洒な住宅が並ぶ。街そのものに情緒があり、散策も楽しい。

緑の多い丘に瀟洒な住宅が並ぶ。街そのものに情緒があり、散策も楽しい。

3階テラスからの東側の眺め。天気の良い日は、東京湾を越えて、木更津や君津の製鉄所まで望める。

3階テラスからの東側の眺め。天気の良い日は、東京湾を越えて、木更津や君津の製鉄所まで望める。

アトリエのエントランスにもグリーンとベンチが。スタッフたちの癒し空間となっている。

アトリエのエントランスにもグリーンとベンチが。スタッフたちの癒し空間となっている。

景観の邪魔をしないように、さりげなく書かれた事務所名。

景観の邪魔をしないように、さりげなく書かれた事務所名。
 

現在手掛けている建築の模型が並ぶ。土地の高低差を感じ取ったり、周辺のボリュームから建ったときのバランスを見るのにも有効だそう。

現在手掛けている建築の模型が並ぶ。土地の高低差を感じ取ったり、周辺のボリュームから建ったときのバランスを見るのにも有効だそう。


北側と東側の眺望を楽しみ尽くす

現在の家に建て替えたのは4年ほど前。風致地区ゆえに、道路から2mは建築不可など規制が厳しく、住居を建てられる範囲はかなり限られたという。「南側は住宅で隣家の壁が近いため、あえて北側と東側に開口部を設けました。地形的にも高台で、海に向かって徐々に下がっていくので、こちら側の方が見晴らしがいい。天気の良い日は房総半島まで見えるんです」(正年さん)

2階のリビングダイニングからは、一年中、朝日が山手の街並みを照らす景色が望めるという。「清々しい景色を眺めながらの朝食は、気持ちの良い時間です」と微笑む夕子さん。
また、高台の角地で視界を遮るものがないため、「天候の変化が楽しめる」とは正年さん。「雪が降り、つららが伸びるのを見つけたり。どしゃ降りや台風で空が荒れている様子から目が離せなかったり。大雨の日は、リビングで静かに読書にふける……、そんな時間がけっこう好きなんだって気がつきました(笑)」
光や風などを存分に感じられる空間は、一日の時間の変化や季節の移ろいを敏感にさせ、小さな発見をももたらせてくれるようだ。

風致規制により空いたスペースは、「結果的に植栽ができたので良かった」と話す夕子さん。この土地や建築に合った樹木を、植木屋さんでひとつひとつ選んだという。「こっちに枝がある方がいいとか、特殊な形でもうちにはこれが合うとか。建物だけでなく、樹木が植わって初めて土地になじむ感じがします」(夕子さん)


高台の2階で腰高窓のため、外からの視線を気にせずカーテンを全開にでき、北から東側の風景を堪能できる。

高台の2階で腰高窓のため、外からの視線を気にせずカーテンを全開にでき、北から東側の風景を堪能できる。

ダイニングテーブル&チェアは、ハンス・J・ウェグナーの家具。ご両親やスタッフも一緒に食卓を囲むことが多く、そのときは、テーブルに伸長板を付けて広げるという。

ダイニングテーブル&チェアは、ハンス・J・ウェグナーの家具。ご両親やスタッフも一緒に食卓を囲むことが多く、そのときは、テーブルに伸長板を付けて広げるという。

奥のガジュマルの木は、結婚10周年のときに、夕子さんが正年さんにプレゼントしたもの。

奥のガジュマルの木は、結婚10周年のときに、夕子さんが正年さんにプレゼントしたもの。

八島家には魔女が3体いる。横浜・元町にある“魔女”専門店のオリジナル人形。

八島家には魔女が3体いる。横浜・元町にある“魔女”専門店のオリジナル人形。

「夕食のときには、キャンドルと共にいつも灯している」(正年さん)というお気に入りのライトは、結婚したばかりのときに購入。部屋に飾るグリーンは、庭で剪定した植物たち。

「夕食のときには、キャンドルと共にいつも灯している」(正年さん)というお気に入りのライトは、結婚したばかりのときに購入。部屋に飾るグリーンは、庭で剪定した植物たち。


ソファの後方が北方向。「最近、双眼鏡で遠くを見ていたら、東京タワーを発見しました!」(正年さん)。東京スカイツリーも見えるそう。

ソファの後方が北方向。「最近、双眼鏡で遠くを見ていたら、東京タワーを発見しました!」(正年さん)。東京スカイツリーも見えるそう。

もともとは靴職人が使用する椅子。座面が高く、景色を見るのに丁度よいとのこと。「これに座って、ビール片手に夜景を見るのが好き」と正年さん。

もともとは靴職人が使用する椅子。座面が高く、景色を見るのに丁度よいとのこと。「これに座って、ビール片手に夜景を見るのが好き」と正年さん。

八王子の農家で使用していたという“糸紡ぎ機”。「学生の頃から“道具”が好きで、アンティークショップや蚤の市で出会うと買ってしまいますね。人がまわしている光景が想像できて楽しいでしょ」(正年さん)

