廃材を活用した都市型住宅ブリコラージュして家をつくる

廃材を活用した都市型住宅ブリコラージュして
家をつくる

築60年のアパートを改修

都心に近い場所で土地を探していたという建築家の元松直治さん。建売り住宅の設計依頼のあった市ヶ谷の敷地が気に入って購入。敷地には築60年の2階建てアパートが建っていたが、これをリノベーションして夫婦2人で住むことにした。
建て直すことも考えられたが、その場合、3階建てにしても既存の建物より小さくなってしまう。そこで、躯体をそのまま利用して改修することにしたという。

改修は自ら手がけることを決めていたが、当時住んでいた家の家賃と土地購入費のローンとで支払いが二重になるため、取りあえず引っ越しをすることに。そして、朝起きたらすぐ工事に取りかかるという日々が始まった。


スケール感が絶妙で、かつ無駄に余ったような空間がまったくない。「デッドスペースが極力ない空間にしたかった」(元松さん)という。正面の開口上の小さなスペースも活用して棚を設置している。

スケール感が絶妙で、かつ無駄に余ったような空間がまったくない。「デッドスペースが極力ない空間にしたかった」(元松さん)という。正面の開口上の小さなスペースも活用して棚を設置している。


奥さんからのリクエスト

改修はまず生活する上で必要最低限の寝室と水回りから取りかかった。ロフト階の寝室では、奥さんの佳子さんから、「星や月を見ながら眠りたい」というリクエストがあったため、ベッドの真上に天窓を設置。
そして、2階の水回りは、「新婚旅行で訪れたエーゲ海のサントリーニ島のマットな白い石灰岩のイメージでつくってほしい」とのリクエストから、浴室を白のFRPでつくった。


造り付けのダイニングベンチはロフト階へ上るための通路でもある。

造り付けのダイニングベンチはロフト階へ上るための通路でもある。

ダイニングテーブルの上にも棚を設けてスペースを有効活用している。

ダイニングテーブルの上にも収納棚を設けてスペースを有効活用している。


「できる限りスペースを広く使えるように考えた」という2階のLDKでも、佳子さんが希望した「白い空間」にするため、壁には主に杉板の廃材を使った。この材は元松さんが集めて保管していたものだ。「以前から、内装の仕事もしていたこともあり、いろいろな材料をためていました。でも、都心に移ってスペースも余裕が無くなるため、全部使い切ろうと思った」という。

水回りの次はキッチンだった。図面を描いて板金のできる家具屋さんに製作してもらい、オーブンなどの機器をはめこんだ。

キッチンと並行してダイニングテーブルが設置されているが、これも製作物だ。「週末にパーティを開くときなどには人がかなり集まるので、テーブルがもう少し長く延びるようになっています」。

ダイニングベンチも、多人数で楽しく盛りあがるためのパーティ仕様に見えるが、これはロフト階へ上がるための通路も兼ねて製作されたものだ。


LDKの端部につくられたお化粧スペース。その右隣の開口には38mmの厚みのあるアクリルが使われている。

LDKの端部につくられたお化粧スペース。その右隣の開口には38mmの厚みのあるアクリルが使われている。

鏡は置き鏡の枠を外して棚にはめこんだもの。棚にちょうどうまくはまっていてこのために制作されたものに見える。

鏡は置き鏡の枠を外して棚にはめこんだもの。棚にちょうどうまくはまっていてこのために制作されたものに見える。

ロフト階から2階を見る。梁は濃い茶色に変色していたものを削って周りの色と合わせた。

ロフト階から2階を見る。梁は濃い茶色に変色していたものを削って周りの色と合わせた。


手前から浴室、洗面室、バルコニー。浴室から外部へと気持ちよく視線が抜けていく。

手前から浴室、洗面室、バルコニー。浴室から外部へと気持ちよく視線が抜けていく。

玄関ホールを見る。左側が水回りとバルコニー、右側が階段室になっている。

玄関ホールを見る。左側が水回りとバルコニー、右側が階段室になっている。


玄関ホールからベランダに出ることができる。

玄関ホールからベランダに出ることができる。

階段からはLDKへといたる廊下が見える。

階段からはLDKへといたる廊下が見える。


ブリコラージュでつくる

元松さんの手がけた設計と内装の仕事は、実は単に廃材などを利用したというにとどまらない。ブリコラージュの精神ともいうべきものが感じられるのだ。ブリコラージュとは「器用仕事」などと訳されるフランス語だが、ありあわせのものを寄せ集めてモノを創造的につくり出す、という意味合いでも使われることがある。

たとえば、LDKの端部に佳子さんのリクエストでつくられた化粧スペース。上の棚の部分はフレキシブルボードにウレタン塗装を施したものだが、トグルスイッチのついたパネルはステンレスのサンプルを活用した。鏡は置き鏡の枠を外して棚にはめこんだもの。これらが一体化してオリジナルかつ使い勝手の良いデザインが実現されている。


