昔から流れてきた時間をつなげる中庭が暮らし方の決め手窓辺の風景を美しく彩る

昔から流れてきた時間をつなげる中庭が暮らし方の決め手
窓辺の風景を美しく彩る

古くからあった木々をよけるように建つ

一級建築士の小野喜規さんが、「祖父母の代から住んでいて、慣れ親しんだ場所」と話す東京・自由が丘にアトリエ兼自宅を建てたのが6年ほど前。半世紀以上建っていた旧家を建て替えた母屋が、10年の歳月を経て味わいを増してきた頃だった。母屋の隣に、1階を設計事務所、2階を住居スペースとして増築した。「すべてを新しくするのではなく、いままであった庭木や家具などをなるべく残しつつ、昔からの時間をつなげていく延長線上のような雰囲気で造れるといいなと思いました」

小野さん一家が暮らす増築部分は、家全体が細長く、凹んだり、広がったりと不思議な形になっている。これは、昔からあった古い樹木をよけるように建てたからだ。
「この家は小さな中庭を囲むように建っています。中庭を全部取り払った方が住宅スペースは広く取れましたが、もともとあるものを活かすというコンセプトで考えた時に、やはり中庭を残したかったんです。そこに流れてきた時間を大事にしたかったので」と喜規さん。同じく建築家で妻の真紀さんも、「増築する前からあったこの花壇が好きだったので、これを囲むように造りたいと最初から考えていました」と話す。

中庭を残し、緑を眺め、触れ合うことが、小野さんたちの暮らし方の決め手になったようだ。


左側が母屋で、右側が増築部分。母屋も喜規さんが設計したもの。片流れ屋根で統一することで、つながりをもたせている。

左側が母屋で、右側が増築部分。母屋も喜規さんが設計したもの。片流れ屋根で統一することで、つながりをもたせている。

小さな中庭を囲むように建つ増築部分。凹凸のある外観がユニーク。

小さな中庭を囲むように建つ増築部分。凹凸のある外観がユニーク。

趣のある、ピンコロ石で造られた古い花壇。中庭に面してアトリエの窓があり、気持ちよく仕事ができる。

趣のある、ピンコロ石で造られた古い花壇。中庭に面してアトリエの窓があり、気持ちよく仕事ができる。


玄関の奥は母屋に続く共有スペース。古い箪笥の奥の部屋は、現在、5歳の息子さんのプレイルームになっている。

玄関の奥は母屋に続く共有スペース。古い箪笥の奥の部屋は、現在、5歳の息子さんのプレイルームになっている。


モミジが主役の玄関

アトリエ兼住居を建てるにあたり、喜規さんが最初にイメージしたのが、中庭を臨みながら仕事をしているご自身の姿だったという。「アトリエで自分のデスクはココと最初から決めていました」と笑う喜規さん。デスク脇の小窓からは、中庭の緑がゆらめく様子や、母屋を建て替える前からあるテーブルやイスなどが見える。「古い記憶にあるものが身近にあると、なんとなく落ち着きますね」と喜規さん。

アトリエのエントランス脇のモミジは6、70年前からあったもの。モミジを残すようにして玄関を造り、モミジにかからないように庇も小さめに設置した。「かつてはゆったりした敷地の端にあったモミジ。意識から遠のいていたのですが、身近にあるとあらためて大事な存在になりますね」(喜規さん)


喜規さんのお気に入りスペース。この家を建てる「出発点」とも話す。

喜規さんのお気に入りスペース。この家を建てる「出発点」とも話す。

中庭に面した窓から心地良い光が入る、明るいアトリエ。手前右側が喜規さんのデスク。細長いアトリエの奥が打合せスペース。

中庭に面した窓から心地良い光が入る、明るいアトリエ。手前右側が喜規さんのデスク。細長いアトリエの奥が打合せスペース。

母屋の建て替え前からあるテーブル&イス。古びた灯篭も残した。

母屋の建て替え前からあるテーブル&イス。古びた灯篭も残した。


季節を運んでくれるモミジ。「エントランス脇で急に日の目を見て、モミジも喜んでいるでしょう(笑)」と喜規さん。

季節を運んでくれるモミジ。「エントランス脇で急に日の目を見て、モミジも喜んでいるでしょう(笑)」と喜規さん。

モミジにかからないようにヒサシを小さめに設置。
 

和洋さまざまな草木が植えられた庭は母屋との共有スペース。朽ちたイスに座り、コーヒーを飲んだり、読書をしたりすることも。

和洋さまざまな草木が植えられた庭は母屋との共有スペース。朽ちたイスに座り、コーヒーを飲んだり、読書をしたりすることも。


時間とともに変化する素材

「新しい材料を使うものの、いい意味で朽ちていく、徐々に味わいを増していく材料を選びました」(喜規さん)と、屋内で使用する材料にもこだわった。

2階のリビングの床は、経年変化が楽しめるナラ材をチョイス。「時間が経つと変わっていく家具が欲しかった」とダイニングテーブルもナラ材でオーダーした。一方、1階の打合せスペースは、時間とともに濃くなっていく習性があるというアメリカンブラックチェリーの床材に、ウォールナットのテーブルを置いた。「1階と2階はそれぞれ違う味わいが出てくる素材を使いたかったんです」(喜規さん)