八王子の農家で使用していたという“糸紡ぎ機”。「学生の頃から“道具”が好きで、アンティークショップや蚤の市で出会うと買ってしまいますね。人がまわしている光景が想像できて楽しいでしょ」(正年さん)

ヘリコプターの原型と言われている、“レオナルド・ダ・ヴィンチの木製科学模型”。息子さんも物づくりが好きだそう。

ヘリコプターの原型と言われている、“レオナルド・ダ・ヴィンチの木製科学模型”。息子さんも物づくりが好きだそう。


素材が息づく、落ち着く住まい

設計を依頼された際、正年さんと夕子さんは、「住み手になりきり、自分たちの生活として想像していく」と話す。「自分たちの家も、特別なことをするのではなく、普段自分たちが良いと思って実践していること、そのままの考えを形にしました」と正年さん。お二人が手掛ける家は、使いやすく、心安らぐ空間であることを第一に考え、そのうえでプロポーションの美しさにこだわっていくという。

八島邸では、玄関ホールのステップ1段目から廊下、リビングへと絨毯が敷き詰められている。フローリングほど冷え込まず、音を吸収するため足音も気にならない。また、やや急な階段があることから、落ちた時の衝撃を考え、軽減できるよう配慮した結果でもある。玄関で靴を脱ぎ、一歩足を踏み入れたとき、絨毯のふんわりとあたたかな感触が気持ちよく、ほっとできる瞬間でもある。

また、高いところでは6mほどの天井高があるリビングには、イサムノグチの「AKARI」では最大という直径1m20cmのものを設置。
「もともとこの照明を入れるつもりで設計しています。リビングが小さいのに天井が高いため、小さい照明では、バランスが悪いのです。ソファに座っていると、ただ縦長の吹き抜けになってしまい、落ち着きません」と正年さん。
ドーンと大きな照明が、絶妙な空間バランスと安心感をもたらせてくれる。

八島邸の天井はラワン材、造作家具はすべてブラックチェリー材、壁は漆喰と、日常的に目につくポイントは特に素材の質感を大切にしている。また、キッチンの床は絨毯ではなく水に強いチーク材を使用するなど、使い勝手も意識。生活の場としての心地よい空間に仕上げている。


11畳ほどのリビングに大きな「AKARI」。その存在感と計算されたバランスに注目。

11畳ほどのリビングに大きな「AKARI」。その存在感と計算されたバランスに注目。

玄関ホール。正面に掛かっているのは、イギリスの修道院で使用されていたらしい“まな板”。正年さんが吉祥寺のアンティークショップで一目惚れし、購入したもの。

玄関ホール。正面に掛かっているのは、イギリスの修道院で使用されていたらしい“まな板”。正年さんが吉祥寺のアンティークショップで一目惚れし、購入したもの。

2階と3階をつなぐ、やや急な階段。しっかり握れる手すりと敷き詰めた絨毯で安全性を確保。

2階と3階をつなぐ、やや急な階段。しっかり握れる手すりと敷き詰めた絨毯で安全性を確保。

3Fのテラスでは、「ハーブなど料理に使えるものを育てています」と夕子さん。一方、正年さんは、「ベンチに座って、焼き鳥とか焼いています(笑)」

3Fのテラスでは、「ハーブなど料理に使えるものを育てています」と夕子さん。一方、正年さんは、「ベンチに座って、焼き鳥とか焼いています(笑)」


3階の踊り場。夕子さんが実家で使っていたグリーンのピアノは、現在は息子さんが使用。右手前のテーブルは、高松の桜製作所が手掛けた「ジョージ ナカシマ」のもの。「接ぎ合わせた天板が面白く、愛着がわきます」(正年さん)

3階の踊り場。夕子さんが実家で使っていたグリーンのピアノは、現在は息子さんが使用。右手前のテーブルは、高松の桜製作所が手掛けた「ジョージ ナカシマ」のもの。「接ぎ合わせた天板が面白く、愛着がわきます」(正年さん)

階が異なっても家族のつながりを感じられるように、子ども部屋には開口(右上)を設けている。その下方の窓をはじめ、所々にさりげなく障子を備えている八島邸。光の表情がやわらかに変化する。

階が異なっても家族のつながりを感じられるように、子ども部屋には開口(右上)を設けている。その下方の窓をはじめ、所々にさりげなく障子を備えている八島邸。光の表情がやわらかに変化する。

