曖昧な境界が広げる可能性狭小を感じさせない開かれた街のスタンド

曖昧な境界が広げる可能性狭小を感じさせない
開かれた街のスタンド

地域と交流できる場に

昨年秋に誕生した「上池台の住宅 いけのうえのスタンド」は、建築家・落合正行さんが設計した自宅であり、事務所であり、実験の場でもある。
「せっかく事務所を構えるのなら、コーヒースタンドもやりたい、できるんじゃないかと妻と考えました。ふたりともコーヒースタンド巡りが趣味で、あちこち飲み歩くうち、コーヒーを介して地域と関わり合えたらと思うようになったんです」。
平日は建築事務所である1階は、不定期でコーヒー豆を販売したりイベントを企画したりするスペースも兼ねている。道路に面して開かれた開口部は、街の人たちが立ち寄り、交流する場に。
「これまでに本とコーヒーショップをテーマにしたイベントを開いたりしました。駐車場を開放すればスペースも確保できます」。
実験の場、というのはまず、この土地が狭小であることからくる。
「建坪8.8坪ですから、どう使うか工夫せざるを得なかったんです。やりたいことができる場所を確保して、住居としても成立させるにはどうしたらいいか、知恵を絞りました」。


2、3階の住居部分はジョリパット仕上げ。間口を最大限広くとるため鉄骨造を採用。

2、3階の住居部分はジョリパット仕上げ。間口を最大限広くとるため鉄骨造を採用。

エントランスにはコケ、シダ類などの植物に飛石をあしらい、和の雰囲気を出した。

エントランスにはコケ、シダ類などの植物に飛石をあしらい、和の雰囲気を出した。


石英岩と青森ヒバの床で空間を分けた2階のLDK。準防火地域にあたるため、インナーテラスにすることで防災認定を必要としない木製建具を使用した。

石英岩と青森ヒバの床で空間を分けた2階のLDK。準防火地域にあたるため、インナーテラスにすることで防災認定を必要としない木製建具を使用した。

1階奥にはゲストルームとして使えるスペースを用意。階段は圧迫感を避けるため、存在感を消す設計に。

1階奥にはゲストルームとして使えるスペースを用意。階段は圧迫感を避けるため、存在感を消す設計に。

3階からの光が吹き抜けを通して2階に届く。天井高に差をつけ、リビング側を高くすることでより開放的に。

3階からの光が吹き抜けを通して2階に届く。天井高に差をつけ、リビング側を高くすることでより開放的に。


インナーテラスの発想

「上池台の住宅 いけのうえのスタンド」には、その発想に驚かされることがたくさんある。まず2階のLDK。広さを出すために、仕切りを設けず床の素材を使い分ける方法で、空間をゆるやかに分けている。そしてインナーテラスの存在。
「リビングとテラスを仕切るガラス戸は、開けるとワンフロアのリビングに、閉めるとテラスが縁側のようになります」。
リビングの床に張られた青森ヒバはテラスまで接続。そのためガラス戸を開けると、テラスもリビングの一部のようになる。そこには鉢植えのモミジが置かれていて、和風の雰囲気が。
「都心の中でも、四季を重んじる日本の要素を取り入れたいと思いました。テラスを縁側に見立てたのも、内と外という境界線の概念が希薄な、日本の曖昧さを大事にしたいと思ったからなんです」。

石英岩を敷いたダイニングキッチン側は、吊り戸棚を付けず、階段との間の壁に開口部を設けることで、奥行きを出した。
「シンクはあえてアイランドにしました。作業しながら家族やゲストと会話ができます」。
家具などはすべて持ち運んで移動させられるものばかり。これで大人数のパーティーも可能になり、空間を有意義に使うことができる。