玄関の取っ手やリビングの照明は真鍮製に。「最初はピカピカでしたが、6年経って、ずいぶん味わいが出てきました」と真紀さん。時間とともに変化する素材たちに愛着がわいていくようだ。


ナラ材でまとめた2階リビング。西(右側)に面した高窓から、障子を通してやわらかな光が降り注ぐ。真鍮のペンダントライトがいい具合に変化している。

ナラ材でまとめた2階リビング。西(右側)に面した高窓から、障子を通してやわらかな光が降り注ぐ。真鍮のペンダントライトがいい具合に変化している。

1階の打合せスペース。ウォールナットのテーブルとブラックチェリーの床材が落ち着いた雰囲気。

1階の打合せスペース。ウォールナットのテーブルとブラックチェリーの床材が落ち着いた雰囲気。

東京・新橋の老舗「堀商店」で購入した真鍮の取っ手。木枠と合わせての経年変化が楽しい。

東京・新橋の老舗「堀商店」で購入した真鍮の取っ手。木枠と合わせての経年変化が楽しい。

キッチンのタイルは真紀さんが“グレー”にこだわって探した。いつも使用するものを置くためにオープン棚を造り付けた。

キッチンのタイルは真紀さんが“グレー”にこだわって探した。いつも使用するものを置くためにオープン棚を造り付けた。


必要なものだけを選んで造作したシンプルなキッチン。中庭側(右)に設けた大きな窓から光がたっぷり入り明るい。奥の寝室への通路も兼用している。

必要なものだけを選んで造作したシンプルなキッチン。中庭側(右)に設けた大きな窓から光がたっぷり入り明るい。奥の寝室への通路も兼用している。


美しい窓辺の風景

小野邸には、居心地のよい窓辺のスペースがそこここにある。「その場所から何が見えるのか、そこでどのように過ごすのか、それに合わせて窓の位置や大きさなどデザインしていきます」と喜規さん。窓辺に寄り添いたくなるような雰囲気を大切にしているという。

1階の打合せスペースは、仕事の打ち合わせだけでなく、ブレイクタイムを過ごしたり、思索にふけたりする場所としても活用している。4方向に設けた窓は、それぞれのスペースの特徴を活かした造りになっている。

例えば、庭が良く見える西側の窓は、座った時に最も眺めのいいように考え、腰掛けやすい高さに設定。西日が入ってくるときにはロールスクリーンを下ろし、映りこんだ木の影を楽しめるようにした。また、南側のエントランスの窓は大きく開き、室内からも玄関のモミジが気持ちよく見えるように。これからの季節、太陽が下がってくると木洩れ日が広がり、影が打合せスペースの方まで入ってくるよう計算して設えた。

光の差し込み方、樹影や木陰が移動するさまなど、丁寧に考え、造られた窓たち。日々の暮らしのささやかなことに喜びや楽しみを見い出せる、そんな住まいと感じた。


奥の木枠の窓から中庭が見下ろせる。1階の喜規さんのデスク脇の窓と同じ位置になる。

奥の木枠の窓から中庭が見下ろせる。1階の喜規さんのデスク脇の窓と同じ位置になる。

西側の窓に付けた障子は、西日をやわらげてくれる。取り外すことも可能。

西側の窓に付けた障子は、西日をやわらげてくれる。取り外すことも可能。

2階の東側の窓辺のスペースは読書に最適。隣家の庭を借景に。

2階の東側の窓辺のスペースは読書に最適。隣家の庭を借景に。
 

階段下の小窓から幻想的な光が入る。真紀さんの好きな光景だそう。

階段下の小窓から幻想的な光が入る。真紀さんの好きな光景だそう。


1階打合せスペースの西側の出窓。腰掛けるにも程よい高さ。椅子に座ると、ちょうどよく景色が広がる。

1階打合せスペースの西側の出窓。腰掛けるにも程よい高さ。椅子に座ると、ちょうどよく景色が広がる。

東側の窓。隣家と程よく距離を取るために、木枠に格子を入れた。ル・ゴルビジェの椅子ともマッチ。

東側の窓。隣家と程よく距離を取るために、木枠に格子を入れた。ル・ゴルビジェの椅子ともマッチ。

北側の窓には中庭が間近に。窓を開けて手を伸ばすと、シマトネリコに触れられそう。

北側の窓には中庭が間近に。窓を開けて手を伸ばすと、シマトネリコに触れられそう。


南側はアトリエのエントランス。光と陰影までもが計算された空間。

南側はアトリエのエントランス。光と陰影までもが計算された空間。

小野邸
設計 オノ・デザイン建築設計事務所
所在地 東京都目黒区
構造 木造
規模 地上2階
延床面積 85.69 m2 (増築部分のみ)