子ども部屋の開口部には、障子の後ろに板戸が入っているため、完全に仕切ることもできる。

子ども部屋の開口部には、障子の後ろに板戸が入っているため、完全に仕切ることもできる。

踊り場の奥にある3畳ほどの和室。屋根の勾配なりに傾斜した収納は、隅々まで活用。天井にラワン材、ふすまには江戸からかみを使用。

踊り場の奥にある3畳ほどの和室。屋根の勾配なりに傾斜した収納は、隅々まで活用。天井にラワン材、ふすまには江戸からかみを使用。


行動に合わせた収納配置で快適生活

「普段の設計と異なったのは、持っている物の量やどれだけ捨てられるかということが、自分たちのことだけにはっきりわかっていたこと。収納スペースがどのくらいあれば納まるといったイメージができるため、その点は楽でしたね」と夕子さん。

八島邸では、納戸のような大きな収納を造るのがスペース的に難しいため、行動に合わせた収納の配置が考えられている。何をどこで使うか吟味し、使う頻度や物の大きさに応じて造作収納を設けた。「その部屋で使うものはその部屋で仕舞えるようにしたため、すぐに片づけられ、散らかりません」(夕子さん)

家を建てるにあたり最後まで悩んだのが、外壁の色だったという。「白色にするか、打ち放しにするかで迷いました。ここは風致で白が推奨されていたし、古家も白壁で周辺に馴染んでいたこともあり、手入れは少し大変ですが、最終的には白に決定。今は白にして良かったと思いますね。親しみやすいし、街が明るくなります」(正年さん)

緑を楽しめる八島邸のエクステリアには、コンクリートのベンチが設えてある。観光で歩き疲れた人や犬の散歩の途中など、自由に腰を下ろせるようにと、八島さんご夫妻の粋な計らいである。山手という美しい街に自然に溶け込む三角屋根の白い家からは、人をおおらかに包み込む、あたたかな空気が感じられた。


ソファに合わせて造作家具の寸法を決めている。ソファでふさいでいる扉付き収納には、納戸の奥に仕舞うような使用頻度の低いものを収納。

ソファに合わせて造作家具の寸法を決めている。ソファでふさいでいる扉付き収納には、納戸の奥に仕舞うような使用頻度の低いものを収納。

換気ダクトを天井裏に通しているため、キッチンの天井は約2mと低め。「高い所に収納があっても有効に使えません。また、油がまわるだけで掃除も大変。低い方が排気もしやすいです」(夕子さん)

換気ダクトを天井裏に通しているため、キッチンの天井は約2mと低め。「高い所に収納があっても有効に使えません。また、油がまわるだけで掃除も大変。低い方が排気もしやすいです」(夕子さん)

キッチンは全て造作。振り向くだけで手が届くコンパクトな造りは、無駄な動きがなく、使い勝手が良い。冷蔵庫右脇のスペースには、実は洗濯機が収納されている。廊下側から使用する。

キッチンは全て造作。振り向くだけで手が届くコンパクトな造りは、無駄な動きがなく、使い勝手が良い。冷蔵庫右脇のスペースには、実は洗濯機が収納されている。廊下側から使用する。


よく使うものや見栄えの良いもの、からっとさせたいものはディスプレイして“見せる収納”を。

よく使うものや見栄えの良いもの、からっとさせたいものはディスプレイして“見せる収納”を。

腰高窓に合わせた壁一面の造作収納。食器類だけでなく、ノートパソコンなどダイニングで使用する物を納めている。

腰高窓に合わせた壁一面の造作収納。食器類だけでなく、ノートパソコンなどダイニングで使用する物を納めている。


「植栽して4年目に入ったので、そこそこ緑が茂ってきましたが、もう少し増やしたいですね。草木の種類の見直しと合わせて検討中です。ささやかな緑化ですが、ベンチと共に道行く人に楽しんでほしいです」(夕子さん)

「植栽して4年目に入ったので、そこそこ緑が茂ってきましたが、もう少し増やしたいですね。草木の種類の見直しと合わせて検討中です。ささやかな緑化ですが、ベンチと共に道行く人に楽しんでほしいです」(夕子さん)

正年さんが20年以上愛用しているベスパ。「この辺りは坂が多いので、重宝しています。スタッフに頼まれて、よく郵便を出しに行きますね(笑)」(正年さん)

正年さんが20年以上愛用しているベスパ。「この辺りは坂が多いので、重宝しています。スタッフに頼まれて、よく郵便を出しに行きますね(笑)」(正年さん)

外観の印象を優しく豊かにしてくれる木製の玄関ドア。手前が自宅、奥がゲストルームに続く。

外観の印象を優しく豊かにしてくれる木製の玄関ドア。手前が自宅、奥がゲストルームに続く。


1階のゲストルーム。将来もしものときには、親も一緒に住めるようにと考えて設計。「現在は、遠方からのお客様やスタッフが忙しいときに寝泊まりしています」(正年さん)

山手町の家(自邸)
設計 八島建築設計事務所
所在地 神奈川県横浜市
構造 RC造
規模 地下1階、地上3階
延床面積 169.02 m2 (地下緩和含む)