葉山の自然を愉しむ屋根より高い樹々とともに暮らす家

葉山の自然を愉しむ屋根より高い樹々と
ともに暮らす家

気分転換ができる家を造る

小林直樹、真理子夫妻宅の敷地内の、屋根よりも高くこんもりと繁った樹々。その横には、葉山御用邸へと続く小さな小川が流れる。

広告のクリエイティブ・ディレクターの直樹さんも、デザイナーの真理子さんも、普段はとても忙しい日々を送っている。そんなふたりが造りたかったのは、しっかりと気分転換ができる海の近くの家。いくつも湘南の物件を見て回った上でここに決めたのは、最も緑が豊かな場所だったからだそう。
「住宅地とこことで迷ったのですが、湘南の暮らしに慣れるにつれてもっと奥まった場所に引っ越したくなるんじゃないかと。ならば最初から自然いっぱいの土地に住もうと決意しました」

葉山に越して約半年。樹木の整備はこれからだ。
「小川を利用してビオトープを作るのもいいかもしれませんね」と直樹さん。デッキに出したちゃぶ台でお茶を飲みながら緑を眺め、あれこれ思案する時間がとても楽しいそうだ。
「以前に住んでいたマンションでは10年間咲かなかったゴクラクチョウカが、ここに越した途端、花を咲かせました。ここの環境が気に入ったようです」。春になったら地植えする予定だ。


ダイニングやキッチンからも樹々の緑を楽しめる。風景を切り取り絵のように見えるよう、窓の配置にはこだわったそうだ。

ダイニングやキッチンからも樹々の緑を楽しめる。風景を切り取り絵のように見えるよう、窓の配置にはこだわったそうだ。

屋上に登る階段から見下ろしたデッキ。葉山ならではのたっぷりとした緑に癒やされる。

屋上に登る階段から見下ろしたデッキ。葉山ならではのたっぷりとした緑に癒やされる。

ルーフバルコニーからは富士山や江ノ島まで見渡せる。手摺りの高さを下げたことで、手摺りをベンチとして使えるようになった。

ルーフバルコニーからは富士山や江ノ島まで見渡せる。手摺りの高さを下げたことで、手摺りをベンチとして使えるようになった。

自分たちで塗装したちゃぶ台を広いデッキに出し、緑を眺めながらお茶をいただく。ここで友人と食事を楽しむことも。

自分たちで塗装したちゃぶ台を広いデッキに出し、緑を眺めながらお茶をいただく。ここで友人と食事を楽しむことも。


床暖房の入ったフロアは、モールテックスという耐水耐油性の高い塗料で塗装。

床暖房の入ったフロアは、モールテックスという耐水耐油性の高い塗料で塗装。

TV台はガス管を繋いで製作した直樹さんのDIY。「前の家に住んでいた時のものですが、置いてみたら横幅が壁にピッタリでした」

TV台はガス管を繋いで製作した直樹さんのDIY。「前の家に住んでいた時のものですが、置いてみたら横幅が壁にピッタリでした」

スツールは真理子さんがマットな黒に塗装。「照明器具はネットで苦労して探し、同じものがやっと3つ揃いました」と直樹さん。

スツールは真理子さんがマットな黒に塗装。「照明器具はネットで苦労して探し、同じものがやっと3つ揃いました」と直樹さん。


1階の天井には木を貼っている。床はコンクリート仕上げに見えるが、最近注目を集めているモールテックスという左官材で塗装してある。「アメリカではプールの塗装にも使われているそうです。カラーバリエーションが豊富で、青や赤といった色の他に、グレーにも様々な色調があります。耐水耐油性が高いので、キッチンの天板にも使いました」

リビングの一角に、キューブ型の木の箱を6つ並べたユニークなコーナーがある。
「雑誌で見ておもしろいなと思い、真似したくなりました。Photoshopで設計図を描き、建築家の方にお渡ししました」と真理子さん。

手前のキューブにはキャスターがついていて、自由に動かせる。キューブは収納家具にもなっていて、来客用の寝具などもここに入れてある。
「ブラインドを閉めて中に籠もると、とても落ち着きます」


リビングの一角の、箱を6つ組み合わせた場所。手前のグリーンは、葉の中に葉の模様があるユニークなカラテアマコヤナ。

リビングの一角の、箱を6つ組み合わせた場所。手前のグリーンは、葉の中に葉の模様があるユニークなカラテアマコヤナ。

自由に動かせる箱は、上のクッションを外すとテーブル+フロアクッションになる。収納ボックスの役目も果たす。

自由に動かせる箱は、上のクッションを外すとテーブル+フロアクッションになる。収納ボックスの役目も果たす。

洗面台の上にも窓をつけた。ここからも樹々の緑が楽しめる。収納スペースもたっぷりと確保。

洗面台の上にも窓をつけた。ここからも樹々の緑が楽しめる。収納スペースもたっぷりと確保。

「階段の造作がとても美しかったので、当初の予定よりも壁を低くして、階段が見えるようにしました」

「階段の造作がとても美しかったので、当初の予定よりも壁を低くして、階段が見えるようにしました」

宙に浮いているような階段。「階段の美しさを引き立たせるために、手摺りを手前につけるのはやめて、壁につけました」

宙に浮いているような階段。「階段の美しさを引き立たせるために、手摺りを手前につけるのはやめて、壁につけました」


2階はプライベートな空間に

2階はプライベートな空間にしたかったとのこと。直樹さんの個室の隣に、真理子さんの仕事部屋が並ぶ。壁の色はブルーとイエローと、それぞれのお気に入りの色に。2階の床材は足場板がメイン。白を重ねて、軽やかなイメージになっている。

板張りのスクエアな外観の小林宅は、エンジョイワークスの『スケルトンハウス』。
「キューブ型の外観のおもしろさを生かしたくて、ルーフバルコニーの手摺りは外から見えないように低くしました。手摺りがちょうど座れる高さになったし、いいアイディアだったと思います。夜、外から家を眺めた時、個室と寝室の3部屋の照明がそれぞれ個性が立っていて、それも気に入っています」


直樹さんの部屋はブルーの壁。「黄色の照明をつけると、ブルー+黄色でグリーンの部屋になって、かなり怪しいです(笑)」

直樹さんの部屋はブルーの壁。「黄色の照明をつけると、ブルー+黄色でグリーンの部屋になって、かなり怪しいです(笑)」

寝室は白。ガラスのドアの向こうは、ルーフテラスに上がる階段へとつながる。

寝室は白。ガラスのドアの向こうは、ルーフテラスに上がる階段へとつながる。


2階は足場板のフローリング。真理子さんの部屋は、仕事部屋の緊張感を出すためにサイザル麻のカーペット敷に。

2階は足場板のフローリング。真理子さんの部屋は、仕事部屋の緊張感を出すためにサイザル麻のカーペット敷に。

真理子さんの部屋は黄色。木目の壁面は、家の外観との一体感を感じさせる。

真理子さんの部屋は黄色。木目の壁面は、家の外観との一体感を感じさせる。

小林邸
設計 エンジョイワークス
所在地 神奈川県三浦郡葉山町
構造 木造
規模 地上2階
延床面積 89.44 m2