LDK上部につくられた書棚。梁はリノベ―ションであることを示す唯一の部材。

LDK上部につくられた書棚。梁はリノベ―ションであることを示す唯一の部材。

右がロフト階へ上る階段。その真下に、事務所へと通じる階段がある。

右がロフト階へ上る階段。その真下に、事務所へと通じる階段がある。

ベッドの上には佳子さんの希望で天窓が設置された。

ベッドの上には佳子さんの希望で天窓が設置された。
 

寝室からバルコニーを見る。

寝室からバルコニーを見る。


ヘリコプター用部材も使う

棚の隣に内部に向かって突き出した開口には、ヘリコプターのキャノピーに使われる38mm厚のアクリルが使われているが、これは元松さんが以前アルバイトをしたことがあるアクリルメーカーからもらい受けたものだ。これも空間空間のポイントにもなるようなかたちで創造的にこの空間に組み込まれている。

最後に手がけたという2階へと上がる階段部分でも、ブリコラージュの精神が発揮されているといっていいだろう。材料はやはりすべて廃材。しかし、チーク材のほかさまざまな樹種が混じった寄せ集めの混成部隊。これをたとえば赤味の強い材であれば、緑のキシラデコール(木材保護塗料)を薄く塗った上で、さらに黒のキシラデコールを塗るなどして全体で黒の色味をそろえてから使っていったという。


「趣味が仕事になった感じなので事務所のスペースが自分の部屋のような感じ」だという元松さん。テーブルは24mmのシナベニヤのエッジに薄く見えるよう角度をつけている。

「趣味が仕事になった感じなので事務所のスペースが自分の部屋のような感じ」だという元松さん。テーブルは24mmのシナベニヤのエッジに薄く見えるよう角度をつけている。

事務所から2階のLDKへ向かう途中の壁にはレコードが飾られている。これもスペースの有効利用だ。

事務所から2階のLDKへ向かう途中の壁にはレコードが飾られている。これもスペースの有効利用だ。

事務所奥から入口を見る。左手のドアから住居部分へショートカットで移動できる。

事務所奥から入口を見る。左手のドアから住居部分へショートカットで移動できる。


佳子さんは元松さんが内装まで手がけたこの家でのお気に入りの場所として、水回りスペースとベランダを挙げてくれた。浴室で過ごす時間がとても増えたという。「外を見ながら屋外にいるような感じでお風呂を楽しむこともできるし、音楽を聴いたり、あるいはお香をたいたり、キャンドルを灯したりなどして非日常的な時間を楽しめる空間になったかなと思います」

さらに、2階のお化粧スペースも気に入っているという。「同じ空間にキッチンもソファもあって、自分の場所というか、居心地の良い空間になりました。階が違ったりすると生活が途切れてしまう場合もありますが、つながっているからこそ、生活上のつながりや夫婦のつながりなどがスムーズにできるスペースになっているのではないかと思っています」


左が事務所入口。右の階段を上って左手に玄関がある。

左が事務所入口。右の階段を上って左手に玄関がある。

アクリルの廃材を使ってつくった事務所のサイン。

アクリルの廃材を使ってつくった事務所のサイン。


ふだんは自転車を置いている場所に作業台を組み立てると、施工工事のための作業場に早変わり。

ふだんは自転車を置いている場所に作業台を組み立てると、施工工事のための作業場に早変わり。

1階奥で営業しているスムージー屋さん。こちらの設計と内装も元松さんが手がけた。

1階奥で営業しているスムージー屋さん。こちらの設計と内装も元松さんが手がけた。


パーティの時にはこのスペースに多くの人が集まる。楽しく盛り上がる光景が想像できる。

パーティの時にはこのスペースに多くの人が集まる。楽しく盛り上がる光景が想像できる。


都心の限られたスペースで、都心での生活も楽しめるよう考えてつくられた元松邸。元松さんは完成してまず、「とにかく1人で改修をやり切ることができて良かった」という。外装や設備は業者に発注したが、内装はすべてセルフビルド。なかなか工事が進まずモチベーションがいつまで続くのかと思ったこともあったそうだが、とにかくやり終えることができたことに充実感を感じているようだった。 

また、住みながらつくるという体験も貴重なものだったという。じっくりと時間をかけて現場で考えながら設計・施工を進めたにとどまらず、“ここにこんなものがあったらもっと面白いだろう” というものも実現することができた。材料の多くは手元にあった廃材だ。まさにブリコラージュならではの醍醐味を楽しみながらの作業であったに違いない。


すっきりとしたモダンデザインの外観は新築されたものにしか見えない。

元松邸
設計 モトマツ アトリエ
所在地 東京都新宿区
構造 木造
規模 地上2階+ロフト
延床面積 79.73 m2