ガラス戸を開け放てば、開放的で清々しいリビングに。

ガラス戸を開け放てば、開放的で清々しいリビングに。

天然素材にこだわり、その経年変化を楽しむ。色も白、グレーなど自然界のカラーをセレクト。

天然素材にこだわり、その経年変化を楽しむ。色も白、グレーなど自然界のカラーをセレクト。

水に強くてカビにくい青森ヒバは、モミジへの水やりも問題なし。

水に強くてカビにくい青森ヒバは、モミジへの水やりも問題なし。

シンプルに徹した階段。手すりにはタモ材を使用。

シンプルに徹した階段。手すりにはタモ材を使用。


キッチン側は天井高を低くして、落ち着ける雰囲気に。シンクを設置したアイランド横のテーブルは、タモ材の天板に鉄骨の脚でオーダーしたもの。

キッチン側は天井高を低くして、落ち着ける雰囲気に。シンクを設置したアイランド横のテーブルは、タモ材の天板に鉄骨の脚でオーダーしたもの。

壁や収納扉にはフレキシブルボードを実験的に使用。水に強いこととマットな質感が気に入っている。

壁や収納扉にはフレキシブルボードを実験的に使用。水に強いこととマットな質感が気に入っている。

キッチンの壁に開口を設けて階段ホールと接げ、奥行きを出した。自宅でもコーヒーを楽しむそう。

キッチンの壁に開口を設けて階段ホールと接げ、奥行きを出した。自宅でもコーヒーを楽しむそう。


閉じた場所をつくらない

3階のベッドルーム、バスルームは、光に満ちて明るく開放的。ここにも、狭小住宅の閉塞感をカバーするアイデアがある。
「通常、水廻りは1階の暗い場所に設けることが多いんです。でも1日の中で使う時間が限られているスペースなのに、閉じた空間にしてしまうのはもったいない。ガラス張りにしてテラスと隣接させ、光が部屋の中を通り抜けるようにしました」。
さらに、トイレの扉と収納棚の扉を兼ねるというアイデアで、スペースの無駄を省いて動線を確保。
「ベッドルームと洗面側の仕切りには小窓を設けて、メイクや裁縫など、どちら側からも作業ができるようにしました」。
3階の空間を通り抜ける光と風は、ベッドルームや吹き抜けを介して、2階にも届けられる。屋内のような、屋外のような曖昧さが心地よい空間を生んでいる。


バルスームは全面ガラス張りに。右奥のテラス側からの光がベッドルームにも届く。水回りの上にはロフトも設けた。

バルスームは全面ガラス張りに。右奥のテラス側からの光がベッドルームにも届く。水回りの上にはロフトも設けた。

ベッドルームは素朴な風合いのラワンベニヤで。右側にリネンのカーテンで仕切ったクローゼットがある。

ベッドルームは素朴な風合いのラワンベニヤで。右側にリネンのカーテンで仕切ったクローゼットがある。

ベッド手前の椅子が、洗面側からも使える作業スペース。高台に位置し、晴れた日には3階の窓から富士山も眺められるそう。

ベッド手前の椅子が、洗面側からも使える作業スペース。高台に位置し、晴れた日には3階の窓から富士山も眺められるそう。


テラス、バスルーム、洗面、ベッドルームへと一直線に続く。家事動線がいいのが魅力。

テラス、バスルーム、洗面、ベッドルームへと一直線に続く。家事動線がいいのが魅力。

お風呂に浸かりながらテラスの植栽が眺められる。お風呂の蓋も青森ヒバで。

お風呂に浸かりながらテラスの植栽が眺められる。お風呂の蓋も青森ヒバで。


トイレも窓からの光を確保。使用時以外は扉はいつも開けて、閉じた場所にしてしまわない。

トイレも窓からの光を確保。使用時以外は扉はいつも開けて、閉じた場所にしてしまわない。

トイレのドアを閉めると現れる収納。限られた場所を有効に使うアイデア。

トイレのドアを閉めると現れる収納。限られた場所を有効に使うアイデア。


街に向かってオープンに

境界線の曖昧さは隣家との敷地にも。
「コーヒースタンドを設けるにあたって、窓台兼ベンチを作ったのですが、少しだけお隣の敷地に越境させてもらっているんです。普段からお隣のお子さんやそのお友達、近所の人などもよくここに座って、おしゃべりしたりしていますよ」。
お隣のカースペースも含めて、一緒にバーベキューなども楽しむそう。「上池台の住宅 いけのうえのスタンド」は、住居であり仕事場であり、コミュニケーションの場として機能を始めている。
「コーヒーはツールなんです。好きなものを共有するために地域に向かって場所を開く、そんなきっかけを作れたらと思います」
街に向けて開かれたスタンド。その実験は続いていく。


窓台兼ベンチに腰かける、お隣のお子さん。落合邸のもうひとりの住人・とうふとも仲良し。

窓台兼ベンチに腰かける、お隣のお子さん。落合邸のもうひとりの住人・とうふとも仲良し。

平日の1階の事務所。落合さんの出身地・三重県で作られる三重の木合板などを使用。

平日の1階の事務所。落合さんの出身地・三重県で作られる三重の木合板などを使用。


「いけのうえのスタンド」は妻・麻衣さんが担当。暖簾ごしにコーヒーを注文するやりとりが、どこか昭和を思わせる。

「いけのうえのスタンド」は妻・麻衣さんが担当。暖簾ごしにコーヒーを注文するやりとりが、どこか昭和を思わせる。

「上池台の住宅 いけのうえのスタンド」の看板犬。フレンチブルドックのとうふ、3歳。インスタグラムでも人気者。

「上池台の住宅 いけのうえのスタンド」の看板犬。フレンチブルドックのとうふ、3歳。インスタグラムでも人気者。


落合邸「上池台の住宅 いけのうえのスタンド」
設計 PEA…/落合建築設計事務所
所在地 東京都大田区
構造 鉄骨造
規模 地上3階
延床面積 82.78